キスで濡れる女性の心理や濡れる理由は?濡れるキスのやり方は? 恋愛・心理

キスで濡れる女性の心理や濡れる理由は?濡れるキスのやり方は?

目次

[表示]

愛してる

StockSnap / Pixabay

愛してる、という言葉は言われて嫌な人はまずいません。彼氏から愛してると言われれば、もちろん嬉しいです。

そして、愛があった上でのキスであるということをしっかりと認識できます。唇から伝わってくる体温が、より一層熱く感じさせます。

名前を呼ぶ

Free-Photos / Pixabay

キスの最中に、自分の名前を呼んでくれたら女性はとても嬉しいです。ただキスをするよりも、名前を囁いてもらえると、彼からの愛情を強く感じます。

感じているか聞く

bngdesigns / Pixabay

キスで感じている彼女を見て、目を見つめて感じてるの?と少し意地悪に、静かに聞いてみましょう。

恥ずかしそうな彼女の表情は、男性も興奮するでしょう。彼女を恥かしめることで、彼女はどんどんと体を敏感にさせます。

もっとしてほしいか問いかける

StockSnap / Pixabay

少しまた足りないくらいのキスで、もっとしてほしい?と問いかけてましょう。

もっとして、と彼女に言わせることを狙いましょう。焦らすようなキスを心掛けることで彼女は歯がゆい気持ちになり体を熱くさせるでしょう。

えっちな顔してるね

Free-Photos / Pixabay

キスの途中で、えっちな顔してるね。と火照った彼女の顔を意地悪そうに見つめてみましょう。

彼女は恥ずかしい顔を見られ、またストレートにそんな言葉をかけられることで益々恥ずかしさが隠せなくかなります。恥ずかしいという気持ちだけで、彼女はもう濡れてしまうでしょう。

そんな顔誰にも見せちゃダメだよ

Free-Photos / Pixabay

そんな顔誰にも見せちゃダメだよ。と、キスで火照っている彼女の顔を見ながら優しく呟きましょう。

そんな顔って、私どんな顔しちゃってるんだろうと女性は一気に恥ずかしい気持ちになります。穴があったら入りたい!と思わせるくらいがよいでしょう。

もっと見せて

StockSnap / Pixabay

キスの途中で、すでに気持ち良さそうな顔を、もっと見せて。とささやいてみましょう。もっと見せてと言われると、見せたくなくなるのが女性です。恥ずかしくなって隠れたくなります。

恥ずかしいということは、体が火照って来るということです。火照った体は敏感になり感じやすくなるため、どんどん濡れてしまうでしょう。

ありがとう

StockSnap / Pixabay

ありがとう、と言葉をかけるタイミングは限られてくると思いますが、例えば誕生日を祝ってくれた夜などでしょう。

なかなかキスやセックスの合間にありがとうと言葉をかける事はそんなに多くないので、たまに言われる言葉にドキッとし、嬉しい気持ちにさるでしょう。

かわいい

adamkontor / Pixabay

かわいいね、とささやかながらキスをすることでただのキスよりも嬉しく感じます。そして、彼氏に対する愛情が化学反応を起こし愛情が増していくでしょう。

えっちなこと考えてるでしょ?

Free-Photos / Pixabay

キスをしながら彼女の顔を覗いて、今えっちなこと考えているでしょ?と意地悪そうに問いかけてみましょう。図星でもそうでなくても、女性はそんなことを言われたら恥ずかしくなってしますでしょう。

その恥ずかしさから、体はどんどん熱くなりいつもよりも濡れやすく感じやすくなってしまうでしょう。

キスをするときに注意するべきポイントは?

aliceabc0 / Pixabay

キスをするときに注意するポイントは何かあるのでしょうか。女性ならではの視点を意識した注意点をまとめていきます。

場所を選ぶ

takazart / Pixabay

キスをする場所は選ぶ必要があります。人通りの多いところでキスをされても女性は冷めてしまいます。こんなところでどうして?と嫌悪感を抱かさせることになるので注意しましょう。

外だとしても、人目のつかないところを選んだり、夜景の綺麗なところでであればテンションは上がるでしょう。

いきなりディープキスをしない

StockSnap / Pixabay

早くセックスをしたいと思っていても、キスから始めた際にすぐディープキスに持ち込むのはNGです。

ただセックスしたいだけなのではないかと女性に不信感を抱かせることになりかねません。急がずに、ゆっとりと展開に期待していくことをこころがけましょう。

唇を柔らかくする

StockSnap / Pixabay

女性を感じさせないキスの中で最もタブーなものが、唇に力を入れてしまっているということです。

柔らかい唇でなければ、性感帯を刺激することも出来ませんし、心地の良いキスを与える事はできません。キスをする上では、唇の柔らかさを1番に意識しましょう。

キスだけで濡れるのが恥ずかしい!濡れないようにする方法や対処法は?

Pexels / Pixabay

あまりにも濡れやすく気になってしまうという女性は、織物シートを敷いてショーツを汚すことを防ぐということが唯一の対処方でしょう。

自分のキスで濡れてしまった彼女をみて、悲しむ男性はほぼいないでしょう。ほとんどの男性が嬉しい気持ちになるものです。

女性は恥ずかしいと感じるでしょうが、そこまで悪いことではないので気にする事はないという男性側の意見が多いので隠す必要はないでしょう。

濡れない女性

Free-Photos / Pixabay

反対に、彼女がなかなか濡れないと悩んでいる男性がいる場合は、彼女を恥ずかしいと思わせるアクションを起こさせてみましょう。

方法としては、いつものようなキスやセックスをするのではなく、1週間ほどフレンチキスのみ、それ以上展開はしないで我慢してみましょう。

彼女から、もっとして!と催促されるまでは我慢してみるのも良いでしょう。催促をされても、すぐにセックスをするのではなく、どうしてほしいの?などと意地悪な事を言ってみましょう。

彼女に言わせてみる

Pexels / Pixabay

セックスは、ほとんどが男性から誘うことが多いでしょう。なかなか女性が言葉に出して誘ったりすることは少ない傾向にあります。

男性が焦らすという行為を辛抱強く続けることで、女性が言わずにはいられない状況を作り出してみましょう。

普段あまり濡れない女性でも、そんなことを言ってしまっている自分にこれ以上ないほどの恥ずかしさを感じ、あっという間に濡れてしまうでしょう。

いつもと違うセックス

Free-Photos / Pixabay

いつも自分から積極的に行動しないような消極的な女性ほど、いつもの彼氏に任せたセックスではなく女性主導なセックスをさせてみましょう。

恥ずかしがりながらでも、させてみることで初めてする積極的な自分に恥ずかしさだけで濡れてしまうでしょう。なかなか濡れない女性には、いつもと違う立場でのプレイスタイルに挑戦させてみましょう。

キスで濡れる女性

Pexels / Pixabay

キスだけで濡れるということは、とても良いことであります。パートナーのことを心から愛しているという事や、リラックス出来ているということが多いので、悪いことではありません。

確かに、女性にとっては恥ずかしく知られたくないことのように思えますが、男性からの意見は好印象がほとんどです。

彼氏とのキスだけで濡れるということは、それほど彼氏を愛しているという証拠でもあるので、明るくとらえましょう。

関連する記事はこちら

3/3