妊婦はカレーを食べてもいいの?注意事項とおすすめレシピまとめ!美容

妊婦はカレーを食べてもいいの?注意事項とおすすめレシピまとめ!

目次

[表示]

おすすめのカレーレシピ:①スープカレー

北海道では定番のカレー、「スープカレー」はレシピの工夫一つでスパイスをコントロールできます。ですからスープカレーは妊婦の方に向いています。香辛料もハーブも一切抜きのレシピで作れば安全です。

それではカレーっぽくないという不満があるかもしれませんが、少量のカレールーだけ加えます。あとはにんにくとショウガで、しっかり煮込んだスープカレーは安心して妊婦の方にお出しできます。

おすすめのカレーレシピ:②ビーンズカレー

ビーンズカレーもほとんど香辛料は入れず、ココナツミルクベースのレシピですから妊婦の方に安心です。ドライビーンズカレーなら、ライスなしの単体でも美味しくいただけます。

少量のカレー粉でのレシピでも、具材にミックスビーンズ等が入るビーンズカレーなら栄養面で満足です。産後の授乳期にも向いたカレーレシピと言えるでしょう。

おすすめのカレーレシピ:③グリーンカレー

グリーンカレーは「ガラムマサラ」をスパイスに使うレシピのカレーです。カレー粉も少量使いますが、刺激がマイルドなレシピなので妊婦の方にも向いています。

グリーンカレーの具材には、主に鶏肉を使い、あとは野菜を入れます。小麦粉不使用なのでカロリー抑え目で、栄養価の高い内容に仕上げられます。

おすすめのカレーレシピ:④カレー煮

カレーという形式に拘らず、「カレー煮」などカレー風味のレシピはいかがでしょうか。サバ缶を使った簡単なレシピでも、香り豊かで栄養価のあるおかずが出来ます。

和風とのアレンジで、大根とほうれん草などでカレー煮をしても意外なほど合います。カレー粉ほど重宝する調味料もそうそうないので、上手に活用したいですね。

妊婦が食べてはいけない食品まとめ!

では、妊婦の方が「食べてはいけない」ものには何があるでしょうか。妊娠中は、胎児への悪影響が考えられるものがいくつか存在します。ピックアップしていきましょう。

生もの

DesignNPrint / Pixabay

生ものは原則、妊婦の方は食べない方がいいものです。魚介類、レアステーキ、生卵などは回避すべきでしょう。どれも重篤な食中毒の原因菌が付着している可能性があります。

多くの食中毒菌は「十分な加熱処理」で食中毒を避けられますので、生ものはやめておきましょう。

チーズ

JillWellington / Pixabay

チーズには、胎児に影響を及ぼす「リステリア菌」が含まれることがありますので、できれば遠ざけましょう。リステリア菌は自然界で耐性が強い菌であり、ナチュラルチーズなどで多く見受けます。

妊婦がこれに感染しますと、胎児にも胎盤を通じて「垂直感染」します。胎児感染では早産・死産の原因となる恐ろしい病原菌です。加熱で不活化できますが、チーズでは難しいので避けることが賢明です。

揚げ物

pixel1 / Pixabay

揚げ物には多くの油分が含まれるので、非常に高カロリーになってしまいます。妊婦の方には体重制限があるため、揚げ物は体重管理が難しい側面があります。

また、粗悪な油でのフライなどでつわりが悪化したりすることもあり得ますので控えめにするほうがいいでしょう。

大型の魚

マグロなどを筆頭とする、大型の魚類には「メチル水銀」が多く含まれることがあります。水銀は胎児に影響を強く及ぼすことがありますので、食べるのは控えめにするべきでしょう。

また刺身などで食する場合、食中毒のリスクも高まります。

カフェイン

cocoparisienne / Pixabay

カフェインの大量摂取は、胎児の低体重を招いたりすることがあるので控えるべきとされています。しかし嗜好品として、気分の安定やストレス解消にもなります。

大まかな目安ですが、仮にコーヒーで飲むとして、1日2杯以下に必ず収めるようにしたほうがいいようです。

ひじき

ひじきは鉄分を多く含有する優れた食材ではあるのですが、「ヒ素」も含みます。ヒ素の過剰摂取は胎児に悪影響を及ぼすことで知られています。

摂食するのであれば、十分に浸し置いたものをしっかり洗えば、ヒ素を落とすことができます。調理に気を配り、総菜として市販されているものには注意しましょう。

昆布

昆布には「ヨウ素」が多く含まれています。ヨウ素は必須の栄養素の一つではあるのですが、過剰に摂取すると胎児の甲状腺異常へ繋がる恐れがあると言われます。

特に妊娠初期においては、昆布は遠ざけておいたほうがいいとされます。

インスタント・レトルト食品

インスタントやレトルト食品に関しては、色々な添加物が含まれていますので、原則食べない方がいいでしょう。成分表示が厳格なものを選ぶようにすれば、その限りではないのですが。

わからないことがあれば医者に相談しよう!

voltamax / Pixabay

このように、妊娠時には食べ物に関しての「禁忌」事項が非常に多く存在します。その「全て」を厳格に守ることは、一般人には無理があるでしょう。

何かわからないことや、食べ物での心配事があれば主治医に相談するのが一番です。妊娠中には味覚も急に変わったりして、食べるものに困ることは多いですから相談が基本です。

食べ物の好みと赤ちゃんの性別に関係があるという噂は嘘?

妊娠中に変化する「味覚」をもって、胎児の「性別」が解るという昔からの風評がありますがどうなのでしょうか。これらには医学的な根拠がなく、まずあてになることはないと考えていいでしょう。

妊娠中でも、胎児の性別は「エコー診」でほぼ確実に判明します。知りたくない方には伏せてくれますが、こちらを信用すべきです。

カレーは薬膳料理!?上手に食べれば究極の健康食に!

