「二刀流」大谷翔平兄弟にハーフ疑惑?天才メジャーリーガーの家族構成は? エンタメ

「二刀流」大谷翔平兄弟にハーフ疑惑?天才メジャーリーガーの家族構成は?

大谷翔平選手といえば、現在アメリカのメジャーリーグで「天才」と呼ばれ活躍する「二刀流」の野球選手。今回は大谷選手の活躍ぶりはもちろん、そんな大谷翔平選手にハーフ疑惑が浮上しています。大谷翔平選手を輩出した家庭環境・兄弟や家族について調べていきます。

天才メジャーリーガー・大谷翔平プロフィール

まずは大谷翔平選手のプロフィールを紹介しましょう。大谷翔平選手は1994年7月5日生まれ、岩手県出身のプロ野球選手。現在は米メジャーリーグのロサンゼルスエンゼルスに所属。マネージメント契約はホリプロ。

大谷翔平選手の経歴

秋田県水沢市に生まれ、小学校時代はリトルリーグ、中学時代はリトルシニアで活躍し、憧れていた菊池雄星の出身校、花巻東高校へ進学。高校では甲子園に出場し、2年生最速タイの151Km/hを記録。3年生夏に県大会決勝で敗れ、甲子園出場こそ逃したものの、準決勝の一関学院戦ではアマチュア史上初となる161km/hを記録しました。

プロ野球のドラフト前には日本だけでなくメジャーからも注目され、メジャー挑戦を表明しましたが一転、北海道日本ハムファイターズへ入団。ルーキー史上初となる157km/hを記録しました。その後日本プロ野球で合計5シーズンを過ごした後、米国メジャーリーグへの挑戦を表明し、現在はロサンゼルス・エンゼルスに所属しています。

大谷翔平の日本プロ野球での成績

大谷翔平選手は日本ではプロ選手として日本ハムファイターズに所属。初年度、春季キャンプでは投手と野手の練習メニューを両方こなし、2月途中から一軍に合流。チームは最下位に終わりましたが13試合に登板し、3戦無敗・防御率4.23。打者としては本塁打3本・20打点・打率2.38の成績を残し、個人としてはいい成績を残しています。

2014年は24試合登板、11勝4敗・防御率2.61、10本塁打・31打点・打率.274。この年、日本人選手最速記録162km/hを記録。2015年は22登板15勝5敗・防御率.224、5本塁打・17打点・打率.202。打撃は不振も投球で最多勝利、最優秀防御率、最高勝率の三冠を達成しました。

日本プロ野球史上最速!165km/h

2016年は21試合に登板、10勝4敗防御率1.86、22本塁打67打点、打率.322。チームのリーグ優勝・日本一に貢献している。シーズン中には自身の持つ最速記録を更新する164km/hを記録したと思えば、クライマックスシリーズでは更に記録を更新し165km/hをマーク。日本中を驚かせました。

このシーズンでは日本史上初の「10勝・100安打・20本塁打」達成。さらに史上初のパ・リーグのベストナインで投手と指名打者のダブル受賞を果たしました。2017年はケガに泣かされ、5試合登板、3勝2敗・防御率3.20に終わり、打者としても8本塁打・31打点に終わります。シーズン終了後11月にメジャー挑戦を表明しました。

「和製ベーブルース」大谷翔平、メジャーでの活躍

さて、今シーズンから米メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスでプレーしている大谷翔平選手。「和製ベーブルース」とも呼ばれる活躍ですが、ここではロサンゼルス・エンゼルスでの現在までの活躍ぶりを振り返りましょう。

3月29日メジャー初打席初球初安打。4月1日、初登板初勝利。4月3日に初本塁打を記録。勝利投手が2日以内に初回で本塁打を打ったのはベーブルース以来97年ぶり。それを皮切りに3試合連続本塁打を記録。1年目の4月の段階ではメジャーでも史上4人目、日本人では初となり、投手としてはベーブルース以来88年ぶりの偉業となりました。

大谷翔平はなぜ「天才」と呼ばれるのか?

デビュー登板から2試合での12奪三振はア・リーグタイ記録。開幕10試合で2勝+3本塁打はジム・ショー以来99年ぶりの快挙。同一シーズン3試合以上先発登板した投手の4番出場はベーブルースを含めて史上13人目・57年ぶりの偉業。今季メジャー先発投手最速記録更新。1ヶ月で4本塁打、25奪三振達成は47年ぶり史上4人目。

ここまで簡単に大谷翔平選手がメジャーリーグでどれほどの成績を残しているかをざっと並べてみました。本当はもっと細かい記録もあるのですが、なぜ大谷翔平選手が「天才」「和製ベーブルース」などと騒がれているのか。その大きな理由に「二刀流」が挙げられます。

二刀流・大谷翔平

「二刀流」とは、投手と打者を本格的にこなす事です。投手として打席に立つ事は見たこともありますが、その場合ケガも心配してか打撃を重視はされません(そこまで期待はされません)。しかし、ここまでのご紹介の通り、大谷翔平選手は投手としての成績はもちろん、打者としてもメジャーで4番指名を受けるなど、両方とも実力は本物です。

「和製ベーブルース」とは、まさにその「二刀流」での活躍のことを指します。「投手」として一流、「打者」として一流という選手はいるでしょう。しかし、投打両面でこれほどの活躍が出来る選手はしばらくの間いませんでした。投打両面での活躍が、球聖とも呼ばれるベーブルースになぞらえられ、「和製ベーブルース」と呼ばれているのです。

大谷翔平の兄弟はハーフ?

