長岡京殺人事件の犯人を考察!後日談も怖い?3人目の被害者がいた? 社会

長岡京殺人事件の犯人を考察!後日談も怖い?3人目の被害者がいた?

目次

[表示]

未解決事件・長岡京殺人事件の犯人は誰?真相を考察!

警察は、被害者の体から見つかった体液や体毛から犯人像を大まかに組み立てましたが、犯人を突き止めることはできませんでした。

現場に残された包丁には指紋が付着していなかったため、軍手をしたうえで犯行に及んだ可能性が高いといいます。そして包丁は何年か前に製造が中止している型で、メーカーなども絞れませんでした。

長岡京殺人事件の犯人の人物像は?武道の心得があり力が強い?

殺害されたAとBが執拗に殴打されて無数の皮下出血があったことから、犯人は武道に長けている力のある男性ではないかと推測されました。

また、唯一分かっているO型ということも踏まえ、警察は事件当日に近くにいた人物や被害者たちを恨んでいた人物について調べを進めました。

次から、容疑者だと考えられている人物を順番にご紹介しています。容疑者候補の中には、信憑性の低い情報もありますので、あくまでも囁かれている噂だと捉えた方が良いでしょう。

容疑者①:主婦たちによっていじめられ、恨みを抱いていた人物

まず容疑者候補として挙げられたのは、AやBにいじめられて恨みを抱いていた人物です。

「イズミヤ」での2人の評判は良かったようですが、同僚たちによるといじめがあったという話も出ているといいます。そしてそのいじめの加害者が、AとBだったと言うのです。

そしていじめの腹いせに、知人の男性に復讐を依頼して暴行の末に殺させたといいます。ですがこの説の信憑性は低いので、ネット上で広まった噂であると考えた方が良さそうです。

容疑者②:当日目撃された、長岡京市内に住む少年

rauschenberger / Pixabay

事件当日、長岡京市に住む少年2人が、現場である山から駆け足で下りてくる様子を目撃した人物がいました。この2人は建築現場で働く不良少年であり、そのうち1人は空手を習っていたといいます。

また、事件の前日には現場の近くを犬を連れてウロウロしていたところも目撃されています。そして何より、凶暴な性格で喧嘩を繰り返していたり、仕事中の態度も悪いと評判でした。

素行が悪く「武道の心得がある」という条件も満たしていることから、警察はこの2人の少年を重要参考人として事情聴取をしますが、事件当日は別の場所にいたということが証明されたため容疑者候補から外れました。

容疑者③:主婦らが山に入った後に目撃された、山に入る二人組

Free-Photos / Pixabay

また、事件当日AとBが山に入ったあと、10分くらいしてからそそくさと山に入っていく2人の男性も目撃されています。

2人はともに25歳から30歳前後で、白いシャツとジーパンを着用していました。この年齢だったらAとBに追いつくことは十分あり得るということで、有力な容疑者候補となりました。

ですが分かっている情報が少ないことから、身元を特定するまでには至ってません。

容疑者④事件の前年、包丁を持って主婦の声をかけた不審な男性

同じく有力な容疑者候補とされていたのが、事件の前年(1978年)にワラビ採りをしている主婦に「奥さん、ワラビ採れますか?」と声をかけたという40歳から45歳前後の男性です。

また、彼の手には30センチほどの包丁が握られていたといいます。

証言に基づき似顔絵が作成されたほか、灰色の作業着を着たこと、身長は170センチ前後であることが分かりましたが、こちらも身元の特定には至りませんでした。

容疑者⑤事件が起こる1週間前に、現場で主婦に声をかけた中年男性

ThomasWolter / Pixabay

事件が発生する1週間前にも、中年の男性が山菜採りをしていた主婦に声をかけるという事案が起きています。

さきほどの「奥さん、ワラビ採れますか?」と声をかけた1年前の男性と同一人物であるかどうかは分かっていませんが、こちらも包丁をチラつかせながら歩いていて、山歩きには適さない服装をしていたようです。

容疑者⑥当時現場で目撃されていた暴走族

MaxxGirr / Pixabay

また、現場である山林の中の道路をバイクで走り回っている暴走族がいたことも分かっていて、この暴走族も容疑者として怪しまれていました。

暴走だけでなく暴力も繰り返すような暴走族だった場合は、被害者を執拗に殴ったことにも説明がつく、と主張する人もいますが詳しい情報は何も分かっていません。

容疑者⑦事件後に保険金で豪遊していたAさんの夫

Maklay62 / Pixabay

そして信じられない話ですが、殺されたAの夫も容疑者として名前があがりました。

Aが死亡したことによる保険金で、夫は新車を購入するなどして新しい恋人と遊び歩いていたようです。逆にBの夫は、葬儀で得た香典の全額を「捜査の足しにしてほしい」と警察に寄付しました。

そんな行動の差もあり、警察や周りの人はAの夫を疑いましたが、事件当日は普段通り職場に出勤していて、途中で抜け出した可能性もないことから、逮捕するには至りませんでした。

容疑者⑧数年前から事件現場で問題になっていたタケノコ盗難の犯人

mohamed_hassan / Pixabay

事件が発生した現場の近くでは、数年前からたけのこが包丁で切り取られて盗難されるという事件が多発していたといいます。

そのことから、たけのこを盗んでいる最中に主婦たちに見られたから殺害したのでは、という推測もされました。さらに長岡京殺人事件が発生してからというもの、たけのこ盗難事件はピタッと止んだそうです。

この窃盗犯も判明されませんでしたが、たけのこを盗んでいた犯人は長岡京殺人事件を知って怖くなって犯行を辞めたのでは?と考えられています。

容疑者⑨主婦売春のトラブルに関係していた人物

geralt / Pixabay

また、AかBのどちらかが売春をしていて、元締めである組織とトラブルになって抹殺されたという噂も浮上しました。

ですがこれは事件から何年も経ったあとで囁かれ始めたことなので、その信憑性はかなり薄いと言われています。最初の「いじめ説」同様、単なる噂であると捉えた方が良いでしょう。

容疑者⑩犯人は女?

geralt / Pixabay

犯人は男ではなく女であるという情報もあります。その根拠としては、メモに「男の人」とわざわざ書く必要性がないからです。犯人を男だと思い込ませるトリックだとも言われています。

ただ、この情報は一般の人々がネット上で推理をしたことなので、警察が発表したことではないことを踏まえたうえで1つの可能性として捉えてください。

容疑者⑪犯人は相模原殺人事件の容疑者とも?

Hans / Pixabay

「長岡京殺人事件」と調べると2007年に起こった「相模原市殺人事件」もヒットすることから、犯人は同一犯なのでは、と言われています。ですがこれには、ある理由があります。

2007年に起こったという相模原市での殺人事件は、通称「京都・神奈川親族連続殺人事件」と呼ばれています。その名前の通り、京都府長岡京市と神奈川県相模原市で自分の親族を殺害したのです。

つまり、今回のワラビ採り殺人事件とは無関係なのですが、事件が発生した「長岡京市」という場所が同じだったことから、2つの事件が混同されているだけなのです。

長岡京殺人事件の真相?人攫いの一族がいる?

Meelimello / Pixabay

また、これまでにご紹介した容疑者候補以外に、人攫いの一族がいるという噂まであるようです。取材によると、長岡京市で精肉業を営んでいる70代の男性がこう証言しました。

「あの界隈にはね、昔から、人攫いの一族が住んでいるっていう噂がね、地元の連中の間では囁かれていましたから。だから目撃情報などがちらほら出てきた時にね、みんな、大っぴらには口にしやしないけれども、ついにその正体がわかるのかもしれないって、内心思ったはずですよ」

(引用:Rakuten infoseek NEWS)

この男性によると、一族の顔も名前も分からないということです。ですが、代々人攫いを繰り返していたら捜査線上に浮かび上がるはずでは?ということから、この情報も可能性としては低いといいます。

警察の見解は?犯人は単独犯?

Alexas_Fotos / Pixabay

ここで、警察が発表した見解についてまとめます。まず犯人の人数については、Aが残したメモで「この男の人」と表現していることから、単独犯である可能性が高いといいます。

また、メモが書かれた状況については、目の前でBへの暴行を見せられている時にこっそりと走り書きしたという見解を示しました。「逃げたらBを殺す」と脅されたため、逃げることが出来なかったとも見ています。

長岡京殺人事件では被疑者が確定していたとの噂も

Alexas_Fotos / Pixabay

未解決で終わってしまったこの事件では、実は被疑者がほぼ確定していたという情報もあります。

警察はその人物を徹底的にマークして追っていたようですが、その人物は引っ越しをして逃げてもしつこく付きまとわれるため、結局愛知県の山中で首を吊って自殺してしまいます。

その人物は周りに「どうして自分ばかり疑われるのか」と語っていたことから、冤罪なのでは?とも囁かれました。ですが追われていた経緯など詳しいことが分かっていないため、あくまでも噂ということです。

長岡京殺人事件は後日談もやばい!3人目の主婦がいた?

ijmaki / Pixabay

長岡京殺人事件では、後日談が恐ろしいと話題になっています。なんと、ワラビ採りの途中で殺害されたAとB以外にも、3人目の主婦がいたとされています。

一体どういうことなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

事件から5年後、京都府長岡京市で主婦Cが殺害される事件が発生した

5年後の1984年5月15日、長岡京市にて放火事件があり焼け跡から48歳の主婦の遺体が発見されました。遺体となって発見されたこの主婦を、仮にCとして話を進めていきます。

1984年、主婦Cさんの自宅から出火しているのが発見される

Alexas_Fotos / Pixabay

15日の午後2時頃、長岡京市神足にあるCの家から出火しているという通報がありました。家は木造の2階建てでしたが、燃えているのは1階の居間の一部だけだったといいます。

焼け跡からは主婦Cさんの遺体が見つかった

kolyaeg / Pixabay

消火活動を終えると、唯一出火していたという1階の居間から、この家に住むCの遺体が発見されます。始めは事故か放火事件かと思われていましたが、発見されたその遺体は異様なものでした。

主婦Cさんの遺体の状況は?メッタ刺しにされていた?

なんとCの体には数十か所にも及ぶ切り傷があり、左耳の下には相当深く刺したであろう傷も残っていました。また、首を絞められた跡もあったのです。

つまり、絞殺か刺殺どちらかが原因で殺害されたあとに、家に火をつけられたということになります。そして遺体は布団や大量の衣類をかぶせられ、その上から火を付けられたとされています。

主婦Cさんの事件は、長岡京殺人事件との関連が疑われた

PIRO4D / Pixabay

この放火殺人事件が起こってから、警察は長岡京殺人事件との関連性を疑いました。というのも、このCはAとBとも繋がりがあったという情報が持ち上がったからでした。

では3人の主婦の繋がりとは、一体何なのでしょうか。次の項では、3人の関連性について詳しくご説明していきます。

長岡京殺人事件との関係・共通点は?

主婦Cが殺害された事件の概要はご説明してきた通りですが、長岡京殺人事件とこの事件にはいくつか共通点があります。

では、2つの事件の関連性や共通点について詳しく見ていきましょう。

主婦Cを殺害した犯人も長岡京殺人事件の犯人と同じO型だった

200degrees / Pixabay

まずは犯人の血液型です。長岡京殺人事件にてBの体から発見された体毛はO型、そして主婦Cの放火殺人事件で残されていた犯人のものと思われる血液型も、O型と見られています。

主婦Cは主婦A、Bと事件当日ワラビ採りに来ていた?

mohamed_hassan / Pixabay

さらにこの主婦CはAとBとも親交があり、過去に山菜採りに一緒に出掛けたこともある間柄だったという情報が持ち上がったのです。

そして事件当日の5月23日も、2人ではなく3人でワラビ採りに出掛けていた可能性も考えられていました。

主婦Cは主婦A、Bより先に山を下りたために助かった?

Simedblack / Pixabay

では何故Cは山の中で殺害されなかったのかと言うと、AやBより一足先に山を下りて帰宅していたからだと言われています。つまりCが帰った後に犯人と出くわしたということになります。

捜査中は、主婦Cの安全を図るために公表されなかった?

mohamed_hassan / Pixabay

長岡京殺人事件の後、警察はCの存在に気が付いてはいたもののCの安全を守るために報道協定を結んで、世間への公表はされなかったと見られています。

報道協定(ほうどうきょうてい)とは、警視庁や道府県警が新聞・テレビなどのマスメディアに対して報道を一切控えるように求めることによって、マスメディア間で結ばれる協定のこと。主に身代金目的の誘拐事件やハイジャックなどの立てこもり事件など、人質事件が発生した場合において用いられる。

(引用:Wikipedia)

主婦Cは口封じのために殺された?

Free-Photos / Pixabay

しかし5年後になってCは惨殺されています。これについては、犯人が何らかの形でCの存在に気が付き、真相が明るみに出るのを防ぐため、口封じのために殺害されたと言われています。

主婦Aと主婦Cを恨んでいた人物がいたという噂も

また、長岡京殺人事件と同様に怨恨説も浮上しています。これについては、過去に主婦AとCにいじめや嫌がらせをされていた女性がいて、その恨みを晴らすために知人男性に依頼して殺害させたという噂です。

そうだとすれば執拗に暴行されていたことにも説明がつきますが、AやCについては職場での評判も良かったため信憑性の薄い情報であるとされているようです。

NEXT:こちらの事件も、いまだに犯人は見つかっていない
2/4