金屏風事件の本当の真相は?ジャニーズ・メリー喜多川が黒幕はデマ?

中森明菜さんが、かつて世間を騒がせた金屏風事件ですが、マッチこと近藤真彦さんが関わっていたと噂になっています。ジャニーズの社長であるメリー喜多川さんが黒幕という情報はデマなのでしょうか?本記事では金屏風事件の真相を解明します。

金屏風事件とは?事件の概要

4657743 / Pixabay

金屏風事件とは、ジャニーズアイドルの近藤真彦さんが日本の歌姫である中森明菜さんを自殺未遂に追い込むという平成最大のスキャンダルです。

中森明菜さんは近藤真彦さんと交際している噂があったことから、恋愛関係の縺れから精神的に病んでしまったと言われています。

しかし、中森明菜や近藤真彦さんは交際関係については否定しており、所属事務所も事実関係を明らかにしていません。謎に包まれた事件となっています。

近藤真彦と中森明菜は映画「愛・旅立ち」で共演して話題に

中森明菜さんと近藤真彦さんは1985年に公開された映画「愛・旅立ち」で共演しています。この共演がきっかけで2人の距離も縮まったようです。

「愛・旅立ち」は、親友を事故で失って生きる意味をなくした青年(近藤真彦)と、病に侵されている少女(中森明菜)さんが運命的に出会い、恋をする物語です。

中森明菜と近藤真彦はファン公認の間柄だった?

儚い恋愛映画である「愛・旅立ち」が評価されたことで、雑誌の表紙やバラエティー番組などで共演することが増えてきました。

芸能人の中には、恋愛作品の共演がきっかけで実際の交際にも発展する人もいるので、この時から周囲も「付き合っているのでは?」と、噂をしていました。

また、「中森明菜だったらいいか…」「近藤真彦だったらいいか…」と、双方のファン公認の間柄だったこともわかっています。

中森明菜は近藤真彦に多額の資金を提供していた

nattanan23 / Pixabay

中森明菜さんは近藤真彦さんと交際することになりました。周囲も認める間柄だったので、結婚までも秒読みと言われていましたが実は多くの問題が発生していたのです。

中森明菜さんは近藤真彦さんに、「結婚に向けて家と家具を揃えよう!」と言われたので、約8000万円を渡しました。しかし、近藤真彦さんはそのお金をギャンブルに注ぎ込んだのです。

近藤真彦さんに貢ぐ回数が増えて、これまでに数億円もの大金を近藤真彦さんに渡していたそうです。

近藤真彦が松田聖子と密会?熱愛・キス報道が

大金を貢いでいた中森明菜さんですが、それでも近藤真彦さんと交際している事実は変わらないので、将来の結婚相手として我慢していた部分もあったでしょう。

しかし、近藤真彦さんは松田聖子さんとニューヨークで密会していたことがわかり、そこでキスをしていたことも写真週刊誌が取り上げました。

近藤真彦さんを心から信頼していたのに簡単に裏切られてしまった中森明菜さんは心に深い傷を負うことになったのです。

中森明菜が自殺未遂を起こす

1989年7月11日に中森明菜さん(当時23歳)は近藤真彦(当時24歳)さんの自宅で自殺未遂を図りました。第一発見者は近藤真彦さんであり、中森明菜さんは浴室で手首を切っていたのです。

中森明菜さんは左肘の内側に深さ2cm、長さ8cmの傷を負ってしまい、神経に達するほど重傷でした。その傷の深さから「死にたい」という強い気持ちが現れています。

近藤真彦さんが松田聖子と浮気したことも問題ですが、今すぐ結婚したいと思っていた中森明菜さんと、30歳を過ぎてから結婚したいと思っていた近藤真彦さんとの間に温度差があったようです。

その後、中森明菜と近藤真彦による謝罪会見が行われた

1989年12月31日に中森明菜さんと近藤真彦さんは「自殺未遂事件」についての謝罪会見をしました。会見では「この事件と近藤真彦さんとは関係ありません」と否定していました。

しかし、この発言を聞いた周囲の関係者は違和感を抱きました。ジャニーズのメリー喜多川氏から「近藤真彦とは関係なかったと言いなさい」と脅されていたのでは?と噂をするようになりました。

