柚木涼香(声優)の経歴は?18禁アニメに出演?小山力也と喧嘩? エンタメ

柚木涼香(声優)の経歴は?18禁アニメに出演?小山力也と喧嘩?

目次

[表示]

写真集「月刊 柚木涼香」も発売されていた!

『月刊シリーズ』と言えば、1998年頃より新潮社から発行されたグラビア雑誌で、毎号異なる女性タレントのグラビアとインタビュー記事を載せた雑誌です。一時期、ずいぶんと話題にもなりました。

柚木涼香さんもこの雑誌に載ったことが…と思いきや、実はコレ、コミックマーケットで柚木涼香さんのサークルから頒布された同人誌なんです。さすが元グラドル!、よく出来てますね。

裏名義AIRIでの18禁出演作品は?

柚木涼香さんは、裏名義『AIRI』で18禁作品に出演していることでも有名です。

当然、公式発表はされていませんが、一時期噂にのぼった時、とあるサイトで解析班が組まれ、解析の結果「柚木涼香に間違いない」という発表をしました。

現在、柚木涼香=AIRIは周知の事実になっています。

2010年「Hello,good-bye」

『Hello,good-bye』は2010年12月にLump of Sugarより発売されたアダルトゲームで、このゲームで柚木涼香さん(AIRI)はメインヒロインである『雪代メイ』の声を務めました。

ifの日本を舞台に展開される少年少女のラブストーリーは、美麗なグラフィックも相まって素晴らしい作品になっており、今も多くのファンがいるようです。

2011年・2013年「ワルキューレロマンツェ」

これはRicottaより発売されたアダルト向け恋愛アドベンチャーゲームで、柚木涼香さんは『ベルティーユ・アルチュセール』というキャラを演じました。

2011年10月に『ワルキューレロマンツェ 少女騎士物語』、2013年10月に『ワルキューレロマンツェ More&More』と発売、同年には一般向けに作り直されてテレビアニメ化もされました。

2014年・2016年「真剣で私に恋しなさい!」

この作品は2009年8月にみなとそふとより発売されたアダルト向け恋愛アドベンチャーゲームです。

柚木涼香さんは2014年発売の『真剣で私に恋しなさい!A-4』、2016年発売の『真剣で私に恋しなさい!A-5』で『武松』というキャラを演じています。

この作品も、後にテレビアニメ化され、一般向けにPS3で続編が発売されましたが、柚木涼香さんは参加されていません。

2015年「神のラプソディ」

こちらは2015年4月にエウシュリーから発売されたアダルトゲームで、柚木涼香さんは『グラリッサ』というキャラを演じました。

このゲームはSRPG(シミュレーションロールプレイングゲーム)で、アドベンチャーパートとシミュレーションパートに別れた、『うたわれるもの』と同じタイプのゲームです。

2015年「姉小路直子と銀色の死神」

2015年3月にみなとカーニバルから発売されたアダルト系恋愛アドベンチャーゲーム。柚木涼香さんは『鬼塚さん』というキャラを演じました。

その他にも過去には、本格的に声優として活動する以前『永推あゆみ』の名義で18禁アニメにも参加しています。

  • クールディバイシスシリーズ01:CURIOUS FRUIT 奇妙な果実(1995年4月)『愛』役
  • ペンダントⅢ 私だけのサンタクロース(1998年11月)『ケイ』役

同人作家としても一流だった!?柚木涼香の同人活動!

先にも少し触れましたが、ここでは柚木涼香さんの同人活動について、もう少し詳しくご紹介していきましょう。

2009年、夏のコミックマーケットより活動開始!

『ザ☆ネットスター!』のプロデューサー、安斎昌幸さんに誘われる形で柚木涼香さんは、2009年、夏のコミックマーケット(C76)より活動を始めます。この時は昔の写真のポートレートを頒布したようです。

同年冬のコミックマーケット(C77)から、柚木涼香さんは個人サークル『ゆずルゥの小部屋』を立ち上げています。サークル名の由来はWEBラジオ『エルルゥの小部屋INうたわれるもの』からでしょう。

  • 『ゆずルゥの小部屋ビジュアルブック 小悪魔yuzuki』
  • 『ゆずルゥの小部屋すぺしゃるCD 小悪魔yuzuki』
  • 『柚木涼香とアンディのコミケで何か売るモノをつくってみたぞラジオ 冬』(CD)
  • 『Sweet』(A4ポートレート 夏に頒布した物の続編)
  • ポストカード、付箋メモ、キーホルダー、マウスパッド、ボールペン、ポスター、マグネットカレンダーなども。

頒布された物は上記の通りです。ビジュアルブックがage嬢なのも凄いですが、これには20名以上の声優さんに協力してもらったコーナーもあるそうで、柚木涼香さんの社交性の高さが伺えます。

2010年、2011年と精力的に活動!

2010年、夏のコミックマーケット(C78)、同年冬のコミックマーケット(C79)と、柚木涼香さんは精力的に同人活動を行います。2009年に頒布された物に加え、新たに頒布された物は以下の通りです。

  • 『月刊 柚木涼香』(写真集 2010年8月)
  • 『ゆずルゥの森』(写真集 2010年12月)
  • 『生で出してもいいですか?〜あったかいよぉぉ〜』(DVD 2010年12月)

『月刊 柚木涼香』は、『角松かのり』時代を彷彿とさせるくらいエロい内容なのだとか。ちなみに裏表紙では、アニメ『けいおん!』のコスプレを披露しています。

2011年の頒布物は驚きの表紙!

2011年の夏のコミックマーケット(C80)で頒布された写真集『セクシィ 2011 SUMMER』。某結婚情報誌をモチーフにしたこの表紙には、ちょっと驚かされてしまいますね。

最後の同人活動となった2012年の夏コミ

2012年の夏のコミックマーケット(C82)で写真集『幻想万華鏡 ノゾキ魅指南』を頒布したのを最後に、柚木涼香さんは同人活動を停止しています。

2012年の夏コミが始まる前には、売り子が集まらない、とツイートしていたようですし、そんな諸事情もあって活動が難しくなってしまったのかもしれません。

精力的に活動していただけに、残念ですね。再び活動が再開されることに期待したいところです。

今も女優としての意識が高い声優・柚木涼香

今や花形商売となった声優ですが、その昔は俳優がアルバイトとしてやるのが普通でした。「顔の出ない裏方仕事が今のように流行るとは思わなかった」と、大御所声優さんたちは皆そう語ります。

90年代半ばのアイドル不在時代に声優が収まったという考察もあり、柚木涼香さんが声優に転身したのもこの頃でした。しかし、女性声優がアイドル化してゆく中、柚木涼香さんは役者としての自分を貫きました。

「今でも女優です」と語る柚木涼香さん、その演技力の高さはそんな意識にあるのかもしれません。これからもその演技力で見る人、聞く人を楽しませてくれる柚木涼香さんの活躍に期待したいですね。

関連する記事はこちら

3/3