村田渚の現在は死去?死因は?人気芸人が認める伝説の天才芸人?

村田渚さんは、天才芸人と呼ばれ、バイきんぐの小峠さんにも尊敬されていました。2006年11月12日に、自宅マンションで亡くなっているのを発見され、死因はくも膜下出血でした。あのダウンタウンも爆笑問題の太田光さんも評価していた村田渚さんのことを紹介します。

伝説の天才芸人・村田渚が死去!死因はなんだった?

ボキャブラ天国などに出演して有名で、伝説の天才芸人と言われた村田渚さんは、35歳という若さで死去しています。

その突然の訃報に、多くの先輩芸人や後輩芸人らがその死を悼んでいましたが、その死因はなんだったのか?その時の様子なども紹介します。

村田渚のプロフィール!出身地は?

村田渚さんは、1971年7月29日生まれ、三重県鈴鹿郡関町出身の男性お笑い芸人です。

高校2年の時、中学時代から同級生だった桶田敬太郎さんと共に、お笑いコンビを結成しました。村田渚さんは東京まで毎月お笑いライブに通い、研究生としてホリプロに入社しました。

当時は「前三ツ」というコンビ名で活動していましたが、1991年に「フォークダンスDE成子坂」でデビューし、「GAHAHAキング爆笑王決定戦」で第2代チャンピオンとなって名前が売れるようになりました。

伝説の天才芸人?フォークダンスDE成子坂、鼻エンジンとして活躍!

JosepMonter / Pixabay

村田渚さんは「フォークダンスDE成子坂」としてボキャブラ芸人として人気でした。村田さんの漫才でのツッコミの才能が認められ、天才芸人と呼ばれていました。

1999年には「フォークダンスDE成子坂」を解散し、ホリプロを退社し2000年から佐野忠宏さんと路上ライブなどを行い、フリーのピン芸人として活動していました。

その後、再びホリプロ系列のホリプロコムに入社していますが、2005年3月31日に契約解除となっています。同年5月にソニー・ミュージックアーティスツに所属し、松丘慎吾さんと「鼻エンジン」を結成しました。

村田渚が死亡?2006年11月12日に自宅で倒れているのが発見された

sputnik72 / Pixabay

村田渚さんは、2006年11月12日に、東京都の自宅マンションで倒れているのが発見されています。しかし、発見時には既に亡くなっていました。

第一発見者となったのは映画パーソナリティのコトブキツカサ

村田渚さんは2006年11月12日午後4時45分頃、自宅のマンションで布団にうつ伏せになって亡くなっているのを管理人が発見しています。

その時、実は管理人と一緒の部屋に入って、第一発見者となったのが佐野忠宏の名前で活動していた、映画パーソナリティーのコトブキツカサさんでした。

村田渚の死因は、くも膜下出血

photosforyou / Pixabay

村田渚さんの死因は、検死の結果11日に未明にくも膜下出血のための急死だったことが判明しています。

村田渚は数日前から頭痛などの体調不良を訴えていた

StockSnap / Pixabay

所属事務所によると、村田渚さんは数日前から周囲の人に体調不良をもらしていたことが分かっています。

村田さんは、突然死の状態ではなく、徐々に体調が悪化してくも膜下出血に至った可能性が高いようです。

最後の出演は2006年12月15日の爆笑オンエアバトル、放送はされなかった

村田渚さんの最後の出演は、2006年12月15日の「爆笑オンエアバトル」でしたが、収録時はされていましたが、遺族と相談した結果放送はされませんでした。

ただ、番組の最初と最後に「鼻エンジンの村田渚さんは11月11日に亡くなられました」というテロップを流していました。

村田渚の訃報は爆笑オンエアバトルのホームページにも掲載された

kreatikar / Pixabay

村田渚さんの訃報は、爆笑オンエアバトルのホームページにも掲載され、その悲しみを多くの人が共有することとなりました。

坂口杏里に関する記事はこちら

村田渚は芸人の間での評判がすごい?

mohamed_hassan / Pixabay

村田渚さんの天才的な芸は、芸人の間でも評判だったといわれていますが、それは本当だったのかを調べてみました。

「ザ・発言X あの言葉で人生が劇的に動いた!!」では再現ドラマを放送

2018年6月20日に日本テレビの特別番組「ザ・発言X あの言葉で人生が劇的に動いた!!」では村田渚さんの再現ドラマが放送されました。

村田渚さんは、くりーむしちゅーなど現在活躍している芸人たちからも「天才芸人」と呼ばれていました。

当時人気番組だった「ぼきゃブラ天国」にも出演していた当時の「フォークダンスDE成子坂」の村田渚は、その個性的なキャラが女子高生からも人気になっていましたから「コギャル殺し」と言われていました。

三村マサカズのコメントは?