事件名の由来は、会場に金屏風が用意されていたことから

「中森明菜自殺未遂事件」ではなく「金屏風事件」と言われたのは、中森明菜さんが謝罪会見を開いたときに金屏風が用意されていたからでした。

中森明菜に関連する記事はこちら

金屏風事件での会見の様子は?

ivanacoi / Pixabay

ここからは「中森明菜自殺未遂事件」についての謝罪会見についてご紹介します。彼氏だった近藤真彦さんが驚くような言動をしたことで話題になりました。

記者会見は、中森明菜と近藤真彦(マッチ)の2人で行われた

「中森明菜自殺未遂事件」についての謝罪会見では、浴室で自殺を図った中森明菜さんと、彼氏だった近藤真彦さんが同席をして記者会見を行いました。

会見前には、近藤真彦と中森明菜の結婚会見と思われていた

qimono / Pixabay

中森明菜さんと近藤真彦さんが会見をすることだけ知らされていたマスコミは「2人が結婚をするんだ…」と勘違いしていたようです。

それもそのはず、中森明菜さんと近藤真彦さんが座る席の後ろには金屏風が用意されていたのです。お祝い事の席で使用されるものなので、誰もが結婚発表だと思っていたのです。

実際に行われたのは中森明菜の自殺未遂の謝罪会見

マスコミや視聴者は祝福ムードで迎えたのですが、中森明菜さんと近藤真彦さんの表情を見た関係者は不穏な空気を察したそうです。

中森明菜さんが発した言葉は結婚報告ではなく「自殺未遂事件」の概要だったのです。

中森明菜が近藤真彦にあてた言葉は?

中森明菜さんが自殺未遂を起こしたきっかけは、結婚をする予定で交際していた近藤真彦さんが歌手の松田聖子さんと浮気をしたことから始まっています。

しかし、中森明菜さんは「近藤真彦さんにお詫びと心からのありがとうを贈らせてください。本当にどうもありがとう」という感謝の言葉を述べていました。

中森明菜さんは涙ぐみながら絞り出すような声で近藤真彦さんに対してコメントを残していましたが、これが彼女の本心とは思えなかった視聴者は多かったようです。

近藤真彦は友人の自殺未遂が悲しかったとコメント

中森明菜さんが近藤真彦さんに対して感謝の言葉を述べる一方で、近藤真彦さんは「友人である中森明菜さんが自殺未遂をしたことで辛かった」と他人事のようなコメントを残しました。

二人は男女の関係を否定した

中森明菜さんは謝罪会見の席において、これまで世間に出回っていた情報について全て否定するとともに、近藤真彦さんとの男女の関係についても否定しました。

また、同席していた近藤真彦さんも「友人である中森明菜が〜」と発言していたことから、男女の関係は無かった程で話を進めていました。

しかし、中森明菜と近藤真彦さんは6年以上も交際をしていることは周知の事実だったので、この会見では多くの嘘があったと言われています。

記者からの質疑応答の内容は?

Skitterphoto / Pixabay

自殺未遂事件の記者会見では質疑応答が行われ、記者が中森明菜さんに対して下記のような質問を寄せていました。

  • なぜ、自殺未遂を起こしたのですか?
  • 仕事が原因ですか?
  • 近藤真彦さんの自宅で自殺未遂をしたことについて、どう思いますか?

 

中森明菜さんは終始何かを隠しているような口調で質問に答えており、「大切な人を信頼できなくなった」「近藤真彦さんに一番最初に見つけて欲しかった」と述べていました。

【動画あり】会見の様子は、Youtubeにも

中森明菜さんと近藤真彦さんの金屏風事件の会見はYouTubeに掲載されています。この記者会見によって中森明菜さんは身勝手な理由で自殺未遂を起こした女性というレッテルを貼られてしまいました。

しかし、芸能界はとても闇深い業界であり、真実を平気で捻じ曲げてしまう権力などもあります。中森明菜さんのファンの間では近藤真彦さんを恨むような発言も多く寄せられていました。

金屏風事件の不可解な点とは?

