栃木リンチ殺人事件の真相は?犯人は現在も服役中?残された遺族は? 雑学・ライフスタイル

栃木リンチ殺人事件の真相は?犯人は現在も服役中?残された遺族は?

1999年12月に発生した栃木リンチ殺人事件。警官の父を持つ萩原克彦と梅沢昭博、村上博紀が須藤正和さんを恐喝、拉致監禁・拷問ののち惨殺し逮捕されました。裁判では警察の怠慢にも有罪判決が下されます。残虐性だけでは語れない事件の全貌と、その後の顛末を整理しました。

目次

[表示]

栃木リンチ殺人事件の概要

Comfreak / Pixabay

栃木リンチ殺人事件は犯罪史上稀にみる残虐な行為で日本中を震撼させました。さらに栃木県警の怠慢捜査による警察の有罪判決、警察ぐるみでの犯人隠蔽疑惑にも非難が浴びせられました。

まずは1999年に栃木県で発生した、4人の少年犯によるこの拉致・監禁・暴行・恐喝・殺人・死体遺棄事件の概要を振り返ってみましょう。

1999年に発生した殺人事件

SvenKirsch / Pixabay

殺された須藤正和さん(当時19歳)は、1999年9月29日に会社の同期である梅沢昭博(同19)に電話で呼び出され、コンビニで萩原克彦(同19)、村上博紀(同19)を紹介されます。

荻原は須藤さんに銀行から7万円を引き出させ、その金で3人はパチンコや居酒屋へ繰り出します。須藤さんも同行させられ、その晩からホテルに監禁されてしまい、社員寮に帰れなくなりました。

須藤さんは、その後2ヶ月間に渡る金銭巻き上げと凄惨な暴行を加えられたのち、事件発覚を逃れようとした犯人達によって市貝町の山中で絞殺され、掘った穴にコンクリートを流し込まれて遺棄されました。

加害者の1人が自首した事で事件は発覚した

3839153 / Pixabay

事件の解決はあっけないものでした。東京の遊び場で知り合い、途中から犯人グループに加わった高校生の少年が、良心の呵責に耐えかねて警察に自主したことで事件が発覚しました。

1999年12月4日に警視庁三田警察署に捜査本部が設置され、少年の証言に基づいて山中に埋められた須藤さんの遺体を発見。その翌日に荻原、梅沢、村上が逮捕されました。

被害者は日産自動車栃木工場に務めていた須藤正和さん

被害者の須藤正和さんは栃木県那須郡黒羽町(現・大田原市)で1980年5月6日に生まれます。 理髪店を営む両親の須藤光男さんと洋子さん、3歳年上の姉、祖父、祖母との6人暮らしでした。

1999年に地元の栃木県立黒羽高校を卒業し、河内郡上三川町にある日産自動車・栃木工場へ就職。自宅から遠距離であったため社員寮「白鷺寮」に入りました。入社わずか半年後に起きた悲劇でした。

加害者は全部で4人であり全員が未成年

Alexas_Fotos / Pixabay

加害者は4人グループであり、主犯格の萩原克彦(当時19歳)、梅沢昭博(同19歳)、村上博紀(同19歳)、途中参加した高1の少年(同16歳)と全員が未成年者でした。

未成年者の犯罪には通常は少年法が適用されますが、この栃木リンチ殺人事件に関してはあまりの残忍さと、主犯に反省の色が見られないことから、宇都宮地検により殺人・死体遺棄罪が適用されました。

2006年には週刊新潮が犯人の顔写真や実名を掲載

2006年には週刊新潮(4月20日発売号)で、犯人グループ3人の顔写真と実名を報道しました。記事では主犯・萩原克彦の父親が栃木県警の警部補であったことを暴露しています。

少年犯罪の報道では、目隠しなしで犯人の顔写真が掲載されるのは異例なことでした。当時、この事件が世間にどれほど恐怖を与え、関心を誘っていたかを伺い知ることができます。

栃木リンチ殺人事件では警察の怠慢も非難された

cocoparisienne / Pixabay

この事件は犯行グループによる拷問手段の残忍性が注目されたと同時に、栃木県警石橋警察署(現・下野警察署)の初動対応での怠慢について厳しい批判が浴びせられました。

被害者の父・須藤光男さんが行方不明の正和さんの捜索願を出し、事件性を強く訴えたにもかかわらず、「悪いのはあなたの息子。警察は事件にならないと動けない」などと発言して取り合いませんでした。

