タイムトラベラーは実在した!未来人の写真や動画・予言を紹介! 芸能人

タイムトラベラーは実在した!未来人の写真や動画・予言を紹介!

「タイムトラベル」には多くの謎があり、その実態は未だに解明できていません。しかし、タイムトラベラーは、さまざまな予言を残しタイムトラベルを証明しているのも確かです。そこで、未来人が写り込む写真や予言から実在を解明したいと思います。

目次

[表示]

「タイムトラベラー」とは?どんな意味?

geralt / Pixabay

過去・現在・未来この3つから形成されると考えられている「タイムトラベル」は、長年にわたって語り継がれていますが、謎の解明はされていません。そんな「タイムトラベル」について、調べていきましょう。

「タイムトラベラー」とはどんな意味?

TheDigitalArtist / Pixabay

「タイムトラベル」とは、過去と未来の時間軸を自由に行き来できることを表しており、現在の科学的な視点から見ると「実現は不可能」とされていますが、実際に「未来から来た人はいる」といくつかの事例があります。

また、タイムマシンなどの未来的技術を使い時間軸を移動することを「タイムトリップ」や「時間旅行」とも呼び、このような過去と未来を行き来した人のことを「タイムトラベラー」と呼びます。

タイムトラベルと神話の関係性

DarkWorkX / Pixabay

神話としては、古代インドの宗教や哲学が記されている神話的叙事詩「マハーバーラタ」にも、タイムトラベルのような事例が記されているとされており、このマハーバーラタは聖書の4倍の長さといわれております。

また、日本では「日本書紀」に登場する「浦島太郎」がタイムトラベルとして有名であり、タイムトラベルの際に活用される「タイムマシン」は、1887年に発行された「アナクロノペテー」に登場するとされています。

関連の記事はこちら

実在した5人のタイムトラベラー

spirit111 / Pixabay

科学的には「不可能」とされているタイムトラベルですが、実際に時空を越えてきたと言われている「タイムトラベラー」が実在していたようなので、写真や理由と合わせてご紹介させていただきます。

2036年からやって来た男「ジョン・タイター」

タイムトラベルを実施する際に用いられるタイムマシーンですが、上記の写真はタイムトラベラーが未来から時空を越える際に使ったとされるものです。そして、それに乗って来たとされているのがジョン・タイターです。

2000年11月3日、ネット掲示板にて「2036年からタイムトラベルしてきた」と名乗る未来人・ジョン・タイターから書き込みがありました。彼は未来の状況・タイムトラベルの論理など多くを語ります。

そのことにより、自身が未来から来た人であることを証明すると共に、過去に戻り「任務」を遂行していたとされています。その証に、4ヶ月後の3月には「予定の任務は完了した」の言葉を最後に消息を絶っています。

未来から来た目的はIBM5100を入手すること

ジョン・タイターがタイムトラベルの際に任されていた「任務」とは、IBM5100を入手することであると語っており、IBM5100とは、1975年に市場に投入されたポータブル・コンピューターであります。

このタイムトラベルの任務をジョン・タイターに任された理由は、祖父がIBM5100の開発に関わっていると語っており、ジョン・タイターがいた未来にはIBM5100の機能が必要であったようです。

その他に遂行されていた任務、「1975年にある人物に会う」こともネット掲示板に書き込んでおり、指定している年月はIBM5100が市場に投入される年と同じでありました。

アメリカの内政悪化や狂牛病の感染を予言した

ジョン・タイラーはタイムトラベルをしてきた際、タイムトラベラーであることを証明するために、自身がいた未来で起きた出来事を語っており、それはまだ先の未来であるため予言とされていました。

例えば、2005年にアメリカが内戦状態となり、3年後には警察国家化が急激に進み、アメリカ合衆国の都市内部と外部で抗争が起こることや、第三次世界大戦に発展すること、狂牛病が発生することを予言しています。

この予言には、当てはまるものもありますが、起こらなかった出来事もあります。その原因にはタイムトラベル先で未来に起こることを明かすと、時空に歪みが生じ「パラレルワールド」に変化が現れるからだそうです。

2256年の未来から来た「アンドリュー・カールシン」

2003年1月28日、アメリカで1人の男性がインサイダー取引の疑いで逮捕されます。その際男性は「2256年から来たタイムトラベラーです」と証言し、未来人・アンドリュー・カーシルは話題となっていきます。

株取引で420億円を手に入れた

Pexels / Pixabay

アンドリュー・カーシスがインサイダー取引を疑われた理由は、当時株価が下がり取引難していた世間と裏腹に、800ドル・10万円を元手に、2週間で3億5000万ドル・420億円儲けることに成功したからです。

