不倫旅行を成功させる方法とリスクは?言い訳やバレた理由まとめ

一度で良いから不倫旅行を楽しんでみたい。でもバレた時のリスクを考えると実行できないカップルが多いのではないでしょうか。そんなカップルの為に不倫旅行が成功し易い場所と方法。さらにバレそうになった時の言い訳も一緒に紹介します。

不倫旅行はリスクが大きい?相手との時間を楽しむには?

Santa3 / Pixabay

許されない愛はスリルがあって刺激的です。禁断の愛が深まれば深まるほど同じ時間を共有したくなるのは、男女共通の心理です。その結果、不倫相手と旅行してみたくなります。

でも、家庭を持つ人が異性と宿泊すると家族にバレるリスクは格段に高くなります。バレずに不倫旅行をやってみたいというカップルの為に不倫旅行を成功させる方法や不倫旅行のリスクを紹介します。

最近は浮気・不倫する人が増えている?

Babienochka / Pixabay

浮気や不倫をする人は増えているのでしょうか。この問題について「一般社団法人日本家族計画研究センター」が行った性に対する興味深い調査結果があります。

その調査は2016年10月に行われました。対象者は、全国の20歳から60歳までの男女5,000名以上です。これによると不倫経験があると答えた人は男性で37.0%。女性で24.4%でした。

男性は3人に1人。女性は4人に1人が不倫経験があるということが分かりました。

不倫でも、たまには人目を気にせず楽しみたい

stux / Pixabay

普通の旅行と不倫旅行の違いは刺激と興奮が違います。禁断の蜜の匂いが恋愛を深めて熱愛に変わります。大人の恋愛を完結させるには旅行が最高の舞台です。ただし、不倫旅行には大きなリスクがあります。

不倫旅行はバレる可能性が高い?

MichaelGaida / Pixabay

不倫旅行はバレやすいと言われています。なぜかと言うと「生活」があるからです。家族と共有する時間を中断していなくなるのでそれなりの理由が無いと怪しまれます。

しかも旅行したら、はっきりした足跡が残ります。ホテルや旅館の宿泊名簿に、仮名で書いたから大丈夫と思うのは間違いです。宿泊した事実は消すことができません。

また交通機関を利用した事実や乗車券など色々な足跡が残るので日帰りの交際に比べて不倫旅行のリスクは高くなります。それではリスクを回避して不倫旅行を成功させるにはどうしたらいいのか紹介します。

関連記事はこちら

不倫旅行をバレずに成功させるための方法と気を付けること

Stroganova / Pixabay

不倫旅行を成功する為の基本は「普段と変わりない行動」をすることです。これは簡単なようでとても難しいです。では、どういう所に気をつけたらいいのでしょう。具体的に紹介します。

服装に注意してリスクを減らそう!

せっかくの旅行だからといって嬉しさのあまりめかしこんで出かけるとリスクが大きくなります。家族旅行の時の服装を思い出して極端な服装は避けるべきです。

女性の場合は入念に化粧している時点で普段と違いますから、極力普段と同じ行動を心がけましょう。ただし普段から出かける時に念入りに化粧する人なら話は別です。

携帯を頻繁に使うのはリスク増大!

JESHOOTS-com / Pixabay

スマートフォンは自分専用だから大丈夫と思っていませんか。家族契約をしている場合、利用明細を送って貰う設定にしている場合は携帯電話の使用実績は家に送られて来ます。

特定の電話番号に何時間も電話しているとなると家族に怪しまれます。不倫旅行の計画は可能な限り、会っている時に口で小まめに打ち合わせをしておきましょう。

バレる不安から丁寧な説明をしてしまう!

Garysun / Pixabay

不倫旅行の前には配偶者に疑問を持たれないように先回りして説明しすぎる傾向にあります。すると、普段、素っ気ないのやけに丁寧に説明したりすると、家族に不自然な印象を与えます。

なにか、やましいことがあるから丁寧に説明をしていると思われると、疑問を持たれます。するとチェックが厳しくなって、その結果、不倫旅行がバレたりするリスクが高くなるのです。

理想は現地集合・現地解散

kjmhdk66112 / Pixabay

不倫旅行は一緒に旅行するから楽しいのです。愛する人と二人きりで出かけたい。確かにそうですがリスクを最大限に少なくするのは、目的地の駅かホテル・旅館で合流する計画がベストです。

あるいは目的地の近くの駅で合流するのもいいでしょう。最新の注意を払って不倫旅行をするのなら現地集合・現地解散のプランが不倫旅行を成功させるコツです。

自宅から遠いほど成功率は高い

JESHOOTS-com / Pixabay

目的地は自宅から遠い方がベストです。近場は知り合いに会うリスクが高いのでやめた方が無難です。ただし、あまり遠すぎると移動に時間が掛かります。

旅行日数は一日がベストです。2日、3日と期間が長くなるほど、リスクが高くなります。不倫旅行は、普通の旅行と違います。まず、安全を最優先した方が良いでしょう。

知り合いがいない場所を選ぼう!