桶川ストーカー殺人事件と併せて国民の警察への不信感を募らせた

しかし警察は被害相談を極めてずさんに扱い続けた結果、被害者女性は桶川駅前で刺殺されました。そして事件後、マスコミ報道によって警察組織の問題を厳しく追求されることになります。

栃木リンチ事件はこの桶川ストーカー事件とともに、体面維持のための警察不祥事として、警察に対する国民の不信感を募らせる事になりました。

関連の記事はこちら

時系列で追う、栃木リンチ殺人事件

それでは、1999年の年末に日本中を震撼させた栃木リンチ事件。須藤正和さんが拉致され殺害されるまでの2ヶ月間に、いったい何が起きていたのか、時系列でもう少し詳しく追ってみましょう。

1999年9月下旬、事件の主犯格である萩原克彦は梅沢昭博と村上博紀に金銭を要求

jojooff / Pixabay

1999年の9月下旬頃、一連の事件の主犯格で暴走族メンバーでもあった萩原克彦は、暴力団の後ろ盾があると言って、梅沢昭博に消費者金融で借金をさせ20万円を脅し取りました。

同じ手口で村上博紀にも金銭を要求し、梅沢は合計50万円、村上は自宅から持ち出した現金数十万円を荻原を巻き上げられたところで、「もう勘弁してほしい」と荻原に泣きつきました。

それに対し、荻原は、梅沢と村上に「知り合いから金を借りられそうなやつを探してこい」と命じました。

同年9月29日、梅沢博昭は同期である須藤さんを萩原克彦に会わせる

Life-Of-Pix / Pixabay

荻原に脅迫された梅沢は、日産自動車の栃木工場で同期の須藤正和さんに目をつけました。梅沢が須藤さんを選んだ理由は、須藤さんが温厚で優しい性格であったためであると、逮捕後の取り調べで供述しています。

1999年9月29日、梅沢は須藤さんを電話でコンビニへ呼び出して荻原に引き合わせ、銀行から引き出させた7万円を巻き上げます。そのまま須藤さんは、荻原、梅沢、村上の3人によって拉致されてしまいました。

その後、脅し取った金でパチンコをし、居酒屋へ酒を飲みにでかけました。その夜から須藤さんはラブホテルに監禁されて社員寮へ帰ることもできず、金銭目当てに拷問を受け続けるという悲惨な生活が始まりました。

10月4日、須藤さんの両親の元に会社から無断欠勤の連絡が入る

Alexas_Fotos / Pixabay

10月4日、勤務先の日産自動車から須藤さんの両親のもとに、須藤さんが6日間も無断欠勤しているという連絡が入りました。両親は正和さんと携帯電話で会話して注意しました。

須藤さんは、この日の夜勤から会社への出勤を再開し、10月11日までは出勤を続けました。

同月12日に無断欠勤が再開、既に須藤さんは300万近く金を借りさせられていた

happylism / Pixabay

しかし、10月12日から再び須藤さんは無断欠勤するようになりました。このときまでに須藤さんが消費者金融や友人に負った借金は300万円に及んでいた事が分かっています。

10月14日、須藤さんから両親に電話が入りました。「東京・上野にいるので帰りの電車賃を貸してほしい」というものでした。両親は不審に感じながらも銀行口座に5万円を振り込みました。

また、10月17日には、須藤さんから今度は「仙台にいる」と電話がありました。その電話番号が須藤さんのものではなかったため、かけ直したところ、須藤さんではなく別の男が電話に出ました。

同月18日、須藤さんに借金が発覚!石橋警察署に探索願が提出される

jbom411 / Pixabay

須藤さんに金を貸したという社員が現れたことで、勤務先の上司がただ事ではないことを察知しました。なんと、この社員は消費者金融4者から合計100万円を借り入れて須藤さんに渡していました。

また、須藤さん単独ではなく、見知らぬ2人の男(荻原、村上)と共に金を借り歩いていることも分かりました。

10月18日、須藤さんの無断欠勤が1週間続いていることを不審に感じた上司が、須藤さんの母親に連絡し、栃木県警・石橋警察署(現・下野警察署)へ捜索願を提出しました。

翌日19日、須藤さんの父親が警察に相談に赴くも驚くべき対応をされる

Free-Photos / Pixabay

翌日の10月19日、須藤さんが事件に巻き込まれていると考えた父親が、栃木県警・石橋警察署へ相談に行きます。ところが、相談窓口担当である生活安全課の巡査部長は、まともに取り合ってくれませんでした。

「息子さんは自分が悪い。金を借り歩いているらしいが、どうせ他の人に分け与えて、面白おかしく遊んでいるのだろう。警察はちゃんと事件にならんと動けん」そう答えると、須藤さんの父親を門前払いしました。

