居場所がないと感じる原因は?年代・状況別解決法を紹介!

自分の居場所が職場や学校、家で主に家事をしている主婦の方でも、自分の居場所がないと感じて辛く思い悩んでいる人はいませんか?そんな自分居場所がないと感じる原因や特徴とは?また居場所がなく悩んでいる人への対処法をご紹介していきます。

職場や学校で「居場所がない」と感じる人はたくさんいる?

darksouls1 / Pixabay

職場や学校で居場所がないと感じ、身体的にも精神的にも辛いと感じている人がたくさんいるのをご存知でしょうか。年齢や性別を問わずに悩みの種となっている人がいるのです。

居場所がないのは大人だけじゃない?子どもにとっての悩みともなる?

esudroff / Pixabay

居場所がないのは大人だけではありません。小さい子どもでも居場所がないと悩んでいるのです。子どもが居場所を感じられないのは家族や、学校が大きな原因です。

「居場所がない」と感じてしまうのに様々な理由がある!

Anemone123 / Pixabay

居場所がないと感じてしまうには様々な理由が考えられます。理由は、人それぞれです。

例えば、疎外感を感じていたり、周りの人間に自分のことを理解してくれる人がいないなどで孤独を感じてしまうからです。

関連する記事はこちら

なぜ「居場所がない」と感じてしまう?原因は?

Free-Photos / Pixabay

居場所がないと人は何故感じてしまうのでしょうか。様々な事が原因で居場所がないと感じてしまうのです。

ここからは居場所がないと感じる人の原因についてご紹介していきます。思い当たる節がある人は、原因がわかれば改善することもできるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

他人を信用できない

harutmovsisyan / Pixabay

居場所がないと感じる原因として、他人を信用できない要因が挙げられます。人間関係は生きていく上で必ずといってもいいほど、付きまとうものです。

自分以外の他人を信用できないと、友人や家族、恋人などの言うことすら信じられず疑心暗鬼に陥ってしまいます。そのため、居場所がないと感じてしまいます。

世間話を無駄だと感じてしまう

Graehawk / Pixabay

他愛無い雑談や世間話を無駄だと感じてしまい、人と話すことすら拒否する人は居場所が感じられないと思ってしまうのです。世間話も人と関わる上で必要なコミュニケーションの一つです。

気遣いが多くコミュニケーションを負担に感じる

Hans / Pixabay

変に気を遣いすぎてしまうことが多く、気兼ねなくコミュニケーションができない人は、人間関係に負担を感じてしまいます。

この場合、自分の本音も言うことができず、どうしても周りに流されてしまってストレスを強く感じてしまう上に自分の居場所がないと感じてしまうのです。

なかなか心を開くことが出来ない

Bru-nO / Pixabay

自分の意見を言えずにいたり、他人を信用することができないのは、相手に対して心を開くことが出来ないからです。

心を開くことができずにいると、孤独を感じてしまいます。そのため居場所がないと感じてしまいます。

性格がネガティブ

skeeze / Pixabay

性格が暗くネガティブな人は居場所を感じられないと思うことが多いようです。周りの人が歩み寄ろうとしても、「どうせ自分なんて」とネガティブになってしまいます。

性格が暗いと周りの人も、次第に離れていってしまいます。周りの人も関わらないようにするため、ますます自分に居場所がなくなってしまうのです。

自分に自信がない

Anemone123 / Pixabay

自分に自信がないことが原因で居場所がないと感じる人もいます。自分はここにいてもいいのか。と疑問に思ってしまったり、考えすぎてしまってますます孤独を感じてしまうのです。

自分を理解してくれる人が周りにいない

3938030 / Pixabay

生きていくうえで、自分のことを理解してくれない人がいないと人に対し疎外感をや拒絶感じてしまい、居場所がないと感じてしまいます。

生まれてきた家庭環境

geralt / Pixabay

居場所がないと感じられないのは生まれてきた家庭環境も関係しています。

家庭環境が悪く、小さい頃から居場所がないと感じてしまうと大人になっても自分の居場所の作り方がわからず、居場所を作るのが難しくなってしまいます。

人一倍人に嫌われたくない

Alexas_Fotos / Pixabay

人一倍人に嫌われたくない気持ちが強く、空回りしてしまって疎外感を感じて孤独になってしまうことが原因で自分の居場所がない思ってしまうこともあります。

居場所がないと感じる人に共通する特徴とは?【行動編】

geralt / Pixabay

居場所がないと感じる人には共通する特徴があります。ここからは居場所がないと感じる人の行動は具体的にどのようなものなのかをご紹介していきます。

積極的な行動が苦手

Free-Photos / Pixabay

居場所がないと感じる人の共通した特徴として、積極的な行動が苦手なことがあげられます。自分が行動をしてしまって、周りに迷惑をかけてしまうのではないかと不安になってしまうのです。

その不安のためから、積極的な行動ができずに何事も消極的になってしまいます。消極的になってしまうと、徐々に自分の存在の価値についてしまい、居場所がないと感じてしまいます。

「より良い自分」を見せようとする

nikolapeskova / Pixabay

周りの人に対して「より良い自分」を見せようとするのも居場所がないと感じる人の特徴です。

無理に自分を良く見せようとして努力はしますが、無理している自分に疲れてしまい虚無感にかられてしまいます。

何をするにも考えすぎてしり込みしてしまう

Skitterphoto / Pixabay

何か行動するにも考えすぎてしまい、しり込みしてしまうことも居場所がないと感じてしまう特徴の一つです。何か行動しようとしても自分に自信がなく、失敗を恐れしり込みしてしまうのが原因です。

