人気急上昇のVチューバーとは?作り方やおすすめVチューバーまとめ おもしろ

人気急上昇のVチューバーとは?作り方やおすすめVチューバーまとめ

VチューバーとYoutuber、非常に似た損じですが、比べてたメリットやデメリット、さらにキャラクターの作り方、オススメのアプリなどをここでは紹介いたします。また、四天王で有名なキズナアイなども是非チェックして見てください。

目次

[表示]

近年話題になっているVチューバーとは?

Vチューバーは近年増加している、バーチャルキャラクターを使用したYoutuberです。流行語としても有名になり、年々その人気が上がってきています。

Vチューバーとは?バーチャルYouTuberの略?

Vチューバーとは、「バーチャルYouTuber」の略語で、本人が動画い映るのでははく、本人に代わって2Dや3Dのアバターを使用して動画配信活動ををする人のことです。

Youtuberの派生語のため、Youtubeで動画配信をしている人がメインですが、他の動画配信サイトで活動している人もいるようです。

現在、Vチューバーは8000人以上存在!ネット流行語にも入賞している

2018年12月の「ネット流行語100」では、上位20位内の単語賞に「バーチャルYoutuber」が入選しました。

さらに、そのほかにも同じ「ネット流行語100」にて、Vチューバーに関連する単語が多く入賞しているようで、その中に「にじさんじ」や「キズナアイ」も含まれていたようです。

また、2019年5月には8000人までvチューバーが上り、2018年の時点ですでに登録者は1270万人、動画再生回数が7億2000万回にも上っているようです。

元祖Vチューバーは「キズナアイ」ではない?

vチューバーであれば知らない人はいないというほど、レジェンドとして知られているのがキズナアイさんです。

キズナアイさんはYoutubeで2016年からその活動が注目され、テレビ出演、歌手としてデビューなど、幅広い活動をし、世界的にもその名が知れ渡っているvチューバーです。

元祖vチューバーはAmi Yamamoto

gr8effect / Pixabay

そのレジェンド感からか、元祖vチューバーがキズナアイさんであると勘違いしている人もいるようですが、実はAmi Yamamotoが元祖vチューバでした。

Ami Ymamotoさんは、キズナアイさんが有名になる5年前にはバーチャル動画配信すでに実現していて、世界初のVチューバ〜であると考えられます。

Ami YamamotoさんのCGの技術はかなり高く、評価されるべきものだったと言えますが、更新はあまりしなかったようでキズナアイのように有名にはなりませんでした。

キズナアイに関する記事はこちら

Vチューバー四天王とは?四天王なのに五人いる?

Vチューバーは、もっとも有名なキャラクターが5人いて、四天王と呼ばれています。こちらではその5人を紹介いたします。

①キズナアイ

キズナアイさんは、vチューバーであれば知らない人はいないと言えるほど爆発的に有名になったvチューバーです。初めて自分のことを「バーチャールYoutuber」と名乗ったvチューバーです。

キズナアイさんは、ほとんど毎日動画配信をしていて、一部ではあだ名も付いていて、「親分」や「アイちゃん」と呼ばれています。

②電脳少女シロ

電脳少女シロさんは、2017年6月から活動し始めたvチューバーで、キズナアイに続き、vチューバーが流行る初めの方に活動し始めたvチューバーです。

電脳少女シロさんの特徴は、日本語のみでなく、全て英語編の動画も配信している点です。

また、その人気の秘密は、可愛い印象のキャラクターからは想像ができない、怖い印象のゲーム実況とも言えます。

③ミライアカリ

ミライアカリさんは、そのお姉さんキャラと前向きで明るい性格が人気で有名になったvチューバーです。さらに、そのキャラクターデザインは、初音ミクのデザインも手がけたKEIがデザインしたキャラクターです。

④バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん(ねこます)

ねこますさんは、Vチューバーとしては珍しく、個人で活動しているVチューバーです。他の人気Vチューバーのほとんどが、企業などで運営しているのに対し、ねこますさんは、撮影、編集全て個人でしています。

