木村束磨呂の今現在は?改名して海外逃亡?【大津いじめ自殺】 雑学・ライフスタイル

木村束磨呂の今現在は?改名して海外逃亡?【大津いじめ自殺】

木村束磨呂は大津いじめ事件の加害者の一人としてネット上で名前が公表されました。事件後には木村束磨呂の母親が「息子は無実」とビラを蒔いたことも話題になりました。現在木村束磨呂は改名して生活しているとの噂もあります。木村束磨呂と大津いじめ事件について取り上げます。

目次

[表示]

木村束磨呂とは?

xusenru / Pixabay

いじめを苦に自殺するケースはたびたび起きていますが、大津いじめ自殺事件ほど世間の注目の的になった事件は珍しいといえます。最も特徴的だったのは加害者の名前がネットで拡散したことでした。

その加害者少年の一人、木村束磨呂は変わった名前だったこともあり特に世間の話題になりました。本人だけでなく家族や住所まで特定されるなど、ネット社会の凄まじさを象徴する出来事でもありました。

木村束磨呂は2011年の大津いじめ自殺事件」の加害者の一人

木村束磨呂は2011年に滋賀県で発生した大津いじめ自殺事件の加害者少年の一人です。通常未成年が関わった事件において、その加害者の名前が広く世に知れ渡ることはありませんでした。

しかし木村束磨呂という名前は事件の報道後、瞬く間にネットを介して全国を駆けめぐり、いじめ騒動がメディアで取り上げられなくなった現在でも、木村束磨呂の名前はネット上で検索され続けています。

加害者は3人いたが名前が特徴的だった為、木村束磨呂は特に注目された

cocoparisienne / Pixabay

大津いじめ自殺事件では、男子中学生を自殺に追い込んだ加害者グループは3人と報道されています。しかし木村束磨呂は他の2人とは違って特に世間の注目を浴びることになってしまいました。

木村束磨呂という名前があまりにも特徴的だったからです。束磨呂と書いてつかまろと読みます。つかまろという音の響きをもじって、「(警察に)捕まろ」というフレーズまで流行ったほどでした。

木村束磨呂の写真

こちらの画像が大津いじめ自殺事件の加害者グループの一人とされている木村束磨呂の顔写真です。事件発覚後に木村束磨呂の名前がネットで知れ渡るや、たちまち顔写真まで広く拡散されてしまいます。

見た目にはどこにでもいる普通の中学生といった雰囲気です。ネットでは木村束磨呂の顔写真に、まるで指名手配のポスターのような加工をされて住所や親の職場から連絡先に至るまで公開されています。

凶悪事件に関連する記事はこちら

木村束磨呂の現在は?

jplenio / Pixabay

通常未成年を加害者とする事件において、加害者の個人情報が表に出ることはありません。しかし木村束磨呂の場合は、ネット社会の影響もあり顔写真から住所や親の情報まで流出してしまいました。

まだ中学生だった木村束磨呂にとっては、その後の方が長い人生が待っています。名前や顔などありとあらゆる個人情報を公開されてしまった木村束磨呂は現在どのような生活をしているのでしょうか?

大津いじめ事件で「全く反省していない」とネットで話題に

ijmaki / Pixabay

大津いじめ事件では、自殺した男子生徒の両親が加害者とされる少年3人相手に損害賠償を起こしています。その裁判では事件関係者への尋問があり、木村束磨呂が何を証言するかにも注目が集まりました。

自殺した生徒がいじめに対して「嫌がっていると認識していなかった」と述べ、また裁判長から被害者に伝えたいことを聞かれた木村束磨呂は「ない」と答えるなど反省の態度を見せませんでした。

それを受けてネット上は騒めきます。「あれだけのことをしておいて、木村束磨呂はまったく反省してない」との情報が瞬く間に広がり、加害者に対して厳罰を求める声が多くあがりました。

大津いじめ事件のあと京都市立近衛中学へ転校

Free-Photos / Pixabay

木村束磨呂という名前と顔がいっせいにネット上に拡散されただけでなく、両親の個人情報まで拡散してしまったことで大津市にいられなくなった木村束磨呂はその後京都市近衛中学校へ転校していきます。

地元では街を歩くだけで近所の人から「同級生を死なせた子」として白い目で見られてしまいます。息子のことをまだ誰も知らない京都の学校へ転校させてあげようと両親が考えたのも無理はありません。

転校先では「いい人」で通っていた

Larisa-K / Pixabay

転校先の近衛中学校では、木村束磨呂は当初「いい人」として通っていたとクラスメートが後に証言しています。木村束磨呂の顔写真を見ているだけではとても極悪人には見えません。ごく普通の少年です。

以前の学校ではネットでさんざん叩かれてしまった木村束磨呂は新天地の京都であまり目立たずおとなしく学校生活を送ろうとしていたのでしょうか。いじめ加害者の雰囲気はあまり感じなかったといいます。

