女になりたい男性の心理と登頂は?本気で女性になる方法と費用まとめ

男性として生まれながら、女性になりたいと思っている人は少なくありません。また女性に憧れている人も多く、そう思わせる理由や心理について解説します。また女性にしかない特権や、本気で女性になりたい、女性の体を手に入れたいと思った場合の方法についてもまとめて行きます。

女になりたい男子は多い?

StockSnap / Pixabay

女性になりたい男性は、以外と多く存在します。それは、ある種羨ましく思っている憧れ的感覚もあるでしょう。誰しも自分に持っていないものを欲しくなる気持ちは抱いたことがあるでしょう。

草食系男子の増加と共に女になりたい男子も増加中

近年、草食系男子の増加が話題となっています。草食系男子とは、物静かや恋愛に対して奥手な男性の事を表します。また、草食系男子の延長線上に存在するのがジェンダーレス男子です。

ジェンダーレス男子とは、男性でも女性でもあるような性別を感じさせない人のことで、男性がメイクをしたり、女性のように美意識の高い人の事を指します。

そういった男性が増加しているため、男性が女性になりたいと憧れを抱いたり、女性に近づこうとする男性は年々増えている傾向にあります。

男性にとって女性は羨ましい点が多い?

Pexels / Pixabay

男性にとって、女性はとても羨ましく思える事が多く存在します。男性ではなかなか得る事のできない嬉しい条件や特別なことが女性にはいくつもあるように写っているようです。

現に、レディースデイや女性限定といったセールストークは良く耳にするフレーズでしょう。そこに世間が女性を特別視している部分が現れています。

女になりたいと思うことは病気ではない

Pexels / Pixabay

男性が女性になりたいと思う感情は、決して病気ではありません。女性の方が確かにお得に済むことがあったり、男性にはない部分を女性は持っています。

無い物ねだりで男性が女性を羨むことに、おかしな事はありません。反対に女性が男性を羨む部分も沢山あるでしょう。互いに自分には得る事のできない羨ましく思うものは持ち合わせているのです。

関連する記事はこちら

男が女になりたいと思う理由【日常生活・特権編】

JillWellington / Pixabay

男性が女性になりたいと思う理由として、日々の日常生活や女性にだけ与えられる特権について抱く心理を解説していきます。男性は女性のどのようなところに憧れ、羨ましいと思うのでしょうか。

守ってもらいたい

Free-Photos / Pixabay

女性が生まれ持った力や体力は、男性よりも力が弱かったり、少ないことがほとんどです。そのため、自然と男性は女性を守る存在として認識されてきました。

今でも、結婚を約束する際の男性のセリフには「あなたを一生守ります」というものが上位に上がっています。

普段、守る側の男性としては、守ってもらいたい、守られる気持ちというものに憧れを抱くことがあるようです。

おしゃれを楽しみたい

Pexels / Pixabay

男性でもオシャレをすることは充分に出来ます。ですが、女性のファッションの振り幅は男性に比べて広いように感じることがあるようです。

実際、ショッピングモールでは男性ブランドよりも女性ブランドの方が多く出店されています。女性ユーザーの方が多いという点や、季節によってデザインが大きく変わったり、色の種類も豊富である傾向にあります。

おしゃれなランチ

女性あるあるでは、女性同士でオシャレなランチをすることがあります。SNS映えするような可愛いランチプレートや、ステキな景色を楽しみながらのランチなどを楽しむ女性は多いです。

そんなキラキラしたランチを体験してみたいという気持ちを抱いている男性は少なくないようです。

男性でもオシャレなランチをすることはもちろん出来ますが、男性同士では少し恥ずかしいという意見があることから、なかなか経験のできないものとなっているのでしょう。

女子会

StockSnap / Pixabay

女子会とは、名前の通り女性だけで集まり食事をする会の事を指します。反対に男性だけで集まる事も多くありますが、それを男子会と命名することはないでしょう。

今日は女子会、と言われれば男性は参加しずらくなりますし、女子会という響きに憧れを抱くことも多いでしょう。

子供との時間が多い

28703 / Pixabay

女性は、子育てをする上で男性よりも長い時間子供といれる家庭が多い傾向にあります。家庭によっては男性が育児をメインにしている方も存在しますが、現在は女性の方が割合は多いです。

