鮫島事件に触れてはいけない?誰もが沈黙する謎の事件!公安絡み?

匿名電子掲示板サイトにて起きた「鮫島事件」をご存知でしょうか?ある男性がリンチされた、公安が絡んでいる、関わったら消されるなど様々な噂がたち、ネット上では「タブーな話題」とされています。今回はそんな鮫島事件の真相や諸説についてまとめました。

【超閲覧注意】ネットのタブー、鮫島事件とは?

qimono / Pixabay

「鮫島事件」とは電子掲示板にて起こった事件であり、現在でも2ちゃんねる(2ch)などで「触れてはいけない」「語ってはいけない」「闇の深い事件」として語り継がれています。

最近では、都市伝説を装った悪ふざけだったのではないか、と主張する人も多くいますが、その真相について確かな情報はありません。

鮫島事件は、ネット発祥の謎の事件?

元はと言えば「事件について語ろう」という掲示板への書き込みから全てが始まったのですが、人の好奇心を誘う書き込みの仕方や、多くの人が詳細についての断片的な情報を次々と投稿したことで情報が錯綜しました。

果たしてどんな事件だったのか、その詳細については確たる情報が何もないのですが、それがより「真実は分かり得ないけど何かあるらしい」という都市伝説的な広がりを見せました。

そしてそのうちに、「鮫島事件=触れてはいけない」という暗黙のルールが作り上げられてしまったということです。

2001年5月24日『伝説「鮫島スレ」について語ろう』というスレが立てられた

geralt / Pixabay

2001年5月24日、匿名電子掲示板「2ちゃんねる」の掲示板のひとつ「ラウンジ板」にて、【伝説の「鮫島スレ」について語ろう】というタイトルのスレッドが立てられました。

ここはラウンジでは半ば伝説となった「鮫島スレ」について語るスレッドです。知らない方も多いと思いますが、2ちゃんねる歴が長い方は覚えてる人も多いと思います。

かくいう俺も「鮫島スレ」を見てから2ちゃんねるにはまったひとりでして、あれを見たときのショックは今でも覚えています。誰かあのスレ保存してる人いますか?— 22世紀を目指す名無しさん(ID:yWtu.nZk)

(引用:Wikipedia)

スレッドを立てた本人である最初の投稿は、上記の通りでした。鮫島事件を知らない人からしたら、「伝説」「ショック」などと興味を惹かれるような書き方がされていました。

事件には公安も絡んでおり、迂闊に話題にしようものなら消される可能性も

また、事件には警察や公安も絡んでいて、迂闊に話題にしたり真相を暴いたりしようとすると「消される」と言われています。公安の噂については少しあとで詳しくご説明しています。

FBIが絡んでいるという説も

また、鮫島事件には公安だけでなくFBIも関わっているという説まであります。FBIとはアメリカの警察機関ですので、もし本当なら日本国内だけの事件ではないということになります。

そして、真相を知ってしまったらFBIから命を狙われてしまうと囁かれています。

あめぞうでのリンチ殺人説、孤島説などがあり真相は不明

qimono / Pixabay

鮫島事件に関しては、たった1つの情報があるわけではなくいくつかの諸説が語られています。

あめぞうでの「リンチ殺人事件」や「孤島説」が有名だとされていますが、後ほど1つ1つ詳しくご説明していきます。

検索してはいけない言葉にもノミネートされる

Simon / Pixabay

また、鮫島事件は「検索してはいけない言葉」にノミネートされています。鮫島事件が触れていけないタブーに値するからです。

ちなみに「検索してはいけない言葉」とは、グロ画像やホラー画像、トラウマになるような凄惨な事件、世の中のタブーなどがヒットしてしまうような言葉のことを指します。

事件を知るものは思い出したくない程に凄惨な事件だったとも

geralt / Pixabay

事件の核心について知らない人の方が多いのですが、知っている人からすれば思い出したくない忌まわしい事件だといいます。

実際に2ちゃんねるの掲示板でも、「あの事件は思い出したくない」「思い出させるな」というコメントが多く投稿されています。

平成ネット史ではNHKも触れる事ができないと明言

インターネットの歴史を取り上げたNHKの「平成ネット史」という番組においても、鮫島事件には触れられないと公式のTwitterアカウントにて明言しています。

NHKですら扱えなかった事件に、Twitter上では「流石に鮫島事件はやらないか」「NHKでも地上波では無理だったか」というコメントが相次ぎました。

アンサイクロペディアにも公安による依頼が?

geralt / Pixabay

また、「アンサイクロペディア」というWikipediaのパロディサイトの鮫島事件に関するページを見ると、以下のような内容となっているのです。

国家公安委員会からの依頼で、事件に関する一切の内容は削除し、白紙保護といたしました。管理者といってもただの人なので、公権力に逆らうことは出来ません。ここにこうして書くのが精一杯です。ご理解ください。

(引用:アンサイクロペディア)

ネオ麦茶以上の2chの事件とも言われる

2ちゃんねるで起きた最大の事件と言えば「ネオ麦茶事件」の名前を挙げる人も多いようですが、鮫島事件はそれ以上のタブーであり、2ちゃんねる史上最大の汚点であると言われています。

掲示板の中で少しでも鮫島事件の名前を出してしまうと、「その話はやめろ」「消されるぞ」「関わるな」などというレスポンスが必ずと言っていいほどつくのです。

ネオ麦茶事件って?

