しんどいとは?放っておくと危険!原因と対処法を状況別に紹介! 恋愛・心理

しんどいとは?放っておくと危険!原因と対処法を状況別に紹介!

「しんどい」とはどのような意味なのでしょうか?方言なのかや、英語にした時のスペルが気になる人もいるはずです。また、仕事で疲れたり子育てが辛いと感じたりする「しんどいとき」の有効な対処法も紹介していきます。今回は「しんどい」という言葉について詳しくまとめました。

目次

[表示]

「しんどい」とは?しんどくなる原因は何?

TeroVesalainen / Pixabay

「しんどい」とはどういう意味なのでしょうか?また、しんどくなる原因も見ていきましょう。

「しんどい」の意味は?方言?

Free-Photos / Pixabay

しんどいとは「ひどく疲れを感じるさま」を意味します。他にも「つらい」や「骨が折れる」という意味で使われる場合もあります。もともと「しんどい」とは、主に関西で使われることが多い方言です。

しかし、現在では全国的に使われるようになりました。また「しんど(い)」というように、最後の1文字が短縮して使われることも多いです。このような使い方の場合は、上品ではない言葉遣いに分類されるようです。

ちなみにですが、英語に変換すると「worrisome」や「troublesome」などになります。

しんどくなる理由は?状況によって原因は違う?

3271136 / Pixabay

しんどくなる理由は様々で、その原因も状況によって違います。仕事がしんどくなる理由には、休みがない、残業が多い、人間関係が悪いなど様々なことが考えられます。給料アップや昇進がない等も原因になるでしょう。

育児がしんどくなる理由や原因も、自由な時間がない、頼れる人がいない、現実逃避したいなどその時の状況や心情で変わってきます。人それぞれ置かれている状況が違うので一概に「原因はコレ!」と言えないのです。

そのせいで「しんどい」を解消する方法も、シチュエーション別で考えなければいけません。自分が置かれている状況や、何に対してしんどいと感じているかを明確にしなければ対処することは難しいでしょう。

共通点は「疲れた」「辛い」と感じていること

lukasbieri / Pixabay

しんどいと感じる時の共通点は、あなた自身が「疲れた」や「辛い」と感じていることです。仕事や家事に育児などをしていると、日常生活を送るなかで疲れたり辛いと感じることは意外なほど多いです。

疲れや辛さを感じているのなら、休めばいいだけと思いがちです。しかし、そう簡単に休めるのであれば、しんどいと感じることもないでしょう。逃げたくても逃げられない状況だからしんどさを感じるのです。

具体的に、何に対して「しんどい」と感じるのか考えてみましょう。ただ、考えるだけではしんどさを解消することはできません。原因をはっきりさせて、対処法を理解した上で改善する必要があります。

関連する記事はこちら

しんどいときの対処法は?【生きていることがしんどいとき】

3938030 / Pixabay

「生きていることがしんどい」と感じるときの対処法をまとめました。

しんどい原因から距離を置く

josealbafotos / Pixabay

生きるのにしんどいと感じている場合は、しんどい原因から距離を置きましょう。原因がわかっていない場合は、自分と向き合ってしんどいと感じる原因を明確にすることが大事です。

何事も無理に頑張りすぎたり我慢しすぎたりすると、心身のバランスが崩れてしまいます。そうならないためにも「しんどい」と感じたのであれば、そこから離れるという選択肢も考えなければいけません。

また、しんどい原因から距離を置くことで、新たなことが見えてくることもあります。原因にどう対処すればいいのか明確になったり、ポジティブな気持ちを徐々に取り戻すこともできるはずです。

他人と比較しないようにする

geralt / Pixabay

生きるのにしんどいと感じている場合は、他人と比較しないようにするのが重要です。自分よりも優れている人ばかり見ていてはキリがありません。他人と比較しすぎると自分のことを正しく見ることができなくなります。

人間は誰しもが違う生き方をしています。なので他人と比較するのはやめましょう。自分の良い点や優れている点を探して、そこを伸ばすことに力を注いでください。そうすることで、ポジティブになれるでしょう。

