室蘭女子高生失踪事件の概要や真相は?現在も未解決?真犯人を考察! 雑学・ライフスタイル

室蘭女子高生失踪事件の概要や真相は?現在も未解決?真犯人を考察!

今回は、室蘭女子高生失踪事件の真相について紹介していきます。この事件の被害者の女性は美人でパン屋でアルバイトをしていた?彼氏と連絡をした後、行方不明になった?事件の容疑者はオーナーと店長が証言した?結局犯人は誰だったのか?など詳しいことも触れていきます。

目次

[表示]

室蘭女子高生失踪事件とは?事件の概要は?

室蘭女子高生失踪事件という事件はどんな事件なのでしょうか。事件の概要を中心にみていきます。

室蘭女子高生失踪事件では、女子高生が昼間の繁華街で行方不明に

Olgaozik / Pixabay

室蘭女子高生失踪事件とは2001年3月6日のお昼頃に、女子高校生が室蘭市内の繁華街を歩いていると、何者かが女子高校生を襲い、行方がわからなくなった事件です。

行方不明になったのは、美人で有名だった高校1年生の千田麻未さん

行方不明になったのは、当時16歳で高校1年生だった千田麻未さんでした。麻未さんは、学校内でファンクラブが結成させるほど美人高校生と話題になっていました。

さらに麻未さんが通っていた高校は、室蘭市内でも1番の進学校で、勉強熱心だった彼女はクラストップの成績をおさめているなど実力がある人でした。

事件が起こった2001年3月6日は高校入試日で休みだった

Foundry / Pixabay

そして事件が発生した2001年3月6日は、丁度その千田麻未さんが通っている高校が入試の試験日だったそうです。その為、在学生は休みだった為、麻未さんは昼間から繁華街にいたと考えられています。

麻未さんは大型スーパー内のパン屋でアルバイトをしていた

Pexels / Pixabay

麻未さんは高校生ながら室蘭にある大型スーパーの中にあるパン屋でアルバイトをしていました。アルバイト先のスーパーは、麻未さんの自宅からそんなに遠くはなかったようです。

事件当日はパン屋の本店でコーヒーを入れる練習に行く予定だった

Christoph / Pixabay

しかし事件当日の3月6日は、近くのスーパーではなく、パン屋の本店に向かうことになっていました。その理由は、コーヒーの入れ方を学ぶ、練習をしにいく為だったようです。

そして本店は自宅から7キロも離れたところにあったと言われています。

麻未さんは正午過ぎに本店に1時すぎに行くと電話していた

nastya_gepp / Pixabay

千田麻未さんは、事件当日の正午過ぎに、本店の従業員に1時過ぎに向かうということを電話しました。

麻未さんはコンビニに立ち寄った後循環バスへ乗車

AnnaliseArt / Pixabay

千田麻未さんは、本店に連絡をした後自宅を出て、一旦途中のコンビニに寄ったようです。そしてその後は本店まで7キロある為、市内を走る循環バスに乗車し、本店に向かったといいます。

また事件発生後、麻未さんがバスに乗っていたことを目撃した友人が証言をし、彼女はバスの後部座席から友人に対して手を振っていたということを話ています。

麻未さんはパン屋本店の最寄りバス停で降りなかった?

しかし千田麻未さんは、バスが目的地のパン屋の本店の近くのバス停に到着したのにも関わらず、バスを降りなかったようです。

麻未さんは約束時間が過ぎているのに室蘭サティで時間を潰していた?

annca / Pixabay

そして千田麻未さんは、約束の時間の1時過ぎに本店の最寄りから3つ先のバス停で下車しました。そしてそこで同級生の男子高校生2人を見かけて挨拶をしたようです。

その後麻未さんは、室蘭サティというスーパーに立ち寄り、化粧品売り場で約15分ほど過ごしていたようです。この時に映像が防犯カメラに映し出され、記録されていました。

1時42分、彼氏が麻未さんに電話した際、「下」に着いた?

