「カアイソウ」の怪文書の意味は?三重小2女児失踪事件の真相は?社会

「カアイソウ」の怪文書の意味は?三重小2女児失踪事件の真相は?

目次

[表示]

怪文書を書いたのは高齢者ではないかと言われている

Free-Photos / Pixabay

この文章の言い回しや送り仮名は戦前の教育を受けた高齢者ではないかとされています。韃靼海峡にしても今の日本では間宮海峡が一般的となっています。

事件に直接関係した高齢者が、加茂前ゆきちゃんと残された家族を不憫と思い、良心の呵責から手紙をだしたとも取れます。

また全然関係ない高齢者が残された家族に希望を与えようと偽の手紙を出した可能性もあります。

情報をリークした?保身のために怪文書を書いたという説も

qimono / Pixabay

誘拐したことを後悔し、なんとか犯人を知らせようと文章を暗号化し送ったものでは無いかということです。当然手紙を出したことが仲間にばれると自身にも身の危険が迫ります。

ですから、極力分かりにくく、しかし確実に犯人を知らせる為にこのような怪文書になったのではないでしょうか。

怪文書を書いたのは売春婦だという説もある

geralt / Pixabay

トミダノ股割レを売春婦とした場合、この手紙を書いた人物は売春婦ではないかという説です。ヤクザにクスリ付けにされ言われるがままに加茂前ゆきちゃんを誘拐をしました。

そして誘拐したはいいが外国へ売られてしまった、そのことを非常に後悔している。といった解釈です。

もともとこの売春婦と父とは面識があり加茂前ゆきちゃんも知っている人物でした。なので、事前に約束し誘拐も難無くできたというわけです。

怪文書を書いたのはインテリ系?精神病のフリをした人間?

この怪文書ですが、一見めちゃくちゃで、何を書いているかわからず、精神を病んでいる人が書いた文章のように見えます。しかし、実はち密に計算された暗号文で書いたのは頭のいい人ではないでしょうか。

これが犯人を表す告発文とすると、当然犯人を知っている人物が書いたもとなります。ストレートに犯人を書いてしまうと自分にも被害が及びます。

なので、一見するとよくわからない文章にすることで、自分に被害が及ばないようにしているのではないでしょうか。

事件の犯人は男?股割レが個人名である可能性も

geralt / Pixabay

そもそも、股割レが売春婦の隠語として前例がなく、何処を探してもこの「カアイソウ」に行きついてしまいます。つまり、股割レが売春婦(女)と決まっているわけではないのです。

これが告発文とするなら、犯人に気づかれないように書きます。股割レが女というイメージを埋め込むことで、この怪文書から犯人の気をそらせることが出来ます。

そして、この「股割レ」が犯人の個人名を示している可能性もあります。犯人の名前を分解し並べ替えると「またわれ」になるダブル・ミーニングが使われている可能性があります。

怪文書はただのイラズラという意見もある

実は、この怪文書がただのイタズラという身も蓋もない意見も当然あります。怪文書に仕立て上げれば真相は知らずとも書くことが出来ますし、よく知らない人が書いたから名前を間違えたのかもしれません。

