宇都宮病院事件とは?精神病棟で起きた事件の背景と病院のその後 社会

宇都宮病院事件とは?精神病棟で起きた事件の背景と病院のその後

目次

[表示]

宇都宮病院事件が起きた時の病院の状況は?

ppokta / Pixabay

宇都宮病院事件が起きた時の宇都宮病院は、まさに当時の悪徳精神病院そのままでした。利益のためだけに精神病院を開院した多くの医者の中の1人が、宇都宮病院の院長を務めていた石川文之進だったのです。

石川文之進も看護職員も精神治療をしていたというよりは、ただ患者を生かして管理、監視する役といったものとなっていました。

事件が発覚する前から宇都宮病院の黒い噂は世間に流れていましたが、患者が直接外部に連絡を取れないようにしていた事や、精神病患者に対する世間の意識から事件の発覚には時間がかかりました。

宇都宮病院の院長は、内科医から精神科医になっていた

luvqs / Pixabay

宇都宮病院の院長だった石川文之進も、利益のために精神科医に転身していた多くの内科医や産婦人科医の中の1人で、元々は内科医でした。

そこから精神科医になるため東京大学医学部精神科の研究生となり、精神科医になったのです。それまでは精神科の経験は何もありませんでした。

宇都宮病院の精神科医療のレベルは低かった?

myrfa / Pixabay

精神科の何の経験も無い石川文之進が、研究生となった後に宇都宮病院の院長となっていたという事から分かる通り、当時建てられた多くの精神病院には、レベルの低い医師が大勢いました。

宇都宮病院の医療レベルもとても低くいものでした。院長が利益のために転身しただけで医師としての能力は低く、看護職員も無資格のまま治療に参加するといったものでした。

宇都宮病院は他の病院で受け入れが困難な患者などを受け入れていた

rawpixel / Pixabay

宇都宮病院は他の病院では受け入れを拒否されるような、重症の精神病患者も受け入れていました。外部からは最後の砦のような目で見られていましたが、収容された患者にとっては悲惨な状況でした。

警察など、各方面で便利がられていた?

geralt / Pixabay

石川文之進は精神科医の資格を取る時に、東大医学部との関係を作っていました。東大医学部は宇都宮病院の内情を知っっていましたが、恩恵を得ていたため見て見ぬふりをしていました。

石川文之進には弟がいて、それまでその弟が宇都宮病院の事務長を務めていたのですが、ある時市議会選挙に出馬し、当選したため、後任が必要になりました。

事務長の後任は宇都宮南警察署から招聘され、警察との繋がりも深くなりました。元々警察からは事件を起こしたり通報されるような重度の障害者の収容を頼まれる事が多く、断る事のない病院で便利がられていました。

宇都宮病院はベッド数920床の大病院だが常勤医師は3名

Free-Photos / Pixabay

石川文之進はそうして様々な権力と関係を持ちつつ病院を経営していき、どのような患者も受け入れて利益を上げ、宇都宮病院を拡大させていきました。

最終的に病床数は920という大病院になり、莫大な利益を上げていました。病院の規模はどんどん大きくなっていきましたが、常勤する精神科医は3名という明らかに足りない人数でした。

特例で一般診療科の3分の1となっており、それでも実際は足りなかったと言われているのに、その半分程で当時でも倍は必要でした。

職員の数は医療法による適正基準の半分以下

Lalmch / Pixabay

働く看護職員も適正基準の4割程という数字で、しかもその4割も辞めては雇いの繰り返しという定着しない4割でした。石川文之進は年数が経ち給料が上がっていくのを嫌がり、若い新人を常に求めていました。

そのため定年も55歳までと短く、辞めた後は安上がりで使える新人を雇っていました。その新人も宇都宮病院の内情を知って辞める人も多く、定着しませんでした。

暴行行為は日常化していたが院長は黙認

3dman_eu / Pixabay

介護職員による患者に対しての暴力は、日常となっていましたが院長はそれを気にしておらず、職員たちの暴力は事件の発覚まで続けられました。

それどころか暴力を振るうのを嫌がる職員は解雇されていったため、暴力的な人間だけが残っていき、どんどんエスカレートしていきました。

職員に「言う事を聞かなければ殴っていい」と教えていた

Comfreak / Pixabay

院長が介護職員に対して教えていた患者への対応は、「舐められるな」というもので「いう事を聞かなければ殴って聞かせろ」と教えていました。

反対すれば退職させられてしまう事や精神病患者の人権を軽率していた事で、介護職員は暴力を振るっても構わない環境だと考えるようになっていき、元々仕方なく暴力を振るっていた人も変わっていきました。

