ルーマニア事件とは?女子大生が惨殺された事件?悪いのは誰? 芸能人

ルーマニア事件とは?女子大生が惨殺された事件?悪いのは誰?

ルーマニア事件とは、ルーマニアで女子大学生である益野友利香さんが惨殺された事件です。益野さんはブカレスト郊外でレイプ・殺害され、遺体が遺棄されました。益野さんはアイセックの仲介により治安の悪いルーマニアに渡ったので、アイセックに対する批判もありました。

目次

[表示]

ルーマニア事件とは?女子大学生がインターン先のルーマニアで惨殺された?

stux / Pixabay

ルーマニア事件とは、2012年にルーマニアで日本人の女子大学生が惨殺された事件です。海外で日本人が殺害されてしまったことと事件の残虐さから、日本社会に大きな衝撃を与えた事件でした。

ルーマニア事件とは?女子大学生がルーマニアで殺害された事件?

ルーマニア事件とは、2012年に女子大学生がルーマニアで殺害された事件です。被害にあったのは日本からルーマニアを訪れていた20歳の女子大学生でした。

被害にあった女子大学生は、海外インターンシップとして日本語を教える予定でした。しかし、ルーマニアで強姦された後に絞殺されてしまった、非常に痛ましい事件でした。

事件が起こったのは2012年8月、ルーマニアの首都ブカレスト郊外

pasja1000 / Pixabay

ルーマニア殺人事件が起こったのは、2012年8月のことでした。場所は、ルーマニアの首都であるブカレスト郊外でした。

絞殺された被害者の遺体が発見されたことで、事件が発覚することとなりました。

8月17日、遺棄されていた益野友利香さんの遺体を発見

Free-Photos / Pixabay

2012年8月17日、ルーマニアの首都ブカレストの北に50km程離れた郊外で、益野友利香さんの遺体が発見されました。遺体は、森に囲まれたところに遺棄されていたとされています。

幹線道路から50m程しか離れていない場所だったので、遺体が遺棄されてから発見までは、あまり時間はかからなかったようです。

益野友利香さんの死因は絞殺

annpwls / Pixabay

遺体の検証の結果、益野友利香さんの死因は絞殺であったことが分かっています。しかし首を絞められて命を奪われる前に、益野友利香さんはそうとうに傷つけられていたことが遺体の状況から分かっています。

発見された益野友利香さんのスーツケースには金品はなかった

Tama66 / Pixabay

益野友利香さんのスーツケースは、遺体から40~50m離れたところで発見されています。しかし、スーツケースの中に金品はありませんでした。

犯人は益野友利香さんを殺害しただけではなく、金品を奪って逃走したと考えられました。

益野友利香さんの遺体は悲惨な状態だった

elianemey / Pixabay

発見された益野友利香さんの遺体は、とても悲惨な状態でした。ひどい強姦によって、遺体の損傷が非常に激しい状態でした。さらに、森に遺棄されたことで動物による損傷もありました。

益野さんの遺体には、口、膣、肛門、鼻、耳、目など、様々な箇所に無理にこじ開けたような痕跡が見つかっています。眼球などは破裂していたようでした。

また、縄で縛られたような跡も見つかっていて、胸骨や肋骨は粉砕されていました。遺体の状況から、益野さんが死亡した後にも強姦は続けられたと考えられています。

関連する記事はこちら

ルーマニア事件の時系列と益野さんの当日の足取り

Broesis / Pixabay

ルーマニア事件は、2012年8月15日に発生しました。被害にあった益野友利香さんは、事件当日の夜にブカレスト空港に到着し、間もなく殺害されてしまったことが分かっています。

そもそもなぜルーマニアへ渡航しようとしたのか?目的は実践?

