伊藤元太の死因は水難事故!18歳という若さで死去?原因は?

「天才てれびくんMAX」に出演していた伊藤元太さんは、2016年8月31日に青梅市の多摩川で水難事故により亡くなりました。死因は水死でした。8月31日から行方不明となっていましたが、9月6日に遺体で発見されています。そんな伊藤元太さんのことを調べました。

伊藤元太は18歳で死去!死因は?水難事故死だった?

NHK Eテレ「天才てれびくんMAX」のてれび戦士などの、子役として活躍していた伊藤元太さんは、2016年8月31日に水難事故により突然亡くなりました。

伊藤元太さんが亡くなられたことを1月5日、所属していた「天テレサーカス部」の公式サイトで公表されました。元太君はどういった状況で亡くなったのかを見ていきます。

伊藤元太のWiki風プロフィール

伊藤元太さんは、1998年1月5日生まれ、東京都出身の元タレントです。

伊藤元太さんは、NHK東京児童劇団に在籍していましたが、NHK Eテレ「天才てれびくんMAX」のてれび戦士など、子役として活躍していました。

2011年に「天才てれびくん」を卒業したあとは、NHK東京児童劇団を退団し芸能界を離れています。

伊藤元太は18歳の若さで亡くなっていた

「天才てれびくん」で活躍していた伊藤元太さんは、2016年8月31日、東京都青梅市の多摩川に行き、タレント仲間と3人で川遊びをしていて水難事故で亡くなっています。

当時伊藤元太さんは、早稲田大学商業学部1年生で、同年の9月には芸能事務所からスカウトされていて、芸能界デビューする予定でした。

2016年8月31日に多摩川で流され行方不明に

NilsW / Pixabay

2016年8月31日、青梅市千ヶ瀬町の多摩川で「男性が1人流されている」と110番通報がありました。

警視庁によると、流されたのは18歳の男子大学生で、友人3人と川の中で遊んでいたことが分かっています。この男子大学生が伊藤元太さんでした。

事故発生当時は、台風による大雨で増水し濁流になっていました。

9月6日に多摩川で遺体となって発見された

skeeze / Pixabay

8月31日から行方不明となっていた伊藤元太さんでしたが、東京都青梅市の多摩川で9月6日に遺体で発見されました。死因は水死とみられています。

一緒にいた友達はタレント仲間だった

Pexels / Pixabay

東京都青梅市の多摩川で伊藤元太さんと遊んでいたのは、同じタレント仲間でした。当日は水嵩が増していて、しばらくは中州にいたのですが、岸に戻ろうとした時、元太君と友達一人が溺れかけました。

その友達はなんとか助かったのですが、元太君は流されてしまい、見つからないままとなりました。当時は台風による大雨で増水し、濁流になっていたということです。

2017年1月5日に「天てれサーカス部」にて公表

2016年8月31日に伊藤元太さんが18歳の若さで亡くなったことを、1月5日に所属していた「天テレサーカス部」の公式サイトで公表されました。

これまでの事故の経緯を一切公にしなかったのは、ご両親の心の整理がつかなかったのもあるようです。

その後、ご両親から相談があり、伊藤元太さんの19歳の誕生日となる1月5日に元太君と縁のあったサーカス部のホームページ上でお知らせすることとなりました。

伊藤元太の両親からの手紙も公表

Free-Photos / Pixabay

伊藤元太さんが所属していたサーカス部のホームページから、元太君のご両親の手紙を紹介しています。

その手紙には、突然の元太君の死をなかなか受けとめることができない、ご両親の切ない思いが淡々と書かれています。

元太君が生まれてから、18年という短い時間でしたが、ご両親にとってはそれでも幸せだったと書かれています。カレンダーは8月のままで、テレビも見なくなり、元太君のお骨に話しかけ、食事を作っているそうです。

伊藤元太の最後のtwitterの更新は2日前だった

PhotoMIX-Company / Pixabay

伊藤元太さんのTwitterの最後の更新は、元太君が亡くなった2016年8月31日の2日前の8月29日でした。「車の免許取りましたーこれで一歩大人になった」と書かれています。

