寝屋川事件とは?犯人山田浩二の生い立ちと事件の真相【最新情報も】 社会

寝屋川事件とは?犯人山田浩二の生い立ちと事件の真相【最新情報も】

目次

[表示]

前科8犯?男子中高生に対するわいせつ・監禁事件で度々逮捕されていた

qimono / Pixabay

2002年頃、山田浩二にナイフで脅され、車に連れ込まれて拉致された中学2年生の被害者少年の父親が、週刊新潮の取材に答えています。

この父親の証言によると、当時山田浩二は前科がすでに8件あったのだそうです。この事件の発生が2002年のことなので、寝屋川事件を起こした時点ではその前歴はすでに増えていたと思われます。

窃盗などの罪も含めると前科10犯は超える

その予想を裏付ける様に山田浩二を過去に取材したというある全国紙記者は「性犯罪の他に、窃盗や障害、違法薬物などを含めればゆうに前科10犯を超える」と推測するコメントを出しています。

監禁事件①:2002年に男子中高生ら7人をわいせつ目的で監禁

ibrahim62 / Pixabay

山田浩二は32歳だった2002年に、男子中高生合計7人を、強盗やわいせつ目的で拉致監禁して連れ回すという犯罪を立て続けに起こしています。

この一連の事件で山田浩二は逮捕され、懲役12年の実刑判決を受け服役しています。

監禁事件②:17歳の少年2人を車に連れ込み監禁、顔や胸に火傷を負わせる

KELLEPICS / Pixabay

こちらは、2002年の7人の中に含まれるという情報もありますが、前述の事件の前後に起こした別件であるとの情報もあります。

山田浩二はインディーズバンドのライブからの帰宅途中だった当時17歳の男子高校生2名に道を尋ねるふりをして声をかけ、ナイフで脅して車の中に拉致監禁4時間にわたって連れ回しています。

その後、拉致現場から4キロほど離れた公園に、粘着テープで縛り上げた状態で放置しています。この状況が寝屋川事件の被害者平田さんが駐車場に放置された時の状況と酷似していると指摘されています。

監禁事件③:男子中学生を車に監禁し5時間程連れ回す

MasashiWakui / Pixabay

こちらの事件も2002年の一連の事件に含まれる事件かと思われますが、2002年3月、山田浩二は路上を歩いていた当時中学2年生の男子生徒に「京阪寝屋川市駅の場所を教えて」と声をかけます。

男子中学生が道順を案内すると、突然山田浩二は中学生の首筋にナイフを突きつけ、車の中に連れ込んで手錠をかけて拘束します。

手錠をかけただけではなく、手足を粘着テープで縛り、目や口もテープを貼り付けて塞いだそうです。5時間ほど連れ回した後、山田浩二は中学生を拘束したまま駐車場に放り出し、そのまま放置して逃走しています。

出所後、1年と経たずに寝屋川事件を起こす

この一連の事件で、山田浩二は懲役12年(求刑は懲役15年)の実刑判決を受けます。山田浩二は大阪高裁に控訴しますが、控訴は棄却され刑が確定、2014年10月まで徳島刑務所で服役しています。

出所後、山田浩二は福島原発事故の除染作業員として働き始めますが、出所からわずか1年も経たない2015年8月13日に寝屋川中1男女殺人事件を起こしたのでした。

犯行の動機・きっかけは?

Free-Photos / Pixabay

まだまだ多くの謎が残される山田浩二が起こした寝屋川殺人事件ですが、ここではその動機やきっかけについて、これまでにわかっている情報を見ていきたいと思います。

山田浩二が平田さんを殺害したのは、女性へのコンプレックスが原因?

Noah-Finn / Pixabay

山田浩二は、事件を起こしてからかなり早い段階で被害者の1人平田さんを殺害して遺体を遺棄しています。

これについて、山田浩二をよく知るという女性が「山田浩二は少年にしか興味がないから女の子は邪魔だったのだと思う」と証言しています。

また、この行動に対して一部の専門家は、山田浩二が女性に対して強いコンプレックスを持っている事が、早いタイミングで平田さんを殺害しようという行動につながったと分析しています。

星野君を殺害した理由は?少年に興味があった?

AdinaVoicu / Pixabay

ただ、これまでの山田浩二が犯してきた同様の犯罪では、少年を脅して拉致し監禁して連れ回すことはあっても、殺害まではせずに解放しています。

何故、星野くんが最終的に殺害されてしまったのかには疑問を感じます。山田浩二が少年に異常な性的興味を抱いていたのは間違いありませんが、何故殺害にまで至ったのでしょうか?

