江木俊夫の現在は?娘がいる?西城秀樹との親交が深かった?

「トシ坊」の愛称で知られ、アイドルグループ「フォーリーブス」のメンバーとして有名な江木俊夫さんですが、昨年お亡くなりになられた西城秀樹さんと親交が深かったと言われています。今回は江木さんの現在と西城秀樹さんとの関係、娘やブログについてなど紹介します。

江木俊夫さんの現在は?結婚している?妻や子供は?

幼少期には子役として、青年期にはアイドルグループ「フォーリーブス」の一員として活動をしていた江木俊夫さんですが、現在はどのような活動を行っているのでしょうか?

そこで、最初に江木さんの現在の活動と家族についてまとめていきたいと思います。

今の年齢や生年月日は?江木俊夫さんのプロフィール

まずは、江木さんの年齢や生年月日などのプロフィールを紹介したいと思います。

  • 本名:亀田学(かめだ まなぶ)
  • 愛称:トシ坊
  • 生年月日:1952年6月4日
  • 出身地:東京都武蔵野市

江木俊夫さんの現在の画像は?

現在江木さんは、一度解散した「フォーリーブス」を再結成し、2014年からは「フォーリーブス」の活動を再開しました。またライブのほかにトークショーやコンサートの司会など様々な方面で活動をしています。

現在の画像を見てみると、若い頃の面影がまだ残っていると感じることができます。

江木俊夫さんは29歳で一般女性と結婚していた

Takmeomeo / Pixabay

江木さんが所属していた「フォーリーブス」は1978年に解散をしました。そして、その翌年の29歳の時に江木さんは一般の女性と結婚しました。

子供は娘が1人いる?一般人?画像は?

ddimitrova / Pixabay

また、江木さんには娘が1人いると言われています。一般人の女性との子供のため画像などの情報は見られませんでした。

江木俊夫さんの公式facebookページがある?

Simon / Pixabay

江木さんは2017年に公式facebookをオープンしたと言われています。現在もそのアカウントを確認はできますが、更新はされていなくfacebookをあまり利用していないということが考えられています。

関する記事はこちら

江木俊夫さんの現在の活動は?2人でフォーリーブスを続けている?

先ほども述べたように、江木さんは「フォーリーブス」を再結成し活動を続けています。またこれ以外にも様々な方面で活動を続けています。

ここからは、江木さんの現在の活動を具体的に紹介していきたいと思います。

現在も、おりも政夫さんと2人でフォーリーブスとして活動

「フォーリーブス」は現在、江木さんと「マー坊」の愛称で呼ばれていた、おりも政夫さんの2人で活動を続けています。

再結成後、「フォーリーブス」は2014年から時折コンサートを行い、2016年には大阪の新歌舞伎座で「フォーリーブスコンサート~永遠の絆~結成50周年記念」を行いました。

あいざき進也さん、晃さん、高道さんとS4を結成し現在はtaste4の名で活動

また、江木さんは「フォーリーブス」の活動を続けながら、1970年代に人気となったアイドル達が集まったユニット「S4」を結成しました。「S4」は現在「taste4」として活動を続けています。

メンバーは江木さんの他に、1974年初頭に「新御三家」と呼ばれ人気となった、あいざき進也さん、元フィンガーファイブの晃さん、狩人の高道さんがいます。

結成のきっかけは昭和を彩ったスター達を集めて行った「同窓会コンサート」に出演した際に意気投合したことだと言われています。

各地でライブ活動を行っている

Free-Photos / Pixabay

「taste4」は現在もライブ活動を続けており、今年の1月12日には「New Year Live2019」を行いました。また今年の8月に「サマーディナーショー」を開催するなど幅広い活動を行っています。

同窓会コンサートの司会・トークショーや講演活動も

GraphicMama-team / Pixabay

また、江木さんは「フォーリーブス」や「taste4」での活動の他に、先ほど紹介した「同窓会コンサート」の司会やトークショーなどもにも参加をしています。

さらに、江木さんは「子役デビューの方法」など芸能界で培った経験を基にした講演なども行っています。

ラジオ大阪「江木俊夫の聞いてんの?」も放送中

また、江木さんはラジオ大阪で、毎週日曜日の20時30分から放送している「江木俊夫の聞いてんの?」に出演をしています。

最新スケジュールは人気のオフィシャルブログで

Free-Photos / Pixabay

さらに、江木さんにはオフィシャルブログが開設されています。こちらはブログの更新頻度が多く、最新のスケジュール等をブログに書かれています。

生前親交の深かった西城秀樹さんとの思い出

江木さんは昨年(2018年)の5月に、急性心不全でお亡くなりになられた西城秀樹さんと親交が深かったと言われています。

ここからは西城さんの死後に行われた江木さんのインタビューを基に江木さんと西城さんのエピソードを紹介していきたいと思います。

楽屋にデビュー挨拶に来た時から印象深かった西城秀樹さん

新聞社のインタビューで江木さんは、西城さんが楽屋にデビュー挨拶に来た時から印象に残っていると述べています。

元気な声で挨拶をした様子を江木さんは昨日のことのように感じるとインタビューで語っています。

二度目の脳梗塞後の「同窓会コンサート」参加で再び交流が始まる

その後、江木さんと西城さんには会う機会がしばらくなく、再び交流が始まったのは西城さんが「同窓会コンサート」に参加をした時だとインタビューで江木さんは述べています。