カレーに使われるスパイスは、実は「漢方薬」と同じものなのです。ターメリックは「ウコン」のことで、抗酸化作用が強い成分です。クローブは「丁子」のことで、内臓機能増強の漢方薬の代表格なのです。

カレーの発祥はインドではありますが、その香辛料を内容的に見れば「薬膳料理」と言えるものなのです。ターメリックの主成分であるクルクミンは、抗がん作用もあるという研究発表もあるほどです。

単品料理でありながら、多くの具材を入れることが多いカレーは栄養価の面でも体にいいとされています。レトルトでも「薬膳カレー」が発売されているほど、医食同源はカレーに反映されています。

夏バテ解消にも予防にもカレーは有効!

夏は外の灼熱と室内の過剰な冷房で、多くの人が夏バテを起こします。食欲減退にも、カレーの香しさとピリッとする辛さは、食べられるものの一つとなります。冷房で冷え切った体の血行促進作用があります。

各種スパイスは自律神経に働き、免疫能をアップさせます。材料の肉やビーンズは、疲労回復に最適なビタミンB1が豊富です。これらに玉ねぎやにんにくのアリシンが結合すると摂取効率が増強されます。

失われがちなビタミンCやカリウムも、夏野菜カレーで摂れますし、付け合わせのサラダが助長します。食欲アップだけでなく、カレーは夏バテの根本にも効果のある素晴らしい一皿なのです。

「週一」でカレーを食べる習慣のある職業がある?

金曜日は「カレー曜日」の職業があります。著名なのは「海上自衛隊」の食事としてです。その狙いは諸説ありますが、長い航海で曜日感覚を失うことを「毎週金曜」のカレーで想起させることにあります。

そしてもう1つ、自動車メーカーの工場「ホンダ開発」では、毎週金曜日に「カレーうどん」が恒例です。こちらも曜日感覚に由来しますが、週の最後だからカレーうどんのつゆハネしてもOKという意味です。

ところで、白い作業着って汚れが目立つものですよね。汚れることを避けるのが難しい仕事なのに、白い作業着を制服にするのって、ちょっと合理的ではないかも・・・と思う人は多いでしょう。

白い作業服には、本田宗一郎さんのこんな想いが背景にあるのです・・・。「お客様の乗る車が汚れていては申し訳ない。作業着が白いと汚れがすぐ分かり綺麗にしようと注意する。この白い作業着でお客様に喜んで頂ける綺麗な車を造るのだ」。

さて、そんな作業着を汚しても良い日があるとしたら、それは休日前の金曜日ですね。そんなワケでホンダの研究所や製作所の社食では、金曜日限定で「カレーうどん」が用意され、大いに人気を博しているそうです。

金曜日限定の理由はズバリ! 週末ならばカレーうどんの汁が白い作業着に跳ねても洗濯できて、週明けには使えることができる・・・ということです。

(引用:A Little HONDA)

StockSnap / Pixabay

意図的に真っ白な作業着を着て、週終りは汚れ覚悟の美味しいカレーうどんとは粋です。家庭でも金曜はカレーと決めている世帯は多いようです。カレールー最大手のSB食品調べでこんなデータがあります。

調査では1000人の中から、「金曜日に家庭で手作りカレーを食べると答えた人(494人)」を抽出。その人たちを対象に「金曜に手作りカレーを食べる理由」と「金曜日に手作りカレーを食べたくなる理由」を聞いています。これらの回答は「子供(家族)が好きだから」「準備や調理が楽」「食べると元気がでる」と、ある程度想定内。

しかし、次の質問「金曜日の手作りカレーの効果」では、「金曜にカレーを作ると土日にゆっくりできる」という理由の次に、「金曜にカレーを食べると、土日も幸せな気持ちで過ごせる」、「土日家族の仲がいい」、「一週間のストレス解消になる」、「土日の体調がいい」、「土日、寝起きがいい」、「金曜にカレーを食べながら飲むと、二日酔いになりにくい」という自身や家族のメンタル、健康に与えるプラスの影響が割りと高い数値で挙げられています。

(引用:Gooニュース)

カレーは国民食の代表のひとつ!

家庭においては小さなお子様が好きなメニューで、カレーは筆頭にあがります。家庭用のカレールーは数えきれないほどの種類があり、その家ごとにカレーの味があります。レトルトカレーも浸透しました。

外食産業でもカレー屋さんは「潰れない」お店として知られ、ランチ時には価格帯からも人気があります。カレーうどんなどはアレンジメニューとしては定番です。蕎麦屋のカレーという独自の味も存在します。

誰にでも作れて、しかし奥が深いのがカレーの世界です。皆さんにも、こだわりのカレーがきっとおありのことでしょう。妊娠中にはスパイスも含め、食べ過ぎ注意ですがカレーはもはや国民食の代表です。

妊娠中でもカレーは大丈夫!しかし本来避けるべき食べ物もあるのでご注意を!

1041483 / Pixabay

いかがでしたでしょうか。妊婦はカレーを食べてはいけない、という噂についてを調べてみました。カレーは食欲不振でも食べやすい特性がありますので、妊娠中でも程よく食べていいのです。

重要なことは食べ過ぎによる問題で、特にカロリーや塩分に関しては注意が必要です。食べない方が賢明だという食品もいくつかありました。

お腹に我が子を宿していられる期間はおよそ10か月です。一生にそう何度とはない、限られた時間ですから生まれて来る子のために、食べ物にも気を遣いましょう!

食べたいものがない時はどうしたら良い?、に関する記事はこちら!

2/2