戸川昌子が初高齢出産した息子・NEROが再逮捕?家がゴミ屋敷? エンタメ

戸川昌子が初高齢出産した息子・NEROが再逮捕?家がゴミ屋敷?

戸川昌子さんをご存知ですか。若い頃はとても綺麗でマルチに活躍されていた方なのです。さらに夫の息子ではない子NEROさんを高齢出産し、その息子が再逮捕されたという事実も。そんな戸川昌子さんについてどんな人物なのかまとめてみました。

目次

[表示]

戸川昌子とは?シャンソン歌手で推理小説家?

戸川昌子さんをご存知ですか。なんと、シャンソン歌手でありながら、推理小説家でもあるのです。

そんな二足の草鞋を履く戸川昌子さんとはどんな人物なのかまとめてみました。

戸川昌子のプロフィール

  • 生年月日 1933年3月23日
  • 出身   東京
  • 学歴   東京都立千歳丘高等学校 中退
  • 死亡   2016年4月26日

残念ながら、3年前に84歳で亡くななれたようです。

シャンソン歌手であり推理小説家、女優やタレントとしても活躍

戸川昌子さんは、高校中退後、シャンソン歌手になりました。そして、なんとアルトでシャンソンを歌っていた姿を美輪明宏さんの目に留まったのです。

そして、シャンソン歌手として活動する合間に、小説を書き、なんと江戸川乱歩賞を受賞したのです。その後映画にも出演し、テレビドラマは勿論タレント活動などマルチに活動されていました。

戸川昌子の歌唱動画は

シャンソン歌手として活動されていた戸川昌子さん。知っている方は、また見たいと思われる方もおられるのではないでしょうか。

もし、知らない方でもこんな実力がある方の歌を聞いてみたいと思われるでしょう。今回は戸川昌子さんと歌とその動画があるかまとめてみました。

「愛の賛歌」

「愛の賛歌」という曲をご存知ですか。これは、フランスのシャンソン歌手である、エディット・ピアフさんの曲です。聞いたことがある方も多くおられると思います。

シャンソンを代表する楽曲世界中で親しまれ、日本でも美空ひばりさんなどの大物歌手が過去、歌われていたこともあります。

この曲を戸川昌子さんがアレンジしてうたわれている動画が存在します。YouTubeで見ることができますよ。

「あそぼうよ~薔薇色の人生」

「あそぼうよ~薔薇色の人生」という曲を力強く歌う戸川昌子さん。こちらもネットの動画でみることができます。

タバコを吸いながら歌い始めるのが印象的で、戸川昌子さんの世界観に引き込まれるような気がする動画なので、是非ご覧ください。

「星の流れに~オルガ~薔薇色の人生」

「星の流れに~オルガ~薔薇色の人生」もYouTubeで見ることができますよ。

力強い歌声が耳に残るのもそうですが、歌いながら途中で語り口調になるところが印象的で他のシャンソン歌手とは一味違う魅力があります。

戸川昌子の主な著作は?

Free-Photos / Pixabay

シャンソン歌手として活動されていた、戸川昌子さんですが、小説家としても賞を受賞するほどの才能がある方でした。

そんな戸川昌子さんの主な著作はどんな作品があるのかご紹介します。

著書「大いなる幻影」

戸川昌子さんが最初に手掛けた作品で、この作品が初めてにして江戸川乱歩賞を受賞した作品です。

内容は、ミステリー説風で、孤独な老婆達が住んでいるアパート移動になり、取り壊されることが決まると、怪奇事件が続発したのです。

そして、そこに住む老婆の過去が明らかになるという、読者の気持ちをそそる内容です。

著書・映画「猟人日記」

1963年には著書「猟人日記」を出版した戸川 川さん。これが二作目になります。推理小説で、大ヒットしました。なんと大胆な性描写が話題になったようです。

またこの作品も直木賞を受賞されたのです。そして、出版されてから2年後に映画化されたのです。

著書「深い失速」

1967年には深い失速を出版されました。官能ミステリと言われている作品です。

主人公は、精神科医ですがとある男性の精神鑑定を行うことになります。その男性は、女性を殺したと告白します。しかし、その女性はなぜか生きているという謎多き話なのです。

