マックス・ヘッドルーム事件とは?電波ジャック?真相は?犯人は? 社会

マックス・ヘッドルーム事件とは?電波ジャック?真相は?犯人は?

1987年、アメリカシカゴで突然発生した、電波ジャック「マックス・ヘッドルーム事件」誰が何の目的で行なったのか、犯人は誰なのか、未だ真相は謎のままですが、今なおYouTube動画では、この事件の再生回数が増え続けているようです。

目次

[表示]

マックス・ヘッドルーム事件とは?事件の概要は?

RonPorter / Pixabay

いまだに語り継がれる、史上最大の電波弱事件である「マックス・ヘッドルーム事件」はアメリカシカゴで突然起こりました。

1987年11月22日午後9時16分、くつろぎながらテレビを見ていた人たちに向け突如テレビ画面の中から、サングラスのマスク男が笑いかけてきたのです。

この放送事故からおよそ2時間後、11時15分ドラマ「ドクター・フー」の放映中に再び同じ男が現れました。

マックス・ヘッドルーム事件は、アメリカで起こった電波ジャック事件

isabellaquintana / Pixabay

この史上最大と言われる「マックス・ヘッドルーム事件」は、アメリカのイリノイ州シカゴで発生しました。四半世紀も昔の事ですが、現在も多くの人の間で語り継がれる未解決の事件となっています。

テレビを視聴していた多くの市民はもちろんのこと、番組の出演者や関係者もこの突然の出来事に、大変混乱し戸惑いを隠せなかったようです。

1987年、シカゴの「The Nine O’Clock News」で事件

Pexels / Pixabay

1987年、イリノイ州シカゴのテレビ局による「The Nine O’Clock News」の途中でテレビ画面に、サングラスをつけたマスク姿の奇妙な男が突然画面に現れことが始まりです。

画面の中で不気味に笑うその男は、イギリスのチャンネル4によるCGキャラクター「マックス・ヘッドルーム」でした。

サングラスをかけたマスクの男が笑う映像が流れた?画像は?

2度目は電波ジャックの時間としては実に1分22秒と言う長い時間を画面占拠されていたようです。テレビ画面の中で不敵に笑うこのマスク姿の男の目的は、一体何だったのでしょう。

テレビ関係者はもちろん、世間の多くがこの電波ジャックに驚きを隠せませんでした。その証拠に放送終了後、テレビ局に問い合わせの電話が、ひっきりなしにかかってきたそうです。

男のマスクはマックス・ヘッドルームというキャラクターだった

1984年、イギリスの俳優マット・フリューワーをモデルとして作られたCGキャラクター「マックス・ヘッドルーム」は音楽番組のバーチャル司会者として登場しました。

テレビに登場したその年には映画化もされているようです。1986年にコカコーラの100周年記念のCMにも出演しました。

1987年にアメリカの制作会社がこのキャラクターの権利を 買収して実に24話にも及ぶ「マックス・ヘッドルーム」が主演となるテレビドラマが放映されたようです。

マックス・ヘッドルームが現れたときの動画は?

https://youtu.be/F9s2Dzo44xg

テレビのニュース番組の途中、突如現れた動画の中のこの異様な男は、どこか車庫のような限られた空間で撮影してるようでした。この電波ジャックは15秒間ほど続いたそうです。

一言も声を発することなく、ただ15秒間不気味に微笑かけるマスク姿の男に世間は大騒ぎとなりました。アクシデント発生後、TVの技術者たちは、すぐに放送の周波数を変えて元に戻したそうです。

番組コメンテーターも困惑

geralt / Pixabay

番組コメンテーターでもあった、ダン・ローン氏の「視聴者の皆様は、何が起こったかお分かりにならないでしょう?私もです」の一言に、テレビ出演者もこの出来事に非常に困惑していたことが伺えます。

放送事故の約2時間後、11chのドラマ「ドクター・フー」でも出現

1度目の電波昔と違い、2度目の登場では音声や雑音が入っていたようです。そしてときには歌を口ずさみ、マスクをはずしたりお尻を出したりする映像には、犯人の意図するものに皆目見当がつかなかったようです。

番組関係者や視聴者をあざ笑うかのようなその行動は、大々的にマスコミに取り上げられる程、センセーショナルな事件でした。

2回目の電波ジャックは音声もあった?歌を歌いお尻を叩かれた?

この2度目の出現時にはアニメソングを口ずさみ、まるでダンスをするかのように、体を揺らしノリノリのマックス・ヘッドルームが映っていたようです。

「俺の兄弟は違うのをはめてるんだけどね」と汚いグローブを取り出しながら不敵に笑うマックスヘッドルーム、次の瞬間「「こいつは血まみれで汚い」と手袋を投げつけます。

その後マスクを外した画面になり、右側から登場した女性の持つ蠅たたきのようなもので、丸出しのお尻をパチパチ叩かれるなど、悪ふざけの異様な光景が繰り広げられたのです。

男が口ずさんだ「クラッチカーゴ」のテーマとは?