情報を取り入れる力が弱い

rawpixel / Pixabay

日々世の中は変化していき膨大な情報がめぐりますが、そういった情報を取り入れる力が弱いことも居場所がないと感じる人の特徴です。

情報を取り入れる力が弱いと、周りの話題にもついていけず話の輪の中に入ることもできないので居場所がないと感じてしまうのです。

人との関係を築くことができない

geralt / Pixabay

誰かと良好な人間関係を築きたいと思っていても、居場所がないと感じる人は人と関わることが苦手と考えてしまうため、居場所がないと感じてしまいます。

また、人を信じることが苦手なため「相手に嫌われているのではないか」と実際は相手は嫌っていないのにも関わらず、心配し、嫌われることを恐れてしまうため、人間関係を築けなくなってしまうのです。

自分を否定されることが怖い

geralt / Pixabay

自分の好きなことや自分の意見を人に話す時に、相手に否定されてしまうと自分の存在自体を否定されたという気持ちになってしまい自分の居場所がないと感じてしまいます。

すぐ自分に合う人間なのか判断してしまう

geralt / Pixabay

世の中には自分と合う人と合わない人は必ずいます。まだ初対面でお互いのことがわからないのに、印象だけで相手を見てしまいます。

「自分とこの人は合わない人だから付き合わないようにしよう」と即判断してしまいます。判断を下し、自然と相手と距離を置いてしまうのです。

人との関わり方の考えは人それぞれですが、相手を合わない人とすぐ決め付けてしまうことで、気付いたら自分の居場所がないと思うこともあるのでしょう。

居場所がないと感じる人に共通する特徴とは?【発言編】

StockSnap / Pixabay

居場所がないと感じる人の共通の行動の特徴をご紹介しましたが、行動だけでなく自分の発言でも居場所がないと思ってしまうこともあります。

素直な自分を曝け出せない

maya_7966 / Pixabay

人間関係を築く上で、素直な自分を曝け出すことによって楽しい交友をすることができますが、偽りの自分で人と関わってしまい、自分の居場所がないと感じてしまいます。

偽りの自分で長い間人と関わってしまうと、その場しのぎでは居場所は作ることできますが、自分が心から安心して存在できる居場所だと思えないのです。

愚痴が多くイライラした発言が多い

Ashish_Choudhary / Pixabay

普段から愚痴や人の悪口の発言が多い人は、周りからも煙たがられてしまいます。ネガティブな言葉が多い人は、周りの雰囲気も暗く嫌な気持ちになってしまいます。

言葉というのは人の気持ちを左右するものです。愚痴や人の悪口の発言が多いと、相手は疲れてしまい次第に距離を置かれてしまうのです。日ごろの自分の言葉には注意することが大切です。

自分から話しかけられない

DanaTentis / Pixabay

人とのコミュニケーションで欠かせないのは、話すことですが、自分から話しかけられないと良好なコミュニケーションをすることはなかなか難しいものです。

相手が話しかけてくれるまで待っているだけでは、居場所をつくることができません。相手も話しかけられないなと思ってしまい、別の人と仲良くなってしまったりするのではないでしょうか。

すぐに話が終わってしまう

geralt / Pixabay

ネットなどでよく目にする「コミュ症」という言葉もある通り、人とのコミュニケーションが苦手な人がいます。コミュニケーションが苦手だという人は人との会話がすぐ終わってしまいます。

話をするにも話題を広げたり、盛り上げることもできず、すぐ終わってしまうと相手もつまらないと思ってしまいます。そのため話す機会も減ってしまい、最終的に居場所がないと思ってしまうのでしょう。

すぐ相手を否定する

geralt / Pixabay

先ほど紹介した、否定を恐れるのではなく、自分が相手を否定する場合も居場所がないと感じる特徴です。例えば会話している中で「いや」「だから」など言うことはないでしょうか。

すぐ否定言葉を相手に対して言ってしまうことが多いと、自分の印象は悪くなってしまいます。自分の物差しだけで物事を考えて否定してしまうことがある場合は注意が必要です。

人に対してマウントを取る

mixailan / Pixabay

会話の中で相手に対して自慢話や嫌味を言ってマウントする人がいますが、マウントを取ることが多い人は注意が必要です。最初の内は相手も話を黙って聞いていますが次第に離れていきます。

自分を優位に立たせて人を見下すマウントは嫌われてしまいます。そのため普段からマウンティングが多い人は次第に人が離れていくので、居場所がないと感じてしまいます。

自分を正当化する

geralt / Pixabay

人と会話している中で「でも」「だけど」と言って自分を正当化している人は人の話を聞いていないという印象を相手が受けてしまいます。

自分の意見を言うことは大切なことですが、自分の考えが全て正しいと思い、相手にその考えを押し付けることは注意が必要です。相手もいい気持ちにはなりません。

自分を正当化することが多いと、相手は関わる気がなくなってしまい距離を置かれてしまうので居場所がないと感じてしまうことがあります。

NEXT 「居場所がない」という感情はどういった問題を引き起こす?