驚愕の事実!?生田絵梨花は父や姉も優秀なエリート一家!? エンタメ

驚愕の事実!?生田絵梨花は父や姉も優秀なエリート一家!?

生田絵梨花と言えば、乃木坂46のメンバーとしていくちゃんと呼ばれ人気の高い方ですが、実はそんな生田さんの家族が実は凄いと巷では話題になっています。では、誰がどんな風に凄いのかを本記事では生田さん本人のことと合わせて紹介していきます。

生田絵梨花の姉の驚愕の経歴

生田絵梨花さんも才色兼備として有名ですが、実は生田さんのお姉さんも凄い経歴をお持ちという噂です。生田さんの2歳年上のお姉さんは、一般の方で芸能関係の方ではないのであまり情報がありませんが、一体どのような経歴をお持ちの方なのでしょうか。

あの一流大学の学生!?

もうお分かりかと思いますが、生田絵梨花さんのお姉さんは東大生です。東大生ってだけでも十分凄いですが、芸能界にも東大卒って方が最近は結構増えてきまして少し凄さが薄れるような気がします。しかし生田さんのお姉さんは少し違います。

東大は東大でも、東京大学理科一類です。知っている方には東大理科一類がいかに凄いかがお分かりかと思いますが、知らない方のために簡単に説明しますと、東大の中でも最難関と呼ばれるところで偏差値だけでいうと80を超えるというエリート集団です。

生田絵梨花の姉のいる東大理科一類とは

東大理科一類というとその名前を聞いたことある人は多いかと思います。過去には「ドラゴン桜」という漫画にも出てきてドラマにもなったので耳にした人も多いはずです。そして何よりも東大の中では最大の派閥であり東大生の約3分の1が理科一類で入学します。

官僚?一流企業?芸能界?

さて東大というと官僚や一流企業への就職先が思いつきますが、最近では芸能界にも東大卒の方も多くいます。どこに行くかは本人によりますが、どこに行くことになっても日本の中ではエリートであることに違いはありません。アナウンサーの方では草野仁さんや桝太一さんが最初にあがってきます。

民間企業であれば、三菱東京UFJ銀行、三菱商事、住友商事などなどそうそうたる名前があがってきます。公務員であれば、経済産業省、警察庁、国土交通省など挙げればキリがありませんが日本の中枢を担うところであることに変わりはありません。

生田絵梨花の父はイケメンの商社マン?

生田絵梨花さんは本人だけでなく家族も注目される経歴をお持ちで、お姉さんは前述のとおりですが、お父さんもまた注目されています。イケメンと噂されさらにエリート商社マンとも言われる生田絵梨花さんのお父さんはどのような人なのでしょうか。

華々しい職務経歴

大学は一橋大学で卒業後には現在のKDDIであるKDDに入社。1995年にKDDドイツ現地法人にて新規事業立ち上げを実施しており、この頃に生田絵梨花さんが生まれています。その後日本に帰国してからはシスコシステムズに入社し、ハイエンドルータのプロダクトマーケティングを担当しています。

シスコといえばネットワーク機器のメーカーで、業界内では世界的に有名な企業です。ネットワーク機器を扱う人では、シスコの資格を持つことがステータスとなるほどの企業です。そんな企業で手腕を振るわれているのですから立派な方です。

姉、父にも負けない生田絵梨花のプロフィール

さて、お姉さん、お父さんと素晴らしい家族の話が出てきたところで生田絵梨花さんのプロフィールを今一度確認してみます。生田さんはドイツと日本のハーフではないかといった噂があったり、ピアノが非常に上手であるという話も聞きます。

  • 愛称:いくちゃん
  • 生年月日:1997年1月22日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:A型
  • 身長:160cm

数多くの習い事や資格の数々

中学時代には数学、クラシックバレエ、習字、英語、ピアノとほぼ毎日と言っていいほど習い事をしていました。中学3年生の時には、父親からグランド・ピアノを買ってもらったといいます。この時から歌やダンスに興味があり将来は音楽の道へと考えていたようです。

また、英検2級や漢検準2級、数検3級に書道準7段と多くの資格を所有しており書画展でも金賞を受賞した経験があります。習い事や資格を見ただけでも非常に素晴らしいスキルをお持ちであることがわかります。家族のみならず生田さん自身も本当に素晴らしい方です。

乃木坂「五大お金持ち」と言われる生田絵梨花

習い事の数々や父親がエリート商社マンであるということだけを考えても十分お金持ちであるという想像はできます。生田絵梨花さんがいたドイツのデュッセルドルフという街は日本の会社が多くある街ですが、エリートの人達が集まっていることでも有名です。

お金持ちと言われる納得の理由

先ほどから出ています習い事の数々ですが、毎日別の習い事をしているということだけを見ているだけでお金持ちと言われるのもうなずけます。習い事を一つでも経験をしたことがある人であればご存知かもしれませんが、意外に子供の習い事というのはお金がかかるものなのです。

月謝もそうですが、習い事のための道具など一式を揃えるだけでもそれなりの金額になるのではないでしょうか。特にピアノはやはりお金持ちの習い事という印象があります。また、家にはグランド・ピアノがあると言います。グランドピアノとなれば安くても100万円を超えるものはザラにあります。

生田絵梨花さん、凄いのは姉や父だけではない!?

