狭山事件はとなりのトトロの元ネタ?共通点が多い?否定の声も?

スタジオジブリの大人気映画となりのトトロは日本や世界で広く知られています。実はそのとなりのトトロには都市伝説の噂があります。トトロのストーリーとある事件の経緯に共通点が多いとされたため、映画の元ネタになっているのではないかといわれています。

狭山事件とは?となりのトトロのモチーフとなった事件?

となりのトトロはほとんどの人が知っている大人気の映画です。しかし、とある事件をモチーフにしているのではないかといわれています。

狭山事件の概要は?5月1日に起きた事件?

Mareefe / Pixabay

狭山事件とは、埼玉県狭山市で1963年の5月1日に発生した強盗強姦殺人事件です。

警察の捜査が難航し、真相にたどり着いていないため、「誘拐殺人事件」と呼ばれる場合もありますが実際の罪状に誘拐罪はありませんでした。

姉も亡くなっていた

cocoparisienne / Pixabay

被害者の少女を探しに行ったのは姉でしたがこの姉は妹の変わり果てた姿を見て錯乱してしまいました。そしてそのまま同じ加害者により姉も殺害されてしまいます。

しかし姉の死に関しては他の説があり、事件当日から数日後に農薬を飲んで自殺したとも言われています。

狭山事件はとなりのトトロのモチーフになった?

宮崎駿監督の代表的な作品であるとなりのトトロはこの狭山事件がモチーフになったと言われています。

映画の中で出てくる小道具や地名に事件と共通点があったことや事件の流れととなりのトトロの話の流れが似ていることがとなりのトトロが狭山事件をモチーフにしていると言われる原因でもありました。

また、となりのトトロと狭山事件の関連性を題材にした本が出版されたことなどから、となりのトトロのモチーフとなったのは狭山事件なのではないかという説は都市伝説として広まりました。

となりのトトロのあらすじは?

となりのトトロは穏やかな父親としっかり者の姉、天真爛漫な妹の3人がある一軒家に引っ越してくるシーンから始まります。

引っ越し先の家に到着すると、妹はあちこちを探検して周り、不思議な生き物と遭遇します。近所のおばあさんによると、それは人がいない家に居つくお化けの一種だと教えてもらいます。

その後も新しい家で暮らしながら妹は不思議な生き物を何度も見かけ、名前を尋ねトトロだと教えてもらいました。しかし、その時は妹にしかその姿は見えず、会った場所に行くこともできませんでした。

トトロと姉の出会い

雨の夜に姉もトトロに出会い、タネをもらいそのタネを庭で育てました。実は、この姉妹の母親は病気で入院中であり3人でお見舞いに行きます。

そんな中、父親が出勤中に病院から電話がかかってきます。姉妹は不安に駆られ口喧嘩になった勢いで妹は一人で母親の病院を目指し迷子になってしまいます。

姉が迷子に気づいてすぐに探しますがなかなか見つからず、最後の頼みの綱としてトトロに縋ります。トトロは姉を猫バスに乗せ、妹の居場所を教え、母親のところまで送り届けてくれます。

似ている所が多いため、噂が広まった

Free-Photos / Pixabay

この、いなくなった妹を姉が探すシーンや、母親と一緒に暮らせないという状況、地名が狭山事件と似通っていたため、都市伝説として世に広く広まりました。

都市伝説として語られる狭山事件は実際の状況とは少し異なり、姉は妹のバラバラ死体を目撃してしまい、錯乱し大きな狸をみたと周囲に話した、とされることもありました。

実際の事件でバラバラ死体は登場しないので、この部分は創作だと考えられています。

ただの都市伝説?信じている人も多い

Mysticsartdesign / Pixabay

となりのトトロと狭山事件の関連性は不明でも、共通点が多いのは事実なので、信じている人が多い様子です。

スタジオジブリシリーズには都市伝説を持つものも多いのですが、その中で実際の事件と結びつきがあって一番現実味を帯びているのはとなりのトトロの都市伝説となっています。

関連記事はこちら

となりのトトロは狭山事件が題材?類似点や共通点まとめ

cripi / Pixabay

となりのトトロの設定やストーリーと狭山事件の共通点を紹介します。

となりのトトロの舞台は狭山市の隣?

