名古屋妊婦切り裂き殺人事件の犯人は?子供と夫の現在は?

名古屋妊婦切り裂き殺人事件とは昭和1988年に起きた猟奇的で残酷な事件だと人々から注目を集めた事件です。犯人は捕まっておらず、2003年には時効を迎えてしまいました。一体どういった犯人像があったのでしょうか。また、被害者遺族の夫と子供の現在も紹介します。

名古屋妊婦切り裂き殺人事件とは?

名古屋妊婦切り裂き殺人事件とは、1988年に起きた未解決殺人事件です。被害者は妊婦さんで、絞殺された後お腹を縦に38㎝も切り裂かれ赤ちゃんが取り出されていました。

これだけでも十分悲惨な事件なのですが、犯人は赤ちゃんを取り出した後、妊婦さんのお腹の中に電話の受話器とミッキーマウスのキーホルダーを入れるという不可解な行動をしていました。

事件当日にいくつかの不審者情報もあったのですが特定までは至らず、また犯行現場では物的証拠も出なかった事から捜査は難航し、2003年には時効成立になってしまい未解決事件になりました。

名古屋妊婦切り裂き殺人事件とは?被害者は27歳の臨月の妊婦

2554813 / Pixabay

名古屋妊婦切り裂き殺人事件とは、1988年3月18日に名古屋で起きた未解決殺人事件です。被害者は27歳の臨月を迎えている妊婦さんでした。

遺体はお腹を切り裂かれており、胎児は外に出されている状態で発見されました。死因は首を絞められた事による窒息死でした。その死後、お腹を切り裂かれたようです。

死後とはいえ、お腹を大きく切り裂かれていたので遺体があった部屋は多量の血液が流れており、惨い現場になっていたようです。

あまりにも異常で猟奇的な事件だった為注目された

KELLEPICS / Pixabay

お腹を大きく切り裂かれ、胎児が取り出されていたという事だけでも異常ですが、切り裂かれたお腹の中にはミッキーのキーホルダーと電話の受話器が入れられていたようです。

犯人がどういった意図でお腹の中に受話器とミッキーのキーホルダーを入れたのかは不明なままです。

犯人の自己顕示欲の表れや、物をそれぞれに見立てて妊娠を表している等、色々と仮説が立てられているようですが残忍で猟奇的な事件から当時は注目を浴びた事件でした。

事件現場は愛知県名古屋市のアパート

TheDigitalArtist / Pixabay

事件が起きた場所は愛知県名古屋市中川区富田町に建設されたアパート2階の一室でした。

2階立てで全部で4室あるタイプで、事件が起こる3年前の1985年に完成されたまだ新しいアパートだったようです。

当時、現場になったアパートの1階の2部屋は人が住んでおり、被害者夫婦は2階にあたる部屋に住んでいたそうです。被害者夫婦の隣の部屋は空き部屋でした。

現場アパート周辺は人通りが少ない場所だった

Free-Photos / Pixabay

周囲はマンションやアパートが多い新興住宅街で、近鉄名古屋線の戸田駅から北東500mほどの距離なのですが、田畑も多い事から夜間はあまり人通りがなく、寂しい通りだったようです。

ただ、駅が近くにある事から交差点を1つ2つ曲がれば昼時であれば人通りが多い道でもあったようです。

被害者夫婦は子供の誕生を心待ちにしていた

cbaquiran / Pixabay

被害者夫婦は事件当時、子どもの誕生を日々心待ちにしながら生活を送っていました。平凡ではあるが希望に満ちた生活を送っていたようです。

妊婦は出産予定日を5日超過していた

妊婦の出産予定日は3月13日だったが、出産が遅れていたようで事件当時まで夫は妻の体調を気遣っていたようで、会社から仕事の合間に妻に電話をかけていました。

事件発生時には、出産予定日よりも長く母胎の中にいた事から発見された時には自力で呼吸する事が可能になっていたので、不幸中の幸いでした。

妊婦は腹を切り裂かれ胎児を取り出され死亡

medienluemmel / Pixabay

被害者の妊婦さんはお腹を大きく縦に切り裂かれていました。みぞおちから下へ切り裂くような形で38㎝、深さ2.8㎝も切り裂かれ胎児を取り出されて死亡していました。

しかし、お腹を切り裂かれたのは亡くなった後だったらしく、直接的な死因は首を絞められたことによる窒息死でした。司法解剖の結果、首に一重の索状痕が残っていたようです。