そんなすごい天才メジャーリーガーの大谷翔平選手には5歳上のお兄さんがおり、このお兄さんがイケメンハーフだという噂があります。お兄さんがハーフだとすると弟の大谷翔平選手もハーフだという事になりますよね?お兄さんについてプロフィールを調べてみました。画像と共にご覧ください。

大谷翔平の家族・兄弟ハーフ説検証①兄

お兄さんは画像を見るかぎり、かなり顔立ちがはっきりしておりイケメンです。かなりハーフっぽいです。大谷翔平選手と同じく子供のころから野球をしており、現在は社会人野球・企業チームであるトヨタ自動車東日本でコーチ兼外野手として活躍しているようです。身長は大谷翔平さんと同様に高身長。ちなみに既に結婚しているようです。

大谷翔平の家族・兄弟ハーフ説検証②姉

大谷翔平選手にはお姉さんもいるそうです。お姉さんの名前は「大谷結香」さん。大谷翔平選手の2歳年上だそうです。噂では地元の看護大学を卒業しているそうで、看護師さんをしているという情報があります。そんな大谷翔平選手のお姉さんの画像がこちらになります。

お兄さんがかなりハーフっぽいですので、お兄さんと比べるとそこまで顔が濃いわけではありませんね。ハーフと言われれば見えなくもありません。身長は女性としては高いほうで、168cmとの噂です。学生時代はその身長を生かしてか、バレーボールをしていたという噂です。キレイなお方ですね。

大谷翔平の家族・兄弟ハーフ説検証③父

大谷翔平選手は3人兄弟の末っ子です。兄姉がハーフだという噂は本当でしょうか?噂が真実であれば、ご両親のどちらかが外国人という事になりますよね?そこで次はお父さんの情報を見てみましょう。

お父さんの名前は大谷徹さん。お父さんも子供の頃から野球をしており、三菱重工業横浜で社会人野球をしていました。残念ながら肩のケガの影響で25歳で引退していますが、大谷翔平選手の今の活躍はお父さんの影響も大きそうですね。ちなみにお父さんは日本人だそうです。

大谷翔平の家族・兄弟ハーフ説検証④母

お父さんが日本人である大谷翔平選手の3兄弟のハーフ説が真実であるとすると、お父さんが外国人でないのですから、お母さんが外国人ということになってしまいますよね?次はお母さんの情報を見てみましょう。さあ、青い目なのか金髪か?気になる画像をどうぞ!

ガーン!完全に黒目・黒髪ですね!お父さんと一緒に写っているお母さんの名前は大谷加代子さん。名前からして純日本人ですね。お母さん、高校時代はバドミントンの国体選手だったそうです!お母さんもアスリートなんですね!ここにも大谷選手の活躍の理由がありそうです。

大谷翔平の実家での育成環境。メジャーリーガーの家庭とは?

ここまで大谷翔平選手の家族構成を説明してきましたが、その家庭での環境はどうだったのでしょうか?ここまでの天才が育つ環境が気になるところです。大谷翔平選手の幼少時代~高校時代は実家でどう育ってきたのでしょうか?

大谷翔平選手は岩手県水沢市(市町村合併で現在は奥州市)に生まれました。前述の通り、社会人野球をやっていたお父さんとバドミントン国体選手の経歴を持つお母さんとの間に生まれただけあって、幼少期からスポーツが大好きだったようです。子供時代の写真がものすごくキュートですけれどもw。

家族は大谷翔平をどう育てたのか?

大谷翔平選手は最初から野球一筋じゃなく、幼少期に楽しんだのはお母さんがやっていたバドミントンなんだとか。幼稚園の年長の時に水泳も始めたそうで、野球は小2から始めたそうです。ただ、野球は周りがやらせたのではなく、自然にやっていたそう。社会人野球経験者のお父さんと既に球児だったお兄さん。自然な流れだったのかもしれませんね。

スポーツ一家の中で、育てたというより環境の中で自然に育ったんですね。自然に始めたにしては水泳でも野球でもスゴイ少年だったそうです。写真を見てもわかる通り、水泳では真ん中で表彰されちゃってます!野球では、なんと小5の時点で110km/hを記録したんだそうですよ。小6で120km/hを記録したという噂も!スポーツ万能です!

大谷翔平は運動も学力もメジャー級?

その後、高校は硬式野球で有名な花巻東に進みました。この高校出身のプロ野球選手・菊池雄星選手に憧れていたんだそうです。高校球児時代の経歴は前述のとおりで、子供の頃からスポーツ万能って話ですが、じゃあ学力はどうなの?って事ですけれども、その学力に関してもスゴイ情報があります。

大谷翔平選手、勉強に関しても優等生で、学力は常にトップ10入りしていたそうで、こうなるともう誰も太刀打ちできません。文武両道、リアル出木杉くんですね。・・・出木杉君はランナーが出ると四球連発だそうです。大谷翔平選手は出木杉君より出来すぎです。失礼しました。

がんばれ!メジャーリーガー大谷翔平‼

今回はこのように歴史に名を残すような大谷翔平選手についてお話ししました。大谷翔平選手には、これからもどんどん活躍してメディアを賑わせてほしいですね!プレッシャーにならない程度に歴史を塗り替える記録をこれからも期待しちゃいます。