BRAHMAN事件とは?事件の概要とその後!現在も精力的に活動中

人気のロックバンド「BRAHMAN」。そんな彼らはどんなバンドなのか?また、裁判まで起こしたBRAHMAN事件とは何か?中国で行われた伝説のライブなど社会に大きな影響を与えた彼らの過去の実績、現在の活動など詳しくまとめてみましたので、ご覧ください。

事件の前に…著作権に関する基礎知識

DariuszSankowski / Pixabay

まず、BRAHMAN事件のことを書く前に著作権に関する知識もまとめておきました。そもそも著作権とは何か?また、JASRACとはどういった組織なのか?その法律の基礎知識を詳しく説明していきます。

BRAHMAN事件はどういった事が起きたのかを判りやすくするためにまとめてみましたので、合わせてご覧下さい。

著作権の基礎知識①そもそも著作権とはどんな権利?

qimono / Pixabay

簡単に説明しますと、著作権とは自分が作った曲、詞を他人が勝手に使う事を拒むことが出来る権利です。誰かの前で披露する、録音し人に聴かせるなどをしたら、著作権法に当たります。

また、どうしても使いたい時は本人に直接を連絡を取り、交渉する必要があります。著作権は曲が出来た瞬間に自動的に発生し、登録や申請などの必要はありません。

著作権の基礎知識②原盤権とは録音した人の権利

langll / Pixabay

原盤権とは自分が録音した曲を他の人が勝手に使うことを拒否することができる権利で、録音した曲とは演奏した人ではなくて、レコーディング費用を出した人になります。

なので、著作権とは作詞者、作曲者の権利で、原盤権は録音した人の権利の違いがあります。意外にもそういった事を理解してない人はたくさんいるようですね。

著作権の基礎知識③JASRACとはどんな組織?

rawpixel / Pixabay

JASRACとは著作権を預ければそれを使い、お金を稼いできてくてる組織のことで、他の人の曲を演奏したいと思っても、直接、連絡を取り許可を得なければいけない。

ですが、JASRACに登録してる曲でしたら、提示されている金額を支払えば使うことが出来るということです。

いわゆる、面倒な部分を請け負うという組織でもあって、有名アーティストはJASRACに登録してる人がほとんどです。

ラルクアンシエルに関する記事はこちら

BRAHMAN事件とは?事件の概要

witwiccan / Pixabay

さてここからは、本題のBRAHMAN事件について詳しく迫ってみたいと思います。BRAHMANは一体、何をしたのか?

その事件に至った経緯や、内容、結果など音楽業界では初めて起こったと言われている裁判についてまとめてみました。

著作権違反に対してBRAHMANが起こした訴訟

SPOTSOFLIGHT / Pixabay

BRAHMANが有限会社イレブンサーティエイトに対して、CDの製造、販売を中止させる為にメンバー自身で著作権をめぐり起こした訴訟です。

イレブンサーティエイトが行なったCD製造と販売がアーティストの権利を侵害するとのことで、製造販売を止めるという裁判になりました。

被告側(イレブンサーティエイト)の主張

Ashish_Choudhary / Pixabay

被告側のイレブンサーティエイトの主張は著作権者側が目立った過失がない場合には著作隣接権の主張によって、BRAHMAN側には差止することはできないという事です。

また、著作隣接権とは創作者ではなくて、著作物を伝達する役割を担う人に与えられる権利です。

原告側(BRAHMAN)の主張

ToNic-Pics / Pixabay

原告側(BRAHMANのメンバー)の主張は著作隣接権の中にある録音権と録画権と譲渡権を主張しました。その内容は自分たちが演奏する楽曲には自分たちこそ伝える権利があるということです。

BRAHMANのメンバーはバンドの信念を曲げずに戦う意思を見せたという事です。

BRAHMANはCDの製造販売中止を要求

mohamed_hassan / Pixabay

BRAHMANのメンバーはイレブンサーティエイトに対してCDの製造販売中止を要求しました。それは自分たちの権利を侵害している制作、販売は認められないという主張です。

