斉藤由貴の子供・娘の画像を入手?!不倫から家族まで公開します!

女優として活躍してきた斉藤由貴さん。今では3人のお子さんにも恵まれましたが、不倫報道があったりと波乱万丈な生活も。そんな斉藤由貴さんの娘さんがテレビに出演し、母である斉藤由貴さんについて語っています。そんな斉藤由貴さんについて書いていきたいと思います。

斉藤由貴の娘の画像を入手?!

斉藤由貴さんといえば、スケバン刑事の麻宮サキがやはり印象的です。「鷹ノ羽学園2年B組麻宮サキ。またの名は“スケバン刑事”」というセリフは世に知られた名言ですよね。女優としてめまぐるしい活躍をしていた斉藤由貴さん。

そんな斉藤由貴さんは、1994年12月に会社員である一般男性の小井延安さんと結婚。夫婦の出会いは「モルモン教」とも言われていますね。そして、斉藤由貴さんの娘さんがテレビに出演したとのことです。気になる娘さんについて調べていきたいと思います。

斉藤由貴の娘は可愛いと評判?

斉藤由貴さんは日本テレビ系『1週回って知らない話』に出演しました。そこに大学生の長女がVTR出演したのです。残念ながら、顔は公開されていませんでしたが、スタイルや手や足などから、綺麗な女性だということが伺えました。スタッフによると、「若いころの斉藤由貴さんに似ている」とのことです。

斉藤由貴の子供は何人いるの?

斉藤由貴さんは結婚後の1999年に第一子にあたる子供が誕生しています。第一子は長女で18歳です。そして、2人目が2003年の10月3日に誕生しています。子供の性別は男の子で、長男ということになります。そこからほどなくして2004年11月27日に次女が誕生しています。長男の年齢は14歳で次女が13歳ということになります。

24時間のラジオ番組を放送していたラストに、娘さんから感謝の手紙、ということで、長女の「百音(もね)」の名前が公開されたので、長女の名前は確かだと思われます。長男・次女については名前はわかっておりません。

斉藤由貴の娘の大学は?

斉藤由貴さんの娘で長女の年齢は現在18歳です。父親が「小井延安」さんなので、長女の百音(もね)さんの本名は、小井百音(いさらい もね)さんということになるのでしょう。珍しい名前ですよね。

美術の勉強が本気でしたくて、都内の美術大学に合格し、この春から通っているみたいですが、まだどこの美術大学かはわかっていません。長男に関しては、アメリカに留学していて、由貴さんの不倫騒動の時には日本に戻っていたようですが、その時父親が由貴さんに黙って、すぐに再度の留学の手配をした、という報道もありました。

斉藤由貴の娘は不倫した母をどう思っているのか?

斉藤由貴さんの長女・百音さんは、斉藤由貴さんと2人で食事に出かけて、女子会みたいにおしゃべりすることもあり、まだ中2の次女は「小学生みたいに」斉藤に甘えているといいます。中3の長男はパパっ子で「いざ怒ると怖い」父親の言うことは聞くが、「常に怒っている」斉藤のことは甘く見ているらしいです。

さらに長女・百音さんは「テレビでの姿は偽り」、「(家では)結構怒るし、怖い」と、家での母の様子を明かしました。受験期の長女が予備校の後に友達とごはんを食べると伝えただけで斉藤は「彼氏いるの?」と問い詰めるなど長女に言わせればストーカーチックなところがあり、「本当に怒るとスケバン刑事のようになる」そうだ。

斉藤由貴の不倫劇

こちらが斉藤由貴さんのかつてのW不倫のお相手である、みなとクリニック院長の卓馬紳(たくま しん)さんです。フラッシュが独自にスクープした、50代医師のパンツ被り写真の画像がこちらです。

おそらくこのパンティの持ち主は、斉藤由貴さんのものだと思われます。斉藤由貴さんのパンツだとしても、少しセクシーさが足りない気もしますが、医師の卓馬紳さんのパンツにしては小さいですので、やはり斉藤由貴さんのパンツなのだと思います。

斉藤由貴の娘が不倫した母のことを暴露!

母親がパンツかぶり不倫を世間に暴露され、子供はものすごい辱めを受けたにも関わらず、長女から母親の斉藤由貴さんに向けた言葉が、『普通のお母さんより、スリリングな方が好きだよ』という言葉でした。

これを聞いた斉藤由貴さんも、目に涙をため、言葉になっていませんでしたが、見ているこちらも感動してしまいました。不倫相手の家族は、見たくないかもしれませんが、長女も素晴らしく、こんな子供さんに育てた由貴さんも立派です。

斉藤由貴は結婚前にも不倫をしていた!①尾崎豊

斉藤由貴さんは結婚する独身時代にも、数人と不倫をしていたことがわかっています。まず一人目は歌手で有名な「尾崎豊」さん。1991年に小樽で仲睦まじく肩と顔を寄せ合う写真が写真週刊誌『Friday』に掲載された。斉藤由貴さんはこの時、未婚であったが、尾崎豊さんは既に結婚したため、大きな波紋を呼んだのです。