口調も優しく成績も良かった為人気者だった

rawpixel / Pixabay

近衛中学校では、木村束磨呂は勉強も水泳もできる文武両道の優等生として見られていました。水泳をやっていたことで体つきはよく背も高いので女子からも非常に人気があったといいます。

また勉強が出来て成績はオール5なので、数学の時間に分からないところがあるとクラスの女子たちが木村束磨呂に聞きに行くほど皆から愛される存在だったと、当時のクラスメートは語っています。

大津いじめ事件の加害者である事がばれクラスから孤立

harutmovsisyan / Pixabay

しかしネット社会の恐ろしいところは、一度拡散されてしまった情報はなかなか消せないところです。木村束磨呂の情報もすぐに近衛中学校のクラスメートたちに知れ渡る結果となってしまいます。

それまで木村束磨呂に勉強を習いに行っていた女子たちも汚れたものを見るように一切声をかけなくなり離れていき、男子たちからも腫れ物扱いとなり木村束磨呂は次第に孤立を深めていきます。

また木村束磨呂は、近衛中学校の友達には穏やかな口調で話しているのに前の学校の友達には電話でコワい口調で返答している様子を目撃したクラスメートもいて、木村束磨呂の二面性がうかがえます。

その後、大分の高校へ進学した?

MikeWHK / Pixabay

大津いじめ事件のあと、木村束磨呂が京都市立近衛中学校に転校したところまでは間違いありません。ただしその後の足取りとなると情報が錯綜しています。また世間もこの事件の記憶が薄れていく時期です。

一部ネット上では近衛中学校を卒業した木村束磨呂が京都にはいられなくなり大分の高校に進学したとの噂が書き込まれていますが、その噂もまた他の誰かから聞いた噂のため断定できるものではありません。

大学などの情報は不明

Free-Photos / Pixabay

木村束磨呂に関する正確な情報は、京都市立近衛中学校を最後に途絶えています。高校が果たして大分だったのかどうかも噂の域を出ていませんし、その後の進学先もいっさいが不明です。

木村束磨呂は常にトップクラスの成績を収めていました。いじめ事件に関与せず真っ当な中学校生活を過ごしていたなら京都大学や東京大学、あるいは海外の名のある大学に進学していた可能性もあります。

改名したという情報が!現在の名前は?

Settergren / Pixabay

木村束磨呂という名前にあまりにも特徴がありすぎる為、そのままの名前ではどこに行ってもすぐに身元が特定されて過去の「いじめ事件」が露呈してしまいます。その後の進学や就職にも不利です。

そのため木村束磨呂は高校への進学を機に改名したとの噂があります。高校以降の足取りは確認できないため改名後の名前は不明ですが、人の記憶に残らない平凡な名前を名乗っている可能性はあります。

ニュージーランドへ行こうとするが入国拒否されたとも?

holgerheinze0 / Pixabay

ネットの普及で過去の「いじめ事件」が現在でも残り続けている日本国内では、もう居場所がないと判断したためにニュージーランドへ行って新しい生活を始めたとの噂が、ネット上に出回っています。

しかしそれと同じくらい、ニュージーランドへ行こうとはしたものの現地で入国を拒否されて帰国を余儀なくされたとの噂もあります。しかしどちらも噂の域を出ていません。

ネットで顔写真が晒された為、整形したという噂もある

Gaffey / Pixabay

ネットで暴露されたのは木村束磨呂という名前だけではありませんでした。ネットで木村束磨呂という名前を入力すると、木村束磨呂の顔写真も必ず付いてきます。顔と名前が切り離せなくなったのです。

そのため木村束磨呂は顔を整形し、別人として生まれ変わったとの噂もあります。全国的に知られてしまった木村束磨呂のことですから、改名することも顔を整形することも自然な流れといえます。

京都で父親の会社「FES株式会社」を継いでいるとも言われている

木村束磨呂という名前はそのままに、整形もしていないという噂もあります。あるいは改名も整形もしているのにどこに就職してもすぐに身元がバレてしまうとの噂もネット上には出回っています。

そのため木村束磨呂は就職することを諦めて、現在は京都にある父親の会社「FES株式会社」の経営を継いだとも言われているのです。しかしFESに直接確認した者はなく、これも噂の域を出ていません。

2019年、木村束磨呂には3700万円の損害賠償支払い命令が下った

被害者少年の両親は2011年の息子の自殺直後に加害者3人とその保護者に対して3850万円の損害賠償を求める裁判を起こします。しかし教育委員会も加害者側も自殺といじめの関連を否定します。

2019年2月裁判に裁判所は自殺といじめの因果関係を認める形で加害者2人に3700万円の損賠賠償命令を下します。しかし残り1人は関与が薄いと判断されて請求もありませんでした。

木村束磨呂が加害者となった大津いじめ事件とは?

stux / Pixabay

木村束磨呂が日本国内では居場所がないとさえ言われるまでに世間から叩かれる原因となった「大津いじめ事件」とはいったいどのようなものだったのでしょうか?

