天才とはどんな人を指す?凡人と何が違う?天才に共通の特徴まとめライフ

天才とはどんな人を指す?凡人と何が違う?天才に共通の特徴まとめ

目次

[表示]

身体能力が非常に高い(スポーツ系)

kellepics / Pixabay

スポーツの天才は例外なく身体能力が非常に高いです。後年、その競技に行かなかったとしても成功しただろうと言われる運動神経の持ち主がほとんどです。

神経の伝達速度が速く、体幹に優れたバランスの持ち主が多いのです。幼い頃から器用に何でもこなす人が多いようです。

頑強な肉体の持ち主(スポーツ系)

Pexels / Pixabay

天才アスリートと呼ばれる人たちはみな、非常に屈強な肉体の持ち主でもあります。それは「筋骨隆々」という意味だけでなく、柔軟性に優れ怪我をしない特性があるのです。

現代のベストアスリートとも言われた「イチロー」などは、全身がバネのようなしなやかさを長年保ちました。

左利きが多い

athree23 / Pixabay

天才には「左利き」が多いことが実際多く認められます。左利きは全人口の10%程度と言われますが、天才と呼ばれる人になぜか左利きが多いのです。少し引用してみましょう。

  • ピカソ
  • ミケランジェロ
  • モーツァルト
  • ベートーベン
  • エルヴィス・プレスリー
  • 坂本龍一
  • ビル・ゲイツ
  • 松本人志

(引用:spicomi)

どうでしょうか、このラインナップをご覧になって。これ以外でもスポーツの天才には左利きは多いですし、ここに挙げていない天才で左利きはまだ居そうです。

外見をあまり気にしない

Free-Photos / Pixabay

天才は身なりに関しては非常に無頓着な人が多いようです。それは服装もそうですし、髪型やひげなどにも表れます。天才は服装・スタイルに時間を費やすなら、別なことに使いたいのです。

目力が強い

Bessi / Pixabay

天才の多くが強い目力の持ち主のようです。「眼力」というくらい、目はその人の意志の強さを表します。天才がモノを見据える時、眼光が鋭いのはある意味当然かもしれません。

また、天才は話す時に人の「目」を真っすぐに見て話す傾向があるようです。現在進行形で対象とする事象から、目を離すことをしないからでしょう。

スティーブ・ジョブズは典型的な天才顔?

アップルの創始者である、スティーブ・ジョブスこそ典型的な「天才顔」という呼び声が高いようです。実際、目鼻立ちや面長な輪郭など、上述した特徴のほぼ全てをカバーしています。

ビジネスの大成功で巨万の富を得てもなお、ひげを蓄えいつでも同じような服装という気取りのなさは天才の特徴そのものです。

なぜ天才は左利きが多いの?

さて、天才には「左利き」が多いという指摘をしましたが、これには何か理由があるのでしょうか。医学的には仮説ですが、左利きは「右脳」の発達が促進され、大脳全体が発達しやすいとの説があります。

右脳は主に「ひらめき」など創造的な働きをすることが解明されているのです。左利きに天才が多いのは、偶然ではないのかもしれません。いつか解明される日が来ることでしょう。

ジャンル別で見る天才の特徴とは?

geralt / Pixabay

ここでは「ジャンル」ごとの天才たちの特徴を見てみます。先に結論としてまず見えることは、その分野が「好き」であることが筆頭にあるようです。

「数学」の天才とは?

geralt / Pixabay

数学の天才は、文字通り「数字に滅法強い」ことが特徴です。計算は凡人ではまず測り知れない桁数の「暗算」を何の苦も無くやってのけます。図形や立体も全て頭の中で展開できる才能を持っています。

多くの場合、幼少期から探求心が旺盛で知的なものへの欲求が高いことが多いようです。それに加え、地道な努力を惜しまず極めて高い集中力を持ち合わせる人が多いのです。

「芸術」の天才とは?

ivanovgood / Pixabay

芸術の天才は、創造力に長けていて、確実に人とは違う感性の持ち主でもあります。景色や色彩の感じ方も独特のものがあり、常人の理解を遥かに超えることが多いようです。

このため平素は「変り者」扱いを受ける人が大半で、常識と協調性に欠ける人も多いのが特徴です。

「音楽」の天才とは?

