松坂桃李のエピソードに明石家さんまが大爆笑!人気俳優が務めた歴代仮面ライダーは? 俳優

松坂桃李のエピソードに明石家さんまが大爆笑!人気俳優が務めた歴代仮面ライダーは?

俳優としてデビューしてから瞬く間に人気俳優となった松坂桃李さん。実は戦隊ヒーローだったことをみなさんご存知ですか?お笑いタレントの大御所、明石家さんまが大ウケしたエピソードとは?人気俳優を輩出してきた歴代仮面ライダーにも注目です!

明石家さんまが暴露した松坂桃李の癖とは?

お笑いタレントの大御所で人気の明石家さんまさんが、アクション俳優としてデビューし1年間戦隊ヒーローの役を続けていた松坂桃李さんのエピソードをおもしろく語られていたことがありました。今ではドラマや映画にひっぱりだこの松坂桃李さんですが、デビュー当初は苦労が耐えない日々を送っていたそうです。

「スーパー戦隊のロケ地は遠いわ、朝早いわ、制作費はないわ。大変らしいぞ。松坂桃李が、一年間、そういうのやったみたいで。
厳しいねんって、監督とかカメラマンも。新人やし、なかなかできないし。めちゃくちゃ厳しく当たられるねんって『そんな止まり方じゃねぇだろ!』とか」

https://ent.smt.docomo.ne.jp/article/418122

そんな松坂桃李さんが戦隊ヒーローとして役に入り込むあまり、いざテレビドラマに出演するとなるとヒーローとしての動きがなかなか抜けなくて大変だったというエピソードがありました。その話をするのが明石家さんまさんが大好きなようで、松坂桃李さんが自身の番組「さんまのまんま」に出演した際にも話を振る場面がありました。

松坂桃李が明石家さんまのテレビに出演

松坂桃李さんが出演したのは2018年1月2日に放送したお正月の特番「新春大売出し!さんまのまんま」。2回目の出演となった松坂桃李さんは沢尻エリカさんとゲストとして登場しました。そこで明石家さんまさんは1回目の出演時に聞いた戦隊ヒーローのお芝居が抜けないエピソードをもう一度聞きたいとおねだり。

松坂桃李さんは、別の撮影のときに恋人を追いかけるシーンで”戦隊ヒーローらしい”キレのある動きが抜けなくて何度も撮り直したというエピソードを再現され、明石家さんまさんだけでなくゲストの沢尻エリカさんも大爆笑されていました。

松坂桃李が明石家さんまの間違いを指摘

松坂桃李さんの戦隊ヒーローエピソードが大好きだという明石家さんまさんですがある間違いを犯していました。別の番組で松坂桃李さんが出演していたのは「仮面ライダー」と言っていたそうです。松坂桃李さんは「ずっと『仮面ライダー』っておっしゃってるんですが、『シンケンジャー』なんです」と指摘されました。

明石家さんまが松坂桃李のエピソードに爆笑①

ほかにも松坂桃李さんは明石家さんまさんに戦隊ヒーロー時代の苦労を語っていました。戦隊ヒーローの撮影と言えば必ずあるのが爆破シーンですよね。なんと、特撮は金銭面でも苦労しているらしく、お金がかかる爆破シーンは本番1回だけなんだそうです!

これには明石家さんまさんも「命がけやな!」と驚いていたそうですが、ほかにも、助監督からは「ヒーローはびびらないからまばたきしないでね」とか「デカい爆発で熱風もすごいから低姿勢で駆け抜けて!」という指示があったり、撮影時は苦労が多かったことを語り共演者たちを笑わせていました。

松坂桃李の原点・侍戦隊シンケンジャー

松坂桃李さんが出演していた「侍戦隊シンケンジャー」ですが、知らない人も多いのではないでしょうか?松坂桃李さんが演じていたのは「志葉丈瑠/シンケンレッド」役でテレビドラマ、映画ともに初主演となった作品です。

松坂桃李さん演じるシンケンレッドは殿様として位置づけられていて、側近にはあの水戸黄門の格さん役でおなじみの伊吹吾郎さんが務めていました。もちろんシンケンレッドといえば戦隊ヒーローの主役!役を演じていた松坂桃李さんもそう思っていたそうですが、撮影も残り3ヶ月というときにプロデューサーの一言で驚きを隠せなかったそうです。

明石家さんまが松坂桃李のエピソードに爆笑②

実は「侍戦隊シンケンジャー」での松坂桃李さん演じる「志葉丈瑠/シンケンレッド」は、本物の影武者だったことが撮影10ヶ月ぐらいでプロデューサーに明かされたそうです。本物のシンケンレッドが現れてからは仲間はずれにされていたことを悲しげに語るのを見て、明石家さんまさんは大ウケされていました。

松坂桃李と菅田将暉が「ボクらの時代」に出演

現在ドラマや映画でひっぱりだこの松坂桃李、菅田将暉、太賀さんがトーク番組「ボクらの時代」に出演し、お芝居についてや恋愛について語っていました。実は菅田将暉さんは戦隊ヒーローではなく「仮面ライダー」を務めていて松坂桃李さんとは戦隊ものエピソードで盛り上がっていました。

菅田将暉は仮面ライダーWに出演していた

菅田将暉さんがデビューを飾った特撮とは2009年から放送された「仮面ライダーW」。その中で菅田将暉さんは最年少仮面ライダーとしてデビューしました。演じたのは「フィリップ/仮面ライダーW」でこの作品は二人の主人公が存在し、「フィリップ」はそのうちの一人で記憶喪失の謎の少年という設定です。

松坂桃李と菅田将暉がW主演を務めた映画は?