ただ、販売権が明確でなかったことや契約関係を交わすことがなかったことで、どちらの意見も食い違い裁判に発展しました。

今は当たり前になっている契約関係は、昔では明確にする事もなかったのが自然なことでもあったそうです。

音楽業界で初めて起こった問題として注目を浴びた

Skitterphoto / Pixabay

BRAHMANがインディーズ時代の事件という事もあり、この問題は大きな話題になりました。

BRAHMANメンバーにとっては不本意な人気の出かたかもしれませんが、知名度は一気に上がり、今ではロックバンドの代表格としての地位を手に入れています。

イレブンサーティエイトは反論を続けた

RyanMcGuire / Pixabay

イレブンサーティエイトは著作権所有者側に過失がない限り、何も言えないと主張は続けます。そしてイレブンサーティエイト側は反論を続けました。

CDの販売、製造の差止に至るのは著作権、著作隣接権の範囲を超えた場合と主張します。ですが、裁判の判定では権利濫用の事実は認められないというものでした。

著作権に対する考え方が事件の争点となった

2102033 / Pixabay

今回の争点として、著作権と著作隣接権がどのように考えられるかということが重要だったと言われておりました。著作権者と演奏者の権利は難儀し、イレブンサーティエイト側も悪意がなかったと思われます。

また当時、音楽関係の著作権問題が取りあげられることが少なく、今回の内容は難しいものだったと言われております。

裁判の結果、BRAHMANの勝訴

Myriams-Fotos / Pixabay

そして今回の裁判は、BRAHMAN側が勝訴という形になりました。そして、イレブンサーティエイト側はCDの販売と製造を中止することになりました。

そして、この裁判がきっかけとなり、音楽業界での契約関係を明確にするなど、著作権対策が施されていきました。

BRAHMANとは?どんなバンド?

続いて、BRAHMANはどんなバンドなのか?インディーズシーンで築き上げた分野が今では伝説のロックバンドの存在にもなった彼らの経歴、メンバーの死を乗り越えた過去など詳しくまとめてみました。

また、ボーカルのTOSHI-LOW(トシロウ)さんの妻は誰なのか?その私生活にも迫っていきます。

読み方は「ブラフマン」、1995年結成のロックバンド

BRAHMANは1995年に結成され、読み方は「ブラフマン」。宗教的な要素も兼ね備え、民族音楽とメロディック・ハードコアをまぜわせた音楽が特徴的でもあります。

「静」と「動」を使いこなす楽曲とライブパフォーマンスは音楽業界からも定評があり、その独特な世界観は観る人を圧巻させます。

インディーズのときに何度かメンバーが入れ替わって現在のメンバーとなる

Nadine_Em / Pixabay

現在のメンバーはボーカル、TOSHI-LOW、ギターのKOHKI、ベースのMAKOTOI、ドラムスのRONZIの4人で構成されていています。

旧メンバーにはギターのDAISUKEとベースのNABEがいました。ギターのDAISUKEは今はパン屋さんを経営をしていて、ベースのNABEは2012年に亡くなっています。

二人のことも詳しくまとめてありますので合わせてご覧ください。

BRAHMANの現メンバー:TOSHI-LOW(トシロウ)

1974年11月9日生まれのB型、宮城県出身で本名は宮田俊郎。弟は宮田亮。俳優の井浦新さんが手がけるアパレルブランド、「ELNEST CREATIVE ACTIVITY」の運営にも携わっています。

結婚もしており、妻は女優のりょうさんです。子供もいて、ネットでは「理想の夫婦」と呼ばれるほどの仲睦まじい関係だそうです。

ボーカル・TOSHI-LOWの妻はりょう

元々、二人は7年の友人関係であり、結婚のきっかけはりょうさんのお兄さんが余命宣告をされた時に何をしてあげられるだろうと考えたそうです。

その気持ちをTOSHI-LOWさんに話したかったと語っております。そのことがきっかけで友人という関係から大事な存在に変わったそうです。

TOSHI-LOWは一部で「鬼」と呼ばれる?理由は?