MIH83 / Pixabay

音楽の天才は、一度聞いた音楽が全て音符に起こせたり演奏できたりします。あるいは音に色彩を感じたりするセンスがある人もいます。作曲はまるで呼吸のように、ごく自然とできてしまいます。

音楽の天才は、徹頭徹尾「音楽」を愛し続け、四六時中音楽浸りの生活が全く苦ではありません。複数の楽器をいくつも操れる才覚を持つ天才も数多くいます。

「サッカー」の天才とは?

Pexels / Pixabay

サッカーの天才は、ほぼ例外なく幼少期からサッカーに親しみ、その才能を早くから発揮します。幼少期にはその才能だけで他を圧倒しますが、努力も全く惜しみません。

自分よりも年長の選手の上をいくための修練を、恐ろしいほどの集中力で続けます。そして軽々と追い越していくのです。それはいわば「努力の天才」と言い換えても過言ではありません。

天才の特徴は幼児期・幼少期にも?他の赤ちゃんや子供とどう違う?

天才は、幼少期には他の子供たちと違う、何かの特徴があるのでしょうか。天才たちの、幼少期にフォーカスしてその特徴を追ってみましょう。

同年齢の子供と話が合わない

Bessi / Pixabay

のちに天才となる人の幼少期では、大抵同年齢の子供と「話が合わない」ということが起きるようです。それはある意味当然のことで、天才は幼少期でも飛躍的に深いことを考えているからです。

ただ遊びたい、構ってほしいだけの凡人の子供と話が合うはずがありません。ですから友達が出来にくく、疎外感を持つ幼少期を過ごす天才は多いです。

大人に質問攻めをする

3643825 / Pixabay

子供はみな「なんで?」が大好きです。しかし天才はより以上に、大人を質問攻めにあわせるようです。解らないことをそのままにはしておけないという感覚が強いのです。

発語が早い

Pexels / Pixabay

多くの天才は、幼少期に言葉を喋りだすのが早い早熟な子であるようです。子供ながらに学習能力が非常に高いので、話し出すのがとても速いのです。逆に発語がとても遅すぎる天才もいますが。

記憶力に優れ聞いたことを忘れない

White77 / Pixabay

天才の特徴の一つは「記憶力」です。天才は幼少期から、記憶力がずば抜けて秀でていることがよくあります。全ての物事を全て記憶するのではなく、自分の興味がある事柄の記憶力に際立って優れます。

よその子と比べ変わっている

天才はそもそも着眼点も発想も凡人とはかけ離れているので、幼少期には「変わった子」と評されることが多いようです。大人顔負けの頭脳の持ち主では、子供らしさもやはり損なわれるでしょう。

すぐに出来てしまう

天才であるがゆえに、何の苦労もなくいつも簡単に事をやってのける幼少期を送ることは多いです。但しこれが学校などにおいては天才の苦痛でもあります。

周囲との理解のスピードが違い過ぎて退屈したり、求められる解答が稚拙すぎて逆に答えられないこともあります。

一つのことに没頭する

thedanw / Pixabay

多くの天才の幼少期に特徴的なのは、並外れて集中力が高い子供だという事です。一つのことに没頭すると、話しかけも気付かないほど集中することもよくあるようです。

子供を天才児に育てる方法はある?

jackmac34 / Pixabay

世の親たちが必ず一度は思うことですが、子供を「天才児」に育てる確かな方法はあるのでしょうか。例えばまだ胎児がお腹にいるうちから「胎教」としての英才教育を始める親もいます。

しかし「天才」かどうかは後天的に決まるものではなく、ほとんど生まれながらに持つ「ギフト」と思うべきでしょう。もしも我が子が天才かもしれないと思ったなら相応の教育でもっと伸ばせるかもしれません。

