三田村邦彦は現在病気という噂?再婚して娘がいる?若い頃の画像あり エンタメ

三田村邦彦は現在病気という噂?再婚して娘がいる?若い頃の画像あり

目次

[表示]

2002年のオールスター感謝祭で三田村邦彦が豪速球キャッチに挑戦した

stanbalik / Pixabay

オールスター感謝祭は、1991年より毎年2回放送されている長寿番組です。番組内では、様々なクイズや、挑戦企画なども交えたクイズも用意されていて、お茶の間を楽しませてくれています。

2002年春に放送されたオールスター感謝祭第22回で、ピッチングマシーンから飛んでくる豪速球をキャッチできるか挑戦する企画に三田村邦彦さんが参戦したそうです。この企画で予期せぬ出来事が起こります。

顔面にボールが直撃して大事故になりかけた

Ben_Kerckx / Pixabay

三田村邦彦さんが170km/hのボールキャッチに挑戦中に顔面にボールが直撃する事故が起こりました。三田村さんはキャッチャーマスクを着用していましたが、目の部分にボールが直撃したのです。

あわや大惨事という事態となりましたが、大きな怪我などはなく、大事を取って事故後は番組を早退して自宅に帰ったそうです。

幅広い活躍をする三田村邦彦の動画集

chummels / Pixabay

俳優とした、MCとして、幅広い活躍をする三田村邦彦さんの動画を集めました。

「必殺シリーズ」飾り職人の秀・殺陣シーン

1972年から続く超人気時代劇シリーズ「必殺シリーズ」。表の稼業を持ちながら裏稼業として金銭を貰って悪人を懲らしめる仕掛け人と呼ばれる殺し屋をする人たちを描いた作品です。

番組当初は、林与一さん演じる西村左内と、緒形拳さん演じる藤枝梅安が主演を演じていましたが、視聴率回復のために藤田まことさん演じる中村主水を主人公に変えて放送されました。

三田村邦彦さんは、1979年「必殺仕事人」の途中から飾り職人の秀として出演。表稼業は飾り職人、裏稼業は仕事人として黒装束に身を包み、ノミや簪で相手の首筋を刺して相手を殺す役を演じました。

「世にも奇妙な物語 ボロボロ」

1991年に放送されたフジテレビ系テレビドラマ「世にも奇妙な物語 ボロボロ」。1990年からフジテレビ系で放送されているオムニバステレビドラマ。タレントのタモリさんがストーリーテーラを務めています。

うだつの上がらないサラリーマンが、誰かに命を狙われていると思い込み、やがてその姿に嫌気がさした妻に離婚されるが、実はそれは会社の令嬢との縁談を進める計画的な演技だった、というお話です。

三田村邦彦さんは、本作で、主人公であるうだつの上がらないサラリーマンである堀田聖二役を演じています。

「想い出の糸車」

三田村邦彦さんは、人気時代劇ドラマシリーズ「必殺シリーズ」の「新・必殺仕事人」のエンディングテーマである「思い出の糸車」を歌っています。

別れた恋人とよりを戻そうとする女心を歌った作品です。この歌は、1981年5月5日にTDKコアより発売されています。

「自惚れ」

三田村邦彦さんは、同じく「必殺シリーズ」の「必殺仕事人Ⅵ」の挿入歌である「自惚れ」を歌っています。

別れも告げずさった恋人が今でも自分のことを愛してくれているという、深い未練を抱いた男心を歌った作品です。をこの歌は、1983年11月5日にTDKコアより発売されています。

「新潟グルメ旅」

1993年より朝日放送で放送されている旅番組「朝だ!生です旅サラダ」。三田村区邦彦さんは、2016年2月20日放送の番組内で出身地である「新潟グルメ旅」に出演しました。

番組内では、故郷の弥彦山を訪れたり、お寿司を食べたり、地酒を楽しんだりとかなり満足そうな三田村さんを見ることができます。

三田村邦彦の学歴・経歴

sasint / Pixabay

俳優やMCとしての姿が強い三田村邦彦さんですが、どのような学歴や経歴を持っているのでしょうか?まとめました。

実家は15代続く地主、俳優になりたいとは言えなかった?