病院側の人間は精神病患者を見下し、気に入らない事があったり言った通りにしなければ暴力を振るい、支配していました。

入院患者による外部との連絡は厳しく制限

stevepb / Pixabay

当然暴力を振るわれるような環境から脱出しようと考える患者は大勢いましたが、病院側は外部との連絡を取れないようにしており、面会にも厳しい制限しました。

そのような環境で心が不安定な患者たちはさらに不安的になっていき、憔悴していきました。患者は逆らうと暴力を振るわれるため、職員の言う通りに行動し奴隷のように扱われていました。

外部に情報が漏れない環境が整っていた

cocoparisienne / Pixabay

患者が外部と連絡を取るには、病院内に設置された電話だけだったのですが、その電話を使うには10円が必要でした。患者の預金通帳や現金は、看護職員が管理しており電話を掛ける事が出来ませんでした。

患者から病院の内情が漏れる事の無いように、環境を整えた上で数々の違法行為を続けていたのでした。

被害者が精神病だったことも、事件の発覚が遅れた原因に?

geralt / Pixabay

また事件の発覚が遅れたのには、被害者が精神を患っている人だったというのも理由の1つです。精神障害者が何か被害を訴えても、病院から出たいだけの嘘だと思う人が多くいました。

精神病院に入院している人より、医者の言う事を信じる人の方が圧倒的に多いのです。しかも大病院の院長であり、事務長は警察です。さらに弟は市議会議員でした。

そのような権力と財力を持った人間の言葉の方が真実味があると感じる人が多かった事と、手に負えない患者も受け入れていた事で隔離施設のような扱いを受け、内情を探る人間もいませんでした。

事件発覚までの経緯

stevepb / Pixabay

患者は外部との連絡を遮断され、面会する事も叶わなくその閉鎖性によって内部の情報が漏れない宇都宮病院でしたが、最終的には公になり、病院を調べられ様々な違法行為が発覚しています。

それまでも黒い噂が流れ内情を知る関係者も多くいたのですが、院長に世話になっていたり病院の恩恵を受けていたため、見て見ぬふりをしていました。

しかし病院を出た患者によってもはや隠し通せなくなり、罪を暴かれ世間の注目を浴びる事になります。

当時、精神病院は閉鎖性が強く死亡事件は公にならなかった

stux / Pixabay

当時の宇都宮病院は閉鎖性が強く、2人が死亡した事は公になりませんでした。院長が家族に死因を伝える時に虚偽の報告をしていた事も、殺人を知られない要因となっています。

不法収容されていた患者が病院を告発する意思を見せ発覚

geralt / Pixabay

宇都宮病院事件が発覚するきっかけとなったのは、不法収容されていた患者のAさんが東京大学医学部附属病院精神科病棟に行き、病院を告発する意思を見せたためでした。

Aさんがその行動をとったのは1983年の出来事で、宇都宮病院が開院したのは1961年だったので、20年以上宇都宮病院は経営していました。

さらに朝日新聞社と協力し宇都宮病院を調べる事になる

Aさんは朝日新聞社宇都宮支部と協力し、さらに弁護士や日本社会党にも協力を仰ぎ、それぞれと情報を共有しつつ捜査を続けました。

宇都宮病院の捜査は、実際に収容されていたAさんの証言を元に続けられ、次第に数々の違法行為が外部の人間に知れ渡っていきました。

その後もAさんの証言によって2人の患者が暴行で殺害された事が分かり、殺人事件の立証に繋がりました。東京大学精神科医師連合も調査チームを作り共に調査していきました。

1984年3月14日に朝日新聞により事件が明るみになった

Free-Photos / Pixabay

1984年3月14日に朝日新聞によって、宇都宮病院の内情が報道されました。日常的な暴行が行われていた事やその結果患者が殺害されていた事とその悲惨な内容は、大きな注目を浴びました。

他にも職員が明らかに足りていなかった事や資格を持っていない介護職員が患者の遺体を解剖していた事など、数多くの違法行為が報道されました。

この新聞記事がきっかけになり警察が看護職員ら5人を逮捕

3839153 / Pixabay

それまで内部調査される事の無かった宇都宮病院でしたが、新聞によって大勢の人に内情が知られたため、中々動かなかった警察も動かざるをえませんでした。

そうして事件が明るみに出て、看護職員が5人逮捕されました。

警察は看護職員らの逮捕に躊躇していた?

