仲宗根美樹の現在は銀座クラブ経営?経歴は?夫や娘・息子について!

1960年代に活躍した国民的人気歌手仲宗根美樹さんの現在についてまとめます。仲宗根美樹さんの波乱に満ちた経歴をはじめ、2度にわたる結婚と離婚、夫との間に生まれた息子や娘について、現在東京・銀座で経営されているクラブについてなど、詳しくまとめていきます。

仲宗根美樹の現在は?

戦後の時代、ブルースや歌謡曲の歌い手として大人気を誇った歌手の仲宗根美樹さん。当時は非常に珍しかった沖縄をルーツに持つ歌手で「沖縄の歌姫」の名で親しまれました。

そんな仲宗根美樹さんの名を一躍有名にした、大ヒット曲「川は流れる」は現在でも語り継がれる名曲です。今回はこの仲宗根美樹さんの現在の様子を詳しく紹介します。

仲宗根美樹のプロフィール!年齢は?【写真画像アリ】

まず最初に、仲宗根美樹さんのプロフィールをおさらいしていきたいと思います。仲宗根美樹さんは太平洋戦争真っ只中の1944年6月23日、沖縄から東京に疎開中だった両親の元に誕生しました。

1961年に日本テレビで放送された刑事ドラマ「東京物語」に女優として出演し、その主題歌だった「愛に生きる」を歌い、同年5月に歌手デビューを果たします。

1961年9月に発表した「川は流れる」が国民的大ヒットを記録し、その翌年には紅白歌合戦への初出場を決めます。その後もヒット曲を連発し、合計5回の紅白出場を果たすなど大人気歌手となります。

1971年の歌手引退後は、2度の離婚や多額の借金を抱えるなどの波乱万丈な人生を送りますが、そうした荒波を乗り越え、2019年6月現在74歳(23日で75歳)となった今は銀座でクラブを経営されています。

1998年テレビ東京「年忘れにっぽんの歌」で25年ぶりに歌手復帰

仲宗根美樹さんは、1971年の1度目の結婚を機に一度芸能界を引退してます。その後、1998年にテレビ東京で放送された歌番組「年忘れにっぽんの歌」への出演をきっかけに25年ぶりの歌手復帰を果たします。

この時のテレビ放送を見た息子さん達に「僕達の事は心配いらないからもう一度歌ってみたら?」と勧められた事で、本格的に歌手としての活動を再開する事を決意されたそうです。

2001年映画「バックステージ」に出演!「I’m a singer」を発売

歌手としての活動を再開した仲宗根美樹さんは、2001年に映画「バックステージ」でヒロイン後藤さやかの母で、かつて一斉を風靡した歌手一色舞子役で出演しています。

仲宗根美樹さんは、この劇中で登場する重要なミュージカル作品「I’m a Singe」の名前を冠する主題歌「I’m a singer」を歌い、約30年ぶりのシングル曲としてリリースしました。

2008年10月長男・國場一成がガンで死去、享年35歳

danigeza / Pixabay

そんな最中、仲宗根美樹さんに突然の不幸が襲います。2008年10月、長男の國場一成さんが35歳という若さで他界したのです。

後で詳しく紹介しますが、この仲宗根美樹さんの長男お國場一成さんは伝説的存在とも呼ばれた天才編集者で、その若すぎる死は多く人々に惜しまれました。

NEXT 長男が亡くなりうつ病に?