神部冬馬の現在は?母・イルカのライブに出演?再婚して双子が誕生?

歌手の神部冬馬さんの母親は歌手のイルカです。山梨県との関係が深く、現在はヴァンフォーレ甲府の後援会会長や、山梨県公認PR大使・やまなし大使に就任しています。現在の妻との間に、2019年に生まれた双子の子供がいます。そんな神部冬馬さんのことを紹介します。

神部冬馬の現在は?ヴァンフォーレ甲府との関係は?

神部冬馬さんは、Jリーグのヴァンフォーレ甲府との関係が深く、現在ではヴァンファーレン甲府の後援会会長に就任、また山梨県公認PR大使・やまなし大使に就任しています。

東京都出身の神部冬馬さんが、なぜ山梨県のJリーグのヴァンフォーレ甲府と深い関わりがあるのかなどを紹介します。

神部冬馬のプロフィール!現在の年齢や身長は?

神部冬馬さんは、1978年12月14日生まれの40歳で、東京都出身のシンガーソングライター・タレントです。フォークソングのシンガーソングライターであり、ラジオのパーソナリティーとしても活動しています。

また、父親は音楽プロデューサーの神部和夫さん、母親はフォークソング歌手のイルカです。最近ではバラエティ番組に出演したり、舞台でも活動しています。身長は165センチです。

現在、Jリーグ・ヴァンフォーレ甲府の公式シンガーを担当

神部冬馬さんは、東京都の出身ですが、どういうわけかJリーグのヴァンフォーレ甲府の公式ソングの歌詞と作曲を担当し公式シンガーとなっています。

その歌は「君は青い風/泥だらけの靴」という歌で、試合やイベントなどでマスコットキャラクターと一緒に演奏したり歌ったりしています。

また、運営ボランティアにも参加していたことから、2015年にはヴァンフォーレ甲府の後援会会長に就任し、山梨県公認PR大使・やまなし大使にも就任しています。

ヴァンフォーレ甲府の試合の実況中継にも出演している

神部冬馬さんは、自身のツイッターによると、2019年5月24日にはヴァンフォーレ甲府の試合の実況中継にも出演され、現在ではすっかりヴァンフォーレ甲府の顔となっています。

実は神部冬馬さんは、山梨県を訪れた際に、偶然Jリーグのヴァンフォーレ甲府のことを知り、すっかりファンになったそうです。

以来、東京から山梨へは頻繁に訪れるようになり、試合を観戦するようになりました。そんな時に、ゴール裏で応援していたらクラブの関係者から、公式ソングを作ってくれと依頼されそうです。

甲府のラジオ番組「フリーダム!」にも出演

神部冬馬さんは、FM甲府のラジオ番組「フリーダム!」にも出演されています。

NEXT 他にも、山梨のテレビ番組やラジオに多数出演している