46歳で初高齢出産をしたことでも世間をにぎわせた

マルチに活躍し、その才能を発揮してきた戸川昌子さん。そんな彼女の私生活はどうだったのか気になりますよね。

なんと、46歳で初出産をされたようで、かなりの高齢出産だったようです。更に、突然出産を発表したようで、当時、世間の皆さんはとても驚いていたそうです。

「アウト×デラックス」に出演した際はネットで称賛の声が多く寄せられた

2013年に「アウト×デラックス」に出演された戸川昌子さん。どうやら、高齢出産で生まれた子供は男の子ですが、誰の子かわからないという事を暴露したそうです。

その番組を見た視聴者からは、批判どころか称賛の声が多く、戦争を生き抜いただけあって説得力がある、ハートが強いなどのコメントが多く寄せられていました。

戸川昌子さんの生き方もかっこいいという声もありました。息子さんも一緒に出演されていたそうで、息子さんもしっかりしているというコメントもありました。

関連記事はこちら

戸川昌子の息子・NEROとは?逮捕歴あり?現在は?

RitaE / Pixabay

46歳で突然に出産を公表し、世間を驚かせた戸川昌子さん。男の子を出産されたようですが、その息子さんはどうやら逮捕歴があるという噂もあるようです。

また息子さんの名前はNEROという名前というのは本当なのでしょうか。現在は何をされているのかも含め真相に迫ってみました。

1977年に46歳で初めての妊娠・高齢出産をし、長男のNEROが誕生

今まで恋多い女性として思われていた戸川昌子さん。そんな戸川昌子さんが46歳という高齢で長男を出産され、世間を驚かしました。そして息子さんの名前はNEROさんと言われるそうです。

今は歌手での活動があるのでNEROは芸名のようで、本名は戸川尚作さんだそうです。

NEROは1997年に歌手デビューしている!画像は?

なんと、戸川昌子さんの息子であるNEROさんは、1997年に歌手デビューしていたのです。当時は、戸川昌子さんの息子ということでかなり注目を浴びたそうです。

お母さんの戸川昌子さんのように音楽の道へ進み、ソロシンガーとしてデビューしたのです。

2019年現在でも、YoutubeにPVを投稿されているそうです。

NEROの父親はだれか分からない?夫とは還暦離婚?

4144132 / Pixabay

突然に、出産を公表した戸川昌子さん。しかし、誰が父親なのかということは一切公表されなかったのです。噂では父親は、年下の一般男性と言われています。

しかし、後々わかったことですが、自身も誰がNEROの父親かわからなかったようです。妊娠していた時は2.3人の男性とお付き合いされていたのでわかなかったそうです。

しかも結婚されていたという情報もあり、夫とNEROの血液型が違うことから夫の子ではないとわかったとも言われれいます。アウト×デラックスに出演された時も、そのことを包み隠さず話されていたそうです。

2013年には、母とともに「徹子の部屋」に出演

2013年には、NEROさんは、母、戸川昌子さんと一緒に「徹子の部屋」に出演されました。YouTubeで親子仲良く、告知も行っていました。

徹子の部屋では、命の危険にさらされていたNEROさんを支えた母のエピソードや、あとでご紹介しますがゴミ屋敷騒動について言及したそうです。

いつも力強いイメージがある戸川昌子さんですが、この番組では涙を流されたようで、親子の絆が窺えるそんな番組になっています。

戸川昌子の葬儀では喪主を務め「母でありシャンソンの師であり、仲間」とつづった

戸川昌子さんは、今から3年前に胃がんで亡くなられました。戸川昌子さんの葬儀では、息子であるNEROさんが喪主を務められました。

そして、葬儀では、自分にとって戸川昌子さんは母でありシャンソンの師であり、仲間とつづったそうです。病気で入院するまでずっとステージにたちNEROさんと歌い続けたそうです。

