神部冬馬の現在は?母・イルカのライブに出演?再婚して双子が誕生? エンタメ

神部冬馬の現在は?母・イルカのライブに出演?再婚して双子が誕生?

歌手の神部冬馬さんの母親は歌手のイルカです。山梨県との関係が深く、現在はヴァンフォーレ甲府の後援会会長や、山梨県公認PR大使・やまなし大使に就任しています。現在の妻との間に、2019年に生まれた双子の子供がいます。そんな神部冬馬さんのことを紹介します。

目次

[表示]

神部冬馬の現在は?ヴァンフォーレ甲府との関係は?

神部冬馬さんは、Jリーグのヴァンフォーレ甲府との関係が深く、現在ではヴァンファーレン甲府の後援会会長に就任、また山梨県公認PR大使・やまなし大使に就任しています。

東京都出身の神部冬馬さんが、なぜ山梨県のJリーグのヴァンフォーレ甲府と深い関わりがあるのかなどを紹介します。

神部冬馬のプロフィール!現在の年齢や身長は?

神部冬馬さんは、1978年12月14日生まれの40歳で、東京都出身のシンガーソングライター・タレントです。フォークソングのシンガーソングライターであり、ラジオのパーソナリティーとしても活動しています。

また、父親は音楽プロデューサーの神部和夫さん、母親はフォークソング歌手のイルカです。最近ではバラエティ番組に出演したり、舞台でも活動しています。身長は165センチです。

現在、Jリーグ・ヴァンフォーレ甲府の公式シンガーを担当

神部冬馬さんは、東京都の出身ですが、どういうわけかJリーグのヴァンフォーレ甲府の公式ソングの歌詞と作曲を担当し公式シンガーとなっています。

その歌は「君は青い風/泥だらけの靴」という歌で、試合やイベントなどでマスコットキャラクターと一緒に演奏したり歌ったりしています。

また、運営ボランティアにも参加していたことから、2015年にはヴァンフォーレ甲府の後援会会長に就任し、山梨県公認PR大使・やまなし大使にも就任しています。

ヴァンフォーレ甲府の試合の実況中継にも出演している

神部冬馬さんは、自身のツイッターによると、2019年5月24日にはヴァンフォーレ甲府の試合の実況中継にも出演され、現在ではすっかりヴァンフォーレ甲府の顔となっています。

実は神部冬馬さんは、山梨県を訪れた際に、偶然Jリーグのヴァンフォーレ甲府のことを知り、すっかりファンになったそうです。

以来、東京から山梨へは頻繁に訪れるようになり、試合を観戦するようになりました。そんな時に、ゴール裏で応援していたらクラブの関係者から、公式ソングを作ってくれと依頼されそうです。

甲府のラジオ番組「フリーダム!」にも出演

神部冬馬さんは、FM甲府のラジオ番組「フリーダム!」にも出演されています。

他にも、山梨のテレビ番組やラジオに多数出演している

神部冬馬さんは、山梨のテレビ番組やラジオにも多数出演され、ラジオ番組「フリーダム!」の他にもFM甲府の「フリーダム!」「VF甲府実況中継」にも出演されています。

2019年7月には、母・イルカのライブにゲスト出演も

神部冬馬さんのオフィシャルサイトによると、2019年7月20日に川口湖ステラシアターで開催される「2019年イルカwith Friends vol.1.5 」に神部冬馬さんも出演される予定です。

2015年に「有吉反省会」に出演し芸名を「クジラ」に改名?

神部冬馬さんは、2015年12月19日放送の「有吉反省会」に出演しています。その中で7年前に母の力を借りず、ひとり立ちを決意しましたが、いまだに”イルカ離れ”ができていないことを反省しています。

しかし、その後も自分のライブの一曲目に「なごり雪」を歌うなど、まだまだ母親の名前に頼る気満々で、有吉さんからは「完全にマザコンですよね」と言われ「そういう感じになっちゃいますね」と認めました。

「反省見届け人」として参加していた博多大吉さんも「その見た目でバツイチはちょっとヤバイですね」と突っ込まれ、そんな神部さんに課された禊は神部冬馬から「クジラ」と改名することでした。

最新のCDは、ミニアルバム「夢見るくじら」

2015年12月19日放送の「有吉反省会」に出演して、神部冬馬からクジラに改名させられた神部冬馬さんは、2016年7月6日発売のニューミニアルバム「夢見るクジラ」をリリースしました。

