一生独身の実態や特徴は?覚悟が必要?準備するべきことは? 恋愛・心理

一生独身の実態や特徴は?覚悟が必要?準備するべきことは?

自分は一生独身かもしれないと感じた時、将来に備えてどのような覚悟が必要なのでしょうか?また、一生独身の男性や女性には、そのような特徴がみられるのでしょうか?一生独身で過ごす人の実態や特徴、独身で過ごすにあたっての心構えなどを紹介していきます。

目次

[表示]

結婚は本当に幸せ?一生独身の男女の実態は?

Takmeomeo / Pixabay

ライフスタイルも多様化してきた昨今、一生独身を選ぶ人も増えてきています。かつては独身貴族とも呼ばれた生涯独身という生き方ですが、実際に独身を貫くとどのような生き方になるのでしょうか?

ここでは結婚は幸せなのか、独身の方が幸せなのか、それぞれの立場の言い分や実態を紹介していきます。

現在の日本で一生独身でいる人の割合は?

Lalmch / Pixabay

平成27年時の国税調査報告によると、50歳の段階で未婚の男性は全体の23.37%、女性は14.06%という結果が出ています。

つまり男性に至っては全体の4分の1近くが、生涯独身である可能性が高いということです。

未婚率が高くなる背景には、景気の悪化や雇用の不安定という社会不安が大きく関係していることから、今後も生涯独身を選ぶ人は増えると予想されています。

一生独身でも幸せになれる?独身貴族?

skeeze / Pixabay

独身貴族という言葉があるように、自分の稼いだお金の全てが好きに使える、責任を負わなくていいという理由から、経済的に安定していても一生独身を選ぶ人も存在します。

また、堂々と色々な異性と付き合いたいから独身を貫くという人もいることから、あえて結婚をしないという選択肢を取る男性や女性も少なくありません。

一生独身を貫くには覚悟がいる?

stevepb / Pixabay

一生独身という生き方を貫く場合、何かあった際には自分の親兄弟は頼れないという可能性も視野に入れる必要があります。

そのため健康管理をする、老後に向けてしっかりと計画を立てて貯金をする、住居について考えると言ったことが必須となるでしょう。

独身である場合、将来的に入院や介護施設に入る際にも保証人をお金で探さなければいけない可能性もあります。この点をしっかりと意識して備えをする必要があるのです。

2chで囁かれる結婚は人生の墓場説は本当?

Free-Photos / Pixabay

今までの気ままな人生が終わって再出発をするという意味では、結婚は人生の墓場とも言えるでしょう。

よく2chでは結婚は人生の墓場という言葉を好んで使う人を見かけますが、結婚相手や自分の努力次第で、家庭はいくらでも良いものに変えていかれるはずです。

覚悟も責任もなく、なんとなく流されるままに結婚をしてしまった人にとっては、結婚は人生の墓場に感じられるのかもしれません。

一生独身の人は、結婚したくないのではなくてできない?

Pexels / Pixabay

独身貴族として未婚の生活を謳歌する人がいる一方で、結婚したくてもできないのだ、と主張する人も多く存在します。

この中には単に出会いや良縁に恵まれないという人もいますが、収入が少なすぎてとても家庭を持つどころではない、交際相手の親に合わせる顔がないと嘆く人々もいます。

国が積極的に雇用の改善を行っていかない限り、このようなケースで仕方なく結婚をあきらめる男性や女性は増える一方だと危惧されているのです。

結婚して後悔している人もいる?

Counselling / Pixabay

結婚を選択して後悔しているという人も勿論存在します。家族が夫婦だけならば、独身の時と変わらない生活ができますが、ここに子供や双方の親の介護が加わると家庭への責任は桁違いに重くなります。

特に子供が生まれると妻の生活はどうしても子供中心のものとなってしまい、家庭にいる時間が少ない夫は疎外感を感じてしまうことも多いでしょう。

介護は女がするものという概念が色濃く残っていることから、夫の親の介護に振り回されて仕事を辞めざるを得ない妻も存在します。このような点から結婚を後悔するのは、珍しいことではありません。

関連する記事はこちら

一生独身かも?一生独身を貫く人の特徴とは?

Free-Photos / Pixabay

自分はこのまま一生独身かもしれない。生涯独身の人の中には、自分で独身を選ぶ人以外にもやむをえず独身を貫く人も多く存在します。

ここでは、一生独身の人達に見られる特徴を紹介していきます。

経済的に苦しい、貯金がない

rawpixel / Pixabay

自分の家庭を築くにしても、先立つものが無くて踏み出せないという人もいます。一家の大黒柱は男性がという風潮が根深いために、特に男性が結婚を断念する理由として挙げるケースが多いでしょう。

裏を返せば経済的な不安が解消されれば、結婚を前向きに検討したいと考えているということです。

男性であっても女性であっても、稼げるときに稼げる方が働くというスタイルが定着すれば、このような理由で結婚を諦める男性も少なくなるかもしれません。

単純に容姿が悪い

Free-Photos / Pixabay

容姿が悪いからモテない、だから結婚しようがないと主張する人もいます。

よく言われることですが、結婚をして幸せな家庭を築いている人達みんなが、整った容姿というわけではありません。

このような理由で結婚を諦めたと言っている人達の場合、お互いの良さを認めあえる人と出会って、トントン拍子で結婚まで至るケースも存在します。

そもそも結婚願望がない

ThorstenF / Pixabay

男性でも女性でも、結婚願望そのものが無いという人も少なからずいることでしょう。結婚というのは本来、義務ではなく人生の選択肢の一つですから、結婚に興味が無いという人もいて当然です。

また、結婚に興味が無い人が無理をして結婚をした場合、本人も家族も幸せになれないというケースも多くあります。

自分と向き合った結果、結婚は必要ないという結論になった場合、一生独身という生き方を周囲も受け入れるべきでしょう。

真面目で几帳面

Free-Photos / Pixabay

仕事も私生活も卒なく真面目にこなし、羽目を外すということがなく、出会いに関し積極性を見せることができないという人も、恋人ができにくい=一生独身の可能性が高い人です。

このタイプでは、結果が分からずに自分のペースが乱される恋愛や結婚というものに苦手意識があるという人も少なくないとされます。

他人に対して厳しすぎる

StockSnap / Pixabay

周囲の人に対する要求が高く、他人に厳しい人も男女問わず一生独身となる傾向があります。

結婚生活とは他人同士で1つの家庭を築くことであるため、他の人に対して息苦しさを感じさせるような人にとってはハードルが高い行為になるのです。

こだわりが強すぎる

donterase / Pixabay

潔癖症であったり自分の生活のルーティンを守らないと気が済まなかったり、非常に強いこだわりを持っている人も結婚には向かない、生涯独身となることが多いタイプです。

良くも悪くも柔軟性が無いことから、自分が折れなければいけないシーンも多い家庭生活に向いていないのです。

自己評価が高すぎる

Schwerdhoefer / Pixabay

自己評価が異常に高く、世界の中心が自分であるかのような言動を見せる人も一生独身を貫くケースが多いとされています。

恋人ができない、結婚ができないのは自分のせいでは無く、自分と釣り合わない周囲の人間が悪い、良さを認めないのが悪いと考えてしまい、人を遠ざけてしまうのです。

異性が苦手・異性との会話が苦手

mintchipdesigns / Pixabay

恋愛経験が少なすぎるといった理由から異性と会話することが苦手で、自ら恋愛や結婚のチャンスを潰してしまっているというタイプの人も、生涯独身となる可能性が高いです。

とにかく話を盛り上げないといけないというプレッシャーから一方的に自分の話をして空回りをしてしまったり、誠実で真面目な人に多い特徴とも言えます。

一生独身な男性の特徴は?

Free-Photos / Pixabay

一生独身という生き方を選ぶ男性には、極端にマイペースであったり趣味人であったり、結婚相手に求める理想が高すぎると言った特徴が見られます。

特に友達や職場の男性も似たようなタイプが集まっていた場合、同級生のほとんどが父親になっている年齢になっても、まだ20代前半の女性しか恋愛対象として見れないという場合も。

また、几帳面な性格のうえ学生時代から一人暮らしをしてきたことから、何でも完璧にこなすようになってしまい、同棲する恋人すら必要としない人も存在します。

一生独身な女性の特徴は?

一生独身という生き方を選ぶ女性には、仕事一筋であったりプライドが高かったり、恋愛経験が少なく男性に対しての接し方が分かっていないといった特徴が見られます。

婚活市場などでもよく言われることですが、結婚願望があるのに婚約にすら至らない女性の場合、相手に対する理想が高いというケースも多く見られます。自分が見えていないため、高望みしすぎてしまうのです。

また同性から憧れられるようなデキる女の場合、あまりの隙の無さに男性が可愛げが無いと感じてしまい、付き合っても結婚は考えられないと言われることもあるでしょう。

独身も幸せ?一生独身のメリットとは?

Alexas_Fotos / Pixabay

一生独身という生き方には、どのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは、生涯独身であった場合のメリットを紹介していきます。

一生独身のメリット①時間を自由に使える

Bru-nO / Pixabay

一般に男性、女性ともに結婚適齢期と言われる時期は、仕事にも慣れて社会人としての生活のペースが確立されてくる頃です。

その時に結婚をして家庭を持ってしまうと、せっかく作った自分のペースが崩れてしまったり、自分の趣味や遊びに費やせる時間は減ってしまいます。

このようなことが無く、自由気ままにオフの時間を満喫できるというのは、一生独身を選ぶメリットと言えます。

一生独身のメリット②収入を自由に使える

nattanan23 / Pixabay

子供がいなくて共働き、という世帯の場合は結婚後も財布は別々という世帯も珍しくありません。しかし子供がいる家庭の場合は、収入の大半は子供のために消えていくことが多いです。

自由に使えるのは月々のお小遣いだけとなるため、独身であれば自分の稼ぎは好きに使えるのに、と独身を選ぶ人は多いでしょう。

趣味も充実させて欲しいものも我慢しなくて良い。このことは独身の利点と言えます。

一生独身のメリット③好きな場所に住める

zephylwer0 / Pixabay

家庭を持ち子供が誕生すると、子供にとってより良い環境に引っ越すということを考えるようになります。都心勤務の場合には、自分の勤務地から離れた場所に住居を定めることも多いでしょう。

これまで住んだこともないような、何の思い入れもない場所にローンを組んで家を買い、ラッシュの時間に1時間以上電車に乗って通勤する。

このような思いをせずに、自分の都合だけを考えて好きな場所に住み、自由に引っ越しできるというのは独身ならではのメリットと言えます。

一生独身のメリット④仕事第一に生きられる

rawpixel / Pixabay

家に早く帰る必要が無いため、仕事に没頭できるということも独身のメリットです。

特に女性は母親になると、保育園に入れないといった理由でキャリアプランの変更を余儀なくされたり、子供の体調で仕事を休む必要なども出てきます。

独身であればそのような心配もなく、時間を仕事に割くことができるでしょう。

一生独身のメリット⑤高い保険に加入しなくて済む

stevepb / Pixabay

結婚、子供の誕生と大きなイベントが起こる度に必要となるのが、保険の見直しです。既婚者は自分の身に何かあった場合を考えて様々な補償をつけることから、保険の金額はかさみがちになります。

しかし、独身であれば自分のことだけを考えてシンプルなプランが組めるため、保険にお金を掛けなくても済むでしょう。

一生独身のメリット⑥恋愛を楽しめる

3dman_eu / Pixabay

独身であれば、幾つになっても魅力的な相手にアプローチをすることが可能です。

既婚者の場合は、1度の遊びのつもりでも離婚、慰謝料という大事に発展する可能性があることから、恋愛を楽しみたい人にとっては独身でいることは大きなメリットと言えます。

一生独身のメリット⑦転職が自由にできる

stokpic / Pixabay

挑戦してみたい仕事があるけれど、給与が下がってしまう、雇用形態が契約社員になることから諦めなければいけない。このようなことも、家庭を持っている場合はあり得ることです。

しかし、独身である場合はいつでも魅力を感じた仕事に挑戦することができ、時には1からやり直すことも可能です。挑戦することを躊躇わずに済む身軽さも、独身の利点と言えます。

一生独身のメリット⑧複雑な人間関係に煩わされない

OmarMedinaFilms / Pixabay

結婚をすると、相手の家族ともうまく付き合っていく必要が出てきます。さらに子供が生まれた場合は、子供の友達の親、保育園や幼稚園の保護者会、PTA、自治会の子供会と人付き合いの輪も広がります。

このような関係の全てが良好ならばともかく、トラブルが起こる可能性もあるうえに付き合いに時間を取られることも多々あるでしょう。

その点、独身であればオフの時間は自分の好きな人とだけ会えばよいため、非常に気楽です。

一生独身のメリット⑨自分で選んだ物に囲まれて生活できる

aloiswohlfahrt / Pixabay

結婚をすれば当然、家具も家電も自分の一存で選ぶことはできなくなります。時にはこれまでお気に入りだった家具を、手放さなければいけないこともあるでしょう。

また、独身の時には自分の好みだけで選べた車も、結婚をして子供ができると子供中心に買い替える必要が出てきます。

しかし独身であれば自分が良いと思ったものを選び、それに囲まれて暮らすことができるのです。

NEXT:一生独身のメリット⑩自分のペースを崩されずに済む
1/3