放送された時から、アニメの内容よりも口だけが不気味に動くと言う点が、多くの人にインパクトを与えていた伝説の番組「クラッチカーゴ」は1つのエピソードが5分程度の短いものになっています。

当時、シカゴではこのアニメが放送されており、マックス・ヘッドルームの犯人がこの曲を口ずさんだのもおなじみの曲だったからかもしれません。

批判していたチャック・スワースキーとは何者?

Free-Photos / Pixabay

2度目に登場した電波ジャックの画面の中でマックスヘッドルームが言い放ったのは「俺はチャック・スワースキーよりマシだぜ」と言う言葉でした。

このチャック・スワースキーと言う人物は当時、スポーツニュースの解説を務めていた人物です。マックスヘッドルームは「このイカレたリベラル野郎め」とチャックをののしり、その後意味不明の単語を羅列します。

映像の中での発言「波に乗ろう」とはどういう意味?

Free-Photos / Pixabay

同じように2度目の映像で、マックス・ヘッドルームは「catch the wave」」と意味不明の言葉を残しています。日本語に直訳すると「波に乗ろう」と言う言葉になります。

マックスヘッドルームがキャラクターとして起用されたコカコーラの100周年記念のキャッチコピーを引用したのではないか、と言われています。

2回目の電波ジャックは長時間?電話が鳴り止まなかった

stevepb / Pixabay

このマックスヘッドルーム事件と呼ばれる放送事故の後、視聴者からの電話が放送局にひっきりなしに殺到し、鳴り止まなかったそうです。

中にはテレビ局による悪ふざけだ、と捉えた視聴者もおり、電波ジャックをされた放送局も対応に大慌てだっただろうと予想されます。

マックス・ヘッドルーム事件は翌日のニュースで話題に

MichaelGaida / Pixabay

「VIDEO PIRATE」とメディアに名付けられた奇妙なマスク男のニュースは翌日、全米各局のニュース番組にこぞって取り上げられました。

それにより「マックス・ヘッドルーム事件」という史上稀な電波ジャック事件は、瞬く間にアメリカ全土に知れ渡ることになったのです。

テレビ局による対応は?

MichaelGaida / Pixabay

電波ジャックされたテレビ局の技術スタッフは、「テレビの電波についての高度な知識を持っている人物」として内部の犯行ではないかと犯人探しを始めました。

電波ジャックされた映像を基にして、様々な調査や検証を行ったようですが、結局のところ真相は未だ解明できず未解決事件のままです。

関連する記事はこちら

マックス・ヘッドルーム事件の捜査は?

cocoparisienne / Pixabay

世間を騒がせたマックス・ヘッドルームが起こした史上最大の電波ジャック事件は、当然のように、様々な捜査の手が入りました。

放送に関連する当局はもちろん、果てはFBIまでが捜査の手を伸ばしましたが、その努力も徒労に終わったようでした。

FCCとFBIの捜査で犯人は放送に対する専門的知識があるものとされた

geralt / Pixabay

FCC(連邦通信委員会)は言うまでもなく、FBI(連邦捜査局)までが調査に乗り出しました。かなり難航状態と思われたこの事件でしたが、少し進展があったようです。

調査により判明した事は、高度な通信の専門知識を持った人物によ放送局の送信システムが乗っ取られたというものでした。

しかし、事件そのものの危険性が低い事と、犯人につながる直接的な証拠が見つかっていない事で、現在においても真相の解明には至っていないようです。

犯人が電波ジャックに用いた手法とは?

StockSnap / Pixabay

マックスヘッドルームの犯人は、未だ不明のままですが電波ジャックに用いたその手法は明らかになっています。

放送局のテレビ放送のため発信する電波に、高出力の周波数を持った信号を浴びせることで混乱させ、それに代わって自身の電波を発信させることが可能になっていたようです。

(犯人はおそらく放送技術に卓越した放送技術者ではないか)とFBIは断定しましたが、結局確たる証拠を掴むことができなかったようです。

犯人が電波ジャックに用いた機器は?

_freakwave_ / Pixabay

当時のテレビ局の電波システムは、100階建ての高いビルなどに設置されたアンテナにマイクロ波を送信し、各家庭に向けて放送電波を送るという技術を使っていました。

マックスヘッドルーム事件を起こした犯人たちは、他の高層ビルの屋上にパラボナアンテナなどの強力な送信機を設置し電波を送信したのではないか、との憶測もありました。

相当強力な送信機であれば高額な費用がかかりますが、この事件を捜査していたFCCの主任研究員だったマイケル・マーカス博士はテレビ用のアンテナで十分送信可能と考えていたようです。

1回目のジャックの際、テレビ局の技術スタッフたちは犯人を探していた?