6月20日に放送された「ザ・発言×あの言葉で人生が劇的に動いた!!」にVTRで出演したお笑い芸人の三村マサカズさんは、35歳の若さで急死した天才芸人といわれた村田渚さんの先輩でした。

さまぁ~ずの三村マサカズさんが、Twitterで村田渚さんの墓参りに行ったことを報告しています。また、事務所の先輩でもある三村さんは、番組の取材に以下のように答えています。

「生きていればなんとかなったのに・・・もったいない。俺が一番渚のこと忘れてない。お前の分も俺がやるっていう思いでずっとやってきた」とその思いを熱く語りました。

(引用:70thデイリー)

バイきんぐの小峠も村田渚を尊敬していた

村田渚さんの漫才でのツッコミの才能は、天才とまでいわれていました。当時の村田渚さんは後輩からも慕われ、先輩からも可愛がられるという人格者だったようです。

バイきんぐの小峠は、ソニーミュージックアーティスツに所属していた頃、事務所のネタみせのとき、鼻エンジンの芸を見たそうです。小峠は村田渚さんのツッコミに衝撃を受け、尊敬するようになりました。

小峠さんの村田渚さんに対する気持ちは強く、ブログの中でも「あの人に面白いと認められたかった。あの人に夢中だった」と書いていて、村田さんの訃報を知った時は涙が止まらなかったといいます。

ダウンタウンや爆笑問題の太田光も?

フォークダンスDE成子坂の頃の村田渚さんの評価は高く、あのダウンタウンも「ダウンタウンのごっつええ感じ」の収録前に、村田渚のような後輩がいるけど負けへんぞと思いながら収録に臨んだと語っています。

また、爆笑問題の太田光さんも、村田渚さんのことを「天才過ぎたから売れなかった」というコメントをしていました。

現在売れまくっている芸人からのこうした発言からしても、村田渚さんの才能は当時の芸人達から一目置かれていたことは確かでしょう。

上田晋也、有田哲平、土田、古坂、最後の相方・松丘慎吾もコメント

6月20日の特別番組「ザ・発言X あの言葉で人生が劇的に動いた!!」では、上田晋也さん、有田哲平さん、土田晃之さん、古坂大魔王さん、最後の相方・松丘慎吾さんが以下のようにコメントしています。

上田晋也さんは「僕らの世代のトップランナーだった。センセーショナルだったかな」と語り、有田哲平さんは「笑いに飢えている・・・っていうか、24時間笑いのことを考えていないといけないんだなって、すごく学ばせてもらいました」と語りました。土田晃之さんや古坂大魔王さんは「お笑い熱がすごい、この人売れるんだろうな」「この人といたら何でもボケられる。唯一無二」と絶賛しています。また、最後の村田渚さんの相方となった松丘慎吾さんも出演し、その早過ぎる死を惜しんでいました。

(引用:ORICON NEWS)

第一発見者のコトブキツカサが語ったエピソードは?

村田渚さんの死亡の第一発見者であるコトブキツカサさんは、村田渚さんの相方である松岡慎吾さんから依頼されて駆けつけていましたが、村田渚さんの死に顔は「本当に穏やかで微笑んでいた」と語っています。

コトブキツカサは村田渚にコンビに誘われていた?

コトブキツカサさんの話によると、村田渚さんはいつも自分の話を肯定してくれる人だったそうです。1999年の年末に互いのコンビが解散し、2001年1月に漫才とかコントか一緒にやらないかと言われていました。

しかし、コトブキツカサさんは、前の相方である桶田敬太郎さんと比べられるのが怖くて、その関係を崩したくない思いから、コンビを組む事を躊躇っていたといいます。

その後、コトブキツカサさんの友人でもある松岡とコンビを組むと聞いたときは、かなり複雑な気持ちだったと語っています。

コトブキツカサは「マン・オン・ザ・ムーン〜僕と村田渚の物語」を連載

コトブキツカサさんは村田渚さんとの思い出を綴った「マン・オン・ザ・ムーン〜僕と村田渚の物語」を連載しています。

また、コトブキツカサさんは現在webラジオ「コトブキツカサのオールナイトニッポン!」のパーソナリティーを務めている他、テレビドラマにも出演しています。

村田渚の死去後は?葬儀はどこで行われた?

