天才とはどんな人を指す?凡人と何が違う?天才に共通の特徴まとめライフ

天才とはどんな人を指す?凡人と何が違う?天才に共通の特徴まとめ

目次

[表示]

自分にコンプレックスを持っている場合も

johnhain / Pixabay

世の天才たちは、そうした自分と他者の「差」に気づき、それをコンプレックスに思う場合もあります。理解を得られないことから、強い疎外感を感じる人も多いのです。

幼少期には、成績が悪く態度も悪いと評価され、辛く窮屈な思いをした天才は数多くいます。

理系は天才が多い?

geralt / Pixabay

天才は「理系」に多いという説がありますが、それは真実でしょうか。確かに数学や物理学などでの業績が凄いと、天才の名がつきやすいと思われます。しかしそれは先入観の問題も多く含むでしょう。

例えば「音楽」の天才は、文系・理系の判別は困難です。芸術、特に「文学」などでの天才は明らかに「文系」です。理数系の方が、同じ凡人から見るとより「難解」なことが影響していそうです。

AB型は天才が多いって本当?

200degrees / Pixabay

AB型の人は、血液型占いではクールで変り者が多いというイメージを持たれます。そのやや「偏屈」な部分が、天才の特徴と被ることから、AB型に天才が多いと言われるのではないでしょうか。

日本人ではAB型の割合は10%と、最も少数なので天才の数もほぼそれに比例していると思われます。天才と血液型の関連についての、実践的なデータは今のところ何もないようです。

天才には陰キャが多い?

1866946 / Pixabay

天才には「陰キャ」が多いという噂もあるようです。しかしこれもごく一部の天才の例から、そう思われるだけであって、陽気な天才も負けないくらいいます。

競馬騎手の武豊にせよ、将棋の羽生善治にせよ、話してみると実に面白い人が多数います。おそらくは天才は、触れることも畏れ多い印象から、このようなことが言われるものと思われます。

天才な人の特徴とは?【行動・仕草編】

mikuratv / Pixabay

天才はその行動や仕草などにも特徴があるようです。天才の取る行動の傾向や、好んですることなどに焦点を当てて紹介していきましょう。

本好きで膨大な読書量を誇る

RHMemoria / Pixabay

天才の多くは探求心の深さから、興味のある分野の書籍を膨大に読みこなしている人が多いです。読むスピードには差がありますが、一読したことはほとんどが記憶に残ります。

そして一つを読むとまたその次が知りたくなるので、自ずと読書量が増えていくのです。隣接する分野に関しても、読まずにはいられない性分があるようです。

何の努力もなしに簡単にこなす分野がある

silviarita / Pixabay

天才と呼ばれるからには、その得意とする分野では全く努力なしに簡単にこなしてしまいます。しかし天才はそれだけで満足はしないのです。

天才が努力をしてこそ、誰にも到達しえない境地に辿り着けるのです。そうなると、もはや凡人の出る幕はないでしょう。

他人が諦めることに挑んでいく

sasint / Pixabay

天才は、諦めるということを良しとしない人が多いようです。成功するまでやり続ける強い意志を持っています。他人が「できるわけがない」ということに果敢に挑戦していきます。

インプットしてからアウトプットまでが早い

Tumisu / Pixabay

天才の凄い所は「情報処理」の速さにあります。膨大な読書量も、ただ頭に入れているだけではなく、それらを「統合」して自分の言葉に置き換えます。この処理速度が尋常ではない速さなのです。

一人の時間への執着が強い

wgbieber / Pixabay

天才は「群れる」「戯れる」ということを嫌います。他人と「楽しく過ごす」ことよりも、自分の興味のあることに触れる方を選ぶのです。そのほうが断然「楽しい」と感じるのでしょう。

理解するスピードが並外れて早い

geralt / Pixabay

天才は元々、頭の回転も速く記憶力に長けているため、理解するスピードも抜群に速いです。常に思考を続け土台がしっかりとしていて、アウトプットも速いのですから当然とも言えます。

決断力があり何事も即断できる

3dman_eu / Pixabay

天才は凡人とは違い、「自分の軸」をしっかりと持っているため決断する際ためらいがありません。また、元来生活などの身近なことには興味がない分、決断が何かに影響するなどの心配をしません。

字が汚い人が多い

Bru-nO / Pixabay

そして天才は、その頭脳の回転の速さゆえに、「文字で」アウトプットすることが思考に追いつきません。そのため文字は書き殴りな傾向になりがちです。

しかも自分が読めればそれでいいと思っているため、字が汚いことを気に留めることもほとんどないのです。

行動に協調性がない

tweetyspics / Pixabay

全ての天才に共通ということではありませんが、多くの天才は協調性に欠けるようです。能力が突出していて、周囲と同じようにできにくいことがあるのです。そして無理に周囲に合わせようともしません。

