寝屋川事件とは?犯人山田浩二の生い立ちと事件の真相【最新情報も】 雑学・ライフスタイル

寝屋川事件とは?犯人山田浩二の生い立ちと事件の真相【最新情報も】

2015年に大阪府寝屋川市で発生した寝屋川事件について詳しくまとめます。事件の詳細な経緯をはじめ、犯人の山田浩二の生い立ちについてや、当時中1だった被害者の星野君や平田さんについて、寝屋川殺人事件の真相や裁判での判決についてなど詳しくまとめていきます。

目次

[表示]

寝屋川中1男女殺人事件とは?事件の概要は?

2015年に発生した寝屋川中1男女殺人事件は、大阪府寝屋川市に住んでいた中学1年生の男女2名が行方不明となり、その後それぞれ大阪府内の別の場所で遺体となって発見された事件です。

この事件は「寝屋川事件」とも「寝屋川殺人事件」とも呼ばれています。今回は、この事件について詳しくまとめます。まず最初に、事件の概要を見ていきましょう。

2015年8月13日、中学1年生の男女が行方不明に

MasashiWakui / Pixabay

2015年8月13日、大阪府寝屋川市在住だった当時中学1年生の男女、星野凌斗君と平田奈津美さんが、前日12日の夜にそれぞれの家を出たまま行方不明になりました。

その後、二人の遺体が発見される

adege / Pixabay

2人が家を出た日の翌日の8月13日、大阪府高槻市に所在する物流会社の駐車場で平田奈津美さんの遺体発見されます。

その後、星野凌斗君の行方を警察が捜索し、8月21日に大阪府柏原市の竹林の中から、死後数日が経過した星野凌斗君の遺体が発見されます。

8月21日、犯人・山田浩二を逮捕

3839153 / Pixabay

警察は、防犯カメラに残された不審な車の映像から、その所有者の当時45歳の山田浩二という男を容疑者としてマークし、8月21日の午後8時20分頃、平田さんの死体遺棄容疑でこの山田浩二を逮捕しています。

関連する記事はこちら

寝屋川中1男女殺人事件の詳細は?

Mediamodifier / Pixabay

引き続いて、寝屋川中1男女殺人事件について、さらに詳しく見ていきましょう。

8月12日星野君が「平田さんの所へ行く」と午後9時頃外出

被害者の1人星野君は、8月12日の午後9時頃、もう1人の被害者平田さんに会いに行くと母親に告げて外出します。

午後9時30分平田さんの自宅近くのコンビニで二人の姿が目撃される

星野君が家を出てからから約30分ほど後、午後9時30分頃に、寝屋川市内の平田さんの自宅近くのコンビニで、星野君と平田さんの2人を目撃したという証言が男性の来店客から出ています。

午前1時10分~5時10分平田さんが友達とLINEでやりとりをする

コンビニでの目撃証言から数時間後、翌13日の午前1時10分から午前5時10分にかけて、平田さんが友達とLINEを使ってやりとりしています。

LINEの相手は、年上の友人の中学3年生の女子生徒で、平田さんはこの友人に「家に泊まらせて欲しい」とLINEを送っています。相手は無理だと断り、心配して「いつまで遊んでるのか?」と問います。

平田さんは「わからん」と答え、相手が「早く帰らないと怒られるで」と返すと「野宿しようと思う」などと平田さんは返信しています。ここまでのやり取りが午前3時過ぎ頃までに行われています。

13日夕方に平田さんのスマホから友人にLINEが送られるも内容に違和感

平田さんと友人のLINEのやり取りは、午前3時過ぎ頃に一旦途絶え、心配した相手が午前6時15分頃に再びLINEでメッセージを送信しています。このメッセージに「既読」が付きますが返信は無かったそうです。

この後、13日の夕方頃、別の友人に平田さんからのLINEが送られていますが、交際していない星野君の事を「彼氏」と言ったり、いつもは短文でLINEを送ってくるのに長文であったりと違和感を覚えたそうです。