短い言葉の中に、大人になったことへの喜びが詰まっているような言葉です。伊藤元太さんの不慮の事故を知らなかった人達は、彼のTwitterの更新がされていないのを心配していたようです。

しかし、まさかこうした形でTwitterの更新ができなくなっていたとは思っていなかったでしょう。

大橋のぞみに関する記事はこちら

天才てれびくんの戦士たちからのコメント

伊藤元太さんが戦士役で活躍していた「天才てれびくん」の戦士たちから、元太君への追悼のコメントを頂いていますので、紹介したいと思います。

鍋本帆乃香のコメント

「天才てれびくん」で2006年から2010年まで活動していた、鍋本帆乃香さんのコメントを紹介します。

「最近事故の事を知り、信じられない。私にとって元太は友達というより弟のような存在で、またみんなで当たり前のように集まれると思っていたからまだ正直混乱しています」とコメントしています。

荒木次元のコメント

同じサーカス部だった荒木次元さんのコメントを紹介します。

「こんなことってある?最後に話したのはいつだっけ?・・・思い返せば、いつだって叱りつけてばかりだったね。なんで、もっと優ししくしてやれなかったんだろう?どうしてあんなに、厳しくしちゃったんだろう?もう会えなうなるなら、もっと楽しく話がしたかった。後悔しても遅いんだけどさ。いつも自分勝手で、言う事なんて全然聞かなくて、目話したらいつの間にかいなくなってたけどさ。本当にいなくなるなんてあんまりだよ。また叱らせてよ。何回あって叱ってやるから。馬鹿たれが、、」(引用:サーカス部ホームページ)

水本凛

同じサーカス部だった水本凛さんは、今でも伊藤元太さんの死が信じられないといいます。

「元太のあの笑顔が見られないこと信じられないし、とても悲しいけど元太のことを思い出している。これからも絶対に忘れないよ」とコメントしています。

上妻成吾

同じサーカス部だった上妻成吾さんは、一度退部になったときに「プライベートで連絡をとってはいけない」と言われていたのに、ずっと気にかけてくれて兄貴的な面もあったとコメントしています。

白坂奈々

同じサーカス部だった白坂奈々さんは、未だに信じられない気持ちで心にぽっかり穴が開いて、訃報を聞いてからずっと1日も元ちゃんのことを考えなかった日はないとコメントしています。

長江崚行のコメント

「天才てれびくん」で2009年から2012年まで活動していた長江崚行さんのコメントを紹介します。

「今までありがとう。生まれてきてくれて、俺と出会ってくれて、仲間になってくれてありがとう。色々と言いたいことがあるけどまとまらない。それは会えた時に言うよ」とコメントしています。

木村遼のコメント

「天才てれびくん」で2006年から2010年まで活動していた、木村遼さんのコメントを紹介します。

「俺が初めて天てれ入って初めて仲良くなれた友達が元太でした。なのにどうして、初めて失う友がおまえじゃなきゃいけねぇんだよ。大学入ったらまたお泊りしようって、また遊ぼうって、言ったのに、なんでもう会えないんだよ。お前なら泣くんじゃねーよって言うかもしれないけど、それは絶対無理だよ。」(引用:情報アンテナWEB)

細田羅夢のコメント

「天才てれびくん」で2006年から2008年まで活動していた、細田羅夢さんのコメントを紹介します。

「天てれは仕事でもあるから皆プロ意識がありましたが、戦士同士はライバルであり仲間であり、妹弟兄姉という表現が近いと思います」と語っています。

また「その関係は月日が流れても変わりません。伊藤元太はこれからもずっと弟です。弟に恥じないように走りぬけたい」とコメントしています。

前田公輝のコメント

最後に「天才てれびくん」で2003年から2006年まで活動していた、前田公輝さんのコメントを紹介します。

「天てれの卒業後の夏のイベントの同窓会で、元太の人懐っこくて、甘え上手でニカッと笑う顔は皆を温かい気持ちにさせてくれました」と語っています。

また「少し離れてしまうけど、ゆっくり休みながらこれからもてれび戦士達を宜しく。出会ってくれて本当にありがとう」とコメントしています。

伊藤元太の水難事故死の真相は?一緒にいた友達に疑問が?