1度目のマックスヘッドルームによる電波ジャックの際、テレビ局のスタッフたちは電波ジャックと言う高度な通信技術の高度さから、テレビ局の人間による仕業だろうと推測しました。

直ちに局内での犯人探しが始まりましたが、証拠たるものが何ら発見できずに徒労に終わったようです。

マックス・ヘッドルーム事件の映像を撮影したと思われる場所も

Free-Photos / Pixabay

撮影された動画の男の背後に、銀色のアルミ板が写っています。当時、アメリカでは「マックス・ヘッドルーム」がテレビドラマとして放送されていました。背景がアルミ板てあることも、ドラマの模倣とされたようです。

後に調査によって撮影された場所が、車庫の中ではないかと特定されています。その銀色の隙間にかすかに映る風景に、なんらかの手がかりが得られていたのかもしれません。

流された映像は録画だった?

pixel2013 / Pixabay

マスクをかぶった悪ふざけをする男と、蝿叩きのようなモノを持った女による悪趣味のようなこの動画は、調査の結果、前もって撮影されていたものと判断されました。

マックス・ヘッドルーム事件は深刻損害もなかったため危険性はなかった?

Berlinerfotograf / Pixabay

結局のところ、この悪ふざけのような動画が人命に関わる危険性もなく、大きな損害も出なかったことは不幸中の幸いとも言えるようです。

シカゴの視聴者たちも深刻な被害が出なかったことで、この事件を単なるいたずらに過ぎない、としています。むしろ普通の日常が刺激的な事件によって、変化がもたらされた事自体を面白がっていた人もいたようでした。

犯人の目的は?いたずらだった?

Alexas_Fotos / Pixabay

電波ジャック動画の終盤には、男がマスクを取りお尻を丸出しにし、女性から蠅たたきでおしりをパチパチと叩かれる、というふざけた動画の様相を呈しています。

誰かを揶揄する事はあっても、脅迫や身代金の要求も無く、また政治的な主張等もない単なるイタズラではないかとの憶測が飛び交っています。

犯人は未だ特定できず!未解決事件に

Anemone123 / Pixabay

放送直後から、テレビ局のスタッフはもとよりFCCやFBI、果ては視聴者までもが犯人探しに躍起になっていましたが真相は闇の中のままです。

犯人については様々な憶測が飛び交っているままで、何ら証拠となるものも見つからず解明には至っていないようです。

マックス・ヘッドルーム事件の真相!犯人に関する有力な情報は?

事件が起きて四半世紀すぎた今でも、犯人は全く見当がついていないようです。事件後、ちらほらと犯人ではないかと名前が浮上した人もいたようですが、特定には結びついていないようです。

しかし、中には信憑性を感じられるものもあり、一概にでたらめばかりという事ではなさそうです。

現在でもネット上では犯人探しが行われている

geralt / Pixabay

マックスヘッドルーム事件は、史上最大の電波ジャック事件として現在も語り継がれていますが、未だ犯人は不明のままです。

しかし、インターネット上では様々な憶測が飛び交い、真実かどうかは別として、犯人ではないかと思われる数人の人物の名前も浮上しました。

現在も犯人を探している人物の一人・リック・クライン氏

Pexels / Pixabay

マックスヘッドルーム事件が起きた当時、13歳であったリック・クラインはこの事件に大きな衝撃を受けました。事件の概要を録画した動画を何度も再生したといいます。

リッククラインがYouTubeにアップしたこの動画は、1日に2百万回以上も再生されているそうです。このことによって、今現在も事件に対する世間の関心の高さが伺えます。

リッククラインは、おそらく犯人はテレビ関係者であると推測しつつ未だ犯人捜しを行っているようで、「このミステリーが解決できると信じている」と話しています。

最近、犯人について有力な手がかりが!?

Prawny / Pixabay

時間が経つにつれて人々の記憶からはこの「マックス・ヘッドルーム事件」に関する記憶が薄れていく一方で、四半世紀を過ぎてもなお犯人捜しに躍起になっている人もいます。

最近になって、ひょっとしてこれが犯人ではないかという有力な情報が上がってきているようです。

情報①映像クリエイターのエリック・フルニエ

映像クリエイターであるエリック・フルニエの名前が上がってきたのが、最近のことでした。交通事故によって欠けた体をマネキンのパーツで再生したという、シュールな映像作家です。

動画の背景や時々発生するノイズ、なによりマックス・ヘッドルームのマスクとエリック・フルニエの創作したマネキンの顔がそっくりだという事で犯人説が浮上したのでした。

作品の映像が電波ジャック映像と似ている?

geralt / Pixabay

マックス・ヘッドルームがリック・クラインによって初めてyou tubeに登場したのが2006年のことでした。エリック・フルニエが作品を世に発表した年と同じ年になります。

電波ジャック映像と、マックスヘッドルーム事件の映像が、非常に似通っている事で、世間ではフルニエが犯人ではないかと考えたのでした。

放送・通信に関する技術はなかった?

geralt / Pixabay

一時、マックス・ヘッドルーム事件の犯人ではないかと考えられたエリック・フルニエでしたが、彼のバンド仲間の証言によってフルニエには、放送や通信の知識が全くなかったことが判明します。

また、事件のあった当日は、遠方に居てシカゴにはいなかったことで、彼が犯人ではないと結論付けられました。

既に死亡しているため、真相は不明

qimono / Pixabay

エリック・フルニエは、42歳という若さでアルコール中毒による内出血が原因で、この世を去っていまもし、生きていたら自分が犯人とされたことを面白がっていたかもしれないと言われています。

NEXT:情報②シカゴのハッカーの集いに参加した兄弟
1/3