仕事が辛い原因や理由は?乗り越える方法も紹介!退職は甘えなの? ライフ

仕事が辛い原因や理由は?乗り越える方法も紹介!退職は甘えなの?

目次

[表示]

自分に週末ごと、月ごとのご褒美を用意する

MabelAmber / Pixabay

仕事が辛いという感情だけで、やる気もなくただ淡々と毎日が過ぎていくと言った場合は目標を作りましょう。

これだけ頑張れば週末に自分にご褒美をあげようと言うように、インセンティブを用意しましょう。そうすることで、いつの間にか仕事に頑張っている自分がいるはずです。

それを繰り返しているうちに、状況も変わっているはずです。仕事を頑張った分だけ周りの環境が好転してるかもしれません。

副業も視野に入れてみる

ermakovasve / Pixabay

あまりにも給料が安すぎて生活できない、と言った場合は副業と言う方法も視野に入れましょう。現在は副業を推奨している企業も多くなっています。

余った時間有効活用し収入を得る、と言うのも賢い方法の1つです。ただし本業に差し障りのないように考慮することも大切です。

仕事の先回りをする習慣を

Free-Photos / Pixabay

自分の能力の限界を感じたら、仕事ができる人を観察しましょう。おそらく仕事ができる人は、先回りのできる人です。

1つの仕事に、自分なりの方法で何らかの付加価値をつけ効率を上げています。目配り気配りをして、常に先を読むことを心がけるのもスキルアップにつながります。

職場で好きな人を見つけてみる

aliceabc0 / Pixabay

なんとなく会社に気になる人がいる場合は、仕事が楽しくなるチャンスです。会社に行けばその人の顔が見れるからです。付き合いたい、は別にして単純に会えることだけを楽しみましょう。

本物の交際に発展すれば、なお楽しくなりますが、ストーカーと思われないように節度を持つことも大事です。

好きな曲を聴いたりカラオケ三昧もいいかも

BEP / Pixabay

嫌なことがあった日は、好きな音楽を大音量で聞いたりあるいはカラオケに行って大声で歌ったりストレス発散には良い方法かもしれません。

歌いながらも、時々「〇〇課長のバカヤロー」と大声で叫ぶのもなかなかのストレス解消方法です。大声で歌いながら悪口を言う自分に、きっと笑いが止まらなくなるはずです。

第三者へ相談する

nastya_gepp / Pixabay

相手の嫌がらせが同行してひどい場合には、信頼のおける上司や第三者に相談しましょう。相談したことによって二次被害とならないように、入念な準備をしておくことが必要です。

嫌がらせの証拠や暴言などを録音し、証拠となるものを残しておく事は必要です。

長い休暇をとって旅行へ

466654 / Pixabay

たまには現実から離れてどこかに旅行に行くのも良いストレス解消方法です。現実の世界に身を委ねることによって心が癒されるからです。

知らない土地や知らない人と出会うことによって、自分の思い悩んでいたことが馬鹿馬鹿しく思えることもあるかもしれません。

時々はそうやって自分を甘やかすことが、心の緊張を解きほぐす薬になるかもしれないです。

思い切って転職する

悩みが一向に改善されない、ますますひどくなると言う場合は思い切って転職するのも良いかもしれません。この世の中、勤め先は山ほどあります。

何もそんなに嫌な会社にしがみつかなくても、「甘え」だと言われようとも、あなたの能力を生かせる会社はきっとどこかにあるはずです。

言うことを聞かない部下へとと一度しっかりと叱る

rawpixel / Pixabay

あなたが上司で部下がなかなか指示に従わない、これもストレスの大きな原因です。人前で叱責するといった事はせず、会議室などでしっかりと話し合うことが必要です。

決して感情的にならず、冷静に相手の言い分を受け止めましょう。態度が悪い、といったことよりも業務の障壁になっていることを説明した方が、聞く耳を持つでしょう。

カズレーザーの「辛い仕事への向き合い方」が話題?