そのため、会社で働いている時間子供と会いたくても会えないと感じている男性は、女性を羨ましく感じているのでしょう。

ですが、毎日育児と家事に追われる女性も体力勝負の大変な日々を送っています。互いに無い物ねだりで羨ましく思い合っている部分もあるでしょう。

心配されやすい

Free-Photos / Pixabay

男性よりも、女性の方がもともと持っている体の作りとして力が弱かったり体力が少なかったりします。そのため、周囲の男性から心配してもらいやすいという点は挙げられます。

重い荷物を持ってもらえたり、道路側を男性が歩いてくれたりというのは全て女性を守るための行為です。男性は女性が自分よりも弱いという認識を強く持っているためそのような行動が現れます。

涙は武器

Anemone123 / Pixabay

男性から見る、女性の涙は武器だと感じることが多いようです。女性の涙を見ると、男性はどうしていいのか分からなくなってしまったり、女性を泣かせるということはご法度だという考えも存在します。

いつも泣いている泣き虫な涙はあまり効果はありませんが、普段見た事のない女性の涙は男性に大きな衝撃与えるものになるでしょう。

笑顔の破壊力

Free-Photos / Pixabay

女性の涙は武器だという意見もありますが、涙よりも大きな力を持つのは、笑顔です。女性が見せる笑顔は、女性が思うより何倍も男性の胸を打つものです。

その笑顔ひとつで恋に落ちてしまうほどの破壊力があります。やはり、男性は笑顔の素敵な女性に惹かれるようです。その笑顔を自分も出来たら、という憧れが女性になりたいと思わせる瞬間です。

暴力が暴力にならない

Free-Photos / Pixabay

男性が暴力を振るうと、警察沙汰になってしまうこともあります。それに比べて、女性が暴力を振るっても、それは暴力というほどのものではない力の弱いパンチのようなものがほとんどです。

そんなか弱さが可愛らしく、男性は真似できない部分でもあるでしょう。そんな女性らしいパワーといった点で女性になってみたいと思う心理に繋がるのです。

妊娠できる

Free-Photos / Pixabay

女性の一番の特権として、妊娠が出来るという点が挙げられます。妊娠、出産は簡単なものではなく壮絶なものです。ですが、自分のお腹の中で命を育てることができるという尊い奇跡を経験することができるのです。

男性は、その経験をすることができません。出産は激痛を伴う命がけのものですが、命を宿すという感覚を味わってみたいという心理から、女性を羨ましく思うようです。

痴漢などで理不尽な訴えをされない

WikiImages / Pixabay

電車の中で多発する痴漢に対して悩む女性は少なくありません。ですが、それと同時に痴漢の犯人だと誤解をされて悩む男性も少なくないのです。

満員電車で人と人が密着している空間では、真相は分からないことがあります。たまたま近くにいたサラリーマンが、誤認逮捕されてしまうということもあるのです。

女性であれば、痴漢の誤認逮捕をされる可能性がないため、通勤でのストレスを感じている男性は女性を羨ましく思っている傾向にあります。

結婚をすれば家庭に入れる

virandek / Pixabay

女性は結婚をすれば家庭に入れる。という認識を持っている男性は少なくなくありません。定職に就いていなくても将来が未定でも、結婚をすればその男性を支えるため家庭に入り主婦として暮らしていくことも出来ます。

男性の場合、定職に就いて将来の家族を守っていくための収入を得続けなければならないという任務が課せられることが多いでしょう。仕事をしたくないという考えから、家庭に入れる女性を羨む声も存在します。

ですが、定職に就きキャリアアップをしたいと願っている女性にとっては、いつか家庭をメインにした生活にシフトしなければならないという点に不自由を感じている声も少なくありません。

男性にナンパされてみたい

auzza38 / Pixabay

女性は、街中で男性にナンパをされることがあります。特に年頃の女性は男性に人気で沢山声を掛けられることもあるでしょう。

そんなモテモテな感覚になってみたい、知らない人から声を掛けられるような体験をしてみたいという心理があるようです。

とりあえず胸やお尻を触りたい

JillWellington / Pixabay

男性にとって、女性のもっている一番の憧れは胸や柔らかい肌です。男性の頭の中は、一度でいいから女性になって胸やお尻を好きなだけ触りたい!という夢のような願望を抱いている人は少なくありません。