laterjay / Pixabay

三田村邦彦さんの実家は、新潟県で15代続く地主で、父親が子供の頃は、兄弟一人一人にお手伝いさんが着くようなお家柄だったそうです。特に父親の威厳は大きく、俳優になりたいとすら言えなかった様です。

三田村さんは、中学2年生の時に、俳優になるためのシナリオを作り、高校2年生の夏休みには「大学の下見に行く」という名目で様々な劇団を見て回ったそうです。

新潟県立新発田高等学校を卒業後に上京して劇団青俳養成所に入る

383961 / Pixabay

大学受験の際には、わざと白紙の答案を書いて不合格になり、「進学率の高い東京の予備校へ行く」という名目で、2〜3ヶ月の説得の末に上京にこぎつけたそうです。計画的で実行力があるんですね。

新潟県立新発田高等学校を卒業後は、「予備校へ通う」という名目で上京。2年連続で文学座の入団テストに落ち、20歳の時にやっとの思いで劇団青俳養成所に入団できたのだといいます。

劇団青俳に所属し、1979年に「限りなく透明に近いブルー」でデビュー

劇団青俳に所属した当時は、家賃5000円の3畳1間でアルバイトしながら役者を続ける日々だったとか。そして1979年、三田村邦彦さん26歳の時に「限りなく透明に近いブルー」でデビューを果たすのです。

三田村邦彦の若い頃の画像は?

写真は、1972年より放送された大人気テレビドラマ「太陽にほえろ」の一幕。三田村邦彦さんは、1982年よりジプシーこと原昌之役で出演していた際の画像です。当時、三田村さんは29歳です。

整った顔立ちが印象的で、現在とそれ程変わらずに見えるのは、若い頃から今でも若々しさを保っているからなのでしょうね。

同年に「必殺シリーズ」での好演で話題となる

デビューした1979年には、「必殺シリーズ」である「必殺仕事人」に飾り職人の秀として出演します。美しい顔立ちながら影を持つ雰囲気で仕事である殺しを実行する姿は美しく、話題となりました。

1982年「太陽にほえろ!」に出演し人気を博す

デビュー3年目にあたる1982年、大人気テレビドラマ「太陽にほえろ!」にジプシーこと原昌之役で出演しました。

一匹狼の様な性格で、所属する所轄署を渡り歩いていた事からジプシーというニックネームがついたといいます。

ジプシーのそれまでの功績が認められて1983年に栄転するまでの1年間、ジプシーを演じました。

1999年~2008年「週刊えみぃSHOW」に出演

1999年から2008年の間には、上沼恵美子さんの冠番組である芸能ワイドショー番組「ウラネタ芸能ワイド 週刊えみぃSHOW」に放送当初から司会として出演します。

放送10年目の節目となる2008年までの10年間、上沼さんと司会を務めあげました。

歌手としてもドラマの主題歌を歌ったり、MCもこなしている

三田村邦彦さんは、俳優だけでなく、歌手としてもドラマの主題歌を多く歌っています。

  • いま走れ!いま生きる!(1980年4月20日)ー「必殺仕事人」の挿入歌
  • 想い出の糸車(1981年5月5日)ー「新・必殺仕事人」の主題歌
  • 透き通る季節(1983年7月21日)ー「壬生の恋歌」の挿入歌
  • 自惚れ(1983年11月5日)ー「必殺仕事人IV」の挿入歌
  • 人生はコメディ(1985年8月)ー「もしも、学校が…!?」の主題歌
  • ゆれる…瞳(1986年8月1日)ー「必殺まっしぐら!」の主題歌
  • In My Loneliness〜哀しみの部屋〜(1987年3月21日)ー「間違いだらけの女磨き」のイメージソング
  • 男のふるさと(1990年10月21日)ー「将軍家光忍び旅」の主題歌
  • 青春一気(1992年10月21日)ー「将軍家光忍び旅2」の主題歌
  • 黎明(1994年5月25日)ー「殿さま風来坊隠れ旅」の主題歌

