門脇学(松雪泰子の元夫)とは?馴れ初めや離婚原因は?息子がいる? エンタメ

門脇学(松雪泰子の元夫)とは?馴れ初めや離婚原因は?息子がいる?

日本を代表する大女優のと結婚をして話題になった門脇学さんですが、一体どんな人なのでしょうか?職業も全く違う2人がどこで出会って交際を始めたのか気になる方も多いでしょう。本記事では門脇学さんのプロフィールや、松雪泰子さんとの馴れ初め、離婚原因について解説します。

目次

[表示]

門脇学とは?松雪泰子の元夫?

日本のトップ女優といて現在も第一線で活躍している松雪泰子さんですが、松雪泰子さんを検索すると、必ずと言っていいほど「門脇学」という名前が出てきます。

一体、松雪泰子さんと門脇学さんはどんな関係があったのでしょうか?松雪泰子さんは過去に結婚をしており、その相手が門脇学さんとも言われています。

門脇学(GAKU)のプロフィール!画像は?

  • 名前:門脇学
  • 愛称:GAKU(ギタリスト名)
  • 生年月日:1965年9月
  • 年齢:53歳
  • 職業:ギタリスト・プロデューサー
  • 所属グループ:ザ・スリル

ザ・スリルのギタリストとして活躍している門脇学さんは、名前は生年月日は公表されていますが、出身地や身長・体重などは明らかにされていません。

調べれば調べるほど謎多き男性ということで話題になりました。門脇学さんは芸能人というわけではなく、あくまでも一般人のようです。

バンド「ザ・スリル」や「超空堂」などでギタリストとして長年活躍

門脇学さんは「ザ・スリル」というバンドグループでギターを担当しており、その腕前も一流と評価をされています。ザ・スリルはデビュー25周年を迎えたバンドです。

また、門脇学さんが中心となって「超空堂」というバンドを結成しました。主に下北沢のライブハウスで活動をしており、ライブ後にはお客さんと飲み交わすなど、ファンサービスもあるようです。

80年代のバンドブームの頃には原宿のホコ天でもライブをしていた

門脇学さんは、1980年代のバンドブームだった頃に「N.D.Nz」というバンドグループに所属しており、原宿のホコ天などでも精力的にライブをされていたそうです。

1998年に女優の松雪泰子と結婚、2004年に離婚している

門脇学さんは1998年に当時から女優として活躍をしていた松雪泰子さんと結婚をします。男性から多くの支持を集めていた松雪泰子さんがギタリストと結婚をすることで大きな話題になりました。

松雪泰子さんは、女性の憧れの的でありながら、どこか家庭的な一面も見せる様な人なので、当時は多くの方から祝福されて、幸せな結婚生活を築いていくと思われていました。

しかし、周囲からの予想とは裏腹に2004年に正式に離婚を発表します。

若い頃「THE FUSE」のギタリストだった門脇学の動画

「THE FUSE」のギタリストとして活躍していた門脇学さんの貴重な映像です。チャラチャラしたようなギタリストとは違って、爽やかで硬派な顔立ちから女性からの歓声も多いことがわかります。

メジャーなギタリストとしては知られていませんでしたが、これまでの歓声を受けるということは当時のバンドブームが物凄かったと想像できるでしょう。

ギタリストに関連する記事はこちら

門脇学と松雪泰子の馴れ初めや離婚理由は?子供はいる?