また、自分の心と向き合うことも大切です。あなた自身が何に対して幸せを感じて、楽しいと感じるのかを理解しておきましょう。他にも、頑張った自分を褒めてあげることも忘れないでください。

自分を否定せずに褒める

Free-Photos / Pixabay

生きるのにしんどいと感じている場合は、自分を否定せずに褒めてあげましょう。仕事でミスやトラブルを起こして落ち込んでしまうこともあります。上司や先輩に怒られて評価が下がってしまうかもしれません。

しかし、あなたを評価するのは他人でなくても良いのです。頑張った自分を褒めてあげてください。ミスをしても次に活かせば良いだけのことです。自分を否定しすぎて落ち込むのは時間の無駄になってしまいます。

人生の目標を立ててみる

rawpixel / Pixabay

生きるのにしんどいと感じている場合は、これから先の人生の目標を立ててみましょう。生きるのがしんどいと感じている場合は、今置かれている状況にしか目を向けられていないことが多いです。

数年後から数十年後、自分がどうなりたいかを想像して目標を立ててください。そうすることで、今のあなたがやるべきことが明確になるはずです。そして未来の自分を想像することで楽しくなることでしょう。

目標を立てたら、できそうな事から達成してください。そうすることで、あなたの自信につながります。少しずつ繰り返していけば、人生がしんどいという感情がどこかに消え去ってしまうはずです。

趣味や好きなことで気分をリフレッシュ

SplitShire / Pixabay

生きるのにしんどいと感じている場合は、趣味や好きなことで気分をリフレッシュしましょう。「しんどい」と感じることを無理に続けていれば、疲れやストレスがどんどん溜まっていきます。

今のあなたには、リフレッシュするための時間が必要なのです。没頭できる趣味や好きなことをすることで、日頃から溜まっていた疲れやストレスを解消することができます。

特に休みの日は、思いっきり趣味や好きなことに没頭してみましょう。しんどいという感情を忘れ去ることができます。

明るい人からエネルギーを分けてもらう

rawpixel / Pixabay

生きるのにしんどいと感じている場合は、明るい人からエネルギーを分けてもらうのがおすすめです。しんどいと感じているのなら、他人の手を借りてみるのも有効な対処法と言えます。

いつも笑顔で明るい人と一緒にいると、自分も同じような性格になることができます。もう少し踏み込んで、いつも明るくいれる理由を探してください。それを真似したり、自分に取り入れてみるのもおすすめです。

自分に優しくなってみる

JillWellington / Pixabay

生きるのにしんどいと感じている場合は、自分に優しくなってみるのも重要です。生きるのがしんどいと感じる人は、意外にも「自分に対してきびく接している」という場合が多いのです。

自分に厳しくしている人は、あえて自分に優しくすることでストレスを軽減できます。もし心当たりがあるのなら、自分に優しくなってみましょう。そうすることでしんどい気持ちを軽くすることができます。

ホテルに宿泊してみる

Olichel / Pixabay

生きるのにしんどいと感じている場合は、ホテルに宿泊してみるのもおすすめです。ホテルという特別な空間で一人静かに過ごすことで、日頃から溜まっていたストレスや疲れを癒すことができるでしょう。

また、ホテルは自分で「掃除」や「料理」などをしなくても良いのも重要なポイントです。細々したことを人に任せて、ホテルの美味しい料理を食べれば気力も体力も回復していくはずです。

もしお金に余裕があるのなら、ホテルに宿泊してリフレッシュしてみましょう。

映画やドラマを観る

geralt / Pixabay

生きるのにしんどいと感じている場合は、映画やドラマを観るのがおすすめです。自分の好きな作品や感動する作品を観ることで、しんどい気持ちや落ち込んだ気持ちを晴らすことができるでしょう。

この時、作品に入り込んで感情的に観るのが良いとされています。日常生活のことなんか忘れ去って、映画やドラマを観ることに集中しましょう。ただ、ホラー映画などはネガティブな気持ちになるので避けるべきです。