ねこますさんは、女の子の外見であるのにもかかわらず、声がおじさんで、その変わったスタイルが人気を集めました。

ねこますさんのYoutubeでのチャンネルはすでに名前も変更されていて、他のサービスで活動をしているようです。

⑤輝夜月

輝夜月さんは、vチューバーが流行り始める初期の2017年12月に活動し始めたvチューバーです。

輝夜月さんは、その特徴的な声と、ハイテンションな動画が人気を呼び、活動開始わずか2週間で20万人ものチャンネル登録者を獲得しました。

また、動画配信の頻度は特別高くないのにもかかわらず、平均再生回数が100万回を超えるほどの人気があり、レジェンドであるキズナアイさんに次ぐ人気vチューバーと言えます。

四天王以外にも!人気VチューバーランキングTOP5

Mediamodifier / Pixabay

四天王以外にも人気のCチューバーは多くいます。ここでは、その中でももっとも人気な上位5人を紹介します。

1位:猫宮ひなた

猫宮ひなたさんは、FPSやTPSにおいて、かなり上位のvチューバーと言える存在です。Youtubeでのチャンネル名は「ひなたチャンネル」。

チャンネル登録者数は51万人以上です。キャラクターは、猫耳が生えている女の子ですが、猫宮ひなたさん曰く、猫耳ではなく、寝癖とのことです。

さらに、そのキャラクターの可愛さから、2018年6月からはアニメイトなどで公式グッズも販売されているそうです。

2位:月ノ美兎

月ノ美兎さんは、いちから株式会社が運営するvチューバーで、2018年1月に「開催された「にじさんじ」バーチャルライバーの声優オーディションに選ばれたキャラクターです。

初めはYoutubeにて動画を投稿、その後Twitterでも活動を開始し、4月にはニコニコ生放送で出演、その時に初めて3Dの外見が見られることになりました。

動画の内容は、ゲーム実況や雑談が多く、見た目が清楚なのに対し、見た目よりも自由な内容の話をするところが人気の秘訣とも言えます。チャンネル登録者数は36万人以上です。

3位:ヨメミ

ヨメミさんは、世界初の「バーチャル彼女」と唄っているvチューバーで、2017年12月24日のクリスマスイブに英レーンのTwitterで活動開始予告が行われたキャラクターです。

プロフィールはバーチャル彼女と唄っていますが、実際はvチューバーの活動で、ゲーム実況の動画が多いようです。しかし、自動学習式の対話型AIで、動画ではそのハイテクな人工知能が披露されています。

ヨメミさんは、Youtubeのみにとどまらず、ニコニコ動画でも活動していて、毎回19時19分に投稿しているようです。Youtubeのチャンネル登録者数は39万人以上となっています。

4位:ときのそら

ときのそらさんは、ホロライブに所属する、youtubeチャンネル登録者数23万人以上のvチューバーです。

2017年9月7日にYoutubeで活動を開始し、2019年3月27日にピクターエンターテイメントでアルバム「Dreaming!」を発売しメジャーデビューしました。

キャラクターは、長い茶髪に露出度が高めの制服を来た女子高生ですが、2017年の活動開始当初から、2018年にその外見は大きく変わりました。目の色は青く、星型のヘアアクセサリーをつけています。

5位:樋口楓

樋口楓さんは、にじさんじ所属のvチューバーで、あだ名は「でろーん」として知られています。チャンネル登録者数は20万人以上です。

外見は、銀の髪色のポニーテールで、右目の下のほくろが特徴的でチャームポイントとなっています。また、その口調も特徴的で、「ナハハハ」という笑い方をし、たまに関西弁も出てしまいます。

明るいキャラクターではありますが、寂しがり屋な一面もあり、その純粋なキャラクターが可愛らしい印象を与えています。

人気上昇中?おすすめVチューバー10選!

geralt / Pixabay

また、フォロワーが伸びつつあるVチューバーや、少し変わったキャラで売り出し中のおすす目のVチューバーもいます。

①東雲めぐ

東雲めぐさんは、チャンネル登録者数3万人程度の人気急上昇中のvチューバーです。

2018年3月にとある企業オーディションで選ばれた女子高生と考えられ、Youtubeのみでなく、SHOWROOMというライブ配信サイトでも活動をしているvチューバーです。