Alexas_Fotos / Pixabay

不倫旅行の目的地周辺に親戚・縁者・友達などがいない場所を選びましょう。特に親戚は要注意です。自宅から遠くの場所でも親戚・知人がいる場所は避けた方が無難です。

有名な観光地は避ける!

Santa3 / Pixabay

全国的に有名な観光名所は不倫旅行には不向きです。理由は「誰でも行ってみたい場所」なので不倫旅行がバレるリスクが一気に高くなります。

思い出の旅行にしたいので有名な観光地を選びがちですが、場所よりも二人の時間を最優先しましょう。目立たない場所を選んだほうが不倫旅行を心置きなく楽しめるでしょう。

旅先で知人に会った時の対応を決めておく!

rebcenter-moscow / Pixabay

不倫旅行で大事なことの一つに「知り合いにあった場合にどうするのかを決めておく」ことです。たとえば知り合いと不倫旅行中に出会った時の不倫相手の立場を決めておきましょう。

「幼なじみ」「職場の同僚」「姪」「同級生」不倫旅行はウソの目的を言っているはずです。その目的に一番ふさわしい説明ができるようにあらかじめ示し合せておきましょう。

また、言い訳の出来ないような場合にも、どうするのかも決めておいた方がいざという時に慌てなくて済みます。

アリバイは作っておく!

bluebudgie / Pixabay

不倫旅行に出かける場合、親戚・家族・子供・職場の同僚など関係する人には共通の理由で口裏を合わせておきましょう。友達の家に遊びに行くと言ったのなら友達に説明しておかないといけません。

家族が友達に尋ねた時、不倫旅行の目的と友達のいうことが食い違っていたらアリバイが崩れてしまいます。

必ず人が通るターミナル駅は避ける!

aun4496 / Pixabay

不倫旅行を安全にやりたいと思うのでしたら人の流れの多いターミナル駅は避けましょう。簡単に言うと東京駅・大阪駅のような誰もが通過する駅のことです。

あるいは県庁所在地の駅などです。交通機関を利用する場合、乗り換えなどで必ず通過するような駅は、知人に会うリスクが大きくなります。やはり、現地集合・現地解散という移動方法が一番安全です。

出掛ける前は普段通りにパートナーに接する

monicore / Pixabay

一番最初に説明した普段通りやるという基本を守っていれば大丈夫です。ただし、家庭で一番注意しておかないといけないのは、やはり配偶者に対する態度です。

安心させようとして、いつも以上に優しい言葉を掛けたり普段しないことをするのは禁物です。どこまでも、いつもどおりを貫き通しましょう。

子供がいる場合は子供へのお土産にも気を遣う

子供がいる場合は、土産などにも気を配りましょう。ただし、間違ってはいけないのは、いつも旅行に行ってお土産を買う習慣が無いのならあえて買う必要はありません。

基本は、普段通りを貫く方法がベストです。また罪の意識から豪華なお土産も不自然です。いつも買うようなお土産で良いので不自然なお土産を買わないように気を配りましょう。

不倫相手と密着した場合は匂いが残らない様にする

monicore / Pixabay

不倫旅行の後の、匂いは大きなリスクです。理由は嗅覚には個人差があって自分の匂いには気がつきにくいからです。特に不倫相手と密着した場合の体の匂いには気をつけましょう。

一番いい方法は、自宅に帰るまでに軽い運動などをして、一度汗を掻くと異性の匂いが消えやすいです。

帰宅する時は不倫相手の荷物が紛れていないか厳重チェック

Free-Photos / Pixabay

不倫旅行には荷物は持っていかない方が良いでしょう。また切符などのチケット・領収書など旅行したことが分かるようなものは旅先で全て処分しましょう。

不倫相手の荷物が自分の持ち物に入っているのは完全にNGです。女性の場合はバッグを持つことが多いですが、余分な物は持ち帰らないようにしましょう。

不倫旅行をするのにおすすめの場所は?