一般人のギタリストである門脇学さんが、トップ女優である松雪泰子さんと結婚をしたことは業界全体を騒がせました。「なぜ、2人が結婚できたのか?」と、疑問に感じる方も多いでしょう。

ここからは、門脇学さんと松雪泰子さんの馴れ初めや離婚理由、子供の存在についてご紹介します。

松雪泰子のプロフィール

  • 名前:松雪泰子
  • 生年月日:1972年11月28日(46歳)
  • 出身地:佐賀県鳥栖市
  • 身長:165cm
  • 血液型:O型
  • 職業:女優

松雪泰子さんは、大手芸能事務所であるスターダストプロモーションに所属する女優です。CMやドラマ、映画などで活躍をしており、歌手としても活動している時期もありました。

1993年の主演テレビドラマ「白鳥麗子でございます!」の強烈なキャラクターがハマり、世間から注目され始めました。映画「フラガール」では、日本アカデミー賞最優秀女優賞を獲得しています。

松雪泰子が音楽好きだったことが接点と考えられている

映画やドラマに出演するたびに名高い賞を総ナメにしてきた松雪泰子が、一般男性である門脇学さんと出会ったキッカケは、松雪泰子さんが音楽好きだったことが理由として挙げられます。

当時はバンドブームだったこともあり、松雪泰子さんも好んで曲を聴いていたのかも知れません。松雪泰子レベルの女優なら知り合いから紹介してもらうことも可能でしょう。

出会いのきっかけは、意外にも松雪泰子さんからと言われています。松雪泰子さんが門脇学さん本人が好きだったことは不明です。

結婚7年目の2004年に離婚!原因はすれ違いや収入の格差?

門脇学さんは松雪泰子さんと結婚7年目の2004年に離婚をしています。松雪泰子さんは離婚原因として「お互いの仕事が忙しくなったことによるスレ違い」と語っていました。

確かに、松雪泰子さんは結婚をしたタイミングから映画やドラマに引っ張りだこになっていました。理想的な結婚生活とはかけ離れた生活が続いたことで、精神的にも参ってしまったのでしょう。

また、一部の間では2人の収入の格差が離婚の原因になったと噂されています。売れっ子女優の松雪泰子さんの年収は億超えと言われており、収入が安定しない門脇学さんとの格差から関係が縺れたとも言われています。

2001年に息子が誕生、親権は松雪泰子に

門脇学さんと松雪泰子さんの間には、2001年に誕生したお子さんがいます。2004年に離婚をしてしまうのですが、親権は松雪泰子になり、現在はシングルマザーとして育てています。

息子は高校生?名前や学校は?

thedanw / Pixabay

松雪泰子さんの息子の詳しい情報は公開されていませんが、一部の噂では「松雪大和」という名前が浮上しています。現在、高校生になっており、和光学園という大学までの一貫校に通学しています。

和光学園は芸能人も多く輩出している学校なので、息子の芸能活動も視野に入れているかも知れません。

芸能活動をしながらシングルマザーとして子育てをすることは、尋常ではないくらい大変と言われています。子供が不良になってしまう場合もありますが、しっかり子育てをされているようです。

松雪泰子は離婚後も交際の噂があるが再婚はしておらず独身

離婚をした松雪泰子さんは、その後も数多くの男性芸能人と交際が報道されています。堤真一さん、保阪尚希さん、2012年にはヒップホップグループのリーダーであるKG-9shotさんとも交際されていました。

松雪泰子さんよりも10歳下のKG-9shotさんは松雪泰子さんにメロメロ状態で、何度もプロポーズをしたと言います。しかし、松雪泰子さんは全て「NO」と断っていました。

実は松雪泰子さんは、同じ事務所に所属する2人の弟がいて、松雪泰子さんが生活の面倒を見ていたのでした。また、1人息子の存在も再婚の障壁になったと言われています。

門脇学の今現在!最新活動情報は?