辛かった仕事は何か、と訊ねられたカズレイザーさんは、「別にお金をもらえると思ったら屁でもない」と全く気にしておらず、お金のためと割り切って仕事しているようです。

仕事が辛いと思ってる人にとっては、和レイザーさんの歯に衣を着せない言葉が、大きな励ましとなっていました。

仕事が辛いので退職をしたい!退職の際の注意点は?

edar / Pixabay

いざ退職を決意して、辞めるとなったときには色々と処理をしなければならないことが山積みです。まずは生活を維持する必要もあります。

思い立ったらすぐ辞めるのではなく次の就職先を探す

mohamed_hassan / Pixabay

感情だけが先走って、突然仕事を辞めてしまっては生活に困ることもあります。次の足がかりを見つけておきましょう。

周囲に転職の決意を悟られないように、うまく立ち回ることが必要です。常日頃自分のやりたい職業から求人をリサーチしておくのも大切です。

出来るだけ円満退社になるような理由をつける

geralt / Pixabay

会社を退職するときに、会社を悪く言ったりあるいは同僚の悪口を言うなどすると、例え自分の言い分が正しくても、人格を疑われてしまいます。

家庭の事情や、自分のやりたい夢に焦点を置いて退職の意思を伝えれば、案外素直に受け止めてくれるはずです。

転職先によっては、前の職場にその人の人となりを確認する電話をかけたりするものです。悪く言われないためにも去り際はきれいにしておきましょう。

就業規則などを見て退職届の時期はいつからか調べる

常識的で考えれば、退職の意思は辞める1ヶ月前となっていますが、会社によっては違う場合もありますので、そこは就業規則等でしっかり調べておきましょう。

止め方によっては有給休暇を消化させてくれるかもしれません。ゆっくりと骨休みをして次の職場への準備体制を整えておきましょう。

退職理由は自己都合?会社都合?会社都合は転職に支障がでる場合もある

geralt / Pixabay

会社が倒産した、あるいは会社からクビと言われない限り、ほとんどの退職の方法は自己都合となります。

会社都合であれば失業給付金早く受け取れたり、解雇予告手当がもらえたりします。ですが転職を考えている人にとっては若干不都合なこともあります。

特に「解雇」と言う形でやめた場合は次の就職先で、人間関係のトラブルや何か問題起こしたのではないかと不審がられることもあります。

急にやめると周りに迷惑になることも考えておく。

geralt / Pixabay

会社に不満があり退職したとしても、いきなりやめると周りの同僚に迷惑をかけることになります。自分の仕事を当然、周りの人がやることになるからです。

また、やめたはずの会社から、業務の内容について何度も電話がかかってくるとなると、転職先の会社にも迷惑をかけてしまいます。

業務の内容についてのマニュアルを作成しておきましょう。誰が見てもわかるように図解入りなど にして、わかりやすいマニアルを作っておくことが必要です。

仕事が辛いと感じたまま無理に仕事を続けると病気になる可能性も?

stux / Pixabay

あまりのストレスに体が不調を訴え始めた、と言うことも少なからずあります。その場合放置しておくと症状がひどくなったり、場合によっては入院と言うこともあります。

軽く考えず、不調が改善されない場合は病院に行って、専門医の診察を受けることをお勧めします。

ストレスによっては、うつ病など精神障害になる可能性もある

valelopardo / Pixabay

ストレスによる症状として極度の緊張、不安、イライラなどが続くようであればそのままうつ病へと転換していきます。いつか治ると軽く考えずしっかりと向き合う必要があります。

睡眠障害や激しい頭痛などがした場合はすぐへ病院へ行く

geralt / Pixabay

初期症状であれば早めに手を打つこともできますが、本当のうつ病発症してしまうと仕事に戻るまで長い時間を要することもあります。

働かなければ生活が成り立たないと言う人にとっては、大変なリスクとなるでしょう。夜眠れない頭痛が頻繁に起こるといった症状が現れたらすぐに病院に行きましょう。

うつや体が限界を迎える前に対処する

Tumisu / Pixabay

心の病がひどくなると極端な話「自殺する人もいます。他人から甘えと思われないかなどと考えずまずは自分の体や心をいたましょう。

うつ病の要因、ハラスメントって一体何?対処法は?