Free-Photos / Pixabay

警察は事件が明るみなった後でも、看護職員の逮捕に躊躇していました。それは病院の偉い人物が警察関係者だった事や、被害者や証言したのが精神病院の元患者だったためです。

逮捕したものの精神障害者の証言が認められなく無罪になったとしたら、警察が誤って逮捕したと言われ責任を問われるかもしれません。

宇都宮病院の院長の人脈は広く、本人も周囲も権力を持っていたため、どのような結果になるのか今後どうなっていくのかが不安だったのです。

障害者の証言が裁判でどこまで認められるか分からない

geralt / Pixabay

精神を患っている人の中には、言っている事が支離滅裂になったりその場しのぎの嘘をついてしまう人もいます。

正気では無い人などもいる上に、当時宇都宮病院に収容されている患者の印象は、他の病院では手に負えないような重症者といったものでした。

そのような印象を持たれている人が証言をしても、認められるかどうかは分かりませんでした。

宇都宮病院の事務局長がかつて所轄署の次長だった

rawpixel / Pixabay

警察が逮捕を躊躇していた大きな理由の1つに、宇都宮病院の事務局長がかつての所轄署次長だという事がありました。かつての上司が務めている所に捜査に入らなければならなくなるのが嫌だったのです。

しかし新聞によって大勢の人に知られた以上、誤魔化す事は出来ないので、仕方なく捜査に踏み切った形でした。

東大医学部との癒着も問題に

PIRO4D / Pixabay

宇都宮病院の違法行為や殺人が明るみに出ると、それを知りながら見て見ぬふりをしていた東大医学部との関係も公にされました。

東大医師は宇都宮病院が収容している患者の生活環境を知っていました。それを公表しなかったのは、お互いが利害関係にあったためです。

東大医師たちは宇都宮病院の入院患者を研究した論文を数多く発表

Pexels / Pixabay

東大の医師が宇都宮病院から受けていた恩恵とは、入院患者を研究材料としていた事です。その研究のおかげで、東大医師たちは多くの論文を発表しました。

1981年には東大の近くに「報徳会本郷神経クリニック」を開院

DarkoStojanovic / Pixabay

1981年には「報徳会本郷神経クリニック」を開院しました。この施設は名前だけ所長となっている人物はいたものの、その実質的な所長の役割を果たしていたのは、東大病院外来医長の斎藤陽一でした。

斎藤陽一は宇都宮病院の患者を使って研究した内容を、報徳会本郷神経クリニックにあるパソコンの中にデータとしてまとめていました。

東大医師たちは宇都宮病院の患者への虐待行為を知っていた?

Tumisu / Pixabay

東大医師たちは自分たちの研究や論文のため、宇都宮病院の患者が虐待を受けているという事実を知っていながら、その関係を続けていました。

東大医師が患者たちに人体実験を行っていたという噂も?

sasint / Pixabay

「報徳会本郷神経クリニック」が開院されて研究がデータベース化されるようになってから、宇都宮病院ではたった3年の間に220人も患者が死んでいました。

この異常な数字から宇都宮病院で人体実験を行っていたという噂も上がっていました。死亡した患者を許可を得ず解剖するという事は実際に行っていました。

死亡した患者の中には、病気や寿命だけではなく虐待の末に死んだ人や、人体実験で亡くなった人がいるのではないかと言われています。

宇都宮病院の院長とは?

3dman_eu / Pixabay

宇都宮病院事件が起きた宇都宮病院の院長を務めていたのは、石川文之進という人物でした。石川文之進は精神病院が儲かるという事が分かり、内科医から精神科医に転身しました。

精神科医に転身し宇都宮病院を開院してからは、患者を人として扱わないで金儲けの道具としか見ていませんでした。そのように患者を扱っていたため、当然恨まれていました。

宇都宮病院で数々の違法行為を命令していた悪の根源とも言える人物が、石川文之進なのです。利益のために多くの人を不幸に追いやった、石川文之進の情報をまとめました。

院長の石川文之進のプロフィール

石川文之進は1925年に生まれ、1949年に大阪大学付属医学専門部を卒業して内科医になりました。その後東大医学部精神科の研究生を経て精神科医となり、宇都宮病院を開院しています。

1961年に宇都宮病院を開院

MasterTux / Pixabay

石川文之進が宇都宮病院を開院したのは1961年で、元から治療の事より金の事を考えていたため、どんどん患者を受け入れていきました。

ゴルフのアイアンを持ち、患者に襲われないようにしていた

markusspiske / Pixabay

患者に対してまともな扱いをしていなかったため、当然恨まれていた石川文之進は、患者に襲われないようにゴルフのアイアンを持ち行動していました。

普段から暴行を受けている患者たちは、石川文之進がそのゴルフのアイアンも容赦なく振りかざしてくる事を知っていたので、直接不満をぶつけたり襲い掛かったりはしませんでした。

NEXT:病院の批判をした患者は長期間保護室へ収容
2/4