男が女になりたいと思う理由【ファッション・見た目編】

Pexels / Pixabay

男性が女性になりたいと思う理由について、ファッションやビジュアル、外見についてどのような点で憧れを抱くか詳しく解説していきます。

メイクでコンプレックスを隠せる

Pexels / Pixabay

女性はメイクで自分のコンプレックスを隠す、または解消することができます。目が小さいことがコンプレックスだとしても、メイクで大きな目元を演出することができるのです。

男性は、メイクをしないので目が小さいと悩んでいてもどうすることもできません。そんな、自分で好きなように好きな顔に変えられることに大きな憧れを抱いている男性が多い傾向にあります。

ヘアアレンジを楽しめる

女性は、男性よりも髪が長いため、ヘアカラーのみではなく結び方でも様々なアレンジをすることができます。メイクの次に、雰囲気を変えることのできるのがヘアアレンジです。

2つ結びにしたり、ポニーテールにしたり、巻き髪にしたりストレートにしたりと沢山のアレンジ方法があります。男性にとっては、毎日色々な髪型にできる女性は楽しそうだなと羨ましく思うポイントです。

ロングヘアができる

adamkontor / Pixabay

男性は、基本的に女性よりも髪が短いことがほとんどです。そんな男性から見ると、綺麗なロングヘアは憧れのひとつです。近年では、オシャレとして男性でも髪を伸ばす人も存在しますが、限られた人のみです。

サラリーマンがロングヘアにすることは、まだ日本ではタブーとされています。男性では出来ないことができる部分に羨ましさを感じる傾向にあります。

ヒールが履ける

RyanMcGuire / Pixabay

男性が女性のファッションで憧れるひとつとして、ヒールが挙げられます。男性は普段履くことができないヒールは、とても女性らしさを演出するアイテムです。

すらっとした足元に、ピンヒールを合わせると凛とした綺麗な女性を演出でき、低めのヒールでもかかとに高さを出すことでスタイルアップを狙えます。

様々なデザインやカラーもあり、ショッピングをするときも楽しめるアイテムに、男性は憧れを抱く傾向にあります。

ミニスカートが着れる

skeeze / Pixabay

女性ならではのファッションとして、ミニスカートもそのひとつです。

プリーツのミニスカートは男性も憧れる女性ならではのファッションアイテムです。学生服としても使用されているため女性的なイメージも強いでしょう。

ピアスなどのアクセサリーの幅が広い

littleprince2 / Pixabay

女性は、アクセサリーも多く使用することができます。ピアスと一言で言っても大ぶりなものから小ぶりなもの、揺れるものやそうでないものなど沢山のデザインが存在します。

同様に、ヘアアクセサリーやネックレス、リングなども幅広いデザインがあり、どれにしようとその日のファッションに合わせて選ぶ時間も楽しいひと時です。

男性もアクセサリーは存在しますが、女性に比べると少なくアクセサリー好きな男性はデザインの豊富さに羨ましく思うのでしょう。

メイクを楽しめる

kinkate / Pixabay

女性は、季節によってメイクを変えて楽しむことができます。例えば、春はピンク系、夏はビタミンカラーのアイライン、秋はオレンジ系、冬はラメを使用するなどです。

季節ごとに様々なアイテムも発売され、よりメイクを楽しむことができます。

ネイルを楽しめる

Engin_Akyurt / Pixabay

女性は、ネイルで爪のデザインも楽しむことができます。ジェルネイルは、約1ヶ月前後保つので、1ヶ月毎に違うデザインを楽しむことができます。

そう言った点でも女性は男性よりもお金が掛かる事がありますが心の満足度や楽しさを感じる事ができるので、男性から見ると楽しそうに写っているようです。

カラーコンタクトができる

Engin_Akyurt / Pixabay

女性の多くは、メイクに合わせてカラーコンタクトを使用している人がいます。カラーコンタクトは、今では主流になっており、どのカラーコンタクトを使用するかによっても顔の印象が大きく変わります。

メイク同様、好きなように自分の好みに合わせて顔の雰囲気を変えることができるという点に、男性は大きな羨ましさを感じる傾向にあります。

NEXT ワンピースが着れる