上原謙はイケメン俳優として活躍!息子・加山雄三や家族について エンタメ

上原謙はイケメン俳優として活躍!息子・加山雄三や家族について

加山雄三さんのお父さんとして知られる上原謙さん。若い頃は俳優として活躍し、相当なイケメンだったということでも有名になっています。上原謙さんの若い頃のイケメン伝説とプロフィール、死因情報、元妻の大林雅美さんについて詳しく見ていきましょう。

目次

[表示]

上原謙の経歴は?若い頃がイケメンと話題!

qimono / Pixabay

加山雄三さんのお父さんとして知られ、現役時代は俳優として活躍していた上原謙さん。全盛期はキムタクもフクヤマもびっくりのイケメンだったようです。

元祖・イケメン俳優とも言われている上原謙さんのプロフィールと芸能界での活躍を画像付きでまとめました。

上原謙のプロフィールは?

上原謙さんは1901年11月7日生まれ、東京府東京市牛込区(現・東京都新宿区)出身です。東京府、というところが時代を感じさせますね。

1933年、大学卒業後、上原謙さんは松竹に入社しています。そして、清水宏監督作品「若旦那・春爛漫」で俳優デビュー。その後、1936年には「有りがたうさん」で主演を務めています。

私生活では大林雅美さんと結婚し、のちに俳優となる加山雄三さんを息子として授かりますが、1991年11月23日、急遽倒れて緊急搬送され、89歳で永眠しています。

中学生の頃に養子になる話が出たが流れる

AdinaVoicu / Pixabay

上原謙さんの半生は、生い立ちからして波瀾万丈です。上原謙さんのお父さんは上原さんが中学生の頃に亡くなっており、それに伴い遠縁の家に養子としてむかえられる話が持ち上がります。

しかし、養子の話を取り付けて帰ってくる途中に養子に入る先の家の当主とその奥さんが列車事故の犠牲となったため、養子の話がなくなってしまいます。

養子先は鹿児島。もしもあの時順当に養子に入っていたら、上原謙さんの運命も大きく変わっていたかもしれませんね。

立教大学に進学後はトランペットで活躍

Free-Photos / Pixabay

上原謙さんは立教大学を卒業しています。立教大学では何と音楽の才能を開花させ、特にトランペットについては抜きんでた才能とセンスを発揮し、周囲を驚かせていたそうです。

加山雄三さんもミュージシャンとして数多くの楽曲を発表していますし、すぐれた才能というのはやはり、両親から子どもに受け継がれていくものなのですね。

ちなみに、上原謙さんと同じ立教大学卒の著名人としては、フリーアナウンサーの徳光和夫さん、古舘伊知郎さん、くりぃむしちゅーの有田哲平さんたちがいます。

1935年大学を卒業後に松竹に入社して俳優の道に

1935年、立教大学を卒業して松竹に入社した上原謙さん。当時の松竹といえば映画産業の一角を担う有力企業で、映画界全体もイケイケドンドンの時代でした。

とはいえ、松竹に入社してからたった1年で後々まで代表作となる「有りがたうさん」の主演に抜擢されるのですから、上原謙さんもきっと、生まれながらの才能に恵まれていたんですね。

「彼と彼女と少年達」で主役を務め人気に

Bokskapet / Pixabay

俳優デビュー以来、上原謙さんはその端正な顔だちとイケメンぶりでたちまち人気となり、「彼と彼女と少年達」でも主役を務め、俳優としての人気を揺るぎないものにしました。

デビューから目立った挫折もなく、コンスタントに主演作を発表している点でいえば、現代では菅田将暉さんにも匹敵する大ブレイクと言えそうですね!