鮫島事件と比べられるこの「ネオ麦茶事件」とは、2000年5月3日に発生したバス乗っ取り事件であり、別名「西鉄バスジャック事件」と呼ばれています。被害にあったのは西日本鉄道の「わかくす号」でした。

犯人は刃渡り40センチの牛刀を持ち「おまえたちの行き先は地獄だ」と言って乗員乗客を脅しました。バスの中で乗客3人を切りつけ、うち1人が死亡しています。最終的にはSAT隊が突入して犯人は逮捕されました。

事件の犯人は17歳の少年で、事件前に2ちゃんねるに犯行予告を書き込んでいたことが話題となりました。書き込みに使っていたハンドルネームが「ネオむぎ茶」であったことから「ネオ麦茶事件」と呼ばれています。

関連する記事はこちら

鮫島事件の詳細まとめ【あめぞう編】

geralt / Pixabay

まず最初に、鮫島事件の「あめぞう編」についてご紹介します。これは別名「リンチ説」とも言われていて、鮫島事件の話題としてはトップを争うほど有名な事件です。

あめぞうって何?2chと違うの?

ijmaki / Pixabay

1990年代、まだ「ウェブサイト」というものがそこまで普及していなかった時代ですが、大型の掲示板サイトなどはアクセスが集中して使いづらいもので、使い物にならないとされていました。

そんななか、マルチスレッドフロート型掲示板という今までの常識を覆した新しいタイプの掲示板が作られました。それが、「あめぞう型掲示板」だったのです。

その画期的な操作性や利便性はすぐに話題となり、多くの人々が利用を開始します。ですが増え続ける利用者に対してサーバーが不安定なところもあり、荒らし行為が増えるなど問題も露見し始めました。

「あめぞう」を元に「2ちゃんねる」が作られた?

そして1999年5月、混乱が広がる「あめぞう」の中で、「ひろゆき」というハンドルネームの人物が「あめぞう」と同じマルチスレッドフロート型掲示板を採用し、避難所として新たな掲示板を作り上げたのです。

それが、「2ちゃんねる」でした。その後も「あめぞう」は次第に崩壊していって、2000年3月に掲示板を閉鎖するまでに至りました。対して「2ちゃんねる」は、2000年代に日本最多の利用者数を記録しました。

あめぞうで鮫島というコテハンで活動していた男が壮絶なリンチの末に殺された

stux / Pixabay

「あめぞう」に関してはお分かり頂けたと思いますが、この掲示板の中で「鮫島」というコテハン(固定ハンドルネーム)を使っていた男性が惨殺されるという痛ましい事件が起こったのです。

その殺害方法は極めて残忍で、鮫島をとある駅に呼び出して20人がかりでリンチして嬲り殺したのです。そしてその様子を事細かに実況した「鮫島スレ」というスレッドが立てられました。

この事件は多くの掲示板利用者にショックを与え、以降「鮫島」という名前を面白半分で騙った者は容赦なく叩かれる、という事態にまでなりました。「あめぞう」が衰退した原因のひとつでもあるとされています。

鮫島が殺された理由は?彼の販売していたビデオ、通称「みずき」が関係?

Pixaline / Pixabay

では何故、鮫島という人物は呼び出されて殺害されるに至ったのかと言うと、その理由は彼がネット上で販売していたとされるあるビデオが原因でした。

そのビデオは通称「みずき」と呼ばれていました。これはビデオの中に登場する女の子の名前であるとされていますが、どのような内容のビデオだったのでしょうか?次項で詳しく見ていきます。

ビデオ「みずき」の恐るべき内容

「みずき」と呼ばれるビデオの中身は、スナッフフィルムでした。スナッフフィルムとは、実際の殺人の様子を撮影して娯楽目的に流通させたビデオのことです。

鮫島が販売していた「みずき」は、障害を持つ幼い女の子を暴行・強姦して痛めつけ、最終的には殺害してしまうという残虐な内容のビデオでした。

次第にみずきの撮影者は鮫島ではという噂が立ち始める

ビデオを購入した人数については判明していませんが、あまりの残虐さにビデオの評判は悪かったといいます。そして「みずき」の存在が知られていくなかで、撮影者が鮫島本人ではないか?という噂が囁かれ始めました。