また、お腹の中には電話の受話器部分とミッキーマウスのキーホルダーがついている車の鍵が入れられていました。どのような意図があってこの2つをお腹の中にいれたのか謎のままになっています。

4万人の捜査員を投入するが手がかりは掴めず

Free-Photos / Pixabay

愛知県警は被害者の財布が盗まれていた事とタンスが荒らされていた形跡があった事から物盗りの目的で部屋に侵入し、被害者と鉢合わせした為殺害したという線で捜査をしましたが、空振りに終わりました。

また、不審車両の目撃情報がない事から電車で移動した可能性があるという事で、捜査範囲を東海地方から近畿地方まで広げましたが有力な情報は得られませんでした。

その後も不審者情報で共通する点があれば捜査をしましたが、どれも事件解決の決め手にはならず約4万人の捜査員を投入するも事件解決にはなりませんでした。

犯人は分からないまま2003年に時効を迎えた

Pexels / Pixabay

事件発生時から時効を迎えるまでに計4万人の捜査員を投入し、一時期市民から100件を超えるほどの情報提供もありました。また、一時期は愛知県内での捜査に留まらず東北から近畿まで捜査範囲を広げました。

事件発生日にはいくつかの不審者情報もあったのですが、どれも犯人を捕まえる決定的な証拠にはなりませんでした。

そして、その努力も実らず2003年に自公が成立し未解決事件になってしまいました。事件から30年以上過ぎた現在も犯人は特定されていません。

関連する記事はこちら

名古屋妊婦切り裂き殺人事件の事件発生時の時系列は?

qimono / Pixabay

名古屋妊婦切り裂き殺人事の時系列をまとめると、被害者の夫は普段通りに会社に出勤しており、被害者がいつ出産してもおかしくない時期だったので仕事の合間をみてお昼頃に自宅へ連絡をいれていたようです。

また、お昼頃に被害者は知人女性を家に招いて15時過ぎまでおしゃべりをしていました。そして知人女性を見送る為に一緒に家から出て駐車場まで見送りました。

夫が退社前に自宅に連絡をいれましたが、この時電話に出る事はありませんでした。そして帰宅して、着替えている時に赤ちゃんの泣き声が聞こえてきたので、行ってみると妻が殺されていたという流れになります。

3月18日の朝夫はいつも通り会社へ出勤

事件当日の3月18日、夫は妻の体調を気にしつつもいつも通り会社へ出勤しました。

出産予定日を過ぎていたため、いつ陣痛が来てもおかしくない状態だった事から夫は仕事の合間に定期的に妻に連絡をいれて、体調等を気遣っていました。

13時頃夫が妻の体調を気遣い自宅へ電話し妻と会話をしている

TeroVesalainen / Pixabay

13時頃に夫は妻の体調に変わりはないか確認の連絡を入れていました。この時点では妻に異変はなく普段と変わりないやりとりをしていたようです。

夫が「まだか?」と問いかけた所、妻が「まだみたい」と明るく答えているやりとりがあり、生まれてくる子供が待ち遠しい様子だったようです。

13時50分頃近所に住む知人女性が被害者宅に訪れる

pasja1000 / Pixabay

13時50分頃に近所に住んでいる知人女性が被害者宅で15時まで訪れていました。被害者夫婦はサイドビジネスでアムウェイという商品の販売をしていました。

知人女性はアムウェイの商品の代金を払って商品を受け取る為に訪れたようです。その時に手土産にイチゴを持っていき、15時頃までそのイチゴを食べながら世間話に花を咲かせていたようです。

15時頃女性が帰宅し被害者が見送る

JayMantri / Pixabay

商品の受け渡しも済ました後、被害者は知人女性を見送るために駐車場まで一緒に行き、見送りました。この時、鍵はかけずに外に出たと後日女性が証言しています。

知人を見送った後襲われた?

8385 / Pixabay

警察の捜査で犯行時刻が15時以降から夕方の遅くなるまでと断定されており、知人女性を見送った後に襲われた可能性が高いそうです。

1つの仮説によれば、知人女性を見送るときに鍵をかけずに外に出ているのでそのタイミングで被害者宅に犯人が忍び込んだのではないかと言われています。

18時夫が自宅へ電話するが妻は電話に出なかった

xusenru / Pixabay

18時頃、夫が会社を退社する前に自宅へ電話しましたが、この時は電話に被害者は出ませんでした。いつもは3コール以内には電話に出てくれるそうですが、この時は10コールしても出なかったそうです。