そして『Friday』発売後、弁明会見で斉藤由貴さんが残したのが、「彼と私は同志みたいな感じ」という印象的な一言です。しかし2人の恋は、尾崎豊さんの決別宣言によって終焉を迎え、翌年の92年に尾崎豊さんは急死してしまうのです。

尾崎豊

尾崎豊さんは、1983年にデビューしたシンガーソングライターで、1992年(26歳時)に急逝しています。10年にも満たない活動期間でしたが、「15の夜」や「卒業」、「I LOVE YOU」など数々の名曲を世に送り出し、10代のころは、世の不条理を訴えかけるような歌詞が話題を呼び、若者のカリスマとして知られています。

斉藤由貴は結婚前にも不倫をしていた!②川崎麻世

そして1993年、再び斉藤由貴に不倫報道が襲います。この時のお相手は「川崎麻世」さんです。深夜不倫密会デートが報道されていました。この不倫騒動では、川崎麻世さんの妻・カイヤさんが、川崎麻世さんの不倫釈明会見に、異例の同伴をして話題になりました。険しい顔つきで睨みつけ、仁王立ちで腕組みをするカイヤさんは迫力がありました。

川崎麻世

川崎麻世さんは13歳から12年間もの間ジャニーズ事務所のアイドルとして活躍していました。端正な顔立ちと日本人離れしたプロポーションから、「ハーフではないか?」と思われますが、国籍は日本、純粋な日本人です。1990年にカイヤさんと結婚し、長女と長男がいます。

斉藤由貴の旦那は何している人?

斉藤由貴さんの不倫のスキャンダルは、斉藤由貴さんが入っていたモルモン教の幹部の耳にも入り、これ以上不倫により教団の名に傷が付くのを防ぐ為に、斉藤由貴さんを結婚させる為に動き出したと言われています。

同じくモルモン教であった、小井延安さんを紹介され結婚に至ったと言われています。何か政略的な結婚のような感じがしますが、夫婦仲はかなり良いようで、斉藤由貴さんは旦那さんの事を、「旦那さんのことを尊敬している」「私のほうが絶対あなたのことを好き。」と今でもメロメロのようです。

斉藤由貴は旦那と離婚するのか?

妻子ある男性との「W不倫」を認めた斉藤由貴さん。不倫関係に終止符を打つのは当然としても、元の家庭を修復できるのでしょうか。相手とはすでに関係を解消しているようですが、旦那さんとの離婚の可能性はあるのでしょうか?斉藤由貴さんも旦那さんもモルモン教に入っているため、宗教がらみで離婚は難しいのではないかと言われています。

モルモン教会は当初、多妻結婚を容認していたことで知られますが、20世紀に入ってからは一貫して「家庭」を大事にしており、「いかなる成功も家庭の失敗を償うことはできない」という考え方があります。斉藤さん自身にとっても斉藤さんの夫にとっても、ともにモルモン教会の信仰を保っている限り、離婚することは非常に考えにくいと言えます。

モルモン教

モルモン教とは正式名称を末日聖徒イエス・キリスト協会といい、1830年にアメリカ合衆国で設立された新興宗教の一つ。三位一体を認めていないモルモン教は、カトリック・プロテスタントなどからは、異端とされています。

斉藤由貴のこれまでの活動

斎藤由貴さんは、歌手として1985年に松本隆作詞、筒美京平作曲の「卒業」でデビューしています。オリコンで最高6位、30万枚のヒットを記録しました。そして4月には「スケバン刑事」で連続ドラマ初主演も果たします。

また1986年の3月に発売した「悲しみよこんにちは」はテレビアニメ「めぞん一刻」の主題歌に起用され、アニメの大ヒットの影響も受けて、こちらも大ヒットしています。その結果、デビュー2年目にして、「第37回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たし、紅組キャプテンも務めるという偉業を成し遂げました。

ナレーション業

近年の斎藤由貴さんの仕事の多くは、ナレーションなど表に出ないものが多いですが、それが大好評。斎藤由貴さんの今後は、求められれば女優として出演するという方向で、基本はナレーターなどの仕事をメインにして行くのではないでしょうか。

斉藤由貴のプロフィール

  • 名前:斉藤由貴(さいとうゆき)
  • 本名:小井 由貴(いさらい ゆき)
  • 出身地:神奈川県
  • 生年月日:1966年9月10日
  • 身長:161cm
  • 血液型:B型
  • 出身高校:神奈川県立清水ヶ丘高等学校(現・神奈川県立横浜清陵総合高等学校)卒業
  • 所属事務所:東宝芸能

まとめ

不倫報道で話題となっていた斉藤由貴さん。思春期の娘に嫌われてもおかしくないのですが、斉藤由貴さんの娘さんはお母さんのことを嫌っておらず、むしろそっちの方がいいんじゃない?と語っています。素直で優しい娘さんに育ってくれたのも、斉藤由貴さんの人柄なのでしょう。

斉藤由貴さんにはこれからは、家庭を大事に子供達との時間も大事にしつつ、芸能活動のほうでも話題になれるような仕事ぶりを見せて欲しいです。ナレーション業だけではなく、女優としてもますます魅力たっぷりに活躍してくれることを願っています。