この真相は明らかになっていませんが、ネット上では、山田浩二が平田さんを殺害した事を隠蔽するためには星野くんを殺害するしかなかったという見方が有力となっています。

母親のFacebookで星野君を見つけたのがきっかけ?

geralt / Pixabay

また、山田浩二は被害者の星野くんを犯行のターゲットとして目星をつけ狙っていたのではないか?との見方が存在します。

被害者の星野くんは、とても整った顔立ちをした少年で、同級生女子の間でもかなり人気があったそうです。

星野くんの母親のFacebookに息子の星野くんの画像が掲載されているのを見つけた山田浩二は、この少年をターゲットにして、計画的に犯行に及んだのではないか?という説が出ています。

星野君の母親と山田浩二はFacebookで繋がっていた可能性も?

その後、星野くんの母親のFacebookの友達の「F」というアカウントの人物が、山田浩二のFacebookアカウントでも友達として登録されていた事が判明します。

これによって、山田浩二は事件の前から星野くんの母親のFacebookとつながりがあり、その息子の星野くんを性的犯罪のターゲットとして狙っていたとの見方が強まっています。

犯行を決めたのは、二人を見つけた時点という意見も

pixel2013 / Pixabay

ただ、こうした事実は地元が同じ寝屋川だったという事からくるただの偶然で、山田浩二が犯行を思い立ったのは、夜遅い時間に出歩いている2人を発見した時点であるという専門家の意見も出ています。

つまり、山田浩二は夜遅い時間に困っている子供2人を助けてあげる優しいおじさんの体で2人に接近して言葉巧みに車の中に誘い込んだのではないか?という見方です。

事件当日の山田浩二の足取り

B_Me / Pixabay

寝屋川事件の動機の真相については、山田浩二が真実を語らなかった事から多くの謎が残っています。

ここでは、寝屋川中1男女殺人事件の真相に少しでも近づくために、事件の前後、数日の山田浩二の詳しい足取りについても書いていきます。

2015年8月11日山田浩二が福島から地元大阪へ帰省

MasashiWakui / Pixabay

山田浩二は、福島県で原発事故の除染作業員として働いていましたが、2015年8月11日、職場のお盆休みを利用して地元の大阪府寝屋川市へと帰省しています。

この時、事件にも使用された自分の車(シルバーのeKワゴン)を運転して帰省してきています。

13日午後0時柏原市のコンビニで粘着テープを購入

AnnaliseArt / Pixabay

事件が発生したとされる8月13日の午前中、山田浩二は堺市にある大阪刑務所で義父(養子縁組した男性?)と面会しています。これは記録が残っているため確定情報です。

その後、8月13日午後0時頃に、大阪府柏原市のコンビニで粘着テープを購入していた事が、防犯カメラの映像から確認されています。

13日午前5時11分と17分に星野君と平田さんを連れ去った?

MasashiWakui / Pixabay

大阪刑務所に義父の面会に訪れる数時間前、13日の早朝午前5時8分頃、京阪寝屋川市駅付近の商店街で2人並んで歩く平田さんと星野君の映像が防犯カメラによって残されています。

そして、その数分後の5時11分と5時17分にこの商店街付近の防犯カメラに、山田浩二のeKワゴンが走る様子が撮影されています。この時間付近で山田浩二は星野君と平田さんを連れ去ったと推測されています。

14日~20日まで福島へ戻り仕事をするなど普通に生活

8月13日の午後11時25分頃、山田浩二は1度大阪府枚方市の実家に帰宅している様です。そして、午後11時30分頃に高槻市の運送会社の物流センター駐車場で平田さんの遺体が発見されます。

事件が発覚して社会が大騒ぎになる中、山田浩二は福島へ戻って除染作業の仕事を再開するなど、普通を装う様に生活しています。

事件後もFacebookを更新している

14日の朝にはFacebookに「やっぱ、地元最高です」や「早ければ今夜大阪を出発する」と投稿。アリバイ工作なのか、普通に生活している事をアピールし、この日の内には福島の職場へ戻る事も示唆します。

福島へ向かう道中の15日の午後9時頃、千葉県幕張のカレー屋に立ち寄った事もFacebookに投稿しています。この時、除染作業の同僚男性も一緒にいたそうです。

現在も山田浩二のFacebookアカウントは残されており閲覧する事ができます。山田浩二の投稿は40代には思えないほど妙にテンションが高く、事件の事もあって、かなり不気味な印象を受けます。