不思議に思いつつも出かけており、まだ家に帰っていないのだろう。自分が帰る頃には妻も帰宅していると軽い気持ちでいたようです。

19時40分夫が帰宅、玄関は施錠されておらず電気もついていなかった

Mhy / Pixabay

19時40分頃夫が自宅に帰宅しました。この時に玄関が施錠されておらず扉がすんなり空いた事から不審に思ったようです。また、部屋にも電気がついていなくて、いつもと違う事に疑問を覚えました。

夫が着替えていると寝室から赤ちゃんの泣き声が聞こえた

玄関の施錠が出来てない事や、電気がついていない事を不審に思いながらも夫は寝室に向かって着替えていたそうです。

その時に奥の居間の方から赤ちゃんの泣き声が聞こえて、赤ちゃんが生まれたのかと思い居間の方へ向かって妻の無残な遺体を発見をしました。

妻の遺体と赤ちゃんを発見

paulbr75 / Pixabay

妻は後ろ手で縛れて足は開かれている状態で発見しました。その開かれた足の間で赤ちゃんがか細く泣いているような状態だったようです。

また、遺体があった部屋は血まみれになっており、想像を絶する無残な現場になっていたようです。

19時43分一階住人に電話を借り消防局へ通報

夫はすぐに救急車を呼ぶ為に電話をかけようとしましたが、ダイニングキッチンにあるはずの電話が見当たらなくて、一階の住人に電話を借りて救急車を呼びました。

また、被害者宅が使っていた電話はプッシュホン式のもので、コードが切断されており使用できない状態だったようです。

死亡推定時刻は15時から16時の間

jplenio / Pixabay

死亡推定時刻は遺体の状況から見て事件発生日の14:30~19:30の間と断定されています。そして、15時までは知人女性と一緒にいた事から15時以降の犯行と分かりました。

そして、被害者はマメな性格で使い終わった食器はすぐに片付けたり、16時半頃には洗濯物を入れる習慣があったそうです。しかし、事件発生時には食器はコタツ机に置かれたままで洗濯物も入れられていませんでした。

16時頃郵便局員が郵便葉書を郵便受けに入れたそうです。被害者は郵便受けに物を貯める習慣はないのにこの日は郵便受けに葉書が残ったままでした。これらから、殺されたのは15~16時の間だと推測されました。

殺害現場の様子・被害者の死因は?

Ronile / Pixabay

お腹を縦に引き裂かれ赤ちゃんが取り出されていたというショッキングな事件ですが、殺害現場の様子や被害者の実際の死因はなんだったのでしょうか。

妻の首にはこたつのコードが巻かれ腹を切り裂かれていた

ColiN00B / Pixabay

お腹が引き裂かれた部分に注目しがちですが、被害者の首にはこたつのコードが巻かれた姿で発見されました。

この状況からこたつのコードで首を絞められたのかと考えられますが、発見時にコタツコードのプラグはコンセントに刺さったままだったので他の物で首を絞められたのではないかという考えも出ています。

死因は窒息死

un-perfekt / Pixabay

遺体を司法解剖した結果、お腹を切り裂かれた事による出血多量ではなく、首を絞められた事による窒息死が直接的な死因でした。首元には一重の索状痕があったようです。

当時の報道では、出血多量が死因としていたものも

qimono / Pixabay

当時の事件直後の報道では、被害者の死因は出血多量と報道された事もあったようですが、後の調べから死因は窒息死だったと判明しました。

他にも、へその緒は切断された状態で発見されましたが、報道では救急隊がへその緒を切断した等の誤報があった事から事件当時は記事に混乱があったのではないかと言われています。

首に巻かれたこたつコードは死後巻かれたもの

pasja1000 / Pixabay

上記でも紹介しましたが、遺体発見時に首にまかれていたこたつコードはコンセントに刺さった状態でした。

この状況からこたつコードで絞殺されたとは考えづらく、こたつコードは死後に巻かれたものであり、凶器として使われたヒモは別の物だと言われています。

殺害後にもう1度首にコードを巻くというのは犯人からしたら一体どういう意味があったのでしょうか。

絞殺されたあと腹を切られた?

Free-Photos / Pixabay

司法解剖の結果、直接的な死因は窒息死であることと、出血の量からして絞殺された後に腹を切られていた事が分かりました。

また、被害者が着用していた服は切られていない事から服をたくし上げて、下着や妊婦帯をずり下げてお腹を切ったと推測されました。

NEXT 胎児は取り出され被害者の隣にいた