子供が嫌いな人の心理・原因・印象は?野菜嫌いのためのレシピも? 恋愛・心理

子供が嫌いな人の心理・原因・印象は?野菜嫌いのためのレシピも?

目次

[表示]

再婚した相手の子供が自分がどう努力しても嫌っているので

marvelmozhko / Pixabay

子供のいる相手と再婚する人は珍しくありません。その子供が自分に対してうまく懐いてくれていれば良いのですが、本当の親と比較してばかりいて、自分を親とは認めてくれない子供もいます。

そういう子供に対して自分がプレゼントを買ってあげたり、積極的にコミュニケーションを取ろうとしても相手がそっぽを向いてしまえば、子供に対する憎悪に変化してしまうこともあります。

他人の子供を預かったら大切なものを破壊され謝りもしなかったから

Free-Photos / Pixabay

親戚や友人から、仕事でどうしても子供を預かって欲しいと頼まれることはありませんか?そんな時あずかっていた子供が無邪気に走り回って自分が大切にしていたものを落として壊したらどうなるでしょう。

「ごめんなさい」と素直に謝ってくれれば少しは気が晴れるのですが、何事も無かったかのように笑っているのを見ていると無性に怒りを感じてしまいます。その経験から子供嫌いになることもあります。

自分の子供に「パパ嫌い」と言われた

ljcor / Pixabay

血を分けた実の子供でも「パパ嫌い」と言われてしまうと、それが原因で子供が嫌いになってしまう男性もいるようです。自分の子供にさえ相手にされないのだから、他人の子供はまるで敵同然です。

家庭内で子供に相手にしてもらえず孤立しているような状況にある男性は、外へ行っても他人の子供に対しても嫌悪と憎悪の対象にしか映らなくなる場合があり、子供が嫌いになる一因となっています。

親が自分より他人の子供を可愛がった

aamiraimer / Pixabay

子供の頃に、自分の両親が自分のことより他人の子供のことばかりを可愛がった記憶のある人は、大人になってから子供が嫌いになるケースがあります。親に愛情を受けてもらえなかったと思っています。

他人の子供は自分から親を奪った憎むべき存在として、その人の中で認識されてしまっている状態です。例えば、自分が大切にしているものでも親が勝手にその子にあげてしまったことはありませんか?

泣かしてしまったことがある

Myriams-Fotos / Pixabay

自分の子供ではなくても、親戚や友人、あるいは他人の子供を一時的に預かっているときに突然泣かしてしまった経験はありませんか?子供が泣き出す理由は大人には想像も付かないことが多々あります。

泣いている子供をそのまま放置していると近所から変な目で見られるし、かといって泣き止ませる方法が分からないので自分もパニックになってしまいます。それが原因で子供が嫌いになる人もいます。

子供が怪我した責任を負わされた

succo / Pixabay

同じように他人の子供を預かっていた時にちょっと目を離した隙に子供が走り回って誤って怪我を負ってしまったあとに、ちゃんと注意して見ていなかったとして責任を負わされるケースもあるようです。

自分はちゃんと見ているつもりであっても、子供はどんな動きをするか予測ができません。過去にそのようなトラブルに見舞われた経験のある人が、子供の存在を面倒くさくて嫌いになってしまいます。

子供の頃にいじめられた経験がある

Anemone123 / Pixabay

自分が子供の頃に学校のクラスメートにいじめられた経験のある人は、大人になってからも子供たちを見ると当時の記憶が蘇って子供がひどく恐ろしい存在として感じてしまう傾向にあるようです。

その人にとって、子供とはかつての自分をいじめていたクラスメートそのものであり、その時点で心の成長が止まっていることが考えられます。子供はデリカシーがないので、平気で嫌がることをします。

自分の子供が嫌い?中学生の子供が嫌いになりそうな時は?

LoganArt / Pixabay

世の中には他人の子供ばかりでなく、自分の子供のことが憎くて嫌いと思う親も少なからずいるようです。自分の子供が嫌いな親は、どんな時に自分の子供を嫌いと思うのでしょうか?

特に中学生という多感な時期の子供たちと親が喧嘩して大きなトラブルの原因に発展してしまうこともあるようです。どのようなケースが引き金になるか見ていきましょう。

親に反抗的な態度をとる

truthseeker08 / Pixabay

中学生にもなると、自我意識が芽生えてきます。小学生の頃までは親の思い通りに何でもやっていてくれた子供が、物心つくようになると自分でやりたいことが見つかります。周囲の影響もあるでしょう。

友達はやっているのになぜ自分はダメなのか?そうやって親が何でも頭ごなしに自分のやりたいことに口出しすると子供は反抗的な態度をとるようになります。それを許せないと感じる親が多いようです。

買い物を支持してくる・奴隷のような扱い

DarkWorkX / Pixabay

子供がまだ小学生の頃は何でもわがままを聞いてあげていた親は、中学生になると子供の支持に逆らいたくても逆らえなくなる傾向にあるようです。まるで親を使いっパシリと勘違いしているようです。