戦隊もので俳優デビューをした松坂桃李さんと菅田将暉さんが映画でW主演を務めました。その映画というのが「キセキ-あの日のソビト-」。この映画はある有名グループの大ヒットソング「キセキ」の誕生を描いたものなんですが、みなさんおわかりでしょうか?

映画「キセキ-あの日のソビト-」ってどんな映画?

松坂桃李さんと菅田将暉さんが演じるのは父親の反対を押し切って音楽の道に進む兄と、父と同じ歯医者を目指す弟の二人で、この映画のモデルとなったのはみなさんもご存知の人気アーティスト「Greeeen」。「Greeeen」のメンバーは現在歯医者としても働いているというので、顔出しは一切していない人気グループ。

この映画は「Greeeen」のリーダーであるHIDEさんと兄のJINさんが大ヒットソングとなった「キセキ」を生み出すまでの日々を描いた作品です。松坂桃李さんや菅田将暉さんのファンだけでなく、「Greeeen」のファンのみなさんにも楽しんで見られる映画のようなので気になる人はチェックしてみましょう!

映画の試写会で松坂桃李が明石家さんまに謝罪?

松坂桃李さんと明石家さんまさんは切っても切れない関係なのでしょうか!?映画「キセキ-あの日のソビト-」で、松坂桃李さんは明石家さんまさんに謝罪をしなければいけないと言い出したのです。その理由とは、共演した女優が全員電撃結婚するという内容でした。

最初に「電撃結婚したのは『梅ちゃん先生』で共演した堀北真希さん、次は『サイレーン』で共演した木村文乃さんが電撃結婚した」とし、木村文乃さんについては明石家さんまさんに食事のセッティングを頼まれていたという松坂桃李さん。明石家さんまさんには「今度謝ろうと思います」とし、笑いを誘っていました。

松坂桃李のプロフィール

  • 生年月日:1988年10月17日
  • 出身地:神奈川県茅ヶ崎市
  • 身長:183cm
  • 血液型:A型
  • 事務所:トップコート

2008年に友達と応募した「チャレンジFBモデル2008オーディション」でグランプリを受賞し、雑誌「FINEBOYS」の専属モデルとしてデビュー。その翌年、「侍戦隊シンケンジャー」のシンケンレッド役で俳優デビューを果たし、2011年には第33回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞されます。

仮面ライダー出身の俳優は人気が出る?

現在テレビや映画で活躍している俳優の中には、仮面ライダー出身の人が多くいることをご存知でしょうか?今回は菅田将暉さんも俳優デビューを飾った「仮面ライダー」出身で、今人気のイケメン俳優たちについて調べてみました!

歴代仮面ライダーの出身俳優①竹内涼真

  • 生年月日:1993年4月26日
  • 出身地:東京都
  • 身長:185cm
  • 血液型:A型
  • 所属事務所:ホリプロ

竹内涼真さんが出演したのは2014年から放送した「仮面ライダードライブ」。演じたのは主人公の泊進ノ介/仮面ライダードライブで、警察官の役でもあります。「考えるのはやめた」というセリフが口癖で、ほかにも「脳細胞がトップギアだぜ!」という決め台詞があります。

歴代仮面ライダーの出身俳優②福士蒼汰

  • 生年月日:1993年5月30日
  • 出身地:東京都
  • 身長:183cm
  • 血液型:O型
  • 所属事務所:研音

福士蒼汰さんが出演したのは2011年から放送された「仮面ライダーフォーゼ」。演じたのは主人公の如月弦太朗で高校2年生の男子生徒役でもあります。「○○は心の××だ」というセリフが口癖で、「仮面ライダー部」を設立して学園の平和を守り「学園の生徒全員と友達になること」を目標に活動します。

歴代仮面ライダーの出身俳優③佐藤健

  • 生年月日:1989年3月21日
  • 出身地:埼玉県岩槻市
  • 身長:170cm
  • 血液型:A型
  • 所属事務所:アミューズ

佐藤健さんが出演したのは2007年から放送された「仮面ライダー電王」。演じたのは主人公の野上良太郎/仮面ライダー電王で、仲間のイマジンが取り付くことでいろんなキャラを演じていたのが特徴的でした。キャラごとに決め台詞があり、「俺、参上!」「僕に釣られてみる?」などがあります。

歴代仮面ライダーの出身俳優④水嶋ヒロ

  • 生年月日:1984年4月13日
  • 出身地:日本
  • 身長:180cm
  • 血液型:AB型
  • 所属事務所:connections

水嶋ヒロさんが出演したのは2006年から放送された「仮面ライダーカブト」。演じたのは主人公の天道総司/仮面ライダーカブトで自分を「天の道を往き、総てを司る男」と称する少し変わったキャラでもあります。「おばあちゃんが言っていた」というセリフが口癖で祖母から教わったという教えをしゃべるのが特徴的でした。

歴代仮面ライダーの出身俳優⑤オダギリジョー

  • 生年月日:1976年2月16日
  • 出身地:岡山県津山市
  • 身長:176cm
  • 血液型:O型
  • 所属事務所:鈍牛倶楽部

オダギリジョーさんが出演していたのは2000年から放送された「仮面ライダークウガ」。クウガは平成仮面ライダーシリーズの1作目にあたり、オダギリジョーさんは主人公の五代雄介/仮面ライダークウガを演じていました。「大丈夫!」というセリフが口癖で、仮面ライダーでありながら暴力を好まない平和主義者の役でもありました。

松坂桃李の今後の活動は?

今までもドラマや映画にひっぱりだこの松坂桃李さんですが、実はすでに次出演のドラマが決まっています!7月15日の日曜夜9時からスタートのドラマ「世界の片隅に」でヒロインのすず役を務める松本穂香さんの夫・北條周作役を務めます。どんなドラマになるのか楽しみですね♪