前作から3年ぶりのリリースの「夢見るクジラ」は、現在の神部冬馬さんの100%の力が発揮できた仕上がりだと、本人も自信を持っている作品ということです。

ミニアルバム「夢見るクジラ」は「なごり雪」のプレリュードといえる「初恋雪」や、大瀧詠一さんの「空飛ぶくじら」やはっぴいえんどさんの「風をあつめて」のカバーなど、懐かしいフォークテイストとなっています。

神部冬馬は現在でもライブにラジオに活躍している

神部冬馬さんは、ヴァンフォーレ後援会会長でもあり、山梨県とも深い繋がりを持っていて、YBSテレビ「・ててて!TV」やYBSラジオ「毎日がアニバーサリー」「ミライへのうた」に出演されています。

また、FM甲府の「ケミかるベース」「フリーダム!」「VF甲府実況中継」にも出演し、現在でもライブやラジオで活躍しています。そんなことからも神部冬馬さんは、山梨県民から愛されいることが分かります。

最新情報は、オフィシャルサイトやツイッターでチェック!

Free-Photos / Pixabay

神部冬馬さんの最新のラジオやテレビの出演などの情報は、自身のツイッターで確認することができます。

また、神部冬馬さんはオフィシャルサイトを持っていて、そちらでも最新のスケジュールやライブ・出演番組などを知ることができます。

中田英寿に関する記事はこちら

神部冬馬の母はイルカ!母に甘えていたが父の急逝でデビュー?

神部冬馬さんの母親は歌手のイルカで、ずっと母親に依存していた神部冬馬さんでしたが、父親の急逝でデビューすることとなります。

母は歌手のイルカで父は音楽プロデューサーの神部和夫

神部冬馬さんの母親は、フォークシンガーのイルカで、父親は音楽プロデューサーの神部和夫さんです。

父親の神部和夫さんは、1972年にイルカさんと結婚され、シュリークスのメンバーでしたが、イルカさんのソロデビューからは、彼女のプロデューサーやマネージャー業に専念するようになりました。

1986年にパーキソン病を患っていましたが、2007年3月21日に急性腎不全によって、59歳で亡くなられています。

神部和夫が参加していたシュリークスとは?

シュリークスは、1969年にザ・フォーシュリークが解散したあと、神部冬馬さんが明治大学在学の山田パンダさんや嘉屋泰雄さんを誘って結成されました。

1969年9月には「君よ!人生は」でデビューしています。1970年に東芝エキスプレスから「さらば」を発売しヒットしています。

神部冬馬の名前の由来は?母・イルカが曲にしていた?

イルカさんのアルバムには、自身が作詞作曲した「冬の馬」という楽曲があります。その歌は「馬のあかちゃんはね、生まれたらすぐにね、自分で立って歩くんだよ」という歌い出しの歌詞です。

また、最後の歌詞に「あの空を走り抜ける冬の馬のように」とあり、これこそ神部冬馬さんの名前の由来であり、名前に込められた母親の愛情が歌詞に込められているようです。

神部冬馬は母・イルカに甘えた生活を送っていた

神部冬馬さんは、亡き父が元シュリークスの神部和夫で、母もシンガーソングライターだったことから、音楽そのものが生活環境に馴染んでいて、将来はシンガーソングライターで食べていくだろうと考えていました。

そんな軽い気持ちで作詞作曲をしていましたが、一向に芽が出ず、それでも母親であるイルカさんの運転手や仕事を手伝うことで収入を得ていましたから、甘えた生活を送っていました。

そんな生活が続き、俳優学校に2年間通っていますが長く続かず、10年間も自堕落な生活から抜け出せないでいました。

神部冬馬の父・神部和夫が急逝したことをきっかけにデビュー

そんな神部冬馬さんは、自堕落な生活でも危機感など抱くことはなかったそうですが、ある出来事から転機が生まれました。

それは、2007年に父親である神部和夫さんが亡くなってからでした。神部冬馬さんは、父親に対する自責の念が湧いてきて、父親が急逝した翌年に「小さき者」でデビューしています。

その頃から神部冬馬さんは、地元のラジオ番組のパーソナリティーを務めたり、母親のチャリティーイベントに参加したりで、それまでの生活を一転させるような活動をするようになりました。

父・神部和夫も元歌手だった?イルカに出会い転身?