発言内容に関しても突飛なことが多く、周りに溶け込むことは苦手な人が多いのです。

神経質な面がある

whoismargot / Pixabay

いつでもではありませんが、天才は思考を巡らせている時に邪魔をされることを嫌います。このことから「神経質」だという評価をされることが多いようです。

その生活スタイルは粗雑で無精な人が多い反面、妙に神経質な時があるのです。こだわりの部分に関して、とやかく言われることも嫌います。

生活が不規則

annca / Pixabay

天才は自分で気づく前に、何かに考えを巡らせていることが多々あります。そして時間を忘れてしまうのです。納得いくまで思索に耽っていますと、当然生活リズムは乱れてきます。

睡眠時間が短くても平気

Free-Photos / Pixabay

生活が不規則なことは、夜更かし気味であるとも言えます。それでも何とかなるのは、睡眠時間が短くても大丈夫な人が多いからでしょう。天才なら誰でも睡眠が短いというわけではありません。

むしろ、凡人の何倍も頭脳を使うがゆえに、多くの睡眠を必要とする人もいます。ここは個人差がある部分でしょう。

パズルが好き

Hans / Pixabay

天才の中には、パズル好きが多いようです。パズルは集中力と長考できる素養が必要とされます。この2つの才覚は、たいていの天才が持ち合わせている才能です。

他人に興味がない

Dyadya_Lyosha / Pixabay

天才は自分が基準であり軸がぶれることがほとんどありません。それゆえに、他人がどう思っているかなどのことにはそもそも興味がないのです。自分がどう思われているかも気にしません。

他人のことよりも、今自分が考えていることをさらに深く追求したい気持ちでいっぱいなのです。

話し方が変わっている

3dman_eu / Pixabay

これは全ての天才に共通ではありませんが、話し方が独特な人も見受けられます。理路整然と話が出来るのですが、天才の頭の中では省略してもいい事象がたくさんあるのです。

そうなると、天才の話を聞く凡人にとっては時に意味不明なこともあります。また、思考速度が早すぎて、しゃべり方が普通ではない天才もいます。

天才な人は変な習慣や癖がある?

MabelAmber / Pixabay

天才と呼ばれる人の中には、奇妙な癖や習慣がある人もいます。天才の誉れ高い「北野武」監督も、話をするとき首を傾ける癖があることで非常に有名です。

将棋の天才「羽生善治」は、対局中に集中が最高潮に達すると、手が震えることで有名です。震えが出たらその勝負はほとんど勝ちが見えた場合ということで知られます。

天才な人の特徴とは?【顔・身体編】

AbsolutVision / Pixabay

では天才に共通した、身体的な特徴というものはあるのでしょうか。顔立ちや、肉体的な特徴などをみていきます。ここでは学問・芸術分野はもちろん、スポーツ系の天才についても触れていきます。

面長な顔が多い

Engin_Akyurt / Pixabay

天才の多くが、面長な顔立ちをしているという説があります。人相学的に言うと、面長は「知的」、「クリエイティブ」、「センスの良さ」などがあるそうです。

鼻筋が通ってしっかりしている

Engin_Akyurt / Pixabay

鼻が大きい、あるいは鼻筋が通った顔立ちが天才の特徴とも言われます。人相学的には、高い鼻は「思考の速さ」を示し、大きな鼻は「意志の強さ」を表します。

目と目の間隔が広い

LoganArt / Pixabay

目と目の間隔が広い顔も、天才に多くみられる特徴のようです。目の間隔が広いことは、文字通り「視野が広い」性質を表すのだそうです。

切れ長な目をしている

Engin_Akyurt / Pixabay

天才の「目」は、切れ長な目が多いようです。横にすっと延びた切れ長の目は強い意志の力を象徴します。人相学的には「聡明」で「知的」だとされています。

表情は穏やか

Free-Photos / Pixabay

天才は表情が穏やかな人が多いようです。肖像画などでは険しい表情の天才もたくさんいますが、基本線、穏やかな眼差しと表情の持ち主が多いとされています。

細身が多い

Pexels / Pixabay

天才の多くが細身のボディの持ち主です。スポーツの天才なら尚のことそうですが、やはり聡明な頭脳は無駄な脂肪や贅肉を蓄えません。食べ物への執着があまりないことからかもしれません。

また、意志の強さがあるので肥満にはなりにくいのでしょう。

早熟タイプが多い

大多数の天才は、その才能が幼少の頃から際立って目立つため、周囲からは「早熟」だと言われます。通常ではあり得ない年齢で、尋常でない才覚をみせることが多いのです。

偉人と呼ばれるようになった天才たちは、その多くが幼少期の天才ぶりのエピソードを持っています。

発達障害がある場合も

LichDinh / Pixabay

しかし少数派ではありますが、成長が遅かったり発達障害的な幼少を過ごした天才もいます。アインシュタインなどは5歳まであまり発語しなかったそうです。

近年では、ダ・ヴィンチがADHD(多動性障害)だったのでは、という指摘も浮上しています。

NEXT:身体能力が非常に高い(スポーツ系)
2/4