1936年に代表作となる「有りがたうさん」で主演

Simedblack / Pixabay

デビュー当時からイケメン俳優として大人気だった上原謙さん。35年デビューですが、その翌年には代表作となる「有りがたうさん」で主演を務めています。

生まれながらの主役級俳優として誰からも期待されていたんですね。

兵役になるが発熱で除隊となる

いわゆる戦前世代にあたる上原謙さん。当然のことながら太平洋戦争では兵役に取られますが、発熱を理由に除隊となっています。

ここも運命のターニングポイントで、仮にここで兵役に取られて戦地に赴いていたら、あるいは、戦後の上原さんの名作の数々はなかったのかもしれません。

その後、イケメン俳優として活躍

Pexels / Pixabay

終戦後も上原謙さんの人気が衰えることはありませんでした。むしろ、上原謙さんのほうも俳優としての絶頂期をむかえ、デビュー当時にも増してさまざまな映画やドラマに精力的に出演するようになります。

当時はもちろんイケメン、という言葉はありませんでしたが、二枚目、ハンサム、色男など、いろいろな表現によって上原謙さんのイケメンぶりが表されました。

若い頃のイケメン画像は?

こちらが若い頃の上原謙さんの画像です。いかがでしょう。文句のつけられないレベルのイケメンですよね。

しょうゆ顔、というよりも鼻筋がきちんと通っているという感じで、今でいうと玉木宏さん、沢村一樹さんあたりに近い顔だちと言えるのではないでしょうか。

私生活までもイケメン!モテモテのプレイボーイだった?

whitesession / Pixabay

上原謙さんは、実は再婚しています。最初の奥さんとは人気絶頂のタイミングで結婚しているのですが、上原さんのプレイボーイぶりが原因で離婚。

さらにその5年後には、当時クラブ歌手をしていた大林雅美さんと再婚しています。しかし、この結婚生活も長くはつづかず、大林さん側の不倫によってトラブルが絶えず、91年に離婚しています。

1965年、ホテル「パシフィックパーク茅ヶ崎」を開業

StockSnap / Pixabay

俳優としてはすでに大御所となった上原謙さんは1965年、ホテル「パシフィックパーク茅ケ崎」を開業し、オーナーとして就任しています。

開業当初は話題性とネームバリューもあってたくさんの来客が殺到しましたが、年月が経つにつれて印象が薄れ、70年には親会社の倒産にともなってついにホテルも休業に追い込まれます。

その後は何度か営業再開もなされましたが、全盛期までは盛り返すことができず、90年代には完全廃業をむかえています。

晩年には、お笑いバラエティなどにも出演

Pexels / Pixabay

若い頃は松竹の看板スターとして名作映画に主演しつづけてきた上原謙さん。晩年には何とお笑い系のバラエティ番組などにも積極的に出演していたようです。

加山雄三さんも今、コンサートだけでなくテレビのバラエティにも積極的に出演していますから、やっぱり血を受け継いでいるのかもしれませんね。

高峰三枝子と共演したCMも話題に

映画以外での上原謙さんの話題といえばやはり、高峰三枝子さんと共演したCMをはずすわけにはいきません。それもなんと入浴シーンで、温泉に浸かる高峰さんと上原さんが会話をしている、という構図。

当然高峰さんもヌードで(大事なところは映りませんが)、熟女の巨乳が見えそうで見えない、というけっこうエッチなCMでもあります。

関連記事はコチラ!

イケメン俳優だった上原謙の出演作品は?

mohamed_hassan / Pixabay

イケメン俳優として人気絶頂だった上原謙さんの出演作品について見ていきましょう。

映画「有りがたうさん」

1936年公開。上原謙さんの代表作とも言われている映画です。白黒の映像が逆に新鮮ですよね!

映画「愛染かつら」

昭和の映画史を彩る名作としても語り継がれている映画「愛染かつら」。上原謙さんのイケメンぶりもさることながら、今は亡き田中絹代さんの落ち着いた演技も印象的ですね。

映画「花咲く港」

1943年公開の松竹映画。太平洋戦争真っ只中ということで、軍事色を前面に出した内容となっています。

映画「大学の若大将」

1961年公開の東宝映画です。この映画は加山雄三さんが主演する大人気シリーズで、この作品が初の親子共演作となったことでも話題となりました。

映画「西住戦車長伝」

1940年公開の映画。実在した陸軍大尉の活躍を描いた軍国映画です。

映画「三百六十五夜」

こちらも昭和初期に公開された映画です。この頃の映画はセリフまわしが独特で、今の映画にはない味わいがありますよね。

映画「めし」

日本映画界の巨匠・小津安二郎監督の作品。小津作品特有の繊細なタッチと上原謙さんの抑えた演技が絶妙にマッチしていますよね!

