堀ちえみの難病スパイラル!病気で苦しみながらも明るさを失わないその秘訣は?

堀ちえみさんが突発性大腿骨頭壊死症という難病に罹ったことをご存じの方も多いはず、この病気は坂口憲二さんも罹り、芸能活動を無期限活動休止せざるを得ない状況に追い込んだ病気です。堀ちえみさんは難病とどう向き合ったか、明るさを失わない秘訣は何かを探りました

堀ちえみが患った指定難病の病名は突発性大腿骨頭壊死症!

堀ちえみさんが違和感を感じたのは2014年12月頃です。歩行時の不自然さを周囲に指摘され、2015年の年明けから病院の診察を受けました。診察当初は痛みの原因が特定されず、何度もレントゲン撮影を繰り返し、やっと判明した病名は「突発性大腿骨頭壊死症」(とっぱつせいだいたいこつとうえししょう)という聞きなれないものでした。

国の指定難病

突発性大腿骨頭壊死症は、国の指定難病に入るほどの難しい病気です。大腿骨の一部が壊死する病気で、痛みは激しい場合と、さほど痛みがない場合とがあり、壊死の範囲が大きいか小さいかが関係します。大腿骨頭壊死症の危険因子は、ステロイド関連、アルコール関連、はっきりとした危険因子のない突発性に分類されています。

 

堀ちえみ 坂口憲二も同じ難病の突発性大腿骨頭壊死症で闘病中

俳優の坂口憲二さんも突発性大腿骨頭壊死症を患っておられます。坂口さんは今年4月1日にこの病気の治療に専念する為に、無期限の活動停止を発表されました。坂口憲二さんは優れた演技者で、甘いマスクと素敵なお声でファンも非常に多く、彼のゆかりの芸能関係の方々は残念な思いでいっぱいでしょう。

最後の出演は「続・最後から2番目の恋」で不治の病ではあるけれど天使のような青年を好演されていました。医龍-Team Medical Dragondではシリーズ4まで放送される人気シリーズです。シリーズ5のオファーを突発性大腿骨頭壊死症の症状が重いために断るしかなかったようです。元気なお姿で復帰されることが待たれます。

堀ちえみ 突発性大腿骨頭壊死症という病気を苦労の末に克服

やっと病名が突発性大腿骨頭壊死症であると判明しましたが、診断を受けた病院には股関節外来がなく、紹介された病院では、手術が一年先まで予約でいっぱだったのです。落ち込む堀ちえみさんを救ったのは、夫の尼子さんでした。尼子さんは必死に病院を探し、突発性大腿骨頭壊死症の権威と称される医師を見つけだしたのでした。

堀ちえみさんは、自由に歩けるようになる為には手術が必要と診断され、2015年4月22日に人口股関節置換術(じんこうまたかんせつちかんじゅつ)という手術を受けたのでした。術後はリハビリも良好で予定より20日近くも早く退院することができたのでした。「歩けることは本当に幸せ!」と語っていた堀ちえみさんでしたが・・・

堀ちえみ さらなる難病のリウマチという病気が襲いかかる!

堀ちえみさんを更なる病気が襲いかかります。2017年3月28日の堀ちえみさんのブログで一年ほど前からリウマチに罹っていると報告したのでした。2016年4月ごろに、体調の悪さを感じていた堀ちえみさんは、人間ドッグでリウマチに罹っていることが判明しました。人口股関節置換術の手術を受けた約一年後にリウマチが判明したのでした。

堀ちえみさんが患った、リウマチとは膠原病の一種で、免疫の異常により手足の関節が腫れて痛みを伴います(炎症)。徐々に、骨や軟骨が潰れていき関節の動きを阻害し、動けなくなります。その為、日常生活に支障をきたします。そして炎症は全身に広がってしまう場合もあります。リウマチは痛みを伴う、とても恐ろしい病気です。

NEXT 堀ちえみ 難病リウマチのステージはどのくらい?