「カアイソウ」の怪文書の意味は?三重小2女児失踪事件の真相は?社会

「カアイソウ」の怪文書の意味は?三重小2女児失踪事件の真相は?

目次

[表示]

野獣先輩を逆再生すると「カアイソウ」になる?

https://twitter.com/Xyno12261/status/1148478928673071105/photo/2

知る人ぞ知る「野獣先輩」が出ている作品、「真夏の夜の淫夢」の第4章に野獣先輩のセリフで「暴れるなよ・・・暴れるなよ・・・」というところがあります。

ここを逆再生すると「カアイソウ カアイソウ」と聞こえるのですが、特に繋がりは無いですし、狙って作られたセリフでもないでしょう。

スマホアプリ「FGO」も「カアイソウ」をネタに?

https://twitter.com/fgobabylonia_ex/status/1148517699531595777/photo/1

スマホゲームの「Fate/Grand Order」内のストーリーに、この事件を元ネタにしているストーリーがあるとの噂がありましたが、実際のところはそういった事実はありません。

このゲームに限らず、例えば誘拐されて怪文書が送られてくるといった設定は物語の中でなら、いくらでも起こりうることなので、この事件が元ネタということは無いでしょう。

「週刊ヤングマガジン」の漫画「喧嘩稼業」でもネタになった?

https://twitter.com/meth0307/status/1144821543467274241/photo/3

木多康昭先生の「喧嘩商売」に続く「喧嘩稼業」に、この事件を元ネタとする描写がありました。さすがに事件が事件だけに、不謹慎感は否めません。

しかし、先ほどのゲームと同じく、物語としてこういう展開は全く無いとは言い切れないので、難しいところではあります。

三重小2女児失踪事件と類似した事件

不気味な事件としてこの「三重小2女児失踪事件」は度々話題になりますが、他にも類似した失踪事件はあります。

ネパール邦人女性失踪事件

Simon / Pixabay

1990年4月に旅行でネパールを訪れていた南埜佐代子さん(当時29歳)行方不明になった事件です。最後に確認できたのは宿泊していたホテルで、荷物はそのままとなっていました。

現地の警察が捜査しましたが、失踪してからの足取りはつかめず、現在も解決していません。

失踪してから4か月後、実家に一本の電話が来ました。電話は本人からで「苦しい・・悔しい・・」と泣いている様子でしたが、すぐに切れてしまったとのことです。

郡上市ひるがの高原キャンプ場女児不明事件

https://twitter.com/oo33maiko/status/888728908950114304/photo/1

2009年7月24日、群馬県郡上市高須町にある「ひるがの高原キャンプ場」を学校行事で訪れていた下村まなみちゃん(当時10歳)が行方不明となる事件が発生しました。

この日、肝試しの下見を同級生と行っていました。遅れて歩いていた下村まなみちゃんを校長先生が心配し後を追っていったのですが、その直後、下村まなみちゃんがいなくなりました。

連絡を受けた岐阜県警はすぐに捜索をしましたが、下村まなみちゃんを発見することはできませんでした。校長先生が見かけてから追っていった時間はわずか10分位とのことです。

増山ひとみさん行方不明事件

https://twitter.com/trainn777/status/889879608753090561/photo/1

1994年2月19日、福島県南相馬市(事件当時は原町市)で3ヶ月後に結婚を控えていた曽山ひとみさん(当時21歳)が勤務先から帰宅中に姿を消しました。

乗っていた車は翌日コンビニで発見されましたが、荒らされた様子はありませんでした。実は婚約が決まってから彼女の周りに不可解な出来事が頻発していました。

無言電話や、落書き、車にイタズラなされるなどの被害がありましたが、失踪後はその被害がピタリと止んだとのことです。

坂出タケノコ掘り女児行方不明事件

https://twitter.com/mannequin_301/status/1135823290667167744/photo/1

2005年4月29日、香川県坂出市で行われたタケノコ堀りのイベントに母と姉と参加していた、当時5歳の女の子が行方不明になりました。

終了時間間際に、「もう1本探してくる」と言い、竹林へ向かいましたが、終了時間になっても帰ってきませんでした。

参加者と付近を捜索するが発見できず、警察へ連絡し一緒に近くの池や山林も捜索しましたが、発見することはできませんでした。

西安義行さん行方不明事件

1987年3月15日、兵庫県丹波市にある自宅から西安義行さんは友人と車で舞鶴まで出かけました。途中変わったことは無く夕方、西安義行さんは電車で帰ると言い綾部駅付近で車を降りました。