Holgi / Pixabay

不倫旅行におすすめの場所は静かな場所がいいでしょう。人間の心理の盲点を突いてあえて大都会を選ぶという方法もありますが、あえてリスクを冒す必要はありません。

不倫旅行は目立たない場所を選んだ方が無難です。二人きりになれる空間を最優先した方がいいでしょう。

一日の宿泊客が少人数で顔を合わせないような宿泊先

lumix2004 / Pixabay

ホテルや旅館の宿泊者数が多い所より少ない方が安心して不倫旅行を楽しめます。さらに宿泊客同士があまり顔を合わせない場所の方がより安心できます。

たとえばホテルなどで朝食がバイキングだったら、朝だけで何十人もの宿泊客と顔を合わせることになります。そこまで神経質になる必要はないのですが、無用にリスクを高める必要もありません。

もしもの場合にそなえて自然豊かで人があまりいない田舎の宿

sl3p3r / Pixabay

不倫旅行の人気スポットは温泉です。旅情豊かで一生の思い出になることは間違いありません。但し有名な観光地の温泉は避けましょう。

不倫旅行に最適の場所は、田舎の宿で秘湯と呼ばれる静かな温泉がおすすめです。宿の近くまで別行動して宿に近い最寄りの駅で待ち合わせをしてタクシーか徒歩が理想的です。

相手への思いやりを重視し二人の思い出の場所

Free-Photos / Pixabay

不倫旅行に思い出の場所を選ぶカップルもいます。確かにお互いの思いを大切にしたいのなら良い選択でしょう。しかし、いくら楽しくてもバレたらせっかくの旅行が台無しです。

もし思い出の場所があって目立たない場所なら、下手な名所よりずっと思い出深い旅行になるはずです。

不倫旅行に使われがちと話題の熱海

AG2016 / Pixabay

熱海は、不倫のメッカのような印象があります。でもそれは熱海がドラマや映画の舞台として使われることが多いからです。また熱海は全国的に有名な観光地でもあります。

従って熱海は不倫旅行のメッカではありません。バレた時のリスクを考えると不倫旅行の候補地として不向きです。

大都会のダウンタウン!

zephylwer0 / Pixabay

不倫旅行に、静かな場所・田舎をおすすめして来ましたが、これまで紹介してきた条件に照らし合わせてリスクを回避できているのなら大都会でのデートは、大勢の人に紛れて目立たないメリットがあります。

大都会のダウンタウンも穴場です。都会の華やかさと下町の風情を満喫できます。旅行のスケジュールが合わず遠くまでイケない場合に限り大都会も選択肢の一つとして考えていいでしょう。

海外旅行

rejinaajes / Pixabay

海外旅行は、不倫旅行がバレる心配が一番少ない良い方法です。ただし日本を出る場合には注意しないといけません。またパスポートの取得や旅行料金の支払いも注意する必要があります。

チケットや航空機を使った場合の荷物の札など、余分な物は家に帰るまでに必ず処分する必要があります。また数日留守にするだけのそれ相当の理由が必要です。

それらの条件をクリアできるなら、海外に行けば不倫旅行を思う存分楽しめるでしょう。

親友の知りあいのホテル・旅館

DonnaSenzaFiato / Pixabay

口の堅い秘密を守れる親友の知人が経営するホテルや旅館も不倫旅行の穴場と言えるでしょう。しかし複数の友達がそのことを知ると逆にリスクは増えます。

無二の親友が1人で、その親友の知っているホテル・旅館なら絶好のスポットです。しかもその場所が有名な場所でなく風光明媚な田舎なら申し分ありません。

自分だけが知っている穴場

shilmar / Pixabay

家族の誰も知らない場所で、自分だけが知っている場所は不倫旅行のベストポイントです。例を挙げれば若い頃に何度か一人旅をして土地勘がある場所です。

どこに何があるのか知っている場所なら、リスクを限りなく小さくできるでしょう。場合によっては実家の近くの隣町の旅館なども意外とバレにくい場所です。

ビジネスホテルを別々に予約

Pexels / Pixabay

居住地からそれほど離れていない町のビジネスホテルと別々に予約する方法も不倫が発覚しにくい場所です。こじんまりとしたシングルルームなら値段も格安です。

そして会いたい時間だけ、どちらかの部屋を共有すれば安全に不倫を楽しめるでしょう。一番いいのは、フロントに名前を別々に書くので、探偵に調べられても大丈夫です。

NEXT 不倫旅行をする前に!リスクや注意点について