この噂はどんどん大きくなっていくものの、鮫島は肯定も否定もしませんでした。自分の素性については語らず、煽ってくる者をそのまま放置していたのです。

首謀者eomはオフ会と称しJR柏駅に呼び出し、実況しながら殺害する

鮫島が撮影者本人だったのかについては真偽不明でしたが、事態は大きく進展します。

「eom」というコテハンを使って書き込みを行っていた男性が、鮫島にオフ会を持ちかけたのです。つまり、ネット上ではなく現実世界で会おう、と提案したということです。

この「eom」こそが、リンチ殺人事件の首謀者でした。そして鮫島は彼に、千葉県にあるJR柏駅に呼び出されましたが、そこには20人にも及ぶ人が待ち構えていたのです。

凄惨なリンチの光景を納めた16枚の画像は「血の16画像」と呼ばれている

geralt / Pixabay

犯人たちはリンチの様子をスレッドにて実況したとご説明しましたが、その時に何枚か写真も投稿されていたのです。

残虐なリンチの光景を収めた画像は全部で16枚あり、「血の16画像」と呼ばれるようになりました。

血の16画像は完全に消し去られた

この「血の16画像」ですが、現在では完全に消し去られていて、ネット上で見ることは出来なくなっています。

事件当時に「鮫島スレ」に投稿された写真を保存していた人がいる、と言われていますが、今となってはその画像の在り処を突き止めることは難しいといいます。

ちぎれた指?血の16画像はどんな画像だった?

simonwijers / Pixabay

名前からして不気味な「血の16画像」ですが、その内容もかなり悲惨なもので、グロ耐性のある人物でも目を背けてしまうくらいだったと言われています。

まずは集合場所である柏駅の看板の写真から始まるのですが、徐々にリンチされる鮫島の写真になっていき、最後の16枚目はすでに息絶えた鮫島のちぎれた指だけが写っていたといいます。

ディルレ事件にも影響を与えていた!

リンチを実況した鮫島事件ですが、2002年に起こったディルレ事件にも影響を与えていました。これは無職の男性が猫を虐待する様子を2ちゃんねるで実況した事件で、別名「福岡猫虐待事件」とも呼ばれています。

ハサミで尻尾や耳などを切断する、首を絞めるなどあまりに残虐な行為に非難が殺到し、通報されて犯人は逮捕されました。

この事件で2ちゃんねるに投稿された画像というのが、鮫島事件の画像を元にしていたと言われていて、2ちゃんねるで大きな話題となりました。

殺害された鮫島は成りすましだった事が判明

Brida_staright / Pixabay

鮫島は「みずき」という悪趣味なビデオを販売していたから殺害された、と思われましたが、実は柏駅に現れた男性は本物の鮫島ではなかったという衝撃的な展開が待っていました。

リンチされて殺害されたこの男性は、面白半分で「鮫島」の名前を名乗って遊んでいただけの無関係の男性だったのです。

リンチ事件を知った本物の鮫島が激怒!復讐を開始する

geralt / Pixabay

そしてビデオを販売していた本物の鮫島はと言うと、「鮫島スレ」にて偽物の鮫島がリンチの末に殺害されたことを知って怒りに震えました。

後日、どういう方法かは分かりませんがリンチに関わった犯人たちの住所を自力で特定して、少なくとも2人を殺害しています。そして掲示板に「鮫島事件の報復である」という旨を投稿しました。

また、それだけではなく「鮫島スレに関わった者は皆殺しにする」とも投稿しています。この投稿に、「あめぞう」の利用者たちは恐怖に震えあがったといいます。

2名が殺害され、首謀者eomは警察に駆け込む

cocoparisienne / Pixabay

現代ならすぐさま警察に通報されるでしょうが、この時代のネット掲示板というのは今よりもアンダーグラウンドなものだったこともあり、本物の鮫島が復讐を始めた時点ではまだ警察に知られていませんでした。

首謀者であった「eom」は実際に2人が殺害されていることを知り、「自分もそのうち殺されてしまう」と怯えて警察にリンチ殺人事件の自首をしに行き、今の状況も含めて全てを話しました。

事件を知った警察は、複雑さなどを理由に隠蔽を決定

Alexas_Fotos / Pixabay

ことのいきさつを全て知った警察でしたが、なんと事件の複雑さなどを理由に隠蔽することにしたのです。まだネット掲示板が普及していなかったこの時代に、鮫島事件は極めて異質なものだったのです。

警察はネット掲示板を利用する上での「匿名」が生み出す危険性について目を瞑り、事件の存在自体を否定しました。そして偽物の鮫島が殺害された事件に関して、ネットは無関係のただの殺人事件として処理されました。

NEXT 鮫島事件は在日絡みの事件とも言われる