下剤ダイエットは痩せるダイエット法?危険性は?体験談も!美容

下剤ダイエットは痩せるダイエット法?危険性は?体験談も!

目次

[表示]

シミやハリの無さなど肌トラブルが多く発生する

krivitskiy / Pixabay

肌に必要な栄養素が取れないことにより、老け顔になることは説明しましたが、その他にも肌が乾燥する、ニキビや吹き出物が出る、黒ずみやシミが発生するなどの肌トラブルが多くなります。

顔はハリが無くなり、目はくぼみ、不健康な見た目に変化してしまいます。また、身体は痩せているのにお腹が出ているという状態になります。

規定量を超えた服用で病院生活へ

1662222 / Pixabay

服用のしすぎで体調が悪化し、病院で診察を受けた結果、入院する可能性もあります。そうなると仕事を休まざる得なくなり、多額の入院費用もかかります。

大腸が壊死してしまうケースも

PellissierJP / Pixabay

最も最悪なのは、大腸が壊れてしまい、死んでしまう事です。これは実際に起きたケースなのです。

下剤ダイエットをした30代の女性がショック症状を起こし病院に運ばれました。呼吸が止まり、危険な状態になり、そのショックが長く続いたことにより、大腸が壊死してしまったのです。

下剤ダイエットの体験談や口コミは?成功例はある?

最悪の場合、大腸の壊死へとつながる下剤ダイエット。では実際に行った方の口コミはどうなのでしょうか?ここではネットの中に投稿された下剤ダイエットのいくつかの体験談をご紹介します。

体験した方の意見やこれまでの危険性を踏まえた上で、下剤ダイエットがどのようなものかを把握していただけたら幸いです。

口コミ①短期間の下剤ダイエット!しばらく腹痛が続いた?

derneuemann / Pixabay

こちらの口コミの方は友達からの勧めで下剤ダイエットを始めたそうです。2週間行った結果、体重は3kg落とすことに成功しました。

しかし、その後しばらくの間腹痛が続いたそうです。腹痛が続いてしまうと、日常生活や仕事に影響が出るということは分かっていただけたかと思います。

口コミ②痩せると同時に筋肉量も落ちてしまった

Barroa_Artworks / Pixabay

こちらの方も、一ヶ月で4kgほどの減量に成功したそうです。ダイエットのペースとしてはかなり劇的なものと言えるでしょう。

ですが、肌荒れと共に筋肉の量が減少し、思っていた痩せ方とは違う結果となったそうです。

口コミ③下剤が無いと不安に!下剤を手放せない身体に

xusenru / Pixabay

やはり下剤が無いと不安になるということもあります。常にカバンや机の中に入れておき、いつでも飲める状態にしておかなければならないという気持ちが大きくなります。

下剤に頼りすぎたダイエットの為、それを手放せなくなってしまう場合もあるようです。

口コミ④下剤ダイエットを辞めた途端リバウンドしてしまった

mohamed_hassan / Pixabay

やはり下剤ダイエットをやめた途端にリバウンドをしてしまったという声もあります。

栄養が吸収できないので、身体が飢餓に近い状態になり、久しぶりに入ってきた栄養を蓄えようとしているのです。

下剤ダイエットの効果や副作用をブログで紹介しているサイトも!

377053 / Pixabay

このダイエット方法を紹介しているサイトは他にもあります。ですが、大体のサイトではこの方法の副作用も併せて載せられているようです。

やはり、下剤ダイエットはダイエット方法としてはあまり適切ではないのでしょう。

【動画】5年間下剤ダイエット!辞められたキッカケは?

200degrees / Pixabay

動画サイトのYouTubeには実際に下剤ダイエットを行った女性が体験談を動画の形で投稿しています。

内容を聞くと、彼女はなんと5年ものの間下剤ダイエットを行っていたそうです。そして依存へと陥り、一度に10粒を飲んだときもあったそうです。

慢性的な腹痛と過多な食欲に悩まされていましたが、下剤ダイエットをやめてからは正常な身体に回復していったようです。

下剤はあくまでも補助的存在!健康的にダイエットを成功させよう

mohamed_hassan / Pixabay

ここまでご紹介して来ましたが、下剤という薬は決して危険な薬ではありません。便秘に悩む人が用量を守って使う分にはとても役立つ薬なのです。

しかし、それを用いてダイエットをするという考え方は誤りであり、体重を減らすのならば、もっと健康的に行うべきです。

下剤ダイエットの他にもNG?間違ったダイエット法

1588877 / Pixabay

ここまで下剤ダイエットについての様々な副作用を紹介してきましたが、ネットには他にも様々なダイエット法があります。

その中で、下剤ダイエットと同じように効果が薄いものや副作用が大きいダイエット法をいくつかご紹介します。

NGダイエットその1:サランラップダイエット

サランラップダイエットはお腹にサランラップを巻いて、発汗作用を促し、脂肪を減らすというダイエット法です。

ですが、サランラップを巻いたところで効果的な発汗までには至らないとのことで、逆に締め付けすぎて血流や皮膚呼吸を妨げてしまう場合があります。

少し前に流行ったこのダイエット方は健康面においてもおすすめできません。

NGダイエットその2:すいかダイエット

congerdesign / Pixabay

水分の多いすいかのみを食べるすいかダイエット。こちらを行えば一時的には体重が落ちるそうです。ですが、すぐにリバウンドをしてしまい、結果的には無駄になってしまいます。

なにか一つの食材のみを食べるダイエット法は栄養面においてまずおすすめできません。ですが、すいかという食材自体は抗酸化作用を持っている良い食材です。

NGダイエットその3:ポッキーダイエット

WikimediaImages / Pixabay

数々のダイエット法の中で目を引くのがこのポッキーダイエット。ポッキーのみを食べるこの方法は、普通に考えれば身体に悪いことは一目瞭然です。

ポッキーにはショートニングという食材が使われており、これが代謝を下げ、悪玉コレステロールを増やします。長期間続ければ動脈硬化などの恐れもあるのです。

もちろん普通にポッキーを食べる分にはなんら問題ありません。お菓子は食べすぎないように注意しましょう。

NGダイエットその4:補正下着ダイエット

StockSnap / Pixabay

補正下着は服の下に着ることによってスタイルを良く見せてくれるアイテムです。ですが、それだけで着用し続けてもダイエット効果はありません。

逆に着続けることによって血流の巡りは悪くなります。さらに常時締め付けられているのでストレスも感じることでしょう。

ダイエットは様々な観点で調べてから

stevepb / Pixabay

今回は下剤ダイエットについて解説しました。改めてみると下剤ダイエットは痩せるダイエット法としてはあまりおすすめできないということが分かりました。

健康的に痩せるためには適度な運動と食生活を見直したり、普段の食事に効果的な食材を取り入れるなどして行いましょう。

そしてそれが科学的や医学的に正しいのか、問題ないのかをよく調べてから実践してください。間違ったダイエット法はお医者さんのお世話になるかもしれません。

関連する記事はこちら

2/2