首相安倍晋三の余命は3か月?!肺がん末期の噂と病気の真相!

第97代目の内閣総理大臣である安倍晋三さん。首相として大変忙しい毎日を送られている安倍晋三さんですが実は最近ガンのステージ4という報道が噂されています。さらにその余命もわずか3か月と告知されたとか。実際はどうなのでしょうか?真相に迫ります。

首相安倍晋三は余命わずか?病気の噂

安倍晋三首相は2017年6月17日母洋子さん(安倍晋太郎元外相の妻,岸信介元首相の長女)に付き添われて慶応大病院で精密検査を受けたそうです。この結果をこう告知されたそうで安倍晋三首相本人も主治医も肺ガンが末期になるまで気づかなかったのは「潰瘍性大腸炎」に気をとられて胸にまで気が回らなかったからだったそう。

「命は長くない」とドクターストップがかかっている多臓器不全(潰瘍性大腸炎)の安倍晋三首相はなんと「もう命が持たない」とドクターストップをかけられ、辞任すると話したそうです。東京六本木のホテル「グランドハイアット東京」内の個室でのこと。親友である鉄鋼ビル増岡聡一郎専務らが付き添っていてこの言葉をはっきり聞いたそうです。

首相安倍晋三のプロフィール

  • 安倍晋三(あべしんぞう)
  • 身長 175センチ
  • 東京都出身の政治家
  • 自由民主党所属
  • 第97代目内閣総理大臣

安倍晋三さんは3人兄弟の次男で弟は衆議院議員の岸信夫さん。父は外務大臣などを歴任した安倍晋太郎さん、母方の祖父は元総理大臣の岸信介さん。大叔父も元総理大臣の佐藤栄作さん。政治一家なのですね。政治家になって一度総理大臣になり、また再就任して現在に至ります。

成蹊大学を卒業後カリフォルニア州ヘイワードの英語学校に留学。南カリフォルニア大学で政治学を学び帰国後は、神戸製鋼に入社。ニューヨーク事務所や加古川製鉄所、東京本社などで勤務。神戸製鋼で3年間働いた後外務大臣に就任していた父・晋太郎さんの下で秘書官などを務め1987年に森永製菓社長令嬢であった松崎昭恵さんと結婚。

安倍晋三の偏差値は高い?低い?出身大学から若い頃の安倍総理ついてまで徹底検証!

首相安倍晋三の余命宣告と病気の真相

2017年6月19日午後6時から、通常国会の閉幕を受けて首相官邸で記者会見したときの安倍晋三首相の表情は、覇気がなかったそうです。それは、主治医から「多臓器不全」(潰瘍性大腸炎)によりドクターストップ(6月10日)をされていたためかと思われましたが、実は手遅れで、余命3か月と告知されたのが、原因だったと噂されています。

このことを耳にした麻生太郎副総理兼財務相が、「ポスト安倍」狙いで、自民党内に言いふらしていて衆参両院議員は安倍晋三首相亡き後の身の振り方に悩んでいるそう。安倍総理は2018年の9月までは総理大臣を勤めるのが確実だと思いますが、この噂は本当なのでしょうか?

安倍さんは以前つんく♂さんとの対談でこんなことをお話ししています。「祖父の岸信介がよく言っていました。人間は大きな挫折をするか、大病をするか、刑務所に入るか、そういうつらい経験が人間として成長する上で大変大切だと。最後の表現が適切かどうかは分かりませんが。」

首相安倍晋三は余命わずか3か月の病気

内閣不信任決議案が否決され共謀罪法案が立したにもかかわらず安倍さんの表情が芳しくなく、それは祖父・岸信介元首相がやり残していた自主憲法制定は無理でも「第9条1、2項をそのままに、3項を付け加える」加憲を成し遂げ、憲政史上に名を残すまでは死んでも死ねないと執念を燃やしていたからだそうです。

この加憲案だけなら、衆参両院の各議院が「3分の2」以上の賛成を得て、憲法改正発議ができる。このため、安倍晋三首相は余命3か月~6か月と見て、「秋の衆院解散・総選挙、憲法改正案の賛否を問う国民投票」を計画していて、これは安倍晋三首相にごく近い筋の情報とのことです。

NEXT 首相安倍晋三は肺末期癌!余命わずかの病気のステージ