木村束磨呂が2人の仲間たちとどのようないじめで被害者を自殺に追いつめたのか、また事件後には行政の対応にも問題があるとして大きな非難を浴びたことでも話題になりました。

大津事件とは2011年中学2年生の男子がいじめを苦に自殺した事件

webandi / Pixabay

大津事件とは滋賀県大津市で起きた自殺事件です。舞台となったのは滋賀県大津市。2011年10月11日に一人の男子生徒が自宅マンションから自ら身を投げて命を落としました。

自殺の背景にはクラスメートによる壮絶ないじめがあったといわれています。この事件が特異だったのは加害者の名前がネットで公表されたことと、行政の杜撰な対応に世間の怒りが殺到したことでした。

加害者は木村束磨呂を含め3人いた

Free-Photos / Pixabay

大津事件で中学生を自ら命を絶つまでに追い詰めたいじめの加害者グループは3人といわれています。被害者の中学生は2年生でしたが、加害者の3人もまた同じ中学2年生でした。

いじめは日本全国どこの学校にでも起きうるものですが、大津事件にみられる加害者の行為は非常に凄惨極まるものばかりで、事件後には加害者3人をバッシングする書き込みがネット上に溢れました。

加害者①山田晃也

TheDigitalArtist / Pixabay

木村束磨呂の名前があまりにも独特であったために、木村束磨呂の次いでとして語られることの多い山田晃也ですが、昔からかなりの問題児だったことをうかがわせるエピソードを数多く残しています。

不法侵入、恐喝、暴行などの犯罪歴がある

3839153 / Pixabay

山田晃也は大津事件の以前にも、不法侵入や恐喝、さらには暴行までやっていたほど札付きのいわゆる「ワル」だったと言われています。自分が楽しむためなら人を傷つけてもいいという考えでした。

善悪の判断基準がなく法に触れることも平気でやってしまうような少年として地元でもよく知られていました。勉強の方はあまり出来なかったといいます。不満があればすぐに暴力を振うタイプでした。

リーダーは山田晃也とも言われている

O12 / Pixabay

木村束磨呂の名前がインパクトがありすぎて広まり過ぎたために、木村束磨呂がいじめのリーダーと断定しているサイトも多いですが、山田晃也がリーダーだったとする主張もあります。

山田晃也は昔から気に入らないことがあるとすぐに暴力を振う危険な存在として地元でも知られていました。勉強ができる木村束磨呂も山田晃也には逆らえなかったともいわれています。

家庭環境は悪く、母親は派手で目立っていた

KELLEPICS / Pixabay

山田晃也が他人の痛みを感じなくなってしまった原因は、山田の育ってきた家庭環境に問題があったと指摘されています。山田の家庭環境は非常に悪かったそうで、特に母親が家庭を顧みない女性でした。

息子が悪さをしていても親なら注意すべきところを咎めることもなく放置し、自分は家を出て派手に遊びまわっていたとの証言もあります。道徳を学ぶことなく本能のままに大きくなったようです。

加害者②小綱健智

TheDigitalArtist / Pixabay

小綱健智はいじめのリーダー格とされている山田晃也とは真逆に恵まれた環境の中で育っていましたが、山田晃也とは常に行動を共にしていたと言われています。

裕福な家庭で育つ

nattanan23 / Pixabay

小綱健智の家庭環境は子供の頃から裕福な家として近所でも有名でした。しかし家が裕福であることと性格とは結びつかないようです。山田と行動を共にすることで小綱自身の性格も荒れて行きました。

いじめ事件の翌年、小綱は女性教師に暴力を振う事件を起こしています。そのような性格から、山田の子分としての立場でやむを得ずいじめに加担したのではなく、自ら好んで加担していた疑いがあるのです。

父親は大学と予備校の講師、母親は看護学校教諭

lil_foot_ / Pixabay

小綱健智の両親は立派な職業についていました。父親は大学と予備校で講師をしており、母親も看護学校で教諭を勤めるなど真面目な職に就いていたことが分かります。

小綱自身も子供の頃から勉強勉強の毎日だったらしく、そのことが小綱にとって負担になっていた可能性があると指摘する声もあります。

学校内では山田の子分で「スネ夫」として有名

喧嘩に強い山田晃也といつも一緒に行動している小綱健智は学校内で「スネ夫」と言われるようになります。強い者にはおとなしく随い、自分より弱い相手には容赦なく暴力を振うところがありました。

また金銭的に恵まれた環境にいる小綱の存在は山田にとっても便利な存在で、小綱の方も山田がいることで守ってもらっているといった相互関係が出来上がっていたとも指摘されています。

NEXT:加害者③木村束磨呂
1/3