また、「子供が出来た」「もう寝屋川には帰らない」など、普段の平田さんが言うとは思えない言葉も送信されています。これは犯人の山田浩二が平田さんに成りすまして送信していたのでは?と疑われています。

午前5時10分商店街の防犯カメラに二人の姿を確認後、行方不明に

午前5時10分頃、京阪電鉄寝屋川市駅付近の商店街に設置された防犯カメラに、2人が商店街の路地を歩く姿が捉えられています。

また、午前5時頃、商店街の弁当屋前に設置されたベンチに星野君と平田さんと思われる2人が眠る様に俯いて座っている姿を通勤途中の60代の女性が目撃しています。

これらの情報から、13日の午前5時台の時点ではまだ2人は事件に巻き込まれていなかった可能性が高いと思われます。

8月13日高槻市の物流会社の駐車場で平田さんの遺体を発見

8月13日の午後11時半頃、大阪府高槻市に所在する物流会社の駐車場で平田さんの遺体が、物流会社の男性職員によって発見されます。

男性職員からの通報をうけて大阪府警高槻警察署から警察官が駆けつけ、10代後半から20代ほどの女性が、トラックの陰で死亡しているのを確認し、その後この遺体が平田さんのものである事がわかりました。

平田さんは顔、両手首を粘着テープで後ろ手に縛られていた

発見された平田さんの遺体の顔には粘着テープを貼られ、両手首も後ろ手に粘着テープで縛られていたそうです。

平田さんの遺体には30箇所以上の刺し傷があった

kalhh / Pixabay

さらに、平田さんの遺体の胴体部分には擦り傷や、刃物によるものと思われる、30箇所以上もの刺し傷があったそうです。

平田さんの死因は窒息死

TheDigitalArtist / Pixabay

この様に平田さんの遺体は激しく損傷していましたが、首に圧迫された跡があった事や遺体の状況、生前の健康状態などから、平田さんの直施設の死因は窒息死が相当との見解が法医学の専門家から示されました。

8月21日柏原市の竹林で星野君の遺体を発見

平田さんが遺体として発見された後も、依然として行方不明となっていた星野君でしたが、8月21日午後、大阪府柏原市の竹林の中に遺棄された星野君の遺体が大阪府警によって発見されています。

星野君の隣には山田浩二の物ではない使用済み避妊具が置かれていた

12019 / Pixabay

また、星野君の遺体の傍(星野君の履いていたパンツのポケットに入っていたと言う情報もあり)に使用済みの避妊具が発見されています。避妊具から摂取された体液は、山田浩二のものではない別人のものでした。

山田浩二が別の人間の犯行に見せようと偽装した?

cocoparisienne / Pixabay

この事は、事件の謎を呼びましたが、山田浩二が別の人間の犯行に偽装するために、何らかの方法で何者かの使用済み避妊具を手に入れ、星野君の遺体の傍に置いたという見方が有力となりました。

星野くんの遺体は一部白骨化していた

PeterDargatz / Pixabay

星野君の遺体は死後数日が経過しており、遺体の一部は白骨化するなど損傷が激しく、大阪府警の行った司法解剖でも死因の特定ができませんでした。

星野くんの死因は首の圧迫であったことがのちに判明

Free-Photos / Pixabay

その後、専門家の調査によって、星野君の遺体の歯がピンク色に変色していたことがわかります。

これは「ピンク歯」と呼ばれる現象で、現れる条件として「死亡する際に頭部に血がたまる」というものがある事から、星野君の死因は首の圧迫による窒息死だった事が判明しています。

二人の遺体からは睡眠藥成分が検出された

jarmoluk / Pixabay

また、2人の遺体から睡眠薬に含まれる成分が検出されていた事がわかっています。大阪府警は、山田浩二は睡眠薬を使って2人を抵抗できない状態にした上で殺害に及んだとの見解を発表しています。

同日午後8時20分、犯人・山田浩二を緊急逮捕

星野くんの遺体が発見された8月21日の午後8時20分頃、大阪府警は45歳職業不詳の山田浩二を平田さんの死体遺棄容疑で緊急逮捕しました。

逮捕された場所は大阪府大阪市城東区の路上で、車に乗っているところを検挙されています。この時、車の助手席に山田浩二の交際相手の成人女性が乗っていたという情報もある様です。