15日車内を清掃し証拠隠滅を図る

8月15日、千葉県内で洗剤を使って車内を清掃し、犯罪の証拠隠滅を図っていた事が捜査関係者から発表されています。

山田浩二は、平田さんの遺体を数時間の間車に乗せて運んでいますが、事件後に山田浩二の車に同乗して福島に戻ったという同僚の男性は「芳香剤の香りがして異臭などは無かった」と証言しています。

20日大阪に戻るが警察に発見され尾行される

cocoparisienne / Pixabay

山田浩二は福島に戻って除染作業員の仕事を再開させていましたが、8月20日に突然大阪に戻ってきています。この時すでに大阪府警は山田浩二を容疑者としてマークし、その行方を追っていました。

8月21日の午前1時15分頃、大阪府警は大阪に戻ってきていた山田浩二の車を大阪市北区で発見して尾行を開始します。

21日山田浩二の立ち寄った竹林を警察が捜査し星野君の遺体を発見

jrperes / Pixabay

そして、山田浩二が星野君の遺体を遺棄した柏原市の竹林に立ち寄ったのを確認、午後になって竹林を捜索して遺体を発見します。その後この遺体が星野君である事が確認されます。

午後8時20分逮捕

そして、8月21日の午後8時20分頃、大阪府警は大阪市城東区の路上で車を運転していた山田浩二を、平田さんの死体遺棄容疑で緊急逮捕しています。

逮捕後、山田浩二の供述は?

qimono / Pixabay

逮捕後、山田浩二は支離滅裂な供述を繰り返しており、これに対するメディアの報道も加熱しました。ここでは逮捕後の山田浩二の供述を見ていきます。

「同乗者がやった」と共犯者がいる事を供述

Skitterphoto / Pixabay

山田浩二はまず犯行時に助手席に同乗者が乗っており、その同乗者が平田さんを殴るなどして暴行し、その結果自分も気づかない内に死亡したという供述をしています。

その後、共犯者はいないことが判明

Free-Photos / Pixabay

その同乗者について山田浩二は「年齢や名前などは言いたくない」などと子供の言い訳のような供述をしますが、捜査関係者が山田浩二の車が映った防犯カメラなどを解析しても同乗者の存在は確認できませんでした。

星野君の遺体の近くに置かれていた避妊具は拾った物だった

また、高槻市の竹林で発見された星野君の遺体のすぐそばには、山田浩二の物ではない体液が付着した使用済みの避妊具が落ちており、これが同乗者の物か?との疑問が起こりました。

しかし、これは山田浩二が大阪市内で立ち寄って男性専用サウナに置かれていたゴミ箱の中から、見つけて拾った物である事をその後の裁判の中で山田被告自身が供述しています。

検事が何故そのような事をしたのか?と問うと、山田浩二は1分ほど沈黙した後「他人のせいにしたかった」と自分の犯罪を他の誰かになすりつけようとした事を認めています。

逮捕後、山田浩二は容疑を否認し黙秘を続けていた

craigclark / Pixabay

山田浩二は、逮捕後の9月12日、平田さんの殺人容疑で再逮捕されると、一転して黙秘に転じています。それ以降捜査段階の大半を山田浩二は黙秘で通し、真実を何も語らないまま裁判へ突入します。

山田浩二の裁判の内容・様子

qimono / Pixabay

続けて、山田浩二の裁判の内容やその時に見せた様子などについても見ていきます。山田浩二は公判中にも、異常な行動や発言を繰り返して、裁判関係者や傍聴者、メディアなどを度々呆れさせています。

初公判で罪状認否の前に「ちょっといいですか」と2度土下座をし謝罪

2018年11月1日に大阪地裁で開かれた寝屋川事件裁判の初公判の開廷直後、山田浩二は裁判長に証言台に登るように促されると、いきなり「ご遺族の方いますね?」と勝手に話し始め、傍聴席は呆気に取られます。

続けて、衝立を隔てた検察側席に向かって山田浩二はいきなり土下座し「経緯はどうであれ死の結果を招き、申し訳ありませんでした」と発言します。

まるで、自分は悪くないが、結果的に死に至らしめてしまったとでも言いたいかの様な発言ですが、山田浩二は裁判長に止める様に再三促されても、その行動を止めようとはしなかったそうです。

公判中は涙を流していた

StockSnap / Pixabay

山田浩二は、この土下座発言の時には涙を流していたとの情報もあります。また、公判中にもタオルでしきりに涙をぬぐい、口元にタオルを当てたりもしていた様です。

さらに、証拠としてモニタに粘着テープでぐるぐる巻きにされた被害者のイラストが映し出されたのを見て、小さく頭を振り肩を震わせるようにしたとの事です。

NEXT:公判を傍聴した人は山田浩二の行動は「お芝居のようだった」と感じた
3/5