【閲覧注意】熊事件は世界中で発生中!実際の事件と対策を解説! 社会

【閲覧注意】熊事件は世界中で発生中!実際の事件と対策を解説!

目次

[表示]

1人で行動しない

Free-Photos / Pixabay

熊に襲われた事件では、多くの場合で1人で行動しています。熊に出会った時に1人だと、助けてくれる人も多く、確実に自分が狙われてしまいます。

狙われてしまわないためにも、1人での行動は控えましょう。

猛獣をペットとして飼う家族

Alexas_Fotos / Pixabay

野生の熊で様々な事件が起きている一方、世界では様々な獰猛な猛獣たちを平然とペットとして飼っている人たちがいます。

檻を使わず同じ家の中で生活している人も多く、なんと何匹ものライオンやトラと一緒に過ごしている人まで。彼らと猛獣の距離の近さに、きっと驚くことでしょう。

熊を飼う家族

アメリカのノンタナ州に住むケイシー・アンダーソンは、熊のブルータスを生後5か月の頃から飼い始めました。

ケイシーの結婚式には、花婿の付き添いとしてブルータスが結婚しています。この熊は、檻に入れられることもなく、一緒に家の中でケイシーの家族と一緒に生活しています。

トラ を飼う家族

ブラジルのAryas Borgesと、その娘たち3人は、7頭もの虎と一緒に暮らしています。

2005年にサーカスで虐待されていた虎を2頭家に連れて帰ったことがきっかけで、その後増え続け、7頭にまでなったようです。

オオカミを飼う家族

セレクさん一家では、3匹のオオカミを飼っています。

狼たちは全くオオカミらしさを見せず、10歳の娘の相手までしてくれるそうです。

ライオンを飼う女性

コロンビアの女性は、幼いライオンがサーカスで虐待されていたところを助け、飼っていましたが、大きくなりすぎて飼うことが難しくなったため、動物園に入れました。

動物園に入った後も、再開した時は変わらずらいおんも嬉しそうにしています。

また、南アフリカにすんでいる31歳の女性も、18カ月のライオンを1頭飼っています。散歩もしていて、一緒に寝ているそうです。

ライオンとチーターとトラを飼う女性

sharonjoy17 / Pixabay

南アフリカにすんでいるリアナは、なんと5匹のライオン、4匹のチーター、2匹のライオンを飼っています。それぞれ檻に入れることもなく、一緒に勝っているようです。

熊のいる場所にはむやみに近づかない

suju / Pixabay

熊にはかわいらしいというイメージを持っている人も多いかもしれませんが、たくさんの死者を出している非常に危険な動物です。

熊の出没警告が出ている山には決して近づかず、山に入るときには十分に警戒しましょう。また、出会ってしまっても絶対に慌てず、落ち着いて正しい対処をしましょう。

6/6