本物の女子高生のようなキャラクターで、その若々しいかいいリアクションや、おおらかな話し方が視聴者の癒しとなり、人気を集め初めています。

バーチャル世界からの配信

さらに、東雲めぐさんの特徴は、バーチャル世界からの配信を行なっていることです。この配信方法は高度な技術が必要で、他ッチューバーに比べ、ハイテクな技術を駆使していると言えます。

しかし、このバーチャル空間からの配信の映像は、酔いやすいという特徴があるため、人によっては苦手な人もいるでしょう。もし気分が悪くなるようなことがあった場合は視聴の中断をオススメします。

②げんげん

げんげんさんは、他のvチューバーとは全く違った動画の内容で、演者が動画に出てくるのではなく、動画の中で世界観が作られているのが特徴です。

例えば殺人現場から動画配信している設定や、第三次世界大戦が終戦した後の動画配信をしている設定など様々なシチュエーションでの動画があります。

このように、様々なシチュエーションを想定した動画がありますが、動画の長さはわずか2分ほどと短く、その変わった動画内容から人気を徐々に集めています。

③バーチャルおばぁちゃんねる

バーチャルおばあちゃんねるさんは2018年1月から活動開始したvチューバーです。チャンネル登録者数は14万人ほど。

動画内容はゲーム実況が多いですが、希に歴史やノベール賞についての内容などの授業といった内容の動画の配信もしています。

ゲーム実況では、人気シナリオのゲームなどがあり、固定したファンが定着しているようです。

④田中のおっさん

田中のおっさんさんは2018年8月に活動開始したvチューバーで、活動開始後わずか2ヶ月でチャンネル登録者数が14万人にも登ったvチューバーです。

ゲーム実況の動画がメインで、特徴としては、ゲーム実況配信者として有名な「弟者」と声が瓜二つな点です。本人なのではないかという疑惑から、弟者とのコラボを提案するコメントも多数見受けられます。

⑤パゲ美

パゲ美さんは、2018年2月に活動開始したvチューバーです。パゲ美さんは、オカマ系vチューバーで、そのキャラクターにあう、話し方や使う言葉が面白いことから、今後期待できるvチューバーです。

⑥緋色すもも

緋色すももさんは、2018年9月に活動開始したvチューバーで、そのゾンビの見た目と可愛らしい声とのギャップが特徴のvチューバーです。

動画のコメントでは、「体の水分を全て整体に持っていかれた女」などが見られるほどのギャップと言えます。

⑦ミソシタ

2018年3月にvチューバー界に現れた、他では見られないポエムコアという詩と音楽を組み合わせた動画を配信するvチューバーです。

その異様な内容の動画と、動画内の音楽のしつの高さにより人気を集めています。ポエムコアでは、性に対する葛藤などの内容があり、なかなか現れることのない才能の持ち主の動画と言えるでしょう。

⑧ヒメヒナ

ヒメヒナは、田中ヒメと鈴木ヒナの二人で動画配信をしているYoutubeチャンネルで、「HimeHina Channel」という名前で登録されています。チャンネル登録者数は45万人以上です。

田中ヒメさんは、髪色がピンクで二つのお団子結びと、横から結び流した髪型が特徴的です。また、衣装は露出度が高いチャイナドレスです。身長なども設定されていて、147cmとのことです。

鈴木ヒナさんは、金髪ロングの髪型で、お腹を露出し軍服が特徴となっています。

⑨星咲ちあ

星咲ちあさんは、「魔法少女ちあちゃんねる」でYoutubeで活動しているvチューバーです。チャンネル登録者数は1万人以上で、Twitterアカウントもあり、Twitterでは星咲ちあと名乗っています。