geralt / Pixabay

ハラスメントとは、日本語で「嫌がらせ」と言う意味です。現在、相談件数は10年前の10倍になっていて、様々なハラスメントが世の中には横行しています。

ハラスメントがこのように多くなった原因の1つは、証拠保全が簡単になったことも一因かもしれません。携帯電話の普及により録音が簡単にできるようになり証拠が集めやすくなりました。

昔と違い、反撃する可能性も出てきた現在においては、泣き寝入りする必要はなくなったのです。

セクシャルハラスメント

mjps / Pixabay

文字通り性的嫌がらせのことです。昔は一般的に男性から女性にするハラスメントとなっていました。現在では女性から男性にあるいは同性同士のハラスメントも存在するようです。

厄介なのは、このハラスメントを行う人によっては、自分が嫌がらせをしている意思がないと言う場合です。話し合って解決するのが1番ですが相手が上司であれば対応が難しくなります。

恥ずかしいとなかなか相談できないことですが、問題が大きくなる前に誰かに相談することが必要です。

パワーハラスメント

Tumisu / Pixabay

精神的や身体的な攻撃をさしてパワーハラスメントと言いますが、最近ではパワーハラスメントの様相が変化してきました。

「ただ熱心に指導しているだけで、悪意は無い」と言った場合でもパワハラと認められるようになってきたからです。

また相手の能力に対し過小な仕事、あるいは過大な仕事を与えることもパワハラの定義に入っています。自分がパワハラをされていると感じたなら、上層部に相談するのも方法です。

逆パワハラ

mohamed_hassan / Pixabay

逆パワハラも存在します、これは部下が上司に対して行うハラスメントの事ですが、上司に対し「使えない」「給料泥棒」などと陰口を叩き、呼んでも返事をしない反抗的な態度をとる部下もいます。

これは上司が、パソコンなどの電子機器に疎かったり、あるいはペーパーレスで経費削減を呼びかけているのに、いつまでも紙に頼るなどしていることが原因の1つです。

部下を感情的に指導してもなかなか素直に聞かないものです。一対 一で冷静に、問題の部分だけを注意することが賢いやり方だといえます。

モラルハラスメント

RyanMcGuire / Pixabay

相手を支配しようとして精神的に追い詰める嫌がらせであり、目には見えないものであることから、なかなか周りには伝わりにくいハラスメントです。

場合によっては暴力的なパワハラよりも傷つくこともあるモラハラ。対象者となる加害者から一刻も早く離れることが重要です。

セカンドハラスメント

Engin_Akyurt / Pixabay

セクハラの被害者に対し「あなたが誘ったんじゃないの」などと心ない発言をして、被害者の心をさらに傷つける行為を指します。

人の心の痛みがわからない人がこういった行為をするようです。実際、被害にあったものでないとその苦しみはなかなか伝わりません。

ですが、傷ついた人をさらに追い詰めようとする行為は、悪意さえ感じられます。

ジェンダーハラスメント

Tumisu / Pixabay

男だから男らしくあるべき、女だから女らしくあるべきと男女の役割を決めつけることを指します。この世の中は昔と違い、職業にも男女の差がなくなってきました。

たった1度の人生、大切に生きましょう。

生きていると、辛いことや悲しい事は山ほどあります。順風満帆に人生を歩む人は滅多にいないかもしれません。とは言え、とても辛いことを我慢する必要は無いのです。

自分に非がある場合は別として、自分の身の回りの環境がひどくなる一方である場合はさっさと逃げ出しましょう。逃げるが勝ちです。

今の生活や、今の職場にしがみつかなくても、幸せはきっと他に見つかります。

関連する記事はこちら

3/3