友人の話では、車を降りてから約1時間後に、友人が無事に家に帰ってきたことを確認する電話がありました。そしてこれが西安義行さんとの最後のやり取りとなったのです。

その後、不審な電話がかかってきたり、見ず知らずの女の子が歌を聴いてほしいと言ってきたり、不審な男性が訪ねてきたりと不可解な出来事が起きました。

暗号の歴史

xresch / Pixabay

怪文書や偽装された告発文には隠された真実があります。パッと読んだだけでは意味が分からないものも、ある法則や、道具を使うことで解読できます。

一般的にはそういったものを暗号と呼び、その歴史は古く、古代エジプトのヒエログリフが最初の暗号ではないかとされています。そして時代が流れるにつれ暗号も複雑になってきました。

ここでは、暗号の歴史を紹介していきます。

スキュレーター暗号

https://twitter.com/heikihenken/status/1067706364204478465/photo/1

紀元前5世紀、古代ギリシアで考え出されたスキュレーター暗号は、文字が書かれた細い皮(あるいは布)を棒に巻き付けて、文字を棒に沿って読んでいくと暗号がとけるといったものです。

暗号を解読するには、決まった太さの棒が必要になり、この棒が暗号を解く鍵となります。

ポリュビオス暗号

https://twitter.com/puyo1write/status/903277949620690946/photo/1

紀元前2世紀には、古代ギリシアの歴史家「ポリュビオス」が5x5マスの正方形に書かれた文字を鍵とするポリュビオス暗号を発明しました。

数字の羅列を2文ずつ区切り、表の縦横の数字が合わさるところの文字に置き換えると文章が出てきます。

忍びいろは

https://twitter.com/asagi_mikoto/status/756803189228183552/photo/1

ポリュビオス暗号に似たものが日本にもありました。「忍びいろは」とよばれる、かつて忍者が使用したとされる暗号です。

1676年に伊賀で書かれた忍術書の「万川集海」の第5巻に載っていますが、実際に使われたかどうかは不明です。

シーザー暗号

https://twitter.com/AkioHoshi/status/1038992979136897025/photo/1

紀元前1世紀のローマで発明されたシーザー暗号は、文字列を決められた法則に従ってずらすというものです。しかし、アルファベットは文字が少ないため、感の良い人にはすぐ気づかれてしまいます。

そこで、ずらす文字を不規則にしたシーザー暗号が出てきました。これを解く鍵はアルファベットの場合26の階乗となるため、解読は不可能と思われました。

しかし、9世紀にアラビア人のキンディーによって頻度分析という手法が発見され、このような換字式暗号が解読されるようになってしまいました。

ビジュネル暗号

16世紀にはいるとビジュネル暗号と呼ばれる、多表式字暗号が考え出されましたが、暗号化・複合に手間が掛かるためあまり使われませんでした。

しかし、18世紀にはいると、暗号の安全性を要求されるようになり、ビジュネル暗号を使うようになりましたが、19世紀に解読法が発見されてしまいました。

機械式暗号装置

https://twitter.com/tarou3422/status/850719596218728448/photo/1

その後、機械式暗号装置が発明され、暗号化のアナグラムを人間から機械が行うようになります。これにより、難解な暗号を簡単に作れるようになりました。

しかし、その後、暗号解読器が開発され難解な暗号を解読する手間が一気に軽減されるようになります。

第2次世界大戦後の暗号

戦争中は各国色々な暗号があったとされますが、暗号自体国家機密なので、存在そのものが明るみに出る前に消えたものが多くあるのではないかといわれています。

第二次世界大戦後、1940年代にプログラム可能なコンピュータが開発されました。それにより、暗号化、解読のいたちごっこが加速し現代に至ります。

残された家族の思い

JillWellington / Pixabay

行方不明となる人は毎年8万人を超えています。行方不明の理由はさまざまで、拉致や誘拐だけではありません。しかし、どんな理由であっても残された家族は悲しい毎日を送ります。

加茂前ゆきちゃんは現在36歳です。28年という歳月が経ちましたが、いまだ家族の脳裏にはあの頃の加茂前ゆきちゃんのまま時間が止まっているのでしょう。

いつの日か、この怪文書が解読されて真実が明るみになり、止まっていた時間が動き出すときがくるのでしょうか。

4/4