神部冬馬さんの父親の神部和夫さんは、元歌手で後にイルカさんのプロデューサーに転身されていますが、イルカさんとの出会いは大学時代だったそうです。

神部和夫さんは、フォークソング同好会に所属していて、イルカさんに歌わないか?と誘ったそうですが、イルカさんは父親がジャズマンでしたから芸能界は甘くない事を知っていて、歌手にはなりたくなかったそうです。

しかし、神部さんは「僕は音楽だけでなくイルカという人間のプロデューサーになりたい」という言葉に励まされ、イルカさんは歌手活動に人生を捧げる決心をしました。

神部冬馬は母・イルカが目標?生涯現役宣言も!

神部冬馬さんが現在目標とされているのが、イルカと同世代の方たちだそうです。

歌手同士やスタッフの方たちのために、コンサートでの打ち上げも大事にされていて、そんな先輩たちを見て生涯現役で活躍するのが目標だそうです。

神部冬馬の妻や子供は?再婚して双子が誕生していた?

congerdesign / Pixabay

神部冬馬さんは、2012年に結婚され、2019年に双子のお子さんが誕生しています。

神部冬馬は19歳の時に最初の結婚!でき婚だった?

shanghaistoneman / Pixabay

神部冬馬さんは、2012年に一般の方と結婚されていますが、実はその前に大学生だった19歳の時に、できちゃった結婚経験があります。

娘が誕生するもわずか1年で離婚!離婚理由は?

sarahbernier3140 / Pixabay

冬馬さんの最初の結婚生活は1年しか続かず、娘が生まれたものの離婚してしまいました。

詳しい離婚原因は不明ですが、最初の妻は娘を神部冬馬さんに預けて、実家に帰ってしまいました。

まだ小さい子供を父親に預けて、妻が家を出るというのは、あまり考えられないことですが、経済的な理由でしょうか?それなりの事情もがあったのかもしれませんが、その辺の詳しいことは分かっていません。

2012年に6年交際した一般女性と再婚

KathrinPie / Pixabay

神部冬馬さんは、2012年に6年間交際していた一般女性と再婚されています。交際当時は、冬馬さんの子供さんもまだ小さく、なかなか結婚に踏み切れなかったのかもしれません。

2019年4月に双子が誕生!20歳になる長女も喜んでいる!

Greyerbaby / Pixabay

神部冬馬さんは、2019年4月には二卵性の双子のお子さんも誕生したことを、自身のTwitterで報告していました。

男の子と女の子の双子のお子さんで、前妻との間にできた20歳の長女も喜んでいるようです。

翌月には子供たちを連れてディズニーランドに行っていた?

神部冬馬さんは、双子の子供が生まれた翌月に、子供達を連れてディズニーランドに行った事をツイッターで報告しています。

30分というかなり短い滞在時間だったそうですが、楽しく過ごされたようです。

現在は神部冬馬の祖父母・母・妻・子供3人の8人家族に!

spirit111 / Pixabay

現在は、妻と双子のお子さんと、前妻との間にできた子供と、イルカさんとイルカさんの両親の8人で、仲良く生活されているようです。

家族円満の秘訣は会話?

Free-Photos / Pixabay

現在は、神部冬馬さんの家の家族は8人で、仲良く生活されていますが、仲の良い家族の秘訣について、雑誌のインタビューにイルカさんが以下のように答えています。

「当然ですが会話ですね。単に会話というと、つまらない言葉かと思われますが、心が通っていないと言葉は出ないんです。逆に会話が出てくると、相手の心のうちが分かってくるんですよ。夫の具合が悪くなったとき、コミュニテケーションがとりづらくなっても会話はしていました。言葉を交わし合うことは、家族を作っていくうえで大切な鍵だと思うんです」

(引用:週刊女性PRIME)

きっとイルカさんの家族は、皆思っていることを話し合えるような、和気あいあいとした家族なのでしょう。

神部冬馬の学歴・経歴は?

Mysticsartdesign / Pixabay

神部冬馬さんの学歴や、シンガーソングライターになってからの経歴などを紹介します。

NEXT:神部冬馬の学歴は?出身高校・大学はどこ?
1/2