ルーマニア事件の被害者となった益野友利香さんは、ボランティアでルーマニアを訪れていました。NPO法人から派遣されていて、日本語を教える実践を目的とした渡航だったようです。

ボランティアであったため、渡航や現地での移動は自分で手配する必要がありました。そのことも影響して、益野さんは事件に巻き込まれることとなってしまいました。

8月15日、益野さんは午後8時すぎにブカレスト空港に到着

Free-Photos / Pixabay

2012年8月15日の午後8時過ぎに、益野友利香さんはブカレスト空港に到着しました。益野さんは空港からクラヨバを目指していたとされています。

ブカレストまでの深夜バスのチケットが変えず唖然としていた

JESHOOTS-com / Pixabay

益野友利香さんは、空港からブカレスト北駅(ブカレスト・ノルド駅)までバスで移動しようとしました。しかし、チケットを買おうとしたところ、最終バスがすでに出発した後であることが分かりました。

そのことが分かり、益野友利香さんは唖然としていたようで、その姿の目撃情報がありました。

午後8時半頃益野さんはブラッドとタクシーに乗り込む

Pexels / Pixabay

バスのチケットが手に入らなかったので、益野友利香さんはタクシーで移動することにしたようでした。

空港の防犯カメラには、益野友利香さんと、犯人であるニコラエ・ブラッドとタクシーに乗り込む姿が映っていました。

ブラッドはタクシーを探すのを手伝うと言い益野さんに近づいた?

StockSnap / Pixabay

犯人のニコラエ・ブラッドは、益野友利香さんにタクシーを探すのを手伝うと言って近づいたとされています。そして、益野さんと一緒にタクシーに乗り込んで、空港から犯行現場へと移動しています。

タクシーは目的地ではなく犯行現場へ

fancycrave1 / Pixabay

益野友利香さんはタクシーで、目的地であったクラヨバ行きの電車が出ている駅に向かおうとしたのだと考えられています。

しかし、益野さんと犯人のニコラエ・ブラッドが乗ったタクシーは、駅とは反対方向にある犯行現場へと向かって行きました。

ブラッドは、タクシーで案内をするとでも言って近づいたのかもしれません。バスのチケットが取れないという不測の事態が、益野さんに隙を作ってしまったとも考えられます。

強姦の末殺害され死体はブカレスト郊外に遺棄

Free-Photos / Pixabay

犯人のニコラエ・ブラッドは、犯行現場付近で益野友利香さんを車から降ろしました。そして、益野さんを強姦した末に殺害しました。遺体にはひどい強姦の跡があり、損傷が激しかったとされています。

また、遺体の状況から、益野さんが死亡した後にも強姦が続いたとされています。

その後、ブラッドは益野さんが持っていた金品を奪い、遺体をブカレスト郊外の森の中に遺棄しています。

8月18日、犯人・ニコラエ・ブラッドが逮捕された

益野友利香さんが殺害されてから3日後の8月18日に、犯人であるニコラエ・ブラッドが逮捕されることとなりました。

ニコライ・ブラッドは当時25歳で、過去にも女性を強姦し殺害した疑いが持たれている人物でした。本人は犯行を否定しましたが、数々の証拠が残っていたため逮捕に至りました。

早期逮捕の理由の一つは防犯カメラに映っていたこと

犯人であるニコライ・ブラッドが事件後3日という早い段階で逮捕されたのは、防犯カメラに映っていたことが決め手でした。

空港で被害者の益野友利香さんとブラッドがタクシーに乗り込んでいく姿が、防犯カメラに収められていたからです。

すぐに逮捕された理由はタクシーの運転手が犯人の顔を覚えていたから

Free-Photos / Pixabay

また、益野友利香さんとニコライ・ブラッドを乗せたタクシー運転手は、ブラッドの顔を覚えていました。

ブラッドは普段から空港で外国人客の客引きをしていたこともあり、タクシー運転手はブラッドの顔をはっきりと記憶していたようです。このこともあって、ブラッドは早期に逮捕されることとなりました。