映画「晩菊」

成瀬巳喜男監督作品。上原謙さんと杉村春子さんの共演が存分に楽しめます。

映画「クレージー作戦 くたばれ!無責任」

1963年公開の映画で、クレイジーキャッツの大人気シリーズのひとつです。植木等さんの軽妙さがなつかしいですね!

上原謙の家族は?息子は加山雄三!奥さんとは死別?

デビュー当時から松竹のスターで、イケメン俳優として引っ張りだこだった上原謙さん。ここでは上原謙さんの家族情報についてまとめました。

1936年に女優の小桜葉子と結婚

GabrielFerraz / Pixabay

兵役に取られながらも、原因不明の発熱によって除隊された上原謙さん。除隊になったあと、上原さんは当時女優だった小桜葉子さんと結婚しています。

一方、仕事面では同年輩だった佐分利信さん、佐野周二さんと「三羽烏」を結成し、映画界をよりいっそう盛り立てていきます。

1937年に息子・加山雄三が誕生

5688709 / Pixabay

1936年に女優の小桜葉子さんと結婚した上原謙さん。結婚した翌年にはすぐに子宝に恵まれ、後に歌手・俳優として活躍する加山雄三さんが誕生します。

昭和・平成を代表する大スター、加山雄三さんは、上原謙さんの長男として生まれたのですね。

その後、娘も生まれた

Pexels / Pixabay

上原謙さんは生涯で2度の結婚をしていますが、最初の結婚では加山雄三さんと池端亮子さんというふたりのお子さんに恵まれています。

52歳で妻・小桜葉子が死去

Free-Photos / Pixabay

上原謙さんの最初の奥さんである小桜葉子さんは、上原謙さんが52歳の時に亡くなっています。加山雄三さんにとっては、最愛のお母さんをなくした、ということになりますね。

上原謙の再婚相手がやばい!?45歳年下だった?

oliana_gruzdeva / Pixabay

最初の妻である小桜葉子さんとの死別の後、上原謙さんは大林雅美さんという女性と再婚しています。何と年の差45歳という再婚の裏話について詳しく見ていきましょう。

1976年に45歳年下の大林雅美と結婚

Claudio_Scott / Pixabay

小桜葉子さんと死別した後、上原謙さんは当時クラブ歌手として活動していた大林雅美さんと再婚しています。

再婚そのものも驚くべきことなのですが、それ以上に注目したいのはその年の差で、大林さんとは何と45歳もの年の差があったというのです(もちろん上原謙さんが年上)。

上原謙さんももうすでに俳優としてひとつの時代を築いた方でしたから再婚はリスキーだったと思いますが、大林さんのほうが相当魅力的だったのですね。

家族の反対を押し切っての結婚だった

darksouls1 / Pixabay

大林さんとの再婚は上原謙さんにとって、必ずしも追い風ばかりではありませんでした。上原謙さんがすでに高齢であることと、大林さんがクラブ歌手であったことがネックとなったようです。

しかし、最終的には反対を押し切って再婚したかたちとなり、上原謙さんのほうが我を通した結果となりました。

その後、2人の娘に恵まれる

mohamed_hassan / Pixabay

大林さんとの再婚によって上原謙さんが注目されたのは、ただ単に年の差婚であるというだけではありません。

再婚した時点で上原謙さんはすでに70代をむかえていたのですが、何と、そんな年齢にあってもふたりの娘さんを授かっているということで噂になっているのです。

男性は閉経がないため、体力さえつづけばいくつになっても子作りが可能なのですが、それにしても70代にしてふたりの子どもに恵まれるとは、いろいろな意味でうらやましいかぎりですね。

NEXT:次女は仁美凌として女優活動も!
1/3