友達と会って話をする

AdinaVoicu / Pixabay

生きるのにしんどいと感じている場合は、友達と会って話をするのがおすすめです。この対処法は、職場や学校などで人間関係に悩んでいるときに大きな効果を発揮します。

仲のいい友達と話すことで、素の自分を出せるはずです。友達と楽しい話をすれば、いつも感じている「しんどい」という気持ちもどこかに行ってしまうでしょう。また、ストレス発散にも繋がります。

生活のリズムを変えてみる

JESHOOTS-com / Pixabay

生きるのにしんどいと感じている場合は、生活のリズムを変えてみるのもおすすめです。もし朝食を取っていなければ、少しでもいいので口に入れることを意識してみましょう。

朝食をとることで、体内時計がリセットされます。エネルギーを体内に入れることで、活動的になることもできます。また、夜寝るのが遅い場合は体の疲れが取れにくいと言われています。

今までよりも30分早く布団に入るだけでも、疲れの解消具合が違ってくることでしょう。少しだけでもいいので、生活リズムを変えてみるのがおすすめです。

本を読む

StockSnap / Pixabay

生きるのにしんどいと感じている場合は、本を読むことがおすすめです。イギリスのサセックス大学の研究によると、読書は音楽を聴くよりもストレス解消に役立つという研究結果が発表されています。

読書をすることで、脳の扁桃体という部分が落ち着きます。この作用によって、ストレスを解消することができるのです。さらに、本を読むことで様々なことに共感することができます。

孤独を感じている人でも、読書によって共感体験を得ることでストレスを解消できるのです。もし、あなたがしんどいと感じていたり、孤独に悩んでいるのであれば本を読むことをおすすめします。

助けてほしいときはカウンセリングや専門医にかかる

rawpixel / Pixabay

生きるのにしんどいと感じている場合は、カウンセリングや専門医にかかりましょう。特に、しんどさを感じていて「助けてほしい」と思っているのであれば、すぐに専門医に相談することがおすすめです。

「しんどい」という気持ちを放っておいてはいけません。これまで我慢できていたからという理由でそのままにしておくと、徐々にあなたの心身のバランスが崩れていくことになります。

いつもよりしんどいと感じるようになったり、誰かに助けてほしいと感じたのなら専門医にカウンセリングを頼みましょう。人の手を借りることで、抱えている悩みや不安を取り除くことができます。

しんどいときの対処法は?【仕事・就活がしんどいとき】

「仕事・就活がしんどい」と感じるときの対処法を見ていきましょう。

上司や先輩に相談する

www_slon_pics / Pixabay

仕事・就活がしんどいと感じている場合は、上司や先輩に相談しましょう。話を聞いてもらうことで、抱えていたものをどこかに吹き飛ばすことも可能です。また、思わぬアドバイスをもらう可能性もあります。

今の仕事にしんどいと感じていても、上司に直接相談するのは気が引けます。なので、同じ職場の先輩や仲のいい同僚にも相談してみましょう。そうすることで、感じていたしんどさを軽減することができます。

また、就職活動の悩みは社会人経験のある先輩に相談するのがおすすめです。社会人経験のない人に相談しても、あなたの問題点を指摘してくれたりアドバイスをしてくれたりする可能性は低いです。

職場に不満があるなら転職を考える

FotografieLink / Pixabay

仕事・就活がしんどいと感じている場合、職場に不満があるなら転職を考えましょう。無理に今の職場にしがみつく必要はありません。仕事内容や収入、人間関係などに不満があるのなら転職を考えましょう。

ただ、転職することで全てのストレスを解消できるわけではありません。しかし、今の職場よりもストレスが減ることで「しんどい」と感じる状況から抜け出すことができるのです。