離婚後も女優として活躍を続ける松雪泰子さんですが、門脇学さんの現在の活動について気になるは多いと思います。ここからは門脇学さんの現在の状況についてご紹介します。

2019年6月13日「ザ・スリルin Roppongi」

門脇学さんは現在も「ザ・スリル」のギタリストとして活動をしています。2019年6月13日には「ザ・スリル in Roppongi」と題して、ワンマンライブを開催しました。

約1時間のライブですが、会場は大盛り上がりを見せたそうです。当時から変わらない演奏技術が注目を集めています。

2019年4月11日「ザ・スリルin Yokohama」

2019年4月11日には横浜のサムズアップでもワンマンライブを開催しました。メンバーの岡部洋一さんは都合により欠席しましたが、いつもと変わらない素敵な演奏を届けました。

2019年2月15日「東京国際バリトンサックス・フェスティバル2019」

門脇学さんは、ライブハウスだけではなく、大きなイベントにも出演しています。2019年2月に開催された「東京国際バリトンサックス・フェスティバル2019」では、イベントの大トリと務めました。

2019年1月20日「MIC FREE GIG Vol.3」

「マイクから解放される!」をコンセプトに、ザ・スリルのメンバーが演奏の音だけを聴かせるイベントです。より「音」を楽しめると大好評でした。

門脇学の経歴

未だに謎な一面が多い門脇学さんの経歴についてご紹介します。どんな道のりを経て現在の活動に至っているのでしょうか。

1990年に「N.D.Nz」としてメジャーデビュー

門脇学さんは「N.D.Nz(ニュー・デイズ・ニューズ)」のギタリストとしてメジャーデビューを果たしました。彼らがデビューをしたときは「クラッシュ以来の衝撃だ!」と世間を騒がせました。

1990年にメジャーデビューを果たすと、原宿駅近くのホコ天でライブ続けていました。

「THE FUSE」のギタリストとしても活躍

1980年代後半のバンドブームの時代に「THE FUSE」というグループが登場しました。そのギターを担当していたのが門脇学さんです。

当時はN.D.Nz(ニュー・デイズ・ニューズ)としても活動しており、2つのグループを掛け持ちしていたようです。しかし、バンドブームが過ぎ去ると同時にグループ活動もフェードアウトしていきました。

「ザ・スリル」として活動する傍ら、1998年に松雪泰子と結婚

門脇学さんは、松雪泰子さんと結婚をする1998年には「ザ・スリル」としての活動を初めていました。メンバー全員がその道のプロということで、音だけで人を楽しませるグループとして話題になりました。

2003年から松雪泰子と別居、2004年に離婚

松雪泰子さんと円満な結婚生活が予想されていましたが、お互いの仕事が忙しくなったことで日常的にスレ違いが生じて2003年には別居することになりました。

2001年には息子が生まれていますが、2004年には正式に離婚しています。

2015年に「GAKU 50th Anniversary Party」が開催

門脇学さんが50歳の誕生日を迎える2015年に「GAKU 50th Anniversary Party」が開催されました。当時は「ザ・スリル」のメンバーもゲストとして登場しました。

門脇学の主な音楽作品

凄腕ギタリストとして注目を集めた門脇学さんの主な音楽作品をご紹介します。1980年代のバンドブームを知っている方なら、思わず「懐かしい!」と感じるでしょう。

「Delicious Time / THE THRILL」

「Delicious Time / THE THRILL」は、6年振りの通算10枚目となるベストアルバムです。新たな楽曲に加えて、これまでオンライン配信限定だった曲も収録されています。

「ゴールデン☆ベスト / THE FUSE」

「ゴールデン☆ベスト / THE FUSE」は、FUSEの初ベストアルバムです。路上ライブから立ち上がったTHE FUSEの歴史を感じられる全15曲が収録されています。

バンドブームの衰退と共にフェードアウトしてしまったグループなので、「あ!懐かしい!」と感じる方も多いでしょう。

「BIG GAME / N.D.Nz」

門脇学の伝説が始まったバンドと言っても過言ではない「N.D.Nz」のアルバムです。現在は廃盤になっており、非常に貴重な曲が収録されています。

取り扱っている店舗は少なく、メルカリやヤフーオークションなどのサイトで中古品を入手するしか手段はありません。

NEXT:バンドマンと付き合うと後悔する?その理由とは?
1/2