江木俊夫の現在は?娘がいる?西城秀樹との親交が深かった?エンタメ

江木俊夫の現在は?娘がいる?西城秀樹との親交が深かった?

目次

[表示]

フォーリーブス解散後は俳優業を中心に活動

3dman_eu / Pixabay

その後「フォーリーブス」は、ブロマイドの売り上げが1位になるなど、トップアイドルとしての道を歩き始めます。そして紅白歌合戦出場や、渡米、さらには日本歌謡大賞特別賞受賞など輝かしい活躍をしました。

しかし、ソロ活動が多くなったことや、それぞれの方向性のずれなどから「フォーリーブス」は1978年にし、江木さんは「フォーリーブス」が解散した後は、主に俳優業を中心に活動をするようになりました。

芸能プロダクション「オフィスキッド」を設立

また、江木さんは、結婚直後から経営業にも乗り出すようになりました。そして芸能プロダクション「オフィスキッド」を設立し、芸能活動と経営業の兼業を続けました。

武田久美子さんのプロデュースなど経営に専念

「オフィスキッド」設立当初は芸能活動と経営業を兼業していた江木さんでしたが、1980年代末期になると経営に専念するようになり、芸能人のプロデュースやCMなどの企画制作を行うようになりました。

江木さんがプロデュースした芸能人には「ハイティーン・ブギ」にヒロイン役として出演し、「マッチ」こと近藤真彦さんと劇中でキスシーンをしたことで話題となった武田久美子さんがいます。

2002年にフォーリーブスを再結成

truthseeker08 / Pixabay

一度解散をした「フォーリーブス」でしたが、2001年に行われた「再結成をしてほしいグループ」というアンケートで、第1位を取ったことからその翌年に「フォーリーブス」は再結成をしました。

再結成後は、シングルをリリースしたり、コンサートを行いました。また、北公次さんがバック転を行うなど、デビュー当時を彷彿させたことで話題となりました。

青山孝史さんの急逝を経てフォーリーブスの活動休止

しかし、「フォーリーブス」は2008年11月に行われた「NHK歌謡コンサート」に出演をした2か月後に、メンバーの1人である青山孝史さんが亡くなったことで、活動を休止することになりました。

また、青山さんが亡くなった3年後には、北公次さんもお亡くなりになりました。

70年代のアイドルを集めたユニットtaste4を結成

また、江木さんは先ほども紹介したように、「フォーリーブス」として活動をする一方で、70年代のアイドルを集めたユニット「S4(現:taste4)」を結成しました。

現在はおりも政夫と2人でフォーリーブスの活動をしている

メンバーが亡くなったことで活動休止となっていた「フォーリーブス」ですが、先ほど紹介したように、2014年に江木さんとおりもさんの2人で「フォーリーブス」としての活動を再開させました。

江木俊夫さんの主な出演作品

「フォーリーブス」を解散した後、俳優としての活動が多かった江木さんですが、どのような作品に出演をしていたのでしょうか?

ここからは、江木さんが俳優として活動していた際に出演をしていた作品についてまとめていきたいと思います。

黒澤明監督映画「天国と地獄」

先ほども述べたように、「フォーリーブス」加入前、江木さんは、黒澤明監督作品「天国と地獄」に出演をしました。

当時、まだ小学生であった江木さんは主人公である権藤金吾(演:三船敏郎)の息子役を演じ、一躍有名となりました。

特撮ドラマ「マグマ大使」で子役主演

また、「天国と地獄」が公開された3年後である1966年から放送された特撮ドラマ「マグマ大使」に江木さんは出演をしました。

こちらも先ほど紹介したため、詳しい内容は割愛しますが、この作品に出演をしたことで江木さんは、1960年代を代表する名子役として名を知られるようになりました。

映画「急げ!若者」

さらに、江木さんは「フォーリーブス」時代に、「フォーリーブス」のメンバーと郷ひろみさんが主演を演じた歌謡青春映画「急げ!若者」に出演しました。

この作品はミュージカル調になっており、「フォーリーブス」のヒット曲が満載となっています。

夏樹陽子さん主演「江戸川乱歩化人幻戯より・エマニエルの美女」

天知茂さんが、名探偵明智小五郎役を演じ、自由奔放な演出で今もなお人気の高い「江戸川乱歩の美女シリーズ」に江木さんは出演しました。

江木さんが出演したのは、「フォーリーブス」解散から2年経った1980年に放送された「エマニエルの美女」で、江木さんは美女役として出演をした、夏樹陽子さんの助手を演じています。

映画「すっかり・・・その気で!」

また、江木さんは1981年に公開された映画「すっかり・・・その気で!」に出演しています。この作品は、映画製作を夢見る伊東たかし(演:ビートたけし)のもとに映画製作の依頼が来たことから物語が始まります。