また、「おとな旅 あるき旅」や「ウラネタ芸能ワイド 週刊えみぃSHOW」など多くのMCもこなしています。

三田村邦彦の主な出演作品

RonPorter / Pixabay

三田村邦彦さんの主な出演作品をまとめましたのでご紹介します。

テレビドラマ「必殺仕事人シリーズ」

1975年から放送されている「必殺仕事シリーズ」。スペシャルドラマを含めると現在で続いている超人気時代劇ドラマシリーズです。

藤田まことさん演じる中村主水を筆頭に、裏稼業としてお金を貰って悪人を成敗する時代劇ドラマです。

三田村邦彦さんは、表稼業は飾り職人、裏稼業は仕事人として悪人を殺す秀役を演じました。それまでは視聴者の大半が男性でしたが、三田村さんの登場で女性の視聴者が増えていったそうです。

映画「限りなく透明に近いブルー」

1979年に公開された村上龍さんのデビュー小説を原作にした映画「限りなく透明に近いブルー」。村上さん監督の映画であり、三田村邦彦さんのデビュー作です。

出演決定当初は乗り気でなかった三田村さんを劇団の先輩である蜷川幸雄さんと村上さんが説得して出演を決めたそうです。撮影中は村上さんのやり方に反発していたスタッフと三田村さんで険悪な雰囲気だったようです。

本作は、東京を舞台に荒廃していく男女を描いた作品で、三田村さんは主人公のリュウ役を、元嫁の中山麻里さんは、リュウの想い人であるリリー役を演じました。

舞台「おんなの人さし指」

2011年3月3日〜21日に公開された向田邦子さん作・石井ふく子さん演出の舞台「おんなの人差し指」。おでん屋を舞台にした姉妹の恋物語を描いた人生劇です。

三田村邦彦さんは、若尾文子さん演じるおでん屋の女主人・砂子に恋心を抱く殿村役を演じています。

CM「養命酒」

三田村邦彦さんは、1994年〜1995年の2年間、養命酒のCMに出演していました。

お酒をたくさん飲めるのは持論の健康法にあり?

pen_ash / Pixabay

「おとな旅 あるき旅」の中でも特に目を引くのは美味しそうにお酒を飲む三田村邦彦さんです。毎回の様にお酒を飲んでいる様ですが、その体が心配ですよね。一体どんな健康法があるのでしょうか?

服装は年齢に関係なく着たい服を着る

DanaTentis / Pixabay

三田村邦彦さんは普段の服装について、世間が考える年相応の服装をするのではなく、自分が着たいと思えば20代のスノボをしている少年の様な服装もするそうです。

意識的にファッションから変えなければと考えているそうですよ。直接の健康法ではありませんが、外見も意識することで若さを保っているのかもしれませんね。

時間を作ってランニングやウォーキング

5598375 / Pixabay

「おとな旅 あるき旅」の大阪でのロケ中に「飲み過ぎだ」という指摘を受けたという三田村邦彦さん。

三田村さんも健康を気遣っている様子で、週4〜5日はロケの合間や朝には6km走って2km歩くという運動を実践しているそうです。外見への意識だけでなく、実際に運動もされているんですね。

旅先には養命酒を持参

旅先には、以前にCMにも出演したことのある養命酒を持参するという三田村邦彦さん。健康法にもお酒を取り入れているとは、お酒好きであるということが現れています。趣味と実益を兼ねていますね。

俳優とMCをこなす、色々な意味での人気者

1979年にデビューして以降、俳優としてMCとして、必殺仕事人などのテレビドラマや様々な映画に出演してきた三田村邦彦さん。多くの楽曲も発売しており、その歌声でも人々を魅了しています。

プライベートでは、元嫁である中山麻里さんとの間に3人の息子をもうけ、高橋かおりさんとの不倫を経て、現在は26歳年下の若い嫁との間に1人の幼い娘に恵まれています。

良くも悪くも、多くに人に愛される人気者だからこそ結婚と離婚を繰り返して、今の三田村さんがあるのかもしれません。そんな三田村さんの今後に期待したいですね。

元嫁・中山麻里に関連する記事はこちら

2/2