Bru-nO / Pixabay

TOSHI-LOWさんが鬼と呼ばれる理由は、その見た目が関係してるそうです。その強面の見た目はインパクトも大きかったようです。

また、その他にも鬼と呼ばれる理由は年齢を重ねるごとに増えていく筋肉量も関係してると言われております。その身体は衰えることを知らずに年々肥大してるそうです。

BRAHMANの現メンバー:ギターのKOHKI

1975年7月13日生まれのO型、和歌山県出身で本名は堀幸起。細かく丁寧なプレイで、まさに職人芸。その技術は演奏中も滅多にミスをしないほどです。

それに加えて、アドリブも即興でこなしてしまうほどの腕前で、BRAHMANには無くてはならない存在です。

BRAHMANの現メンバー:ベースのMAKOTOI

1974年4月10日生まれのO型、長野県松本市出身で本名は小沢誠。アグレッシブに動き、パフォーマンスに華を添えているベーシストです。

ベースだけではなく、コーラスもしているMAKOTOさん。荒々しいコーラスのシャウトもとても魅力的です。

BRAHMANの現メンバー:ドラムスのRONZI

1974年7月4日生まれのA型、長野県松本市出身で本名は小林論史。的確なドラミングに加えて、テンポの良いドラミングはお客さんを乗らせます。

アップテンポの曲もバラードの曲も両方得意として、コーラスも出来るという器用なドラマーで、繊細かつ、パワー感のあるドラミングが特徴でもあります。

BRAHMANの旧メンバー:ギターのDAISUKE

PIRO4D / Pixabay

続いて、旧メンバーもご紹介していきます。旧メンバーにはギターのDAISUKEがいました。今は音楽をやっていなくてパン屋で生計を立てているそうです。

BRAHMANの旧メンバー:ベースのNABE

egonkling / Pixabay

元ベースのNABEさんは東京大学を卒業していて、バンド名やコンセプトを決定した人物でもあります。

メンバーとの関係性やBRAHMANに対する想いなども深く持っていた方で、BRAHMANの基盤を作った人でもあります。

しかし、2012年に逝去しております。その原因についても調べてみましたので、ご覧ください。

NABEは2012年に死去?死因は?

webandi / Pixabay

元ベースのNABEさんの死因は明らかになっていませんが、BRAHMANのドキュメンタリー映画の撮影秘話でTOSHI-LOWさんはこう語っております。

「あいつに何を言ったら死ななかったのだろうと」深妙な面持ちで語っておりました。また、ドラムのRONZIさんは「あの人がBRAHMANに基盤を作り、方向性などを決めた」とも語っております。

その撮影はとても辛かったとも言っております。それくらいメンバーに対する想いがあったのだと思います。

BRAHMAN事件後の動き

Free-Photos / Pixabay

裁判を勝訴で終わり、その後のBRAHMANはどういった活動されていったのでしょうか?そこから被災地支援コンサートやフェスに出演など精力的に活動されてる様子をまとめてみました。

また、ライブでは政治の話も多いBRAHMANですが、フジロックで語られた伝説のMCの真相にも迫っていきます。

事件によってBRAHMANの認知度が急上昇する

Free-Photos / Pixabay

事件後には彼にとって不本意ではありますが、知名度は一気に上がります。ただ、メンバーはその人気に満足することなく、ライブ活動を行い、音楽的な部分でも人気を集めました。

また、BRAHMAN事件は著作権自体が世間に認知される大きなきっかけにもなったとも言えるようです。

東日本大震災の被災地支援コンサート

TOSHI-LOWさんが茨城県出身ということもあり、東日本大震災の被災地支援にとても力を入れたそうです。

それはワンコインでライブやるという被災地支援コンサートで、その他にも被災地へ支援物資など積極的に行っていたそうです。

またその活動は今でも続けていて、支援が減少傾向にある中、BRAHMANは率先してるようです。

NEXT 精力的なライブ活動やフェス・イベントへの出演