ブラッドは容疑を否認するも益野さんの物を持っていたこととDNAの一致

qimono / Pixabay

ニコライ・ブラッドは、益野友利香さんの殺害について否認をしていました。しかし、ブラッドは益野さんの携帯電話を所持していました。

また、ブラッドは益野さんから奪ったデジタルカメラを転売していたことも明らかになりました。

さらに、益野さんの体に残された組織がブラッドのDNAと一致するなど、数々の証拠によってブラッドの犯行が確かなものとなりました。

ブラッドの益野さん殺害の動機は金品目的?

geralt / Pixabay

ニコライ・ブラッドは益野友利香さんから金品を奪って逃走しています。しかし、金品だけが目的であれば、ここまで残虐な殺害には至っていないと考えられます。

また、ブラッドは過去にも強姦や殺害を繰り返していたとされています。金品を奪うことは、動機の一つに過ぎなかったのではないかと想像されます。

ルーマニア事件の犯人として逮捕されたニコラエ・ブラッドについて

ルーマニア事件の犯人として逮捕されたニコラエ・ブラッドは、近所の人達からは好青年だと思われていました。しかしその裏でレイプや強盗を繰り返していて、被害者は600人とも言われています。

ブラッドの逮捕には近所の住民も驚いていた?

Himsan / Pixabay

ルーマニア事件によってニコラエ・ブラッドが逮捕されたことについて、ブラッドの近所の住民はたいへん驚いていたといいます。ブラッドは、近所の人たちからは「好青年」と見られていたようです。

ブラッドは日時曜日の礼拝のために教会に行くことを欠かさず、人当たりの柔らかな人物だったと言われています。しかし、非常に残虐な強姦・殺人を行っており、二面性を抱えていたのだと考えられます。

ニコラエ・ブラッドは益野さん以外にも二人殺害していた

GoranH / Pixabay

ルーマニア事件の犯人であるニコラエ・ブラッドは、益野さん以外にも二人を殺害していたとされています。好青年としての一面を持ちながら、非道で凶暴な面を持った人物であったようです。

ニコラエ・ブラッドは他にもレイプや強盗など600人近くの被害者を出していた

TheDigitalWay / Pixabay

ニコラエ・ブラッドは、益野さんや他二人の殺害以外にも、レイプや強盗などを繰り返していました。特に、高齢の女性に対して強姦と強盗を繰り返えしていることから、精神鑑定も行われています。

ニコラエ・ブラッドの犯行の全てが立証されたわけではありませんでしたが、600人近くの被害者を出していたとも言われています。

ルーマニア事件の被害者・益野友利香さんはどんな人?家族は?

ルーマニア事件の被害者となった益野友利香さんは、聖心女子大学の2年生でした。CA(キャビンアテンダント)になるのが夢で、家族には弟がいたことが分かっています。

益野友利香さんの通っていた大学や専攻は?

ルーマニア事件の被害者となった益野友利香さんは、聖心女子大学の学生でした。当時は、文学部英語英文学科の2年生でした。

そのため、英語の実践力をつけるためにも、海外でのインターンシップに臨んだのではないかと考えられています。

益野友利香さんはお嬢様だった?

Pexels / Pixabay

益野友利香さんはお嬢様だったとの見方もあります。詳細な家庭事情は明らかではありませんが、聖心女子大学という有名な私立女子大学の名前から、裕福な家庭が想像されました。

また、ルーマニアで犯人の男についてタクシーに乗ってしまったのも、危機感の薄いお嬢様だったからではないかと考える人もいました。

益野友利香の夢はCAになることだった?

Free-Photos / Pixabay

被害者となった益野友利香さんは、CA(キャビンアテンダント)になることが夢だったそうです。そのため、英語を熱心に学んでいたと言われています。このことが、ルーマニアへの渡航へも繋がったようでした。

NEXT:益野友利香さんは将来の為にアイセックNPO法人団体への所属を試みていた
1/3