  • 精神的なストレスで自殺未遂をした
  • 近藤真彦さんは関係ない
  • 恋人ではなく友人関係
  • 近藤真彦に感謝を伝えたい

金屏風事件では、中森明菜さんの身勝手な行動で世間を騒がせたというイメージが付いてしまったのですが、「火の無い所に煙は立たぬ」という言葉があるように、理由もなく自殺をすることは考えられません。

ここからは金屏風事件の不可解な点についてご紹介します。

謝罪会見なのに金屏風?異様な雰囲気で視聴者も衝撃

中森明菜さんが自殺未遂の謝罪会見で用意されたのは金屏風でした。一般的には「結婚」や「婚約」など、祝福をする場で用いられるのです。

会見の内容と金屏風がミスマッチだったことで話題になりました。たまたまテレビをつけた人は結婚発表だと思ってお祝いムードだったのですが、自殺未遂の謝罪会見だったことから衝撃を受けた人も多いでしょう。

金屏風とは?おめでたい場で使われる?

金屏風とは、折り畳み式の家具であり、優雅で華やかさを強調したいときに用いられるものです。婚約会見や入学式などのおめでたい場で使われることが一般的です。

「光り輝く人生を送ってほしい」という意味が込められており、ネガティブな場所で使われることはありません。

紅白の裏番組で記者会見

中森明菜さんと近藤真彦さんが自殺未遂事件の記者会見を行ったのは大晦日である12月31日でした。大晦日と言えば毎年開催されるNHK紅白歌合戦が有名です。

NHK紅白歌合戦は毎年のように高視聴率を獲得していたのですが、同時に金屏風事件の記者会見を裏で行っていたので、多くの視聴者は記者会見を見ていたそうです。

中森明菜は大晦日に会見を行った理由を、無理を言ってお願いしたと説明

大晦日である12月31日に記者会見を行った理由として「無理を言って今年度中の会見をお願いした」と説明しました。自分の行動で多くの人に迷惑をかけたので謝罪をしたかったようです。

中森明菜は会見中しどろもどろだった?

中森明菜さんは自殺未遂事件についての解明を求められると、「えー。その…」「あの…」など、1つ1つの言葉を選んでいるような様子で、終始しどろもどろでした。

何か裏で台本があって、それを思い出しながら発言をしている様子だったので、この会見には多くの嘘が混ざっていると言われています。

金屏風事件に関係していると考えられている人物は?

pixel2013 / Pixabay

自殺未遂事件を起こした中森明菜さんが謝罪をして、全責任は自分にあると述べた金屏風事件ですが、視聴者からは黒幕がいるのではないか?と噂されています。

ここからは金屏風事件に関係していると考えられる「中森明菜さん」「近藤真彦さん」「メリー喜多川さん」「小杉理宇造さん」について紹介します。

関係者①:中森明菜

金屏風事件は中森明菜さんが近藤真彦さんの自宅の浴室で手首を切って自殺未遂を図ったことから始まりました。2人は長年交際していましたが、関係性はうまくいってなかったようです。

中森明菜のプロフィール

  • 生年月日:1965年7月13日(53歳)
  • 出身地:東京都大田区
  • 職業:歌手

中森明菜さんは1982年にデビューを果たすと、金屏風事件にも関係している松田聖子さんとともに1980年代のアイドル時代を築き上げました。

生い立ちや経歴

中森明菜さんは、16歳の時に出演した日本テレビの大人気番組「スター誕生!」で合格をしたことをきっかけに事務所と契約を果たしました。

1982年にリリースしたデビュー曲の「スローモーション」で注目を集め、続く2枚目のシングル「少女A」は大ヒットをしました。

抜群の歌唱力と容姿から、伝説の歌姫と呼ばれた

中森明菜さんはデビュー当時から抜群の歌唱力と可愛らしい容姿から「伝説の歌姫」という愛称で親しまれるようになりました。

中森明菜さんは歌唱中に感情移入をすることがあり、時には震え出すこともありました。感情的になりやすい側面があったからこそ、思い込みすぎて自殺未遂を図ったのでしょう。

中森明菜の代表曲は?

  • Desire〜情熱〜:1986年オリコン年間ランキング2位を獲得。日本レコード大賞受賞。
  • 飾りじゃないのよ涙は:1985年オリコン年間ランキング6位。井上陽水が作詞作曲
  • ミ・アモーレ:1985年オリコン年間ランキング2位。レコード大賞受賞曲。
  • TANG NOIR:1987年オリコン年間ランキング2位
NEXT 関係者②:近藤真彦