mskathrynne / Pixabay

伊藤元太さんは水難事故で亡くなっていますが、当日一緒にいた友達はどんな行動をとっていたのか疑問な点も浮かび上がっています。

伊藤元太が中州にいた時、友達は助けを呼ばなかった?

mohamed_hassan / Pixabay

水死した伊藤元太さんが中州にいた時、友達は何をしていたのか、助けを呼ぼうとしなかったのか疑問が残ります。

当時の現地の様子は、3人で遊んでいるうちに川が増水し始めて危険な状況になりましたが、遊ぶのをやめなかったようです。

また、ご両親の手紙の中に「元太が中州で身動きが出来なくなった時に助けを呼んでくれていたら・・・」とありますから、その手紙から推測すると誰も助けを呼ぶことをしていなかったことになります。

伊藤元太の水難事故時に友達は何をしていた?警察にも通報せず?

SplitShire / Pixabay

伊藤元太さんが濁流に流された時に、友達も流されたようですが、その友達は無事でした。

しかし、もう一人の友達は何をしていたのでしょうか?それほど危険な状況であったのですから警察に通報することを考えなかったのか不思議です。

伊藤元太が発見された時には、全裸姿だった?

Free-Photos / Pixabay

伊藤元太さんは、2016年8月31日に水難事故に遭いましたが、遺体が確認されたのが、9月6日でした。

発見された時に伊藤元太さんは全裸だったことが分かっていますが、虐めにあっていた可能性もあるとの見方もあるようです。

伊藤元太は一緒にいた友達からいじめを受けていた?

Wokandapix / Pixabay

伊藤元太さんが、2016年9月6日に水死体で見つかった時には全裸状態でした。このことから、元太君が友達からいじめを受けていたのではないか?という噂も出ています。

一緒にいた友達は江口祐貴?

伊藤元太さんが、水難事故に遭った8月31日に一緒に多摩川へ行った友人のひとりが江口祐貴さんでした。

江口祐貴さんは、第24回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリストに残って芸能界デビューしています。

江口祐貴さんは、その童顔で人気になり「家族ゲーム」「仮面ライダードライブ」「地獄先生ぬ~べ~」などのテレビドラマに出演しています。

伊藤元太と江口祐貴は嵌められていたとの噂も?

伊藤元太さんと江口祐貴さんは、NHKの「天才てれびくん」のてれび戦士として共に活動していて仲が良かったといわれています。

2人の仲の良さは、江口祐貴さんのブログにも度々書かれていてある日、江口さんの誕生日を祝ってくれている友達の中に、伊藤元太さんの写真も載っていました。

そんな2人ですから事件当日、伊藤元太さんと江口祐貴さんが、嵌められたのではないかとの噂もあります。

伊藤元太の水難事故死の真相は闇の中

pixel2013 / Pixabay

伊藤元太さんが、多摩川で流されていたのを知っている友人が、その後母親に連絡していますが、その時「元太君が川に流された」ではなく「元太君がいない」という内容でした。

もし、伊藤元太さんが川に流されているのを、その友達が見たのなら、すぐにでもその事を警察なり母親に伝えるはずですが、当日は通報さえしていなかったといいます。

また、元太君が亡くなる前から、元太君のことを追っていた男たちの情報もあり、何かのトラブルに巻き込まれていた可能性もあり、この事故は事件性を秘めたまま真相は闇の中となっています。

伊藤元太の経歴は?

伊藤元太さんは、18年間という短い人生でしたが、その経歴をまとめてみました。

NEXT 2008年から「天才テてれびくんMAX」に出演