22日に再度警察署に出向くもなしのつぶて

Myagi / Pixabay

息子を心配した須藤さんの父親が、10月22日に3たび石橋警察署を訪れます。窓口の巡査部長はウンザリしたように、「またか。今日は何しに来たんだ」と言いましたが、父親は必死に事件性を訴えました。

須藤さんにつきまとう2人の男と莫大な借金から考えて、須藤さんは監禁されている可能性があるので、操作してほしいと懇願します。しかし、相変わらず担当の巡査部長は父親の言葉にはまったく耳を貸しませんでした。

そればかりか、「憶測でモノを言うな、あんたの息子は麻薬でもやっているのと違うか」と、被害者の父親に対して自身の憶測による暴言を吐きました。

27日、友人の元に須藤さんが借金の返済に訪れる

janeb13 / Pixabay

10月27日に、須藤さんが同級生から2度に渡って借りた金31万円を返済するため現れることになりました。息子の無事な姿をひと目見ようと、父親は受け渡し場所から距離をおいてその様子を見守りました。

このとき同級生は、須藤さんから「絶対に親には言わないでほしい」と念を押されており、同級生が逆恨みによる被害を受けないよう、やむを得ず父親は直接コンタクトすることを諦めました。

同日、須藤さんは病院を受診していた

valelopardo / Pixabay

しかしこの時、数十メートル離れていた父親は須藤さんを見つけられませんでした。また借金は全額ではなく3万円返済されただけでした。この同級生は須藤さんの右手に包帯が巻かれていたことを父親に伝えました。

後日、犯人供述から、リンチで大火傷を負った須藤さんが病院で治療を受けた日でもあったということです。そして、これが父と生前の息子・須藤さんとの最後の接近となってしまいました。

翌日28日、日産自動車と加害者の1人の家に電話を入れる

geralt / Pixabay

翌28日、須藤さんの両親は、犯人一味で日産自動車の同僚である梅沢の自宅に電話をかけ、須藤さんの居場所を知らないかと尋ねました。梅沢の母親は、10月5日以降は梅沢と須藤さんは会っていないと答えました。

須藤さんの父親は日産自動車の人事部にも電話して、息子の所在を知らないかと聞きました。夕方、人事の担当者から電話をもらい、梅沢の発言がデタラメだったことを知りました。

29日、梅沢とその母親を日産が呼び出し事情聴取

TeroVesalainen / Pixabay

11月2日になって、須藤さんの父親に借金返済の当事者だった同級生の父親から、須藤さんと3人が借金をしに来たとき乗っていた車のナンバーを控えているので渡したいという連絡がありました。

その同級生の父親に勧められ、須藤さんの父親は石橋警察署へと足を運びました。この時も例の生活安全課の巡査部長が担当でしたが、すぐに車が特定されて持ち主は犯人一味の村上であることが判明しました。

11月2日、10月27日の借金返済の際に須藤さんが乗って来た車のナンバーを照会

spokopomysl / Pixabay

11月2日になって、須藤さんの父親に借金返済の当事者だった同級生の父親から、須藤さんと3人が借金をしに来たとき乗っていた車のナンバーを控えているので渡したいという連絡がありました。

翌日、同級生の父親に勧められ、須藤さんの父親は石橋警察署に電話で問合せました。この時も生活安全課の巡査部長が担当でしたが、すぐに車が特定されて持ち主は犯人一味の村上であると判明しました。

また、11月に荻原達3人は六本木で都立高1年の少年と知り合い、高橋も新たに犯行グループに加わっています。

同月12日、母親と須藤さんが電話で会話するも様子がおかしかった

27707 / Pixabay

11月12日、母親が須藤さんの携帯に電話すると、それまでずっと留守電だったのに、この日に限りつながりました。しかし電話口では「なに?何の用?」と、これまでの須藤さんにはなかった反抗的な口ぶりでした。

「同級生に借りたお金は自分が返しておくから、迷惑をかけたことを先方のお父さんに謝るように」と諭すと、黙って電話を切られてしまいました。その直後、同級生の家に須藤さんから電話があったと連絡をもらいます。

須藤さんと電話を変わった男が暴力団の名をチラつかせて脅してきました。しかし、父親が「あんたは荻原か、梅沢か、ふざけるのもいい加減にしろ」と一喝すると、相手はおとなしくなり電話を切ったのでした。