怪文書を送り付けて世間を騒がせ、それを遠くから面白がって見ている。そういう荒んだ心の持ち主はいつの時代にも少なからずいます。

もしこれがイタズラだとした場合、送り主はどういう気持ちだったのでしょうか。被害者家族の気持ちを考えたことはあるのでしょうか。

「カアイソウ」三重小2女児失踪事件後の謎

KELLEPICS / Pixabay

謎の怪文書が送られてきた後、さらに不気味な出来事がありました。それは、捜査協力を申し出る一通の手紙です。いったいどのような内容だったのでしょうか。

事件からしばらくして福岡県在住「緒方達生」という人物から手紙が届く

mohamed_hassan / Pixabay

怪文書が送られてきてから3日後、福岡県から「緒方達生」となのる人物から手紙が届きました。怪文書が送られてからの手紙です、家族は色々な意味で警戒したことでしょう。

苗字も名前も特別珍しいものではない為、本名か偽名かは分かりません。しかし、怪文書の後というのは、なにか意味があるのでしょうか。

ダウジングができるため捜査協力するという手紙だった

Amber_Avalona / Pixabay

手紙の内容はダウジングで捜査協力をするという内容でした。ダウジングとは2本のL字ロッドを手に持って辺りを探索し、対象物が近づくとロッドが動いて反応するものです。

ダウジングの原理は自身の潜在意識に問いかけ、対象物が必要か否かを筋肉の収縮によって導き出すものです。なので、ダウジングでは加茂前ゆきちゃんを探し出すことは不可能に近いです。

なぜなら、対象物が近くにいないとロッドが反応しないからです。広大な地球上をくまなく探すのは不可能です。

ゆきちゃんはすでに亡くなっていると語っている

8385 / Pixabay

また、手紙の内容には、加茂前ゆきちゃんはすでに亡くなっていると書かれていました。なんとむごい仕打ちでしょうか。

遺体が出てこないのは一片の希望、それをどこの誰かもわからない人に、亡くなっているなんていわれる筋合いはありません。

ゆきちゃんの霊に協力してもらい操作を進めるという話だった

Pexels / Pixabay

さらに操作方法について、とんでもないことが書かれていました。それは、加茂前ゆきちゃんの霊と交信して協力しながら操作をするという内容です。

もはや、怪しさしかありません。人の弱みに付け込んで、お金をふんだくる心霊商法さながらです。ダウジングの時点で怪しかったですが、霊に協力してもらうなんて現実離れしすぎです。

犯人は男女2人で顔見知りの犯行だとしていた

Free-Photos / Pixabay

また、手紙には犯人は男女2人で顔見知りの犯行と書いてありました。これが本当なら、女は売春婦で、男は父親かヤクザでしょうか。顔見知りということは父親と売春婦の関係も否めません。

しかし、この内容は事件を少し考えれば導き出せる内容のひとつです。あたかも真実を語っているようにみせ、信用させようとしていたのでないでしょうか。

三日後再び手紙が届き邪魔する霊が現れたと告げる

KELLEPICS / Pixabay

もはや、霊が出てくる時点で信憑性なしです。届いた手紙には捜査協力しようとしたが、邪魔する霊が現れたというものです。いったい、邪魔する霊ってなんでしょうか。

霊の世界にも、加茂前ゆきちゃんが見つかると都合が悪いことがあるのでしょうか。

捜査協力ができなくなったことを伝えた

そして、霊が邪魔するので捜査協力できなくなったと書かれていました。いったいこの数日はなんだったのでしょうか。家族の方は相当疲れたことでしょう。

結局「緒方達生」は何がやりたかったのか?

StockSnap / Pixabay

ひとしきり騒いで、何もせず消えていった「緒方達生」は、結局何がやりたかったのでしょうか。もしかしたら怪文書が自分たちの犯行について書かれていると知った犯人からの工作でしょうか。

もともと、捜査協力なんてするつもりはなく、家族に「加茂前ゆきちゃんがすでに亡くなっている(事実か否か別として)」と思いこませたかったのではないでしょうか。

怪文書が解読されれば、自分に捜査が及びます。そう考えた犯人が事件から目をそらさせるために「緒方達生」という人物を名乗り、

ネット上でも霊視が行われた?霊視結果は?

avi_acl / Pixabay

「緒方達生」に続いてネット上には霊能者を名乗る人物たちが霊視を始めました。そして霊視の結果は一様に「もうこの事件から手を引いたほうがいい」といった否定的な意見がでました。