小さい頃から面倒なことは何でも親がやってあげていたことが裏目に出て、子供が大きくなった時に何でも言うことを聞いてくれる小間使いのような存在と親を見下しています。親は子供を怖れています。

脱いだ服をそのまま放置

Alterfines / Pixabay

中学生になると毎日部活が大変で遅くなって帰ってくることも増えてきます。また部活によっては泥だらけの恰好だったり汗まみれになっていることも少なくありません。疲れているので反抗的にもなります。

それを見た母親は、脱いだ服を片付けない子供を見て、ちゃんと片付けようとしない父親を重ねてしまうのです。中学生にもなると一人の人間として見ていることもあります。神経質な親は注意が必要です。

勉強しようとしない・成績が下がった

ken19991210 / Pixabay

中学生になると子供たちは様々な娯楽を覚え始めます。また学校の勉強も進級に応じて難しくなっていくので勉強についていけない子供は娯楽の方に熱中して、まったく勉強してくれなくなります。

成績が下がると親としては、高い学費を払ってやっているのになぜ勉強しないの!とイライラが募ります。また小学生の頃から塾に通わせていた親は特に怒りがこみ上げてくるでしょう。

他の兄弟姉妹が素直で優秀

White77 / Pixabay

子供が一人ではなく二人以上いる親の場合、自分の言うことを素直に聞いてくれる子供を可愛がることがあります。特にまだ幼い子供や大きくなって物の分別が付いた子供と反抗的な子供を比較しがちです。

ところが兄弟姉妹同士を比較してしまうことで、反抗的な態度を取る子供は自分が親から愛されていないと思い込み、さらに親子関係の溝は深まってしまいます。兄弟姉妹で優劣をつけない努力をしましょう。

子供嫌いな女性に対する印象まとめ

一般的に女性は子供を可愛がるものといった固定観念が働いているようです。しかし実際には子供が嫌いな女性も珍しくありません。そんな女性に対して世間の目は辛辣なものです。

ここからは子供が嫌いな女性に対する世間の考え方、見方について取り上げていきます。あまり気にしない人もいれば厳しい印象を抱く人もやはり少なくないようです。

結婚することには抵抗を感じてしまう

virandek / Pixabay

これは男性から見た子供が嫌いな女性のイメージです。女性は例外なく子供に対して優しいものというイメージを勝手に抱いています。子供に優しい女性は心根が優しい理想の女性という認識なのです。

ところが実際に付き合った彼女が子供に対して冷たい態度を取っている姿を見てしまうと、女性に対して抱いていた優しいイメージがガラッと崩れ去ってしまいます。結婚することも躊躇ってしまうようです。

個人の意見なのであまり気にしない

Myriams-Fotos / Pixabay

子供が嫌いな女性に対して好ましい印象を持たない人は多いですが、逆にあまり気にしないという人も少なからずいます。特に現代は個人の主義主張がある程度は保証されている社会です。

もし女性が子供を嫌いだったとしても、あくまで個人の意見なのだから他人がとやかく言うべきではないと考えている人もたくさんいます。子供が嫌いと主張できる方が寛容な社会と認識する人もいます。

誰に対しても優しくない

Alexas_Fotos / Pixabay

子供に対して優しくない女性は、結局誰に対しても優しくないだろうという悪い印象を持たれてしまうこともあります。子供に冷たく当たっている様子に、心根が冷たい人なんだなと思われてしまいます。

子供が苦手でどう付き合っていいか分からないだけで、実際には他の人に対しては優しく接している人であっても、子供嫌いというだけで「悪い女性」の印象を持たれてしまいがちなので気をつけましょう。

自分の子供を虐待しそう

cocoparisienne / Pixabay

他人の子供に対して冷たかったり優しい態度で接することができない女性を見ると、男性としては生まれてくる子供に対しても虐待するのではないかと悪い方向に考えてしまう人も少なくありません。

近年は待機児童や核家族などの問題もあって気軽に相談する環境にないのが現状で、虐待の報告件数も年々右肩上がりです。そのため自分の子供に対しても虐待してしまう危機意識は高まっています。

自己中心的なイメージ

geralt / Pixabay

子供が嫌いという女性に対して自己中心的な人というイメージを持たれてしまうこともあります。本人にそのつもりはなくても、子供より自分が中心でありたいと思っている印象を持たれてしまうためです。

公共交通機関の運賃にしても遊園地にしても、どうして子供ばかりが優遇されなければいけないのかと不満に思っている女性は自己中心的なイメージで見られている可能性があるので注意が必要です。

子供嫌いな男性に対する印象まとめ

EliasSch / Pixabay

子供が嫌いな人に対する世間の視線が厳しいのは女性に限ったことではありません。実は子供が嫌いな男性に対しても、世間は厳しい視線を向けてくるのです。子供は宝という考え方が根付いているためです。