江木さんは、この作品で、伊東が作中で知り合う女、春日さち子(演:烏丸せつこ)と交際をしている男性「毛利浩二」を演じています。

コマーシャル「バディズ・ナチュラル化粧品シリーズ」

また、映画やドラマの他に、江木さんは「バディズ・ナチュラル化粧品シリーズ」のコマーシャルにも出演をしました。

江木さんが出演をしたコマーシャルは2014年に公開され、様々なパターンがありました。

江木俊夫さんの他にどんな人が?子供の頃から活動をしていた芸能人

sasint / Pixabay

江木さんは、3歳のころから芸能界で活躍をしていますが、江木さんの他にも芸能界には子供の頃から活動をしていたという人が多いと言われています。

ここからは、子供の頃から活動をしていた芸能人についてまとめていきたいと思います。

かなり厳しい子役や子役タレントの世界

madsmith33 / Pixabay

子役や子役タレントの世界はとても厳しく過酷なものだと言われており、実際子役として芸能界に入ったが、その後消えてしまうという事例も多いと言われています。

子役の問題点の1つに、深夜労働が挙げられており、法規によって子役の深夜労働は禁止されていますが、代役がいないなどの理由により、例外として時間オーバーを認めていると言われています。

その他にも、学業の時間がおろそかになってしまう、子供の自尊心を過剰に増幅させ一般の人を見下すようになる、保護者とのトラブルが起こるなどの問題点があり、その環境はとても過酷なものだと言われています。

子供の頃から活動をしていた芸能人①神木隆之介さん

まず、子供の頃から活躍していた芸能人として挙げられているのは、「君の名は」や「サマーウォーズ」、またauのCMなど様々な作品で活躍をしている神木隆之介さんです。

神木さんは2歳でCMデビューをし、2001年に公開された映画「千と千尋の神隠し」で坊役を演じたことで話題となり、そこから声優をはじめ、ドラマや映画にも出演をするようになりました。

現在、神木さんは、2018年現在の歴代邦画興行収入ランキングTOP5の作品のうち4作品(アニメーション邦画:3作品、実写邦画:1作品)に出演をしている日本を代表する俳優となっています。

子供の頃から活動していた芸能人②蒼井優さん

先日、南海キャンディーズの山里良太さんと結婚をしたことで話題となった女優の蒼井優さんも、子供の頃から活動をしていた芸能人の1人として挙げられています。

1985年生まれである蒼井優さんは、小学生の頃から地元である福岡で活動をしていましたが、1999年に行われたミュージカル「アニー」で主役を演じたことで芸能界デビューをしました。

デビュー後には2006年公開の映画「フラガール」で主役を演じ、その年の日本アカデミー賞最優秀主演女優を受賞するなど、様々な活躍をするようになりました。

子供の頃から活動していた芸能人③坂上忍さん

フジテレビ系列で放送されている情報番組「バイキング」など、様々なバラエティに出演し、冠番組も持つ坂上忍さんも子役として芸能界に入ってきました。

3歳の頃に劇団若草でデビューした坂上さんは、1978年にフジテレビドラマ「ふしぎ犬トントン」で主演を演じるなど、様々な映画やドラマに出演し名子役と呼ばれていました。

坂上さんは2009年に、芸能プロダクション「アヴァンセ」を設立してから子役の育成に力を入れており、坂上さんはそこで自身が子役の時に感じたことを元に指導をしています。

子供の頃から活動していた芸能人④松岡茉優さん

映画「ちはやふるシリーズ」や、連続テレビ小説「あまちゃん」に出演をした女優の松岡茉優さんも、幼少期の頃から活動をしていました。

松岡さんは、8歳の頃に芸能界にスカウトされ、2008年に「おはスタ」に「おはガール」として出演をしたことで本格デビューをし、「あまちゃん」への出演を機に一気にブレイクをしました。

その後松岡さんは、2016年に大河ドラマに出演し、その翌年には自身初の主演映画が公開され、2019年には「第42回日本アカデミー賞」で優秀主演女優賞、優秀助演女優賞を受賞しています。

子供の頃から活動していた芸能人⑤岡田結実さん

お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右さんの娘で、バラエティ番組を中心に、様々なジャンルで活躍している岡田結実さんも子供のころから芸能界で活動していました。

岡田結実さんは、1歳の頃からジュニアモデルとして活動をし、2010年からは「天才てれびくん」に4年間出演しました。また、「ピチレモン」などのモデルとしても活動していました。

バラエティに出演した際、実の父親である岡田圭右さんのギャグを行っていますが、「一緒に出ると頼ってしまう」という岡田家の家訓から父とは共演しないと述べています。

江木俊夫さんの今後の活躍は?

江木さんは幼少期には子役として、青年期にはトップアイドルとして活躍、現在は芸能プロダクションの経営をしながら「taste4」としても活動をしています。

江木さんは、現在単独ライブ・単独コンサート・企業イベント・「夢スター歌謡祭春組対秋組」に「taste4」として出演をするなど活躍を続け、おりもさんとの「フォーリーブス」の活動も続いています。

今後、幼少期から活動を続け、今年で芸能界に入って60年となる江木さんがどのような活躍をするのかに期待したいと思います。

2/2