その外見は、金髪の二つ結びで、眼に星が入っています。また、声や話し方が特徴的で、ガサガサな声で棒読みとなっています。

動画の内容は視聴者への応援メッセージなどが多いようです。

⑩夢咲楓

夢咲楓さんは、2018年3月にYoutubeやニコニコ動画で活動を始めたvチューバーで、都内の高校で1年生であるのにもかかわらず、ゲム部を立ち上げました。

そのキャラクターは目が赤く、ながい茶髪の美少女で、高校生の制服を来ています。天然な性格が可愛らしいですが、ゲームの腕は一人前で、そのギャップが見どころでもあります。

Youtubeアカウントは「ゲーム部プロジェクト」という名で活動していて、登録者数が44万人以上となっています。

顔バレしているVチューバーも?人気Vチューバーの中の人まとめ

JESHOOTS-com / Pixabay

Vチューバーは、バーチャルのキャラクターを使用することで、本来顔バレすることがないはずなのですが、声や他のSNSから顔バレしてしまっているVチューバーもいます。

①キズナアイ

キズナアイさんは、CLARE VOICEに所属している声優の春日望さんであると特定されてしまっています。

特定された根拠としては、声が同じ点、兵庫の関西弁を話す点、誕生日が同じ点、好きなアニメキャラなどが同じという点が挙げられています。

また、中身が春日望さんであると知って、彼女が「おばさんみたい」という意見も出ているそうです。

②電脳少女シロ

電脳少女シロさんの中身はフリーで活動している声優の結月春菜さんと考えられています。

特定の根拠は電脳少女シロさんとプレイしたゲームが同じ点、両者ともに英語とドイツ語が話せる、料理が得意な点などが挙げられます。

さらに、結月春菜さんは、Twitterでvチューバーを続けていたというつぶやきもしていて、電脳少女シロさんとのTwitterでのつぶやきもありました。

③ミライアカリ

ミライアカリさんの中身は声優のマイアさんであると特定されています。マイアさんは、声だけでなく、その美貌から、舞台やモデルとしての活動経験もあるそうです。

特定の根拠は、マイアさんが以前ミライアカリさんのTweetにいいねを押していたことと、二人とも同じ顔文字を使う点、また、声が同じ点が挙げられます。

④輝夜月

輝夜月さんは、P丸様と呼ばれている人と特定されています。実際に顔がはっきり写る写真までは特定されていませんが、ショートヘアと色白の肌が少し見える写真が特定されています。

他のvチューバーと違い、声優ではなく、あくまでもYoutuberが本職とのことです。

また、特定された根拠は、P丸様の声と話し方が同じ点と、輝夜月さんのイラストをデザインした人とTwitterで会話していた点のようです。

⑤月ノ美兎

現役の女子高生がvチューバーをしているとのことで有名になった月ノ美兎さんの中身の人は、新発田実月花さんという女子高生であると特定されています。

Youtubeに彼女の顔が出た動画が以前投稿され、その声がそっくりだったことから特定されました。

さらに、月ノ美兎さんが「デレステ半目bot」というツイッターをしていたところ、その知り合いの人の証言によりこの顔が出た動画が特定されました。

Vチューバーになるにはどうすれば良い?作り方は?

Free-Photos / Pixabay

Vチューバーはバーチャルのキャラクターに自分の動きを反映させるため、とても高度な技術がないと誰も手を出せないという印象がありますが、実は簡単にキャラクターを作ることも可能です。

こちらでは、キャラクターの作り方や動画の作り方について紹介いたします。

Vチューバーは誰でも簡単に始められる?専門誌知識は必要?

vチューバーといっても、そのクオリティは千差万別あり、簡単なものであれば、少しの知識で簡単に始められるようです。

例えば、2D素体であれば、必要なものは顔の表情を取り込めるソフトとwebカメラのみとなります。自分の声を吹き込むことに抵抗があるのであれば、ボイスロイドを使用して避けることができます。

3Dの場合の簡単な方法

qimono / Pixabay

3Dだと難しいイメージがありますが、実際バーチャルキャストという、存在する素体を使うことでVRのHMDを使用するだけで作れる方法もあります。

NEXT:モデルについて理解する
1/3