何の根拠もない霊視結果です。ここまでくると全員同一人物か、又は犯人グループが事件を幕引きにしたかったと思われても仕方がないことです。

2003年10月不審な電話がかかってくる

Alexas_Fotos / Pixabay

事件発生から12年後の2003年12月、一本の不審な電話が掛かってきました。

声は若い男のもので自身の体格・髪型等特徴を伝えた

Free-Photos / Pixabay

電話は若い男性の声で、自らの身長や体の特徴を伝えました。いきなり電話で身体的特徴を伝えてきても、普通は何のことかいまいちわかりません。

しかし、過去に怪文書や霊能力といった不可解な出来事があったこの家族には、この電話がただの電話ではないと気が付くのにさほど時間は掛からなかったでしょう。

男は自分の髪形を「パンチパーマ」だと告白

djedj / Pixabay

更に、自分の髪形を「パンチパーマ」といいました。普通の人は電話越しにパンチパーマと言われても「え?」ってなりますが、家族の方はピンと来たのではないでしょうか。

「パンチパーマの男」は目撃情報にあった白いライトバン運転手の特徴だった

この「パンチパーマ」というのは、事件当時の目撃情報にあった白いライトバンを運転していた男の髪形で、当時は非公開の情報でした。

はたして、この電話はいった誰が何のために掛けたのでしょうか、この電話の相手の情報が本当かウソかわかりませんが、事件発生から12年が過ぎてかけてきた真相は何だったのでしょうか。

これまでの怪文書、霊能力、そして不審な電話、これらはただのイタズラだったのでしょうか。それとも犯人を知る人物からのコンタクトだったのでしょうか。真相は謎のままです。

三重小2女児失踪事件の動画

geralt / Pixabay

youtubeに「三重小2女児失踪事件」をまとめた動画がいくつか上がっていますので紹介します。

ただし、BGMや構成が少し不気味ですので、心臓の弱い方や怖いものが苦手な方は閲覧する際は注意してください。

「三重小2女児失踪事件の怪文書がおぞましい」

https://youtu.be/KpxMx6_yACI

この動画は2017年1月12日に公開されています。怪文書について詳細に解説されています。

「消えた少女の謎、届いた怪文書が示す事件の真相とは!?」

https://youtu.be/1x7qJVzae7M

この動画は2014年4月19日に公開されています。事件そのものをまとめた動画となっています。

「3分でわかる未解決事件」

https://youtu.be/c8vnhFIP0NE

この動画は2019年5月8日に公開された新しい動画です。加茂前ゆきちゃんの写真と怪文書の画像を背景に事件の詳細を説明しています。

「未解決事件ファイル」

この動画は、2019年4月19日と比較的新しい動画です。動画内には航空写真も載っており事件当日の下校時の足取りが分かるようになっています。

「加茂前ゆきちゃん失踪事件&怪文書」

この動画は2016年6月21日に公開されています。加茂前ゆきちゃんの失踪当時の写真が鮮明に映っています。

三重小2女児失踪事件は様々な場所で話題に!

KELLEPICS / Pixabay

この「三重小2女児失踪事件」は事件のインパクトから、様々な場所で話題になりました。

なんJでは最も怖い話と言われる

Pexels / Pixabay

「2ch」という掲示板に色々な「スレッド」がありますが、その中の「なんJ(なんでも実況~)」とよばれるスレッドでは、最も怖い未解決事件として伝えられています。

こういった掲示板の住人はこの手の話題が大好きです。スレッドに投下されたあとは、勝手に解析を始め、あえて不気味なまとめ動画などが作られ、不謹慎ですが賑わいました。

話題を取り上げて盛り上がっているうちに、勝手に神格化し、いつしか最も怖い話となったのでしょう。

「ノウミサン カアイソウ カアイソウ」も話題になった

https://twitter.com/Elmored2013/status/1143533139744063493/photo/1

これは阪神の能美投手と元阪神にいたマット・マートンさんのやり取りから派生したものです。この二人のやりとりから「ノウミサン」が誕生しました。

その後、何かあると「ノウミサン カアイソウ」となったのですが、現在はそれほど盛り上がってはいません。

NEXT:野獣先輩を逆再生すると「カアイソウ」になる?
3/4