病気になっても最後まで、自分の生き方を貫いたそんな母を尊敬していたからこそ、出た言葉なのではないでしょうか。

2003年、2006年に覚せい剤取締法違反容疑の逮捕歴がある

Free-Photos / Pixabay

NEROさんはなんと今年(2019年)になってから逮捕されたのです。逮捕された理由は、大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたのです。しかし、これが初犯ではなかったのです。

なんと、2003年と2006年にも覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕されていました。また、大麻である薬のもととなる草も栽培していたのです。

一回は捕まる前に逃亡し行方不明になり、その後現行犯逮捕されたようです。

2019年にも大麻所持で再逮捕された

3839153 / Pixabay

先程もご紹介したように、今年の(2019)年の2月にまた大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されました。

東京都品川区の自宅マンションにポリ袋に入った大麻7グラムが発見されました。本人も、自分で使うために持っていたと容疑を認めたそうです。

NEROの現在は?個人投資家に?

現在は、大麻所持で逮捕されているNEROさん。戸川昌子さんが亡くなってから、逮捕されるまで何をされていたのでしょうか。

NEROさんのフェイスブックには、自称、個人投資家、FXトレーダーと記載されています。YouTubeでは、FXのトレーダーに関する講義動画が公開されているようです。

俳優・女優の子供は事件を起こしやすい?

geralt / Pixabay

俳優さんや、女優さんの様にテレビで活躍されている方の子供さんはよく事件を起こされますよね。芸能人の子供が目立つだけで、他の職業も同じという意見もあります。

確かに、公に出る仕事なので、悪いことをすればすぐばれ、公にされるので、そう思われるのかもしれませんね。日本全国でみていけばそんなことはないのかもしれないですね。

戸川昌子のシャンソン喫茶「青い部屋」とは?

MartinStr / Pixabay

シャンソン喫茶「青い部屋」という名前を聞いたことがありますか。なんと、かつて戸川昌子さんが切り盛りしていたシャンソン喫茶なのです。

そんなシャンソン喫茶である、青い部屋について調べてみました。

1967年に開店し、多くの文化人や財界人などに愛された

シャンソン喫茶の青い部屋は、1967年に戸川昌子さんが渋谷に開店しました。シャンソンだけでなく、雑多な文化を体現できることで有名になりました。

この青い部屋には、大作家三島由紀夫さんも、川端康成さんなど、かなりの有名人が通っていたそうなのです。また戸川昌子の才能を買った美輪明宏さんや寺山修司さんもおられたようです。

文壇BAR的要素も加えて、昔では考えられないセクシャルマイノリティが夜な夜な集うような怪しいお店としても知られていました。

2010年に閉店したが今も伝説として語り継がれている

33年間著名人からも愛されてきた青い部屋。しかし、一度2000年に老朽化に伴いリニューアルオープンし、時代の流れに沿ってライブハウスの要素も取り入れたシャンソンバーとして再出発したのです。

しかし、その10年後の2010年に残念ながら閉店しました。しかし、当時の人気や、そこからアーティストを生み出してきたこともあり、今も伝説として語り継がれています。

現在はNEROが主宰となり、各地でイベントを開催している

2010年には青い部屋は惜しくも閉店になってしまいましたが、違う形で息子のNEROさんが引き継いでいるそうです。

それは移動式青い部屋というコンセプトで、シャンソン・キャバレーイベントを全国で開催したのです。

NEROさんは今、捕まってしまったので継続されるのかは不明ですが、過去には、グランドキャバレー青い部屋や月曜シャンソンコンサートを開催され力をいれて活動されていたようです。

戸川昌子はものが捨てられず家がゴミ屋敷になった?

DarkWorkX / Pixabay

仕事では実力が認められ、大成功をしていた戸川昌子さん。私生活も息子がおられ順風満帆だったのではないでしょうか。

しかし、一方で家事については耳を疑うような事実があったのです。どうやら、戸川まさこさんは片付けが苦手のようで、家がゴミ屋敷になったという噂があるのです。真相に迫ってみました。

NEXT:2014年「私の何がイケないの?」に出演!家がゴミ屋敷に?
1/2