同月25日、銀行の防犯カメラが変わり果てた須藤さんの姿を捉える

chrisjmit / Pixabay

21日から25日の間、須藤さんの両親に、何度も正和さんから借金返済のためにお金が必要、という電話が入り、両親は4日間で合計65万円を振り込んでいました。25日の夕方、銀行の支店長から電話をもらいます。

銀行の防犯カメラに須藤さんが映っていたという連絡でした。須藤さんはフードを深くかぶっていましたが、その顔には一見して分かるほどの火傷跡が見られたことを知らされました。

銀行支店長は須藤さんのあまりにひどい火傷から、警察に事件として動いてもらえば、いつでも証拠資料として映像を提供すると、警察へ事件として通報することを促しました。

同月30日、須藤さん・村上・梅沢の3家族で警察署に赴く

Free-Photos / Pixabay

26日に須藤さんの同僚から両親に電話があり、新たな借金211万円が発覚し、愕然とします。須藤さんの借金返済で、すでに須藤家にはお金がありませんでした。それでも須藤さんから無心の電話がかかってきました。

万策尽きたと感じた父親は石橋署の生活安全課ではなく刑事課へ連絡します。しかし「事件にならないと動けないが、村上の親が捜索願を出せば事件として扱えるかもしれない」という言葉が返ってきました。

そして30日、須藤さんの両親は、ファミレスで梅沢の母親と村上の両親に今までの経緯を説明し、頭を下げて協力をお願いしました。そして3家族で当てにならない石橋署を避けて、宇都宮東署へと向かいました。

同日のあまりにもずさんな警察の対応が須藤さん殺害の一因となる

Utility_Inc / Pixabay

ところが宇都宮東署では、須藤さんの捜索願が石橋署に提出されている理由で受付てもらえず石橋署へ行くように指示されます。3家族は石橋署へ行きますが、やはり生活安全課の巡査部長は取り合ってくれません。

その時、須藤さんから電話が入りました。巡査部長が須藤さんの友人を装い状況を探ろうと試みますが、犯人の1人が電話を変わり「あんた誰だ」と尋ねると、巡査部長は「誰だと?石橋の警察だ」と答えました。

その途端、電話は切られてしまいました。巡査部長は「あ、切れちゃった」と薄笑いして両親に携帯電話を返したのです。のちの裁判で、犯人に対するこの杜撰な対応が須藤さん殺害の一因であったと認められています。

12月2日、萩原らは栃木県芳賀郡市貝町の山林にて須藤さんを殺害

Fritz_the_Cat / Pixabay

1999年12月2日、運命の日が訪れます。栃木県警石橋書が事件性は皆無として捜査を拒否していた同じ頃、主犯の荻原は事件の発覚を恐れ、「須藤を殺しちまおう」と口癖のようにつぶやくようになっていました。

そして、先日の電話で、いよいよ警察が接触してきたと焦り、犯人の少年達は激しく動揺します。須藤さんを殺して埋めてしまえば逃げ延びられるという考えに至ります。

その日14時過ぎ、市貝町の山林で、萩原,梅沢,村上の3人は穴を掘りました。車で見ていた少年が「あれ須藤さんを埋める穴じゃないっすよね」と言うと、「生きたまま埋めるのかな、残酷だな」と答えます。

殺害後、須藤さんの遺体は埋められ、穴にはコンクリートが流し込まれた

Tuan86 / Pixabay

少年と作業を交代して運転席に戻った荻原は後部座席の須藤さんに「何か歌え」と命じ、プロミスのCMソングを歌わせました。そして、コンクリートの準備ができると、須藤さんを全裸にして穴の前に正座させました。

梅沢と村上の2人が左右からネクタイで須藤さんの首を締めました。須藤さんが失禁し、血を吐いたことに恐怖した村上がネクタイを手放すと、梅沢が両手でネクタイをつかんで、背後から須藤さんを絞殺しました。

須藤さんが絶命すると、遺体をコンクリート詰めにして穴に埋め逃亡しました。殺害に使われた作業着、スコップ、長靴、桶、砂利、ベニヤ板、ポリタンクは、犯行直前に須藤さんの退職金で購入したものでした。

犯人らは殺害後、宇都宮市内のホテルに宿泊し祝杯をあげる

fbhk / Pixabay

この夜、4人は宇都宮のホテルに宿泊し、「(時効まで)15年間逃げ切ろう」と乾杯した。殺害の実行犯である梅沢は殺害の様子を再現し、殺人の興奮を抑えられず3人の前でマスターベーションして見せました。

その後4人は、追悼花火大会と称して、ホテルの駐車場で花火遊びに興じた。

NEXT:翌3日、須藤さんが生きていると見せかける為須藤さんの父親に電話をかける
1/5