JESHOOTS-com / Pixabay

1時42分頃、千田麻未さんは彼氏に電話をした際、彼氏に対して「下に着いた」と話たといいます。下というのは、繁華街周辺ということを指し、室蘭市内特有の愛称だそうです。

1時46分再度彼氏が電話すると「今話せない」と通話を切った

TeroVesalainen / Pixabay

1時46分に再び彼氏は千田麻未さんに連絡をしました。すると麻未さんは「いまは話せない。あとでかけ返す」とだけ言って通話を切ってしまったようです。

麻未さんはその後行方不明に

PIRO4D / Pixabay

彼氏と最後に電話をした以降、千田麻未さんは再び彼氏に対して連絡をすることなく、行方不明になってしまいました。そういったことから誘拐されたのではないかと噂されるようになりました。

そして同時に、彼氏と最後に連絡をしていた際も、その危機が迫っていたのではないかと言われています。

室蘭女子高生失踪事件に関連する記事はこちら

室蘭女子高生失踪事件の真相は?容疑者はパン屋のオーナー?

bluebudgie / Pixabay

室蘭女子高生失踪事件の真相はどうなったのでしょうか。そして警察の捜査により次第に千田麻未さんを誘拐した犯人は、パン屋のオーナーではないかと言われるようにまでなりました。

実際にはどうだったのでしょうか。みていきます。

警察はオーナーを24時間体制で監視し3日事情聴取するもなにもわからず

Free-Photos / Pixabay

室蘭女子高生失踪事件発生後、警察が捜査をしていると、千田麻未さんを誘拐した犯人にある人物が捜査上で上がりました。それは麻未さんがアルバイトをしていたパン屋のオーナーでした。

警察はオーナーに対して24時間体制で3日間事情聴取を行いました。そしてメディアや世間もすぐに容疑者が逮捕されてほっとしたと期待が高まりましたが、犯行に及ぶ動機などが一切見つからなかったのです。

警察は警察犬を使った捜査はしなかった

ernestoeslava / Pixabay

警察は、室蘭女子高生失踪事件の真相を追求する為、あらゆる捜査を行いました。しかし警察犬を利用しての捜査をすぐに行わず、後回しにしてしまったというのです。

その理由としては、犯人候補が、パン屋のオーナーであり、警察は初期捜査から容疑者はオーナーの可能性が高いと見ていた為、警察犬の捜査は行わなくても良いという判断をしてしまったからだそうです。

パン屋本店のオーナーは1時30分まで待ったが麻末さんが来ないので外出した?

andresruiz / Pixabay

パン屋の本店のオーナーは、警察の取り調べに対して、1時30分まで本店で待っていたが、千田麻未さんがお店に来なかったので、様子を見に外出をしたと話しています。

元々、この日は麻未さんが本店に来て、コーヒーの入れ方の練習をする予定でした。そしてその練習を指導するのがオーナーだったようです。その為、予定時刻に来なかったことでお店の外に出ていったようです。

当初は15時頃家に帰ったと主張

JESHOOTS-com / Pixabay

オーナーは当初、警察の取り調べに対して、1時30分以降にお店を出た後、15時に自宅に戻ったと話しています。

webandi / Pixabay

その後、再び付け足しで、家に帰った理由は、体調不良の為だと話しています。その日はあまり体調が良くなかったことらしく、安静にする為に帰ったと言っています。

パン屋のオーナーが1時過ぎにパン屋を出たのは事実?店員が証言

Tumisu / Pixabay

オーナーが1時過ぎにパン屋の外に出たというのを、店長が証言しています。当時の状況を店長はこのように話しています。

「千田さんから電話が午前中にきて、千田さんのほうから13時過ぎに来たいんですけどって言ったんですけど・・・、13時すぎになっても千田さんは来なかったし、そのあとオーナーは出かけたんですよ」

(引用:amebaブログ)

上記のように話していることから、オーナーが1時過ぎまでは本店にいて、その後は出ていたということがわかります。

オーナーは親の前で寝ていたと主張

cdd20 / Pixabay

オーナーは、15時に自宅に帰宅すると親の前で寝ていたと主張していました。1時過ぎにお店の外に出たのもお店の周辺だけを見回って、すぐにお店に帰ってきたと主張しました。

この日はいつも以上に体調が悪かったので早めに仕事を引き上げて、その後は自宅のコタツで安静にしていたそうです。

オーナーは以前、働いていた女性からいやらしいと言われていた?