寝屋川中1男女殺人事件の犯人の生い立ち

harutmovsisyan / Pixabay

寝屋川中1男女殺人事件の犯人山田浩二は、逮捕後の異常な言動がメディアに盛んに取り上げられています。また、山田浩二が事件を起こすまでの荒んだ経歴も次第に明らかになり社会の注目を集めました。

ここでは、犯人山田浩二のこれまでの生い立ちについて、分かっている事を詳細にまとめていきます。

寝屋川中一男女殺人事件の犯人・山田浩二の画像は?

寝屋川中1男女殺人事件の犯人、山田浩二の画像は各メディアで盛んに報じられ、ネット上にも多数アップされています。

多くのメディアが報道に使用した、頭を金髪に染め、瘦せこけた頰でにやける山田浩二の写真には、ほとんどの人が不気味だという印象を持った様です。

枚方市で両親と妹の家族4人で住んでいた山田浩二

sharonang / Pixabay

犯人の山田浩二は幼少期から大阪府枚方市で育ち、両親と5歳年下の妹の4人家族で暮らしていました。小学校の途中まで枚方市のマンモス団地に住み、それから山之上町の戸建へと一家で引っ越しています。

当時の一家を知る人からの取材によると、山田浩二の父は当時パン屋に勤めていて、無口で仕事一筋なタイプ、母親はパート従業員で、いつも山田浩二を怒鳴ったり、どついたりしていたという証言も出ています。

何度も名前を変えている?本名は金浩二?

山田浩二は、これまでに何度か名前を変えています。山田浩二は以前にも何度か犯罪を犯し実刑判決を受けて服役しています。その時に獄中結婚をして妻の姓を名乗り「渡利浩二」から「柴原浩二」に名前を変えています。

しかし、この女性とは服役中に離婚しています。その後2015年秋に、刑務所内で知り合ったという元暴力団関係者の山田という男性と養子縁組し、犯行時の名前「山田浩二」になったという事です。

また、山田浩二は朝鮮半島系の在日であるという噂も存在し、名乗っていたのは全て通り名で、本名は「金浩二」であるという情報もある様です。これに関してはあくまでも噂であり真相は不明です。

発達障害があり、人付き合いが苦手だった

StockSnap / Pixabay

山田浩二には、元々発達障害を持っていたのではないかという疑いが裁判でも言及されています。幼少期から、この発達障害が原因で、周りと人付き合いがうまくいかなかった事も指摘されています。

裁判では、この発達障害が原因で、被害者に大声を出された事で山田浩二がパニックになり、突発的に犯行に及んだという主張が弁護側から出されました。

ただ、これに関しても十分な議論がなされたとは言えず、山田浩二が本当に生まれついての発達障害であったのかどうかは、明らかになっていません。

少年時代から窃盗などの犯罪を繰り返す

geralt / Pixabay

山田浩二の少年時代を知る人の証言によれば、山田浩二は小学生の頃からすでに問題のある少年だった様で、スーパーの商品を丸ごと万引きしたり、レジを引きちぎって盗難したりしていたそうです。

中学に進学してもそうした非行行為は改善せず、窃盗や傷害などで1年ほど少年鑑別所に収監されていたという情報や、少年鑑別所への入退所を何度も繰り返していたという証言も存在します。

親から金を盗み同級生にお菓子を買い与え友達を作った

また、一部メディアからの報道では、山田浩二が少年時代、親の財布から1万円単位で現金を盗み、それで菓子を買って同級生に奢ってやると言って偉そうにしていたという情報も見られます。

発達障害で人の気持ちを読み取ることができず、友人を作る方法がわからず、こうした行動に走ったと推察されていますが、少年時代の山田浩二が何を思ってこうした行動を取ったのかは本人の証言がないため不明です。

NEXT:中学3年生以降から素行が悪くなり不良グループに入る
1/5