MichaelGaida / Pixabay

村田渚さんの葬儀は出身地である三重で行われたそうですが、その後も「フォークダンスDE成子坂の村田渚を偲ぶ会」が執り行われ、多くの参列者が集まりました。

村田渚の葬儀は出身の三重で行われた

wjgomes / Pixabay

村田渚さんの葬儀は、村田さんの出身地である三重県で盛大に執り行われましたが、葬儀には参列できなかった芸人もたくさんいたようです。

村田渚を偲ぶ会も開かれた

darksouls1 / Pixabay

村田渚さんの葬儀に参列できなかった芸人やファンのため、そして息子が東京でいかに多くの後輩や先輩に信頼されていたかを、村田渚さんの母親に知らせたい思いが、ある人によって実現しました。

それは、グラフィック・デザイナーの天井もとゆきさんでした。甘井さんは、村田渚さんのことを弟のように可愛がっていて、甘井さんの家によく遊びに来てはよく飲みに連れて行ったそうです。

甘井さんの発案によって「フォークダンスDE成子坂の村田渚を偲ぶ会」が執り行われ、4~500人の人達が参列しました。芸をしている村田渚さんの姿が写され、お母さんは終始泣いていたそうです。

2018年には村田渚13回忌LIVEも開催

村田渚さんの13回忌にあたる2018年11月11日には、東京びーちぶの会場で生前に親交のあった人達が集まり、当時のステージ映像を紹介しながらのLIVEが開催されました。

最後の相方である松丘慎吾さんは、村田渚という伝説のツッコミとコンビを組んだことが人生の宝ですと語り、コトブキツカサさんは、日本のお笑いの歴史書があるなら必ず明記されるだろうとコメントしました。

また、バイきんぐの小峠さんは、渚さんからお笑いの事をたくさん教えてもらいました。このようなライブが開催され、参加できることを嬉しく思いますとコメントしています。

村田渚の墓参りには現在も多くの人が訪れている

お笑いコンビ・さまぁ~ずの三村マサカズさんが、2018年5月20日、お笑いコンビ「フォークダンスDE成子坂」の村田渚さんのお墓参りに言った事を自身のツイッターで明かしていました。

そこには、鼻エンジン時代の相方である松丘慎吾さんと、お笑い芸人のつぶやきシロ―さんも一緒でした。松丘さんは、前日のツイッターに「明日は村田渚さんのお墓参りに先輩と行ってきます」と紹介していました。

また、当日は三村さんとつぶやきシロ―さんと、墓前で手を合わせる写真も投稿されています。

都市伝説?島田秀平が話していた村田渚の携帯電話の話が怖い

手相占いで有名な芸人、島田秀平さんがテレビ番組で怖い話をしていました。フォークダンスDE成子坂時代の村田渚さんはホリプロに所属していましたが、当時から村田さんは後輩から慕われていました。

そんな村田渚さんですから、村田さんの死後も携帯のメモリから名前を消せないという芸人がいました。その彼がツッコミ芸人として悩んでいたとき、懐かしくなって村田渚さんの電話番号に電話をかけました。

すると呼び出し音がして、女性が出たそうです。その芸人はこの電話番号は、村田渚さんという大好きな芸人が使っていたことを説明すると、私も村田渚ですと答えたという都市伝説を紹介しています。

村田渚のすごいエピソードまとめ!

geralt / Pixabay

村田渚さんにはすごいエピソードがありますが、そんなエピソードをまとめてみました。

めちゃイケのMCは村田渚がやるはずだった?

2014年1月9日の「ダイノジ大谷のオールナイトニッポン」で、大谷さんとコトブキツカサさんの対話に村田渚さんの話しが出ていました。

コトブキツカサさんは、芸人も知っていて公けになっていない話に「めちゃイケ」のMCは村田渚さんがやるはずだったという話をしています。

プロデューサーから、村田さんにMCをやらないかと聞かれて、そこで村田さんはそのオファーを断ったそうです。その理由を村田さんに聞くと「そのレギュラーを蹴っても売れると思った」と言ったそうです。

村田渚は「今田耕司のシブヤ系うらりんご」にも出演していた?

村田渚さんは「今田耕司のシブヤ系うらりんご」にも出演していた経験があります。「今田耕司のシブヤ系うらりんご」は、1995年3月27日から同年9月29日までフジテレビ系で放送されたバラエティ番組です。

村田渚さんは、1995年4月から6月まで、木曜日のレギュラーで「フォークダンスDE成子坂」として出演していました。

村田渚はタモリのボキャブラ天国でも活躍!

村田渚さんは、1991年に「フォークダンスDE成子坂」のツッコッミ担当でデビューしています。

この「フォークダンスDE成子坂」はGAHAHAキング爆笑王決定戦で第2代チャンピオンとなり全国的に名前を売ることとなりました。

その後も、フジテレビ系のバラエティ番組「タモリのボキャブラ天国」に出演し、爆笑問題やくりーむしちゅー、ネプチューンらと人気を競っていました。

NEXT 村田渚の漫才は陣内のパクリと話題になったこともあった?