ここからは子供が嫌いな男性に対して世間がどのようにイメージしているのかについて取り上げていきます。女性と共通するイメージもあれば男性独特のイメージもあるようです。見ていきましょう。

結婚を躊躇ってしまう

女性の中には子供が欲しくて結婚を望んでいる人も少なくありません。ところが結婚を考えている男性が子供嫌いであれば、結婚したくても本当に大丈夫だろうかと結婚に対して消極的になってしまいます。

女性は男性の普段の何気ない言動を見ながら結婚した後の生活を想像しています。もし子供に対して冷たい態度を取る男性を見てしまうと、幸せな将来が思い描けず結婚をやめてしまう女性もいるのです。

自分の子供を虐待しないか不安

Simedblack / Pixabay

他人の子供に対して厳しかったり嫌な顔をしている男性を見てしまうと、もし自分に子供が生まれても、その子に対して虐待してしまうのではないかと不安に駆られてしまう女性もいます。

他人の子供でも屋外であれば人の視線があるので手荒な行動はできませんが、自分の子供であれば他人の目を入れずに日常的に暴力を振うこともできてしまいます。犯罪者と同じ印象で見られてしまいます。

人としてあり得ない

Prawny / Pixabay

「子供は国の宝」という考え方が根強く残っている世の中なので、子供に対して冷たかったり嫌がる態度を見せていると、人間性を疑われることもあります。危険人物と認識されてしまう可能性もあります。

単純に子供とどう接してよいか分からず戸惑っているだけの男性であっても、周りから見ると子供に対して冷たいと思われることで評価が著しく低下してしまうこともあるので笑顔だけでも見せましょう。

子供は必要ないから問題ない

bertomic / Pixabay

子供が嫌いな男性に対して結婚をまったく躊躇しない女性も最近は増えてきています。結婚生活は2人きりで過ごすもので、将来的に子供を作ろうという気持ちを2人とも持っていない場合はそうなります。

また2人でいる時間が長い方が、子供がいるより恋人気分を長く味わえるという利点もあり、子供嫌いな性格を結婚する上でのデメリットと考えていない女性も珍しくありません。

自分の子供にだけは優しく接してくれるだろう

Free-Photos / Pixabay

逆に普段は子供を嫌っている男性でも、結婚して子供が生まれたら自分の子供に対しては優しく接してくれるだろうと考えている女性もいます。自分の血を分けた子供は可愛いというのが前提にあるからです。

実際に結婚する以前は子供に対して可愛いとは思わなかった男性が、いざ結婚して自分の子供が生まれてみると、途端に子供の存在が愛おしく感じてしまうケースも珍しくないようです。

子供が嫌いは治せる?子供嫌いを克服・治す方法

KaiPilger / Pixabay

子供が嫌いな男性や女性に対して、特にダメだとは思わない人も増えてきていますが、それでも子供嫌いの人に対する世間の視線は冷ややかなものです。子供が嫌いな人は肩身の狭い想いをしています。

子供が嫌いな性格を治したいと考えている人もいるようです。ここからは野菜嫌いを克服するような感覚で子供嫌いも克服できる方法について取り上げていきます。

子供が嫌いな理由を考える

Skitterphoto / Pixabay

子供が嫌いな理由はそれぞれ人によって異なりますが、いずれの場合においても子供が嫌いになる原因というものが存在しています。まずは自分が子供を嫌いになった原因について知ることが先決です。

どんなに子供と優しく接しようと努力を積み重ねても、子供が嫌いになったそもそもの原因が分からなければ本当の意味での解決には結びつきません。かえって子供と接することで疲れてしまうだけです。

子供の行動をじっくり観察する

Free-Photos / Pixabay

子供が嫌いな人の場合には、ある共通点があるものです。その中でも最も多い理由は子供は何を考えているか分からないから怖いというものです。それならば、子供の考えを理解する努力をすることです。

外で遊んでいる子供をじっくり観察することでどういうタイミングで大声を出すのか、どういうタイミングで泣き出すのか分かってくることもあります。また子供の好きな遊びを知ることもできます。

子供を産んで育てる

StockSnap / Pixabay

若い頃は子供が嫌いで嫌いでたまらなかったという人も、結婚して実際に自分で子供を産んでみると、自分の子供は可愛くて可愛くて仕方がないという人は少なくありません。子供が親を成長させるのです。

最初は大変なこともありますが、自分が愛した人との間に生まれた我が子です。しっかり愛情をそそぐことで素直な優しい子供に成長することも可能です。

子供と触れ合う機会をつくる

sasint / Pixabay

子供が嫌いな人に共通していることの一つに、子供とどう接していいか分からないというものがあります。このようなタイプの場合、子供が本当に嫌いというより苦手にしているだけの場合があります。

子供が何を考え、どう行動するのかを知ることで子供を楽しませる方法であったり、子供に好かれる自分になる工夫もできます。子供が苦手なだけなら、子供と触れ合う時間を増やすことで克服できます。

NEXT:子供が好きな人にアドバイスをもらう
2/3