RyanMcGuire / Pixabay

パン屋のオーナーは、以前から女性店員の間で「いやらしい人」と言われていたようです。具体的にどんなところがいやらしい人だったのでしょうか。

ある女性の話によると、たまにスカートでお店に出勤すると、「今日は珍しいね」と言いながら舐め回すような目をして見てきたりしていたようです。

他にも30歳後半の既婚女性と不倫をしたり、若い子には焼肉を誘っていたり、今とではセクハラとして訴えられるような発言を女性店員に発したりとしていたようです。

オーナーは30代半ばで独身だった?行動も不可解?

Free-Photos / Pixabay

オーナーの年齢は、30歳ぐらいで独身のようだった。しかしオーナーの行動が謎すぎると思っていた店員は多かったようです。

例えばオーナーは基本的に仕事を午前中で終わらして、午後は帰ってしまう人だったそうです。そして携帯も留守電の状態のままだったので、オーナーの午後の活動は謎だったようです。

さらにお店を閉める頃にオーナーの自宅に電話をすると、オーナーは既に寝てしまったとオーナーの母親が電話対応をするということが多かったようです。

オーナーが証言したテレビ番組の動画は?

室蘭女子高生失踪事件の真相を知るということで数々のテレビ番組で、事件の詳細を紹介するコーナーがたくさんありました。

その中でテレビ朝日の報道番組「スーパーJチャンネル」でも事件の真相を伝える為、そして現在、現地はどのような状態になっているのかなどを伝えるコーナーが放送されました。

そこで室蘭女子高生失踪事件の犯人の候補にもなったオーナーが、当時の事件について証言する場面がありました。

室蘭女子高生失踪事件の不可解な点

qimono / Pixabay

室蘭女子高生失踪事件の真相を追求していくと、いくつかの不可解な点を見つけることがあります。具体的にどんなところが不可解なのでしょうか。みていきます。

麻未さんは約束の1時を過ぎていたのになぜ室蘭サティへ行ったの?

そもそもなぜ千田麻未さんは、約束をした時間にパン屋には向かわず、室蘭サティに行ったのかということです。麻未さんは約束を破るような人だったのでしょうか。

そして麻未さんは元々パン屋で働くのが嫌だったのではないか?そもそも場所がわからなかったのではないかと様々な憶測が飛び交いました。

友人たちは麻未さんを「律儀な性格」と語っていた

ElisaRiva / Pixabay

しかし千田麻未さんを知る友人は、麻未さんが約束を破るようなそんな人ではないと憶測を否定しています。

麻未さんは律儀で、きちんと規則を守り、約束の時間が遅れそうになったらきちんと相手に対して一言連絡をすることができる人だったと話しています。

麻未さんが室蘭サティからパン屋本店に向かう足取りの目撃情報はない?

geralt / Pixabay

千田麻未さんが室蘭サティからパン屋の本店に向かうまでの間の目撃情報というのはないのでしょうか。どうやら室蘭サティからパン屋の本店に向かう間の目撃情報はないようです。

麻末さんの彼氏はなぜ短時間に2回電話をかけたの?

TeroVesalainen / Pixabay

千田麻未さんの彼氏は、事件発生直前に2回ほど電話をかけています。なぜ2回も電話をしたのでしょうか。

そもそも麻未さんは彼氏から1回目の電話がかかってきた際、「下に(繁華街)に着いた」と答えてことから、彼氏と室蘭の繁華街内で待ち合わせをしていたのではないかという声もあります。

そして彼氏はもう一度場所を確認する為に連絡をしたのではないかとも言われています。しかしもしそれが事実だった場合、パン屋の本店の約束を破ることになるという指摘もあり、この内容に疑問を抱く人も多いです。

NEXT:パン屋本店の従業員は誰も麻末さんの姿を見ていなかった?
1/3