上原謙はイケメン俳優として活躍!息子・加山雄三や家族について

加山雄三さんのお父さんとして知られる上原謙さん。若い頃は俳優として活躍し、相当なイケメンだったということでも有名になっています。上原謙さんの若い頃のイケメン伝説とプロフィール、死因情報、元妻の大林雅美さんについて詳しく見ていきましょう。

上原謙の経歴は?若い頃がイケメンと話題!

qimono / Pixabay

加山雄三さんのお父さんとして知られ、現役時代は俳優として活躍していた上原謙さん。全盛期はキムタクもフクヤマもびっくりのイケメンだったようです。

元祖・イケメン俳優とも言われている上原謙さんのプロフィールと芸能界での活躍を画像付きでまとめました。

上原謙のプロフィールは?

上原謙さんは1901年11月7日生まれ、東京府東京市牛込区(現・東京都新宿区)出身です。東京府、というところが時代を感じさせますね。

1933年、大学卒業後、上原謙さんは松竹に入社しています。そして、清水宏監督作品「若旦那・春爛漫」で俳優デビュー。その後、1936年には「有りがたうさん」で主演を務めています。

私生活では大林雅美さんと結婚し、のちに俳優となる加山雄三さんを息子として授かりますが、1991年11月23日、急遽倒れて緊急搬送され、89歳で永眠しています。

中学生の頃に養子になる話が出たが流れる

AdinaVoicu / Pixabay

上原謙さんの半生は、生い立ちからして波瀾万丈です。上原謙さんのお父さんは上原さんが中学生の頃に亡くなっており、それに伴い遠縁の家に養子としてむかえられる話が持ち上がります。

しかし、養子の話を取り付けて帰ってくる途中に養子に入る先の家の当主とその奥さんが列車事故の犠牲となったため、養子の話がなくなってしまいます。

養子先は鹿児島。もしもあの時順当に養子に入っていたら、上原謙さんの運命も大きく変わっていたかもしれませんね。

立教大学に進学後はトランペットで活躍

Free-Photos / Pixabay

上原謙さんは立教大学を卒業しています。立教大学では何と音楽の才能を開花させ、特にトランペットについては抜きんでた才能とセンスを発揮し、周囲を驚かせていたそうです。

加山雄三さんもミュージシャンとして数多くの楽曲を発表していますし、すぐれた才能というのはやはり、両親から子どもに受け継がれていくものなのですね。

ちなみに、上原謙さんと同じ立教大学卒の著名人としては、フリーアナウンサーの徳光和夫さん、古舘伊知郎さん、くりぃむしちゅーの有田哲平さんたちがいます。

1935年大学を卒業後に松竹に入社して俳優の道に

1935年、立教大学を卒業して松竹に入社した上原謙さん。当時の松竹といえば映画産業の一角を担う有力企業で、映画界全体もイケイケドンドンの時代でした。

とはいえ、松竹に入社してからたった1年で後々まで代表作となる「有りがたうさん」の主演に抜擢されるのですから、上原謙さんもきっと、生まれながらの才能に恵まれていたんですね。

NEXT 「彼と彼女と少年達」で主役を務め人気に