その当時、西城さんは二度目の脳梗塞を発症しており、江木さんは西城さんと一緒のバスに乗って地方を巡ったというエピソードをインタビューで語りました。

西城秀樹さんのリハビリに交じって励ましたことも

mcmurryjulie / Pixabay

また、江木さんは、脳梗塞発症後でリハビリに取り組んでいる西城さんと一緒にリハビリを行ったと述べています。

江木さんは西城さんが取り組んでいた、簡単な文章を読むトレーニングを、自分も滑舌が悪いからと言って一緒に行い励ましていたとインタビューで語っています。

西城秀樹さんの復帰への強烈な意志を感じたという

江木さんは、足を引きずりながらでもファンの前で再び歌うために努力をしていた西城さんを見て、復帰への強烈な意志を感じたと述べています。

残念ながら、それは叶わぬ夢となってしまいましたが、西城さんの文字通り命懸けで歌う姿は、ファンの目に永遠に焼き付けられているはずだと江木さんは述べています。

「ロイヤルフーズ」騒動では事情聴取され困惑?江木俊夫さんは無関係?

mohamed_hassan / Pixabay

江木さんは過去に数回警察沙汰になったことがあります。一度目は覚せい剤を使用したことによるもので、この時は初犯ということで執行猶予付きの有罪となりました。

また、2017年には健康食品会社「ロイヤルフーズ」の出資金詐欺によって事情聴取を受けましたが、実は江木さんは会社に利用されていたと言われています。

ここからは、江木さんも巻き込まれた「ロイヤルフーズ」の騒動について詳しく説明していきたいと思います。

高齢者に投資をもちかけ現金をだまし取った「ロイヤルフーズ」

3959267 / Pixabay

2017年に健康食品会社「ロイヤルフーズ」の社長とその妻が、2013年~2014年の間に8人の高齢者から1億8000万円をだまし取った疑いで逮捕されました。

事件の手口は、高齢者を対象にして開かれた演歌歌手コンサートに来た人に、新規事業に投資をするように促しお金をだまし取ったと言われています。また、だまし取った金額は総額60億円と報道されました。

江木俊夫さんはコンサルタント料を受け取って詐欺加担が疑われた

sajinka2 / Pixabay

江木さんは、先ほど述べた演歌歌手のコンサートに、頻繁に参加しており、逮捕された社長からコンサルタント料として2000万円を受け取っていると言われました。

そのため、警察当局は江木さんに詐欺加担の疑いがあるとして事情聴取を行ったと報道されています。

江木俊夫さんは利用されていたと判明!疑惑は解消

jplenio / Pixabay

その後、江木さんに事情聴取を行い、警察は江木さんは「ロイヤルフーズ」の社長が江木さんを広告塔として利用するためにパーティに呼んだということを明らかにし、江木さんの疑惑は解消されました。

江木俊夫さんの経歴は?子役時代から活躍していた!

幼少期には子役として活躍をし、青年期にはアイドルとして活躍をしていた江木さんですが、どのような経歴を送ってきたのでしょうか?

ここからは、江木さんの経歴についまとめていきたいと思います。

3歳から子役として活動を始める

Bessi / Pixabay

江木さんは3歳のころから子役として活動を始めました。そして、1959年からは日活映画を中心に活動し、石原裕次郎さんや小林旭さんなど数多くの日活スターと共演をしました。

黒澤明監督作品「天国と地獄」に出演

そして、江木さんは1963年に黒澤明監督の映画「天国と地獄」に出演しました。江木さんは、主人公である権藤金吾(演:三船敏郎)の息子役を演じています。

特撮ドラマ「マグマ大使」にてマモル少年役で主演

また、江木さんは1966年から1967年にかけて放送された、手塚治虫作品をモチーフとした特撮「マグマ大使」に出演しました。

江木さんは、主役である「マモル少年」を演じ、愛らしい容貌と卓越した演技力で話題となり、1960年代前半から中盤を代表する名子役として知られるようになりました。

ジャニーズのバックダンサーとしてフォーリーブスを結成

1967年、江木さんは当時の人気アイドル「ジャニーズ」のバックダンサーとして結成されたグループの一員となりました。

メンバーは江木さんのほかに、元々ジャニーズの付き人だった北公次さん、劇団若草出身のファッションモデルおりも政夫さん、同じく劇団若草出身の永田英二さんがいました。

結成後しばらくしてグループ名が「フォーリーブス」となった後、当時小学生だった永田さんが離脱し、スクールメイツ出身の青山孝史さんが加入しました。

「オリビアの調べ」でレコードデビュー

その翌年に、「フォーリーブス」はCBS・ソニーレコード(現:ソニー・ミュージックレーベルズ)の国内契約第1号アーティストとして「オリビアの調べ」をリリースし、デビューしました。

NEXT フォーリーブス解散後は俳優業を中心に活動