職場に不満を抱えたまま働き続けると、いつか心と体を壊してしまうでしょう。そうならないためにも、早めの決断を心がけてください。

物事をプラスに捉える

sweetlouise / Pixabay

仕事・就活がしんどいと感じている場合は、物事をプラスに捉えるのも有効な対処法です。しんどい時こと、自分がもっと成長できるチャンスだと捉えるのです。そうすることでネガティブな気持ちを消し去れます。

ですが、ポジティブに捉えて頑張りすぎるのは避けましょう。しんどい時には暗い気持ちになるのではなく、成長できるチャンスだと思って行動すると新たなステージに進むこともできるでしょう。

旅行に出かけてみる

JESHOOTS-com / Pixabay

仕事・就活がしんどいと感じている場合は、旅行に出かけてみるのも良い対処法です。普段足を運べなかったところへ旅行に行ってみると、気分をリフレッシュさせることができるでしょう。

また、自然が豊かな場所に足を運ぶのがおすすめです。豊かな自然や大きく広がる海を見ると心が洗われます。もし、誰とも会いたくないのであれば、少し田舎の方に旅行するのがおすすめです。

旅行に出かけて感じたことをメモしておいたり、写真をたくさん取るのも忘れないようにしましょう。記録として残しておくことで、しんどくなっても楽しかった思い出を見ることで気分をリフレッシュできるはずです。

趣味の時間を楽しむ

rawpixel / Pixabay

仕事・就活がしんどいと感じている場合は、趣味の時間を楽しむことがおすすめです。時間を忘れるほど没頭できるような趣味がある人は特に有効な方法と言えるでしょう。

しんどいことなんて忘れて、ただ目の前の趣味を楽しんでください。そうすることで、落ち込んでいた気持ちも回復してきます。楽しめるような趣味がない場合は、新しいことにチャレンジするのがおすすめです。

前からやってみたかったことに、どんどんチャレンジしましょう。この時、あまり難しいものに挑戦しないよう注意してください。難しすぎるものに挑戦することで、自分を否定することにつながりかねません。

しっかりと休養をとる

cuncon / Pixabay

仕事・就活がしんどいと感じている場合は、しっかりと休養をとることが大切です。心や体が疲れたままでは、仕事や就職活動もうまくいきません。自分がしんどいと感じていることは相手にも伝わりやすいです。

しんどいと感じている時は、心身が疲れていて休む時間が必要なことを表しています。また、女性特有の「生理」でしんどいと感じる場合もあります。そんな時は無理せずに、しっかりと休養をとるようにしましょう。

生活習慣を見直す

geralt / Pixabay

仕事・就活がしんどいと感じている場合は、生活習慣を見直すことがおすすめです。夜遅くまで起きているのなら、いつもより1時間〜2時間ほど早く寝ることで頭をスッキリさせることができるでしょう。

また、運動不足が続いているのなら体を動かす習慣を身につけてください。特に筋トレをすると「テストステロン」という物質が分泌されます。すると、やる気がアップしたりポジティブな気分になることができます。

職場だけの人間関係だと割り切る

rawpixel / Pixabay

仕事・就活がしんどいと感じている場合は、「職場だけの人間関係」だと割り切ることも必要です。しんどい職場の人間関係は、あなたのプライベートとは全く別のもだと割り切るのです。

そうすることで、ふとした瞬間に嫌なことを思い出すことは無くなります。その場だけの人間関係だと思って、周りの人と深く関わらないようにするのも場合によっては必要です。

どうしても職場の人間関係に我慢できないのであれば、転職することをおすすめします。

目標を設定する

Wokandapix / Pixabay

仕事・就活がしんどいと感じている場合は、新たな目標を設定するのがおすすめです。今にばかり目を向けるのではなく、今後のことについて考えを巡らせてみましょう。

自分がどうありたいのか、どうなりたいのかを考えることで、あなたに足りないものが理解できます。そして一つひとつ足りないものを補っていきましょう。これを繰り返すことで自信につながります。

数ヶ月先の目標だけでなく、数年後・数十年後の目標も設定してみましょう。なりたい自分を想像して、やるべきことに取り組んでください。

NEXT:自分にご褒美を与える
1/3