生田絵梨花さんの父や姉が凄い経歴を持っており、なおかつお金持ちでご自身もかなりのスキルをお持ちだということは紹介してきましたが、実は家族だけでなく親戚の方にも優秀な方がいるようでそのことからもやはりお金持ちでお嬢様ということが伺えます。

生田絵梨花の親戚はあの音楽プロデューサー!

ではその噂の親戚の方ですが、生田絵梨花さんの父親のいとこが音楽プロデューサーの佐久間正英さんなのです。そして生田絵梨花さんの祖父はビクターの会社員だったというのです。ビクターと言えば音楽のオーディオ関連の企業としてかつては有名でした。

生田絵梨花のピアノはプロレベル!?

乃木坂46として活躍している生田さんですが、あらゆるステージで彼女の魅力は発揮されています。乃木坂46としてアイドルとしての魅力はさることながら、ミュージカルで見せる歌唱力や演技力も目を見張るものがあります。そしてもう一つ彼女には素晴らしい特技があります。

幼少期から培われた特技

生田さんの特技と言えば、幼少期から習っているピアノです。2011年の日本クラシック音楽コンクールではピアノ部門で入選するほどの実力です。自身のいる乃木坂46がミュージックステーションに出演した際には、「君の名は希望」のピアノ伴奏を行いました。

また、グループ外の活動として他のアーティストと共演などをしており、彼女のピアノの実力はプロレベルであると評価されているほどです。かの有名な音楽プロデューサーである小室哲哉さんも生田さんのピアノの腕前を絶賛しています。

姉は東大、自身は音大へ

生田絵梨花さんが幼少期にピアノと出会い、これまでの努力の結果称賛される素晴らしい腕前を持ち高校では東京音楽大学付属高校に入学しました。これもピアノとともに歩んできたことを考えれば当然のことかもしれません。これからはどのような道に進んでいくのでしょうか

東京音楽大学へ

生田絵梨花さんは2015年に大学入学を発表しており、入学した大学は東京音楽大学のピアノ科であると伝えられています。東京音楽大学付属高校の生徒の大半が東京音楽大学に進むと言われており、生田絵梨花さんがこの頃活動を一時休止していたことを考えると、大学の推薦入試のためと考えられます。

東京音楽大学といえば松下奈緒がここの出身であることは有名ですが、生田さんは以前「音大に入ることが決まって両立は大変ですが松下さんという存在を励みに頑張ります」と言っていました。また、音楽大学出身の方と言えば、別の音大ですが平原綾香さんも有名です。

父も認める?憧れの舞台女優へ

生田絵梨花は子供の頃から音楽に触れ、「アニー」をみたことで舞台女優としての夢を抱いたと言っています。音楽の道を進みながら自身のやりたいことに近いということで乃木坂のオーディションを受けメンバーになっています。そして大抜擢されることになります。

世界の演目へ

2017年には舞台を目指す人の憧れの演目に大抜擢されました。「レ・ミゼラブル」「ロミオとジュリエット」この2つの名前を知らない人はいないのではないでしょうか。ミュージカルを知らなくても聞いたことはあるこの演目に出演することができることは本人としても非常に喜んだことでしょう。

しかし、色々な評価があったことはぬぐい切れません。アイドルとして乃木坂46の中では抜群の演技力や歌唱力も、舞台女優としてでは話は変わってきます。そして今までに出演した女優は大物ばかりなので比較されてしまうとやはり見劣りはすると思われます。

生田絵梨花の舞台女優としての評価の低さ

生田絵梨花さんは、舞台女優として憧れの舞台に立ちました。演技力や歌唱力は非常に高いと評判だった彼女ですが、いざミュージカルの舞台に立ってみると舞台女優としての評価はどれもイマイチです。なぜでしょうか。彼女にはなにが足りなかったでしょうか。

演目や先人達が大きすぎた

生田絵梨花さんが出演した演目は「レ・ミゼラブル」です。誰もが知っているこの演目ですが、やはり評価するにあたり比較対象の女優さんがいます。では生田絵梨花さんと同じ役で出演していた女優は一体だれなのでしょうか。

まず始めにこの方、「純名里沙」さんです。純名里沙は言わずとしれた宝塚の娘役でトップの方です。ミュージカル女優としての経験が違いすぎます。そして次に「安達祐実」さん。天才子役として演技の世界に来たのですから演技力は比較になりません。比較対象があまりにも大きすぎます。

父や姉に続け!生田絵梨花のこれからの成長に期待!

アイドルだけではなく女優としても走り出した彼女ですが、まだまだこれからたくさんの経験をして、今までの培ってきたものに磨きをかけアイドルとしても女優としてもステップアップしていくことを期待している声は多くあります。