Skitterphoto / Pixabay

となりのトトロの舞台となったのは、風景や他の場所との地理関係から事件のおきた埼玉県狭山市の近隣の市だと推測されています。

作品内の家の場所は松郷とされていて、この地名も近隣の所沢市に実際にある地名です。

狭山事件で猫のおばけやでかい狸という言葉が出ていた?

naobim / Pixabay

狭山事件の時、妹を必死に探し回る姉の姿が目撃されていました。そして妹の遺体を見てしまった姉がショックのあまり錯乱し、取調べの際に猫のお化け、大きな狸とだけ言ったとされています。

この猫のお化けが、作品中に出てくる猫バス、大きな狸が大トトロを示しているのではないかと言われています。

狭山という文字も出てくる?

作品の冒頭、引越しをするシーンで狭山茶と書かれた段ボールが登場します。狭山茶というのは狭山市や入間市、所沢市で生産されているお茶の名前です。

作品中で家があるとされている松郷という地名も猫バスの行き先表示に現れる牛沼という地名も狭山茶の生産地域である埼玉県所沢市の地名です。

スタジオジブリの作品に登場するものには全て意味があるとされており、わざわざ地名を表示したということは何かしらのメッセージ性があるのではないかと考える人が多かったです。

メインキャラの名前が事件の起きた日を示唆している?メイとサツキ?

stux / Pixabay

となりのトトロの主人公の姉妹の名前にも事件との関連性があります。まず姉はさつきという名前です。日本で昔使われていた月の呼び方で、さつき(皐月)は5月を意味します。

次に妹はメイという名前です。英語でメイ(May)というのも同じく5月を意味します。

狭山事件が起きた日が5月1日だったことから、主人公2人の名前に5月の意味のある言葉を選んではないか、と言われました。

2人の歳を足すと狭山事件の被害者と同じ年齢?

ThuyHaBich / Pixabay

作品に登場する姉妹の妹は4歳、姉は12歳でした。狭山事件の被害者の少女の年齢は16歳でした。作品中の姉妹の年齢を足すと5+11=16となるので、被害者の年齢が等しくなります。

母親の入院先のモデルが狭山事件の八国山病院?

rawpixel / Pixabay

作品中で母親が入院しているとされる病院の名前は「七国山病院」とされています。これは挟山丘陸に実在した「八国山病院」がモデルになったと言われています。

八国山病院は、末期の患者や精神を患った患者が入院する病棟があったとされていました。

行方不明の妹を探す姉?

vargazs / Pixabay

狭山事件では行方不明になった妹の姿を探して回る姉の姿が目撃されたとされています。

公式ブログが都市伝説を否定したのも狭山事件の起きた日?

webandi / Pixabay

となりのトトロに関する都市伝説があまりにも広く浸透したしまったため、スタジオジブリ側が公式ブログで事件との関連性を否定しました。

しかし、その記事が投稿された日が事件が起きた日と同じ5月1日だったのです。公式に否定されたにもかかわらずこの日にちを選んだことにより、都市伝説はさらに勢いを増しました。

狭山事件が謎の多い事件だったのも噂の原因?

qimono / Pixabay

狭山事件は謎が多かったことも都市伝説の噂を加速させた要因です。

犯人による読みにくい脅迫状

mozlase__ / Pixabay

狭山事件のとき、少女が姿を消した後、犯人から脅迫状が届きました。

その脅迫状には、「子供の命が欲しいなら20万円を女性に持たせて自分の友達に引き渡せ、警察に言ったら子供の命はない。近所の人にもいうな」といった内容のことが書かれていました。

この脅迫状はひらがな、カタカナ、漢字の混ざっためちゃくちゃな日本語で書かれていました。そのため、当時警察は識字能力の低い人間がこれを書いたと思い、捜査をしていました。

識字能力が争点に

cocoparisienne / Pixabay

ちょうどその頃、容疑者として疑われていた人に石田一雄さんという人物がいました。この方は部落出身で小学校にも満足に通えていなかったので、識字能力はとても低かったと言われています。

そのため、この脅迫状も石川一雄さんが書いたのではいかと言われていました。

しかし石川さんが文字を覚えたのは刑務所に入ってからだという証言があったため、この脅迫状をかける能力があったかどうかが1つの論点となりました。

殺害の証拠は何も出てこなかった

kaboompics / Pixabay

狭山事件では、身代金の引き渡しの時警察は40人も張り込んでいたにもかかわらず、犯人を逃してしまいました。そのため、警察は犯人逮捕に焦っていました。

そのような背景もあり、当時容疑者とされていた石川一雄さんに罪を認めさせましたが、その際に警察が証拠として示したものはつじつまを合わせるために警察が用意したものでした。

証拠は警察が用意した

AnnaliseArt / Pixabay

被害者のカバンや万年筆の場所が供述通りの場所で見つかったとされていましたが、被害者のものとされていたものと見つかったものは異なっていました。

被害者の鞄は布製でしたが、見つかったとされた鞄は革製、万年筆のインクの色も違うものでした。

犯人の石田一雄は冤罪?警察の手で意図的に犯人に仕立て上げられた説も

Myriams-Fotos / Pixabay

この証拠品に限らず警察は色々な手段で石田一雄さんを犯人に仕立て上げようとしました。

脅迫文の筆跡と石田一雄さんの筆跡を比べたらところ、一致しないという結果を出した研究所が複数ありましたが、その結果は採用しませんでした。

また、自宅捜索の際も特に殺害の証拠になるものは出て来ませんでした。

自白を強要した可能性

stevepb / Pixabay

そして、石田一雄さんが自白ししまったことに関しては連日の取り調べで疲弊したところに「いま認めたら(刑務所から)10年で出られるぞ」とそそのかし、無理やり言わせたものでした。

後にこのことが公になると、「石田一雄さんを助ける会」が発足され、冤罪から救おうという動きがありました。

また、石川一雄さんは部落出身者であったため、この証拠の捏造や強制的に自白させたこと意外にも部落出身者差別なのではないかという点で問題視されました。

共犯者がいるという説も?

geralt / Pixabay

怪しげな3人組を見た人がいたこと、犯人が友達に身代金を渡すように言ってきたことから共犯者がいた説も考えられています。

事件後には不審死が相次いだ!死亡した人は6人?

StockSnap / Pixabay

狭山事件で亡くなったのは被害者の少女だけではありませんでした。不審死が周囲で相次ぎ6人が死しています。

1人目は、被害者の家で住み込みで働いていた経験があり、被害者とも顔見知りであった奥富玄二さんです。31歳でした。

脅迫状の筆跡と似た筆跡でありましたが、自殺当日は結婚式の前日であり、自殺の原因と思われることはなかったとされている。

2人目、3人目

Kincse_j / Pixabay

警察に不審な3人を見たと通報した田中登さんです。31歳でした。警察に犯人扱いされたことで神経が衰弱した状態だったといわれています。包丁で胸を刺して自殺しました。

被害者の姉で身代金の受け渡しを行った登美子さんです。原因は石田一雄さんの死刑判決を聞いたことによってショックを受けたからだといわれている。農薬を飲んだ服毒自殺でした。

4人目、5人目、6人目

MabelAmber / Pixabay

事件発生から3年以上経過したころであったが、石田一雄さんの兄であり養豚所の経営者であった登利造さんが4人目の死亡者でした。首つりによる自殺でした。

実家が資産家の中田喜代治さんが首つりによる自殺をしました。

昭和52年の12月19日、狭山事件を追っていたジャーナリストの片桐軍三さんが東京都豊島区で何者かに襲われ死亡しました。この事件も犯人はわからなく、迷宮入りとなりました。

被害者の中田善枝さんの品行にも疑問の声が

StockSnap / Pixabay

被害者の少女の遺体を解剖したところ、性的暴行を受けた跡が確認されたため、強姦した後に殺害のされたと考えられていました。

しかし、このとき少女の性行為はこの事件の時が初めてでなかったこともわかり、品行を疑われました。

少女の母は、奔放な女性であり、複数の男性と同時に交際しており、結婚した際にはほかの交際相手から嫌がらせを受けたりしたことも確認されています。

母に似て奔放だった可能性

JillWellington / Pixabay

母親は脳梗塞で死亡したとされていますが、毒殺の説が出るほど荒れていたと推測されます。そして、被害者の少女も母親に似て複数の男性と交際するなど、奔放な部分がありました。

これらのことから、解剖によって確認されたいた暴行の痕跡は強姦によるものではなく、和姦によるものであり、そのあとに殺害されたと主張されました。

また、別の説では被害者の少女は母親が近所の部落出身の男性と不倫の末に生まれた子供であり、その出自を巡りトラブルになったとも言われています。

NEXT 狭山事件犯人の石田一雄は釈放されて無罪を主張している