最も大切なことは、決して叱らず強制もせず、伸び伸びと育てることに尽きるでしょう。天才には至らなくとも、賢い子供に育てることはある程度可能と思われます。

「天才」と「天才肌」はどう違う?

geralt / Pixabay

世間ではよく、「あの人は天才肌だ」などと表現することがあります。ここでいう「天才肌」と「天才」はどう違うのでしょう。言葉の意味に忠実に調べてみたいと思います。

天才肌は「天才に見える人」のこと

KRiemer / Pixabay

天才肌の定義は「天才に見える」ことだけです。ポイントが数点あり、まず「見せない努力」で勝ち得る成果が天才肌です。そして何でもこなすのが天才肌で、天才は一つのことにだけ長じています。

天才は周囲との共存が難しいですが、天才肌はそれが可能です。天才肌は誰でもなれますが、真の天才は天賦の才の持主だけです。天才肌は全て論理的な説明が出来ますが、天才に論理はありません。

と、このように「天才肌」というものは「天才」とは区別されるものなのです。ちょっと見にはこの違いは解りにくいものではありますが。

「秀才」とはどういう意味?違いは?

RondellMelling / Pixabay

ではもう一つの冠である「秀才」とは何でしょう。天才と秀才には明確な違いがあり、秀才とは努力の末に優れた能力を得た人を指します。勉強が出来るタイプは秀才が多いのです。

天才は、持って生まれた才能で苦悩したりすることはあります。しかし秀才は元来、努力でなるものなので才能で苦しむことはありません。

天才と凡人には決定的な違いがある?

3dman_eu / Pixabay

それでは「天才」と「凡人」とを決定的に分ける要素にはどんなものがあるのでしょうか。いくつかの素養に関してを追求してみます。

思考速度の圧倒的な差

alan9187 / Pixabay

天才は、凡人では絶対に成し得ない、圧倒的速度の思考力を持っています。凡人ならば「順序」を経て結論へと達するのに対し、天才は感覚的に一瞬で結論まで到達できてしまいます。

天才の思考プロセスは膨大な情報量を超高速で扱い、説明が不可能なのです。凡人からすれば「わけが解らない」という風にしか見えないのです。これは決定的な違いでしょう。

直感力・ひらめき

mohamed_hassan / Pixabay

天才の「ひらめき」に及ぶものは他にはないでしょう。誰でも「直感」を働かせてモノを考えますが、天才の発想力には障壁も何もありません。一見無縁な事柄でさえも、天才は結び付けて結論できます。

この「ひらめき」に関する差は、凡人からするとどんな努力を持ってしても超えることは不可能です。

記憶力

lppicture / Pixabay

天才は記憶力において凡人とは圧倒的な「差」を持ちます。学問的分野においては言うまでもないことですが、芸術やスポーツでの天才でもそうなのです。

運動においての天才ならば、体の動かし方の最適なパターンを体が覚えます。天才が発揮する記憶力を超えることは、凡人にはまず不可能です。

ねばり強さ

truthseeker08 / Pixabay

天才は努力せずとも出来てしまう人を指すようですが、実際には違います。凡人は自ら「限界」を定めてしまいますが、天才は限界を知りません。出来るまで解るまで、努力することを止めません。

この「粘り強さ」こそ、天才が偉業を成し遂げる全ての原動力とも言えるのです。

常識の差

johnhain / Pixabay

凡人は周囲の人との間の「常識」に終始囚われたまま生き続けます。しかし天才にとって世間の常識などは取るに足らない雑事です。その分天才は数の面で大多数の凡人から常識外れの烙印を押されます。

天才が孤立しやすいのはこの数の上の「マイノリティ」から生まれます。しかし多くの天才は孤立も乗り越え、最終的には喝采を浴びるのです。

NEXT:天才と呼ばれた歴史上の人物・現代の有名人は?
3/4