大山のぶ代は現在認知症で老人ホーム暮らし?夫の親族との確執とは?

大山のぶ代は「ドラえもん」の声を担当した一流の声優です。しかし、そこに至るまでの道のりは険しいものだったようです。大山を襲った「認知症」や愛する夫の死去、また現在の大山のぶ代や、それまでの苦悶や喜びなどをご紹介してまいります。

大山のぶ代とは?

大山のぶ代は、東京都の出身で演劇に憧れて高校卒業後に俳優座養成所へ入所して女優を目指します。しかし、花開いたのは意外にもコンプレックスを抱いていた「声」を使った声優業でした。

大山のぶ代の代表作といえば、知らない人はいないと言っても過言ではない「ドラえもん」の声優です。では、彼女のプロフィールからみていきましょう。

本当の年齢は?大山のぶ代のプロフィール

一流声優である「大山のぶよ」のプロフィールをご紹介します。

  • 本名:山下 羨代(旧姓・大山)(やました のぶよ)
  • 愛称:ペコ
  • 性別:女性
  • 出生地:東京府東京市渋谷区(現:東京都渋谷区)
  • 生年月日:1933年10月16日(85歳)
  • 最終学歴:東京都都立三田高等学校卒業
  • 血液型:O型
  • 身長:162 cm
  • 職業:女優、声優、歌手、エッセイスト、タレント
  • 活動期間:1965年~
  • 事務所:アクターズ・セブン
  • 配偶者:砂川啓介

大山のぶ代が当初目標にしていたものは演劇であり、同期の冨士眞奈美とともに俳優座養成所で演劇の勉強に励みました。

そして最愛の夫となる「砂川啓介」と出会い、結婚してからは二人で苦難を乗り越えていきます。

ドラえもん役を26年間演じ続けた大山のぶ代

漫画雑誌で人気だった『ドラえもん』1979年4月からテレビ朝日で放送されました。

大山のぶ代は主人公の「ドラえもん」の声優を担当し、2005年3月までの26年間に渡って子供たちに愛され続けました。

認知症を発症し、現在は老人ホームで暮らしている

geralt / Pixabay

大山のぶ代は、2010年頃から仕事を減らすようになり、番組への出演も控えていたようです。

2015年に夫の砂川啓介がTBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」にゲスト出演した際に、妻の大山のぶ代が、アルツハイマー型認知症を発症して闘病していることを公にしました。

また、現在は病状が悪化したため、大山のぶ代が老人ホームで生活している事も報告しています。

2017年に他界した夫・砂川啓介は初代「体操のお兄さん」

大山のぶ代の夫は、NHKの人気子供番組「おかあさんといっしょ」の初代「体操のお兄さん」をしていた砂川啓介です。

大山のぶ代と砂川は、1964年に結婚してから50年以上も連れ添った理想の夫婦でしたが、2017年に砂川啓介は患っていた尿管がんのため、80歳で他界しました。

NEXT 「大山のぶ代版」と呼ばれる当時のドラえもんに愛着がある人は未だに多い