このアンドリュー・カーシスの不自然なまでの儲け方に、警察は不信感を抱き逮捕に至っています。その際、アンドリュー・カーシスは未来人であることを理由に、株価の動きを暗記し大儲けしたと語ったのでした。

イラク戦争の勃発や石油が生産可能なことを予言した

Defence-Imagery / Pixabay

アンドリュー・カーシスは未来人を示すために、他にも予言を残しており、イラク戦争の勃発・ウサマ・ビン・ラディンの潜伏先・近い未来、石油の生産に成功するなど、先の未来で事実として起きる出来事でした。

16世紀に正確すぎる地図を残した「ピーリー・レイース」

オスマン帝国の軍人をされていたピーリー・レイースは、提督・船長としても活躍し世界地図を作り上げています。現在も「2枚」残されていますが、その地図は16世紀の技術や測量からは正確すぎるものでした。

史上最古の世界地図を残した

アメリカ大陸を発見されたクリストファー・コロンブスが描いた地図などが失われてしまった今、ピーリー・レイースが描いた世界地図は上記の画像のもので、史上最古の地図であるとされております。

未来人の力を借りて地図を作成した?

O12 / Pixabay

ピーリー・レイースは地図を作成される際、地理学者・航海者・コロンブスの新大陸の地図を参考とし作り上げられたとされていますが、情報源とした地図以上に優れた出来であるとされています。

また、ピーリー・レイースの地図にはアメリカ大陸がしっかりと表記されていますが、地図完成当時はアメリカ大陸を発見してから「20年」ほどしかたっておらず、海岸線の調査もされていませんでした。

それに加え、氷に閉ざされた場所に存在していた南極大陸は、当時は発見されていなかったにも関わらず地図には描かれており、そのことから「未来人の協力」を得て地図は作成されたのではと一説では言われています。

浮世絵師として活躍した「歌川国芳」

江戸時代末期の浮世絵師で知られている「歌川国芳」は、幕府による禁令をかいくぐり、役者絵や美人画の人物画や風景画・戯画・春画と数多くの作品を描き続け、人々に愛された絵師とされています。

東京スカイツリーの建設を予言

船大工たちが防腐のため船腹を焼いている日常の姿が描かれている「東都三ツ又の図」には、江戸城よりも高い建物が禁止されていた当時の江戸にそぐわない物が描かれていると話題になっております。

中央左側、2012年に竣工し開業された「東京スカイツリー」のような見た目の巨大建造物が描かれています。そのことから、歌川国芳は東京スカイツリーの建設を予言していたとも一説に言われております。

浮世絵で自分の没年を予言

雨の海岸沿いを傘をさしながら歩く姿を描いている「東都御厩川岸之図」は、予言の画ともされており、大変興味深い作品となっています。画が制作された当時、日本は鎖国政策により海外との交流は禁じられていました。

そんな環境の中で描かれた画から、右下で傘をさす人をご覧ください。傘には「千八百六十一番」と書かれ、これが当時存在していなかった「西暦」ではと一説されており、この西暦は歌川国芳の没年と一致しています。

74年もの時を移動した「ルドルフ・フェンツ」

pixel2013 / Pixabay

1950年6月、蒸し暑さが残る夜の23時頃、ニューヨークの繁華街で1人の男性の死亡事故が起こりました。その男性の遺品から本人の物と思われる名刺が発見され、名は「ルドルフ・フェンツ」と書かれていました。

タクシーに轢かれて命を落とす

fancycrave1 / Pixabay

車が行きかう路上に現れたルドルフ・フェンツは、パニック状態だったとされ走ってきたタクシーに轢かれ死亡しています。推定年齢30歳前後、19世紀のトレンドのような1世紀ほどズレがあるファッションでした。

その後の調べで74年前に失踪した人物の特徴と一致

geralt / Pixabay

事故の調査の為、ルドルフ・フェンツの遺品を調べると財布の中には年号の古い真新しい紙幣と名刺が、ポケットには1876年の消印がされたルドルフ・フェンツ宛の手紙が入っていたとされております。

手がかりが少なく身元判明に時間がかかりましたが、1939年に電話帳に同じ名前を見つけたことで進展していきます。ルドルフ・フェンツは1876年に行方不明となった男性であるという説が浮上します。

19世紀に捜索願を出されていたルドルフ・フェンツには妻と子がおり、探し続けていたようです。また、義娘に死亡した男性の写真を見せると本人であると証言し、74年の時を超えたタイムトラベラーとされています。

【動画・画像付き】最新情報!実在したタイムトラベラー9選

RobinHiggins / Pixabay

タイムトラベラーは、さまざまな時系列に存在していたとされており、その実態が写り込んでいるものがあるようです。そこで、数あるタイムトラベラー説の最新版を動画・画像で紹介していきたいと思います。

実在したタイムトラベラー①1940年に撮影された未来人

上記画像は1940年6月、カナダ・ブリディッシュ・コロンビア州に架けられた、サウスフォーク橋で行われたオープニングセレモニーで撮られた写真です。この画像には2人の未来人が写り込んでいるとされています。

まず、1人目はサングラスをかけている男性です。周囲とは異なった服を身にまとい、手元には当時は普及されていなかった小型カメラを持っているようにも見えます。

また、写真中央で顔をしかめている男性は、上記でご紹介させていただいた「アンドリュー・カールシン」に似ているとされており、この画像には偶然にも2人の未来人が写り込んでしまった奇跡の1枚とされています。

実在したタイムトラベラー②1911年に携帯電話を使っている男性

貧民街の日常や若年労働者を主とし写真家活動されていたルイス・ハインが、1911年に少年たちを集めて撮られた1枚には、当時は存在していない「携帯電話」を扱う少年が写っているとされています。

実在したタイムトラベラー③1940年代に撮影された携帯で写真を撮る夫婦

1940年代に撮影された上記動画は、映像を残す技術として用いられていた8mmフィルムが元となっております。その動画に映されていた夫婦の手元には、小型の携帯を所持しており、写真を撮っている姿のようです。

実在したタイムトラベラー④1962年のワールドカップに現れた未来人

上記写真は、1962年にチリで開催されたFIFAワールドカップのものであり、優勝国・ブラジルのギリンシャ選手を写した1枚の写真の中には、携帯電話のようなもので撮影を試みる人が中央下に写っています。

実在したタイムトラベラー⑤1970年の大阪万博に現れたiPhoneを持つ男性

こちらの動画は日本にタイムトラベラーが居たのではないかと言われている動画であり、1970年に撮影された大阪万博の写真です。手元にはiPhoneのようなものを所持しているとささやかれています。

実在したタイムトラベラー⑥カナダの教科書の写真に写る「サーファーマン」

1974年にカナダで発行された歴史書・The Great Cape Scott Storyに未来人のような人がいると、YouTuber・ジェイミー・D・グラントさんが発見したと話題になりました。

話題となった写真は1917年に撮影されたもので、上記の動画を見ていただくと、周囲とは異なった雰囲気の男性が岩場に座っており、その服装や髪形の特徴から「サーファーマン」と名付けられているようです。

実在したタイムトラベラー⑦1928年の映画に登場した携帯電話を使う女性

1928年に制作されたチャーリー・チャップリンの「サーカス」に映る1人の女性は、耳元に手を当て歩いていきます。この姿は携帯電話で会話をしているように見えますが、1928年に携帯電話は存在していません。

実在したタイムトラベラー⑧1938年には存在しない携帯電話を使う女性

1938年、女性たちを映した映像の中に耳元に手を当て話ながら歩く女性が写り込んでいます。この女性の手元には携帯電話のようなものが持たれているとされ、タイムトラベラー説が浮上します。

しかし、この女性の孫の証言により、この映像の女性の行動は「試作実験」であったとされ、女性が耳元に当てているものは試作品の「無線電話」であったようです。

実在したタイムトラベラー⑨現代で撮影されたタイムトラベラーの映像

香港で起きた出来事で話題となっているのが上記動画ですが、映像は対向車線を走っていた車のものとなっています。突如道路に現れた男性は急に車道に出現しており、タイムトラベラーの可能性が高いようです。

日本に現れたタイムトラベラー

geralt / Pixabay

多くのタイムトラベラー説は、海外で起きており「都市伝説」として伝わっております。しかし、日本にもタイムトラベラーと思われる人は存在していたようなので、ご紹介させていただきます。

東日本大震災・原発事故を予言した「2062年から来た未来人」

mohamed_hassan / Pixabay

2010年10月から1ヵ月、2011年7月、2012年12月に、突如2チャンネルの掲示板に現れた「2062年から来た未来人」は、質疑応答により日本人の男性であるとされています。

また、この2062年・未来人は、現在に住む人からの質問に対し丁寧に返答をし、未来を紐解いてくれていますが、2010年の当初「東日本大震災」や「原爆事故」をも予言したとして注目を集めていたようです。

NEXT:2058年の公安庁から派遣された「原田」
1/3