好き避けをする男女別の心理は?態度やLINEの特徴を紹介!恋愛・心理

好き避けをする男女別の心理は?態度やLINEの特徴を紹介!

目次

[表示]

時間を空けてから返信をする

nile / Pixabay

好きな人からLINEやメールが届くと誰でも嬉しいもので、ついすぐに返事を送りたくなってしまいます。

しかし、好き避けをしてしまう人は、返事が早いと自分が好きだということが分かってしまうのではと考え、メッセージが届いることに気が付いていてもすぐに返事をしないことがあります。

返事を遅らせることで、相手からLINEやメールがくるのを待っていたことを悟られないようにします。

LINEが既読になるまでが遅い

nastya_gepp / Pixabay

返事を送らせて好きな気持ちを隠そうとするのは、既読機能のあるLINEでも同じです。見ていることが相手にわかる状態でも、あえて返事を送らせて自分の気持ちがバレないようにします。

また、すぐに見ていることが分からないように、既読をつけるまでの時間が長いという人もいます。

スタンプは極力使わない

TayebMEZAHDIA / Pixabay

LINEでの会話を盛り上げたり、簡単に返事をすることができるスタンプですが、好き避けをしてしまう人は相手を意識し過ぎてしまうあまり、スタンプをなかなか使うことができません。

変にスタンプを使って、「センスがない」「面白くない」などと思われることを恐れて、気軽にスタンプを使えなくなります。

自分からはLINEやメールは送らない

好き避けをする人は、好きな人からLINEやメールがくると返事をしますが、自分からはなかなか送ることがありません。

LINEやメールを送って自分の気持ちがバレてしまわないか、不安に思っているためです。本当はもっとたくさんやり取りをしたいけど、相手から送ってきてくれるのを常に待っています。

女性の場合さりげなくハートを使ってくる

3dman_eu / Pixabay

好き避けをしてしまう女性は、本当はもっとあなたと話したい、自分の好意を伝えたと持っていることもあります。また、きらいだと誤解されていないかと心配していることも多いです。

そんな女性は、直接あなたに合うことがないLINEやメールの場合は少しだけ積極的になり、ハートを使ってくることがあります。

露骨にハートばかり使うようなことはありませんが、さりげなく使うことで、あなたに自分の好意に気づいてもらおうとしています。

男性の場合好意を示すようなスタンプを使ってくる

男性の場合も、本当は好意を伝えたい、嫌いだと誤解されていないか心配に思っている人は多いです。

男性は女性のようにハートなどはどのように使えばいいのかわからないので、簡単に行為が伝わるようなスタンプを送ってくることがあります。

顔を合わせて話すときとLINEの返すときとの対応の差が激しい

Free-Photos / Pixabay

LINEでは積極的に話すことができても、やはり直接顔を見て話しをするとなると、恥ずかしくてLINEと同じように話すことはできません。

しばらく会わずにずっとラインをしていて、久しぶりに会うとその対応の違いに驚いてしまうこともあるでしょう。

好き避けをする人の特徴【職場編】

rawpixel / Pixabay

職場に好き避けをする人がいる場合、職場だからこそ避けているという可能性もあります。職場の態度をプライベートを見比べると、相手の本心が見えてくるかもしれません。

好き避けをする人が職場にいる場合、仕事にも影響が出るので、その相手や周りの人に対して気を遣ってしまうことも多いでしょう。

職場に好き避けをしてしまう人の特徴や心理について、ご紹介しましょう。

話すときは常に敬語

Free-Photos / Pixabay

好き避けをする人は、仕事とプライベートは完全に分けます。そのため、職場では基本的に好きな相手には敬語を貫きます。

仕事中や職場は敬語を必ず使うもので、敬語を使うことで仕事とプライベートがきっちりと分けやすくなります。

好き避けしてしまう人は好きな人と話していると緊張してしまうので、むしろ敬語の方が話しやすくなります。

二人きりになると笑顔や親しい会話が増える

5688709 / Pixabay

職場では仕事とプライベートを分けるために、また、人に自分の気持ちが知られてしまわないように、あえて避けてしまいます。

しかし、二人きりになると人の目がないため、バレないという安心感で笑顔が増えたり、砕けた内容の会話が増えるようになります。

好き避けをしてしまう人にとって、二人きりの状況は人の目を気にせずに好きな人と話ができるチャンスでもあります。

無駄話をしない

philm1310 / Pixabay

そこまで仲がいいという人でなくても、一緒にいれば世間話などの無駄話をするのは普通でしょう。

しかし、好き避けをする人は、好きな気持ちがバレてしまわないように、無駄話も極力しません。

仕事などで一緒になっても、仕事の話はよくしても、無駄話となると距離を取り、グループから離れていってしまいます。

普段は避けても仕事ではしっかりフォローしてくれる

TeroVesalainen / Pixabay

好き避けをする人は、仕事とプライベートはきっちりと分けられる人が多いです。そのため、プライベートでは避けてばかりでも、仕事となるとしっかりとこなしてくれます。

好きな人とでもコミュニケーションを取り、的確な仕事をして成果を出すことができるでしょう。

会社の飲み会では席がいつも近く

kameo0501 / Pixabay

職場で好きな人には冷たい態度をとってしまう好き避けをする人にとって、会社の飲み会は好きな人と話ができるチャンスです。

そこで好きな人の隣や近くを他の女性に取られてしまうと。次の飲み会までに会話をするチャンスがなくなってしまいます。そのため、好きな人の隣は何が何でも死守したいのです。

普段職場で避けられているのに、飲み階ではいつもとなりにいるという人は、あなたのことを好き避けしている可能性が高いでしょう。

人伝えで雑用などをさりげなくやってくれる

rawpixel / Pixabay

好き避けをしてしまう人はあなたのことが好きだからこそ避けてしまい、本当はもっとあなたと話したい、あなたの役に立ちたいと思っています。

そのため、直接は恥ずかしいので、人伝えであなたの役に立つために雑用などをしてくれます。感謝されたいという気持ちなどではなく、純粋にあなたの役に立ちたいと思っていることが多いです。

そのため、あなたが気が付いていないところでも、実はたくさん手伝ってくれているかもしれません。

二人きりの時だけ雰囲気が柔らかくなったり話しかけてきたりする

Allinoch / Pixabay

好き避けをする人の中には、好きな人と話しているところを人に見られてしまうのが恥ずかしいというだけという人もいます。

そのため、周りに人がいないと、その恥ずかしさがなくなり、雰囲気が柔らかくなり話しかけてくることもあります。

叱られたりミスをするとさりげなく慰めてくれる

skeeze / Pixabay

人は、好意を寄せている相手が落ち込んでいたり悲しんでいたりすると、心配しますし、早く元気になってほしいと思うものです。

好き避けをする人も同じで、堂々と慰めるようなことは恥ずかしくてなかなかしませんが、あなたが落ち込んでいれば、さりげなく慰めて元気づけてくれます。

話しかけることができない分陰からあなたのことをよく見ているので、他の人よりもすぐに気が付いてくれるでしょう。

好き避けをする女性の心理や理由

多くの人は、好きな人ができると相手にも自分のことを好きになってもらいたいといろいろアピールするものですが、好き避けをする人にはそれができません。

どうして好きな人のことを、避けてしまうのでしょうか?まずは、好き避けをしてしまう女性の心理や理由についてみていきましょう。

好きな気持ちに気づいてほしくて気を引いている

RondellMelling / Pixabay

好き避けをする人は、自分から気持ちを素直に伝えられないため、あえて好き避けをして気を引こうとしている人もいます。

わざと好きな人を避けることで、自分の気持ちに気づいてもらおうとしています。

恋愛経験が少なく、相手に自分の気持ちの伝え方が分からない

好き避けをする人の多くは恋愛経験が少なく、自分から告白したことがありません。そのため、相手に自分の気持ちをそうやって伝えればいいのかが分かりません。

また、恋愛経験の少なさから恥ずかしさなどにも慣れておらず、自分から積極的にアピールをすることができないのです。

本当はもっと話したいと思っている

StockSnap / Pixabay

好き避けをしてしまう人は、相手のことが嫌だから避けるのではなく、好きという気持ちゆえに避けてしまいます。

そのため、本当はもっとたくさん好きな人と話をしたいと思っています。しかし、どうしても本人を前にすると恥ずかしさが勝ってしまい、つい避けてしまうのです。

周りの人に好きだという気持ちを知られたくない

pixel2013 / Pixabay

多くの人は、好きな人と一緒にいると嬉しくて普段よりも明るくなったり、笑顔が多くなったりと少し変わってしまうことがあります。

人によっては、周りの人に気持ちがバレバレだということもあるでしょう。好き避けをしてしまう人は、好きな人への態度で自分が好きだということを周りに知られたくないと思っています。

そのため、バレてしまわないようにあえて好きな人を避けたり、冷たくしてしまうのです。

自分に自信がない

fsHH / Pixabay

好き避けをしている人の中には、自分に自信がないことで好きな人に話しかけることができず、距離をとってしまう人もいます。

自分に自信がなく好き避けをする人は、「自分なんて」「どうせ自分は」などとネガティブな発言がとても多いことも特徴の一つです。

恋愛をしている自分が嫌だから

Nietjuh / Pixabay

好き避けをしてしまうのは、恥ずかしさからなどではなく、恋愛をしている自分のことが嫌だからという理由もあります。

自分自身で、相手に会った時に喜んでいたり、嬉しいという気持ちを認めたくないのです。

仕事や勉強に集中したいのに、恋愛に気をとられている自分が嫌になってしまい、恋愛していることを認めたくないため、気になる相手を避けてしまうようです。

たまたま服装や身だしなみに気を使っていなかったので見せられなかった

kinkate / Pixabay

女性は、好きな相手にはいつでもキレイな自分を見せたいものです。好きな人に会った時に、たまたま身だしなみや服装がだらしないと、そんな自分を見られたくないため、避けてしまうことがあります。

普段は明るく話しかけてくれるような女性に急に避けられたときは、たまたま見られたくない恰好をしていたのかもしれません。

職場の場合

Free-Photos / Pixabay

職場で好き避けをしてしまう女性は、周りの人に自分の気持ちを知られたくないと思っていたり、仕事にプライベートを持ち込みたくないと思っている可能性が高いです。

そのため、その人が好き避けをしていて自分に気があると分かっていても、仕事中にやたらと話しかけてしまうと、嫌がられてしまうこともあります。

プライベートになると、職場の冷たい態度とは違い、優しく相手から話しかけてきてくれることも多いでしょう。

好き避けをする男性の心理や理由

SJJP / Pixabay

好き避けをしない女性でも、アプローチや告白は男性からしてほしいという人は多くいます。しかし、好き避けをする男性にとって、それはとてもハードル高く難しい事です。

好き避けをする男性は、どうして好き避けをしてしまうのでしょう?好き避け男性の心理や理由について、見てきましょう。

周りの人に好きな気持ちを知られたくない

Nietjuh / Pixabay

好き避けをする男性は、周りに自分の気持ちがバレてしまうことでその人との関係が変わってしまったり、冷やかされたくないので避けてしまうという人も多いです。

周りに気を遣わせたくない、いじられたくないという気持ちが、好き避けにつながってしまうようです。

特に職場などでは、他の人たちに気持ちを知られると気を遣わせてしまうことになるので、できるだけ知られないように好き避けをしてしまいます。

恋愛経験がなく、どうやって接すればいいのかわからない

qimono / Pixabay

恋愛経験があまりない男性は、女性や好きな人にどのような態度をとっていいのかわからないという人もいます。

そのため、好きだと思うとその人と今までどうやって話をしていたのか分からなくなり、冷たい態度や避けてしまうようになります。

恋愛よりも仕事に集中したい

Free-Photos / Pixabay

職場に好きな人がいる男性は、恋愛と仕事はきっちりと分けてメリハリをつけたいという考えの人も多いでしょう。

好きな人と話をしたりして意識してしまうと、うまく仕事に集中することができなくなってしまうため、避けるようになることがあります。

このタイプの男性は、プライベートの場ではよく話をしてくれたり、二人になると優しくなることが多いです。

恥ずかしくて逃げてしまう

Myriams-Fotos / Pixabay

好きな人を前にすると、目を合わせるのも近くにいるのも恥ずかしく、つい逃げてしまうという男性もいます。

積極的な人は、好きな人を振り向かせるために積極的に目を見て話しかけたり、一緒にいたいと思うものです。恥ずかしさよりも、目が合った喜びが大きいという人もたくさんいます。

しかし、好き避け男性は恥ずかしさが勝ってしまい、一緒にいたいという本当の気持ちとは反対の逃げるという行動を